正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
訪問者数!★4つ半!コメント数!大感謝!「ゲストブック」・訪問100万・★★★★☆・コメント66666・人気ブログランキング4位・くつろぐブログランキング1位・取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!


鹿児島 郷土料理 薩摩おごじょ 新宿店(東京)
(知覧 特攻の母 鳥浜トメの次女 赤羽礼子さんのお店)

↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





ここは「ゲストブック」です。





まず、1ヶ月以上前4月1日のことですが、訪問者数が、

1,000,000

を突破しました。

*\(^O^)/*

皆様の日頃の訪問に大感謝です!!


2006年10月15日   0(ブログ開設)
2008年4月8日    200,000
2008年7月1日    300,000
2008年11月9日  500,000
2009年4月1日  1,000,000







次に、本日、

★★★★☆

星4つ半になりました!

*\(^O^)/*

皆様の【コメント】や【「傑作」クリック】の大感謝です。


2006年10月15日  ☆(ブログ開設)
2007年9月8日  ★★☆
2008年2月17日★★★
2008年8月7日  ★★★☆
2009年1月11日 ★★★★
2009年5月5日 ★★★★☆







最後に、本日、コメント数が、

66,666

を突破しました。

*\(^O^)/*

皆様の日頃のコメントに大感謝です!!


2006年10月15日   0(ブログ開設)
2007年11月25日   20,000
2008年7月18日    40,000
2008年11月16日  50,000
2009年5月5日  66,666





ありがとうございます。
<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)> \(⌒∇⌒)/


私のブログは一昨年の6月頃に突如「Yahooブログランキング」から除外されてしまったため、その後私は、自分自身への励みと宣伝の効果を狙って、他のブログランキングに参加するようにしています。



昨年8月から参加した「人気ブログランキング」では、現在、政治部門で4位になっています。
http://blog.with2.net/in.php?671525

以前から参加していた「くつろぐブログランキング」では、政治部門で第1位独走中です。
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

皆様の日頃の【クリック】(ランクリ)に大感謝です!!








この場をお借りして、お願いがあります。

最近、皆様からコメントも多数頂いていますが、「返事」や、お返しの「訪問&コメント」に追いつくことが出来ません。

このような状況ですので、当ブログへのコメントに対する返事や、コメントを下さった方々のブログへの訪問&コメントを、大幅に簡素化させて頂きます。

頂いたコメントは今までどおり全て読みますが、返事を今までよりも大幅に簡素化し、特に必要がなければ省略させて頂きます。

また、いつも当ブログに訪問&コメントして下さるブロガーの皆様のブログへのコメント書き込みも、今までよりも少なくさせて頂きます。

寝不足と視力低下が深刻化しておりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


m(._.)m

ぺこ<(_ _)>








ここは「ゲストブック」です。


ゲストブックは閉鎖したので、こちらのコメント欄に書き込みをお願いします。


――――――
日本に戦争責任なし!

戦争責任はソ連・支那・米国・英国などにありました。

南京大虐殺なんて嘘っぱちのでっち上げです。

日本軍が虐殺した南京市民はゼロ(0人)です。

正しい歴史認識の普及と、国益最優先の外交と、日本の核武装の実現を目指しています。




「日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!」



日本国民の生命と財産を守り、日本国民の権利と利益を最大限に追求します。

売国奴(国賊)を放っておいてはいけません。

「維新政党・新風」を応援しています。








「取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)



「ゲストブック」です。

日本統治で大改善と米国人・「日本の統治により朝鮮人の生活は大幅に改善」と1920年代に米国人が論文・容認しがたい挑発的主張だ・小学校が大幅増加・監獄の状態も大幅改善・韓国人は史実を知れ!


日帝時代、学校の授業風景

↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





(韓国語)
http://book.mk.co.kr/issue/view.php?mode=d&category=gong&book_code=560


■『日本の韓国統治に関する細密な報告書』 ~ 容認しがたい挑発的主張を記載
(訳注:原著はアレン・アイルランド(Alleyne Ireland)の "The New Korea"(1926))
毎日経済(韓国語)

普通の韓国人が読んだら同意したくない内容が多い本だ。しかし1900年前後における極東の植民地統治を研究したアメリカの行政学者が、実証資料を土台に見た日本の植民地政策は、それなりの意味を持っている。

この本は第一章から、韓国人にとって決して同意できない挑発的な主張を展開する。「多くの資料を収集して調査した結果、筆者は、従前の王朝時代や同民族から支配を受けたいかなる時代よりも、植民地支配を受けている今の韓国の統治のほうがずっと良いと判断する。」

「どうしたらこんな主張を展開できるのか?」と怒る人は、丹念にこの本を最初から最後まで読むべきだ。こうした本が「彼らが見た私たち」というシリーズの一つとして出版されること自体が、私たちの社会がそれほど自由になった証拠だと言える。

こんな挑発的な主張を展開している本を紹介すべきか否かしばらく悩みもしたが、通念と違う少数意見を聞いてみることも意義があると思った。当時の日本と韓国に滞在した経験を持ち、韓国だけではなくイギリスやポルトガルが主導した植民地統治を見比べた学者なら、広い視点で問題を見ることもできるはずだ、という期待感を持って読めば良い。

著者は、私たちの常識や歴史知識とは違って、1920年前後に「韓国国民の全般的な生活条件が驚くほど改善しており、韓国の繁栄ぶりは注目に値する」という主張を展開している。悪辣な日帝統治について私たちが学んだ歴史的事実から見れば、著者の主張は真実とは隔たりがあることが分かる。 この本は、果たして私たちの学んだ真実がどれほど客観的資料によって裏付けうるかを提示している。今日の我が国社会の基礎となっている行政組職から予算制度に至るまで、日帝がいかに導入していったかが一つ一つ紹介されている。

一つの興味深い事実は、1918年に466校だった韓国の小学校が、1922年になると890校に増え、政府支出も183万5000円から1330万9000円へと8倍にも増えていることだ。1918年を基準に見ると、教育費のうち韓国人の負担は10%で、残りは政府補助金が充当されたという。もちろん、政府補助金がどこからどのようにして捻出されたのかは確かではない。ただ、朝鮮総督府が「少なくとも3ヵ村あたり1つの学校を」という基準で学校増設を推進した点は印象的だ。

こんな断片的な事実だけから、日本の韓国植民地支配が苛酷ではなかったと主張することは誰も出来ない。
しかし、「苛酷な日帝統治」という主張と同時に、このような統計資料にも関心を持つ必要がある。

監獄行政に関する資料も興味を引く。李朝政府の監獄をこう評している。「李朝時代の監獄は、大多数の東洋諸国の監獄と同じく、説明しがたいほど無残だ。衛生設備は不足で、収監者に対する虐待は頻繁だったし、すし詰め状態はほとんど信じられないほどだった。」

これに対して日帝統治開始以後の監獄の状況について著者は、「毎年監獄が増えて条件が改善した結果、少なくとも大型化された監獄は他の国の監獄に匹敵する状態にあり、アメリカ国内の大部分の監獄よりずっと良い状態だった」と指摘する。

著者が、日本の初期統治に対し友好的な見方をする主な原因は何だろうか。李朝末期のような腐敗と無能が持続するかぎり、韓国人か自らの運命を切り拓くことは出来ない、と仮定するからだ。しかし大多数の韓国人は、日本の侵略が無かったならば朝鮮は自らを変革して近代化の道を歩むことができた筈だと信じている。
この点については韓国人であれば誰であれ少数意見を述べるのは困難と思われるが、少数意見があるならおそらく著者の見解と同じになろう。

論争的な主張を記してはいるが、外国人が私たちをどう見ていたのかという観点から、推薦に値する本だ。
―――――



>1918年に466校だった韓国の小学校が、1922年になると890校に増え、政府支出も183万5000円から1330万9000円へと8倍にも増えていることだ。




事実だ!

多くの人は、「じゃあ、1910年8月に日韓併合する前はどうだったのか?」が気になると思う。



日韓併合直前の官立・公立小学校は合わせて100校ほどだった。
しかも、「大韓帝国」が自前でつくった小学校は、1905年に韓国が日本の保護国になった後に日本が先導して設置した公立小学校よりも少なかった。


ところが、韓国の中学用歴史教科書(国定)は、「1905年以後、普成、養正などをはじめ数多くの学校が建てられ、1910年頃には全国の学校数が5000余となった」と大嘘を記述している。


さて、1910年に約100校だった朝鮮の小学校は、日韓併合後、日本からのカネによってどんどん増設された。
1911年度は136校、1912年度107校、1913年度に22校……を増設して、併合直前の100校は1915年には410校と4倍になった。

そして、冒頭の記事で述べられているように、1918年に466校、1922年に890校に増えた。

1943年には、官立・公立の小学校(当時は「国民学校」と称されて6年制)は4271校となった。
就学児童は日本人98,169人、朝鮮人1,940,026人となった。
これだけの数の小学校が殆ど朝鮮総督府時代に建設された。


(以上、主に『歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本』中川八洋著を参照)

【朝鮮の小学校】
1910年 100校
1915年 410校
1918年 466校
1922年 890校
1943年 4271校



公立普通学校(朝鮮の小学校)の経費は住民に負担させたが、1942年度、「朝鮮学校費令」に基づく朝鮮人の住民負担は1戸平均、年1円48銭で、在朝鮮日本人の負担は20円30銭という極端な逆差別だったようだ。






>監獄行政に関する資料も興味を引く。李朝政府の監獄をこう評している。「李朝時代の監獄は、大多数の東洋諸国の監獄と同じく、説明しがたいほど無残だ。衛生設備は不足で、収監者に対する虐待は頻繁だったし、すし詰め状態はほとんど信じられないほどだった。」
>これに対して日帝統治開始以後の監獄の状況について著者は、「毎年監獄が増えて条件が改善した結果、少なくとも大型化された監獄は他の国の監獄に匹敵する状態にあり、アメリカ国内の大部分の監獄よりずっと良い状態だった」と指摘する。




事実だ!

朝鮮における拷問や監獄の変遷について紹介しよう。




●李氏朝鮮時代(日韓併合前)

併合前の朝鮮は地獄だったといってよい。
玄永燮

両班たちが国を潰した。
賎民は両班たちに鞭打たれて、殺される。
殺されても、殴られても、不平は言えない。
少しでも値打ちがあるものを持っていれば、両班が奪っていく。
妻が美しくて両班に奪われても、文句をいうのは禁物だ。
両班の前では、全く無力な賎民は、自分の財産、妻だけでなく、生命すらその気ままに委ねられている。
口一つ間違えればぶったたかれるか、遠い島へ流される。
両班の刃にかけられて、生命すら保つことができない。
『血の涙』李人稙(1862-1916)

李氏朝鮮の残酷な死刑や拷問に対して、
「こんな状況がまだこの地球の片隅に残されていることは、人間存在そのものへの挑戦である。とりわけ、私たちキリスト教徒がいっそう恥じるべきは、異教徒の日本人が朝鮮を手中にすれば真っ先にこのような拷問を廃止するだろうということだ」
『悲劇の朝鮮』スウェーデン人 アーソン・グレブスト





●日本の保護国(統監統治)時代

李氏朝鮮時代の拷問は酷かったが、1905年に日本の保護国となり、統監統治が始まると朝鮮においても日本と同じようにすぐに拷問は廃止された。

朝鮮での拷問禁止は島村忠次郎(1907年、水原の京畿道地方裁判所の「法務補佐官」)が在職中に伊藤博文統監に申し入れて法令となった。
1908年の法令改正によって拷問した取調官は3年以下の懲役と定められた。
これにより、長年続いていた朝鮮での残虐な拷問は廃止となった。





●日韓併合(日本統治)時代

併合前は「1坪に15~16人」詰め込んでいた監獄だったが、1910年の後半には「1坪当りの収監者数を5人以内」にし、1922年頃には「約2.9人」まで大改善された。
これによって囚人はいつでも横になって寝る事が可能になった。





●現在(おまけ)

凍土の狂気が続く金正日強制収容所
「ネズミを焼いて食べ、シラミのわいた毛布で寝る、死ぬよりつらい」 
<木から線路に落ちた栗を拾おうとトロッコを止めた運転手(収容者)を、警備員が射殺した。撃たれた運転手は死んでもまだ栗をしっかり握りしめていました。ある時、男の収容者が空腹に耐えかね、雄牛のテール(尻尾)でつくった鞭を口に入れたら、たまたま警備員に見つかった。彼は叩かれたうえに、便所の腸内寄生虫を食べさせられ、2日後に息を引き取った。悲惨な話は山ほどあります。牛の糞の中に潰れていない豆があると、みんな我先に奪い合います。死人が出ると着ていた服を取り合い、生きている者が着る。人間の住むところではなかった>
(脱北者)







「韓国人は史実を直視しろ!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.