FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200905
NHKの日台離反工作&支那による台湾侵略正当化工作・台湾人≒漢民族(支那人)の強調は台湾の主権問題を支那に帰属させる意図・「人間動物園」もNHKの狡猾な編集と悪質な取材による偽造・許せない!


↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング



最初に述べておくが、今から約40分後に、NHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」 第1回「アジアの“一等国”」2009年4月8日(水) 午前0時45分~1時58分 (7日深夜)総合が再放送されるので、例の偏向番組に関心ある方はご覧下さい。


昨晩の記事で述べたとおり、既にNHKには抗議文を郵送したが、昨晩の記事や抗議文には書かなかったことを幾つか補足しておきたい。

私は、NHKがこの番組を制作・放送することによって、支那による台湾侵略の正当化を支援しているのだと考えている。

つまり、NHKは支那のエージェント(工作員)であり、「日台離反工作」や「支那による台湾侵略正当化工作」に役立つ番組を制作・放送しているのだ。そのように考えると、番組の中にあった殆どの問題点の辻褄が合ってくる。


まず、NHKは、日本が台湾を領有した当時【台湾人が漢民族としての伝統や誇りを持っていたから日本の支配に抵抗して「日台戦争」をした】などと事実とは認められない見解を示した。 これには「乙未戦争」(日台戦争?)を漢民族(支那人)による抗日運動の一環と位置づけ、台湾の主権問題を支那に帰属させる意図があるとしか思えない。


次に、NHKは、【支那事変勃発当時、台湾には500万人の漢民族が居た。】などと述べたが、これは当時の台湾の人口から見て台湾人のほぼ全員を漢民族だとする言い分だ。
しかし、これも事実と異なり、歴史統計学の見地からも、医学界における住民のDNA調査からも、台湾人の約8割が太古からの台湾原住民であり、支那大陸からの移民は1割にも満たない(残りは混血)。
ちなみに、台湾の若者を対象に行った2003年の意識調査でも、大半が「自分は支那人ではなく台湾人だ」と回答した。

台湾若者の6割「自分は中国人じゃない」 TV意識調査
2003/09/03, 産経新聞
(一部抜粋)
 「僕は中国人ではなく、台湾人だ」-。台湾のケーブルテレビ、TVBSが青少年を対象に行った意識調査で、若者の六割がこう考えていることが分かった。
 調査は、台湾が採用している年号に合わせて「中華民国七〇年世代」と呼ばれる十三-二十二歳の若年層を対象に実施。「自分は台湾人と中国人のどちらと思うか」との質問に60%が「台湾人」と回答、「中国人」は6%にとどまった。「台湾人であると同時に中国人」は34%だった。
 (台北 時事)

にもかかわらず、どうしてNHKは無理やり嘘出鱈目を垂れ流してまで、【台湾人≒漢民族(支那人)】と主張するのか?

やはり、HHKが支那の台湾領有(侵略)を正当なものと印象付けるために、強引に「台湾人は漢民族」だと宣伝しているとしか考えられない。



更に、一連の反日演出は、支那による台湾侵略を少しでも容易にするための日台離反工作と考えれば、これまた辻褄が合う。

この番組の衝撃的な演出の一つに、「人間動物園」の話があった。 「人間動物園」というのは、この番組にインタビューで出演したフランスの歴史学者パスカル・ブランシャールが、自分達(イギリスやフランス)が博覧会で行っていた植民地人の展示(見世物)に名付けた言葉だ。

この番組は、日本も1910年にロンドンで開催された「日英博覧会」で、台湾南部高士村からパイワン族を連れて行き、会場内にパイワン族の家を作り、その暮らしぶり、戦いの踊り、戦闘の真似事を見世物にしたという。

しかし、そもそも、様々な建物や風習や服装や踊りや演奏や演技などの文化や何かの実演を披露するのが博覧会だ。

この1910年の「日英博覧会」には数十人の京都相撲の力士団もロンドンに渡って土俵を作り、まわし姿て半年間相撲を披露している。 また、農村風景を描いて、そこで日本人農民が米俵製作の実演を披露していた。

NHKは、同じ日英博覧会で、相撲を披露した京都相撲一団や、米俵製作の実演を披露した日本人農民たちも「人間動物園」で展示されたと言わないのだろうか?! ちなみに、今でも格闘博覧会などが開催されて様々な格闘技や軍隊による戦闘実演が披露されている。

そもそも、番組にインタビューで出演した「人間動物園」の命名者パスカル・ブランシャールも、1910年の「日英博覧会」におけるパイワン族の文化の披露を、「人間動物園」だとは明言しておらず、NHKの狡猾な編集によって、さも『「日英博覧会」でのパイワン族の踊りや戦闘実演を「人間博物館」だ』と演出しているようにも考えられる。 だとすると、かなり悪質な演出であり、偽造と言って良い。

しかも、NHK取材班は、「日英博覧会」に参加したパイワン族の一人チャバイバイ・ブリャルヤンさんの二人のお子さん(85歳の息子と79歳の娘)をわざわざ訪ねて行き、何も知らなかった2人のお子さん達に『お父さんは昔日本によって「人間動物園」として展示された』と報告したわけだ。
NHK取材班から「お父さんは、昔ロンドンで開催された日英博覧会の人間動物園に展示された」と聞かされたお子さんたちは当然かなり悲しみ怒った。

NHKのやり方は絶対に許せない!


日本と台湾は一心同体:Japanese and Taiwanese like each other

http://www.youtube.com:80/watch?v=gwPwOrmdlMs






「絶対にNHKを許せない!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.