正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200905
ヤクザの言いなりテレビ局・「週刊新潮」、「週刊文春」(2009年4月23日号)「バーニングの社長はヤクザみたいなもんやから」北野誠が全レギュラー降板を招いた問題の一言・口止めに従うマスコミは恥を知れ!


↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング



「週刊新潮」と「週刊文春」の2009年4月23日号に、北野誠がバーニングプロダクション(周防郁雄社長)から圧力をかけられて芸能界から抹殺されたことに関する記事が掲載されていた。2ちゃんねるに記事の抜粋が掲載されているので拝借する。

【芸能】“バーニングの社長はヤクザみたいなもんやから”北野誠 全レギュラー降板を招いた問題の一言(週刊新潮・文春)[04/16]

 週刊新潮2009年4月23日号では、タレントの北野誠(50)が全てのレギュラー番組を降板し、無期限謹慎する理由に、“バーニングの社長はヤクザみたいなもんやから”と、芸能界でも絶大な影響力をもつと言われるバーニングプロダクションの周防郁雄社長らを番組内で揶揄したことが原因と報じている。
 また、同じく2009年4月23日号の週刊文春でも「藤原紀香と陣内智則の結婚式はバーニングが仕切った」「サザンオールスターズの初期の版権をバーニングが持った経緯に関する発言」等々ほぼ同趣旨の内容を報じている。
 以下、抜粋。全文は両誌をご覧下さい。

(週刊新潮)
・当初、最も有力と囁かれたのは“創価学会圧力説”。「以前、創価大学がテレビCMを始めた際、だからテレビは学会や公明党の悪口を言えなくなった、という主旨の発言をしたことがあった」(芸能ジャーナリスト) それは単なる噂で、どうやら真相は全く別だった。
・朝日放送関係者が耳打ちする。「あの事務所の社長らのことをあんなふうに言えば、そりゃ相手も激怒するでしょう。局としても影響が大きいため、打ち切りにせざるを得なかったのでは」
・“バーニングの社長はヤクザみたいなもんやから” 何と北野氏、こともあろうに、芸能界でも絶大な影響力をもつと言われるバーニングプロダクションの周防郁雄社長らを番組内で揶揄したというのである。
・さる芸能デスクは、「実はあの番組は、以前にも問題を起こしてまして」「昨年11月、某映画監督とバーニング所属女優とが不適切な関係だと実名を挙げた。それで局側が謝罪の意味もこめて3月末の打ち切りを決めた。なのに懲りずにまた、ということで今回の事態に追い込まれたのでは」

(週刊文春)
・「サイキック」は以前からトラブルが多かった。
・「人気があったのは芸能界の裏ネタコーナーで、当初からジャニーズ事務所やオウム真理教などから抗議を受けていました。93年には山本リンダのヘアヌード写真集を『全身整形でサイボーグみたい』などと酷評し、謝罪会見までした。最近は放送より、ファンイベントでの発言が過激でした」(朝日放送関係者)
・「『小泉今日子は○○○』『内田有紀が○○○と温泉旅行に行った』『藤原紀香と陣内智則の結婚式はバーニングが仕切った』といった系列タレントのネタが公共の場で流されていることが、芸能界で強い力をもつといわれるバーニングプロダクションの周防郁雄社長の耳に入り、逆鱗に触れてしまったのです」(芸能プロダクション関係者)
・一番の問題はビジネスに絡む発言だった。「サザンオールスターズの初期の版権をバーニングが持った経緯に関する発言が大問題になったようです。多くの利権が絡む版権問題は、小室哲哉の件もあって芸能事務所が最も神経質になっていますから」(同前)


北野誠の「バーニングの社長はヤクザみたいなもんやから」という発言が、バーニングプロダクションの周防郁雄社長の耳に入り、逆鱗に触れてしまったらしい。一説では、正真正銘のヤクザなのに、「みたいなもん」と付けられたことに怒ったとも言われている。

いずれにせよ、このような場合、普通の人間ならば、直接北野誠に抗議して発言内容の撤回等を要求し、北野誠が十分な対応をしなければ、名誉毀損で訴訟を起こすだろう。

だが、バーニングの周防社長は、そうはせずに、テレビ局やラジオ局に圧力をかけ、北野誠を全てのテレビ番組とラジオ番組から降板させたのだから、やはり普通ではないのだろう。

ここまでなら、「芸能界って嫌な世界だなー」で済むかもしれないが、私が許せないのは、テレビ局などのマスコミの態度だ。

「ヤクザのようなもん」から箝口令を命じられて、全てのテレビ局やラジオ局がその箝口令に従っているのだから、狂っている。

テレビ局などのマスコミは、何かあれば「知る権利」とか「言論の自由」とか「説明責任」などという言葉を良く使うが、自分達は一人の芸能プロダクション社長(ヤクザのようなもん)に口封じされて、視聴者には何の説明もしないのだからいい加減なものだ。

「恥を知れ!」と言いたい。

サイキック青年団 勝谷誠彦が物申す!

http://www.youtube.com/watch?v=4UDe--X2yps



テレビからも消えた!北野誠、全番組降板のウラに…


テレビからも消えた!北野誠、全番組降板のウラに…
4月13日16時57分配信 夕刊フジ

 ラジオで不適切な発言をしたとして、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎処分を受けたタレント、北野誠(50)。騒動のきっかけとなった大阪・ABCラジオ「誠のサイキック青年団」を先月、降板したときと同様、レギュラー出演していたテレビ、ラジオから次々と静かに姿を消している。

 13日のテレビ朝日系の朝の情報番組「やじうまプラス」では、月曜のゲストコメンテーターだった北野の姿はなく、漫画家の石坂啓さん(53)と交代。番組ホームページでも既に北野は「いなかったこと」に。降板は松竹芸能の申し出によるものだという。

 大阪ローカルの深夜ラジオ「誠のサイキック青年団」の中で、特定の著名人を根拠なく傷つけたことが原因とされているが、放送に関わったスタッフの間では、「人物名を明かすこと自体、先方に迷惑がかかるので…」と依然、箝口令が敷かれている状況だ。

 番組をよく知る在阪ライターが背景を明かす。「きっかけとなる舌禍は何かあったのだろうが、発端は番組の一部リスナーによる“チクリ”だったようだ。長い番組リスナーならだれもが知ってるが、北野はラジオのオンエアでは毒舌を抑え気味で、政治家や芸能人を批判するときはヒントしかしゃべらない。その“答え合わせ”は、有料の番組イベントで行う。お金を払ってくれたファンへのリップサービスでオフレコ話を披露する。それを克明にメモして、放送局幹部や東京の芸能プロダクションに“ご注進”するヤカラがいたということ」
(以下略)



そもそも、本当にバーニングの周防社長が「ヤクザのようなもん」で、「バーニング事務所」が暴力団事務所なら、テレビ局などはバーニングの所属タレントを出演させてはならないはずだ。

昨晩の記事でも述べたように、後藤組と「バーニング事務所」の周防社長との間に深い繋がりがあるという情報は山ほどある。

マスコミは真相を究明し、説明責任を果たさなければならない。

それなのに、「ヤクザのようなもん」から圧力をかけられ、一人のタレントを全ての番組から降板させ、口止めされるがまま黙り続けているのだから、とんでもない話だ。

このような卑怯者の集まりが、テレビ局や新聞社などのマスゴミだ。

マスゴミは、徹底的に弱いもの虐めをするが、支那や韓国や在日朝鮮人やカルト宗教団体(創価学会)や「ヤクザのようなもん」に対しては非難せず、むしろ連中の言いなりになって日本を蝕んでいる。

自ずとテレビ番組や新聞記事の内容は、嘘出鱈目が多くなる。

「ジャーナリズム精神」が聞いて呆れる。

恥を知れ!




「テレビ局などのマスコミは恥を知れ!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.