正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200904
球場で「独島は我らの領土」(韓国の愛唱歌)を場内放送・WBC組織委員会関係者の在米コリアンが準備・日本と韓国の試合直前の練習中に・日本のマスコミは報道せず日本政府も抗議せず=売国行為


メキシコ戦なのに、何故か「独島は我らの領土」と書いた応援板

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング





ペトコパークに響き渡る「独島は我らの領土」スポーツ韓国(韓国語)(2009/03/18 22:41)
韓国-日本の第2ラウンド1組の試合が行なわれた18日(韓国時間)のペトコパーク。試合開始3時間前から1時間30分間、韓国チームの公式練習が行なわれた。そして練習時間中ずっと、おなじみの韓国の歌がペトコパークに響き渡った。
「鬱陵島の東南方向 海路200里 孤島一つ 鳥たちの故郷♪ 誰がいくら 自分の領土だと言い張ろうとも 独島は我らの領土♪」 国民歌謡とでも言うべき「独島は我らの領土(ト゛クトヌンウリタン)」だった。「独島は我らの領土」が終わると、元祖助国民歌謡「ああ大韓民国」が出た。
韓国の練習が終わって日本の練習が行われる間は、「ワン・モア・タイム」「テル・ミー」「ノーバディー」などの最新歌謡が流れた。両チームの国歌演奏が終わった後の試合直前には、韓国の代表応援曲「おお必勝コリア」が出た。同胞たちは歌を歌いながら楽しみがわくように棒風船を叩いた。
米国カリフォルニア州サンディエゴにあるペトコパークが韓国のソウル蚕室スタジアムのように感じられた理由は、単に「韓国型応援ツール」の棒風船だけではなかったのだ。
大会関係者の中の一人が、韓国人だったからだ。
主人公は、ラジオコリア「朝の広場」の進行者である李ヨンドンさん。李さんは韓国チームがペトコパークで試合を行なうと聞き、自らCDを準備した。本選1組の韓国戦で場内アナウンスを担当する李さんは、試合前にペトコパーク職員に、「韓国の選手たちが練習する時や試合中に、このCDを流してくれ」と頼んだ。
李さんはCDに加えて、大きく力強い場内コメントでも韓国選手たちの善戦を祈った、「7番打者、サード李机浩!」 李さんが颯爽と選手たちを紹介するとき、球場内には「おお必勝コリア」が同時に鳴り響いた。




韓日戦の前に響き渡った「独島は我らの領土」スポーツ朝鮮(韓国語)(2009-03-18 20:00)
韓国-日本戦に先立つ韓国代表チームの練習時、ペトコパークに「独島は我らの領土」のリメイク曲が鳴り響いた。韓国代表チームが作ったCDではなく、WBC組織委員会内の韓国人職員が自ら準備したものだ。






大会関係者はこのような不当な政治的行為を阻止しなければならないのに、大会関係者が自ら手配して、「独島は我らの領土」という曲を日韓の試合前に球場内で鳴り響かせるとは許し難い暴挙だ。

日本のマスコミはこのような韓国人の暴挙を全く報道しないし、日本政府も非難や抗議をしていない。

仮に、朝鮮語の歌だったから、球場に居た日本の関係者が気が付かなかったとしても、韓国で当日の夜には広く報道されたのだから、韓国の日本大使館や韓国駐在の日本のマスコミ関係者は遅くてもこの時点では絶対に知ったはずだ。

それなのに、日本のマスコミは全く報道せず、日本政府は何の抗議もしない。
この不作為は売国行為だ。




実は、韓国は、このような国際大会における政治的不当行為の常習犯だ。


今大会の韓国対メキシコ戦でも、英文で「独島は我らの領土」と書いた応援板があった。



【聯合ニュース】3月16日午後(韓国時間)に米国サンディエゴのペトコ・パークで開かれた「2009 ワールドベースボールクラシック」第2ラウンド、韓国とメキシコの試合を観覧に来た韓国僑民たちが、英文で「独島は我らの領土」と書いた応援板を持って韓国チームを応援している。






韓国人の同様の政治的不当行為は昔からあった。



独島は我が領土









日本の「SUPER GT」に初参戦した韓国人ファン・ジヌ(25)が運転した2004年型フェラーリ・レースカー

マシンの尾翼と車体前方左右に赤色の地色に白字で刻まれた「独島は韓国領」

Dokdo is a territory of Korea「独島(日本名:竹島)は韓国の地」という英文は、大会主催側の抗議で使うことができなかった。






韓国人の不当な政治行為の被害に遭ったのは日本だけではなかった。支那も同じ目に遭っていた。

韓国選手「白頭山は我らの土地」 表彰式のパフォーマンスに中国抗議 冬季アジア大会
2007/02/03, 朝日新聞

 【瀋陽=古谷浩一、ソウル=高槻忠尚】中国・吉林省の長春で開会中の冬季アジア大会で、中国と北朝鮮との国境にまたがる白頭山(中国名・長白山)について、韓国選手が表彰式で「我らの土地」とアピールし、波紋を広げている。白頭山は朝鮮民族の聖地とされ、その帰属をめぐって中韓両国に微妙な国民感情がある。中国政府は正式に抗議し、韓国側は再発防止を約束した。
 関係者によると、先月31日に行われたショートトラック女子リレーで2位になり表彰台に上がった韓国選手5人が、ハングルで「白頭山は我らの土地!」と書いたA4の紙を掲げた。
 これに大会組織委員会が反発。1日、同様の事態が再び起きた場合、韓国の大会参加資格を取り消すと警告し、中国外務省も、北京の韓国大使館に「中韓の間に領土紛争は存在しない。中国人民の感情を害しオリンピック憲章の精神に違反した行為だ」と抗議した。(以下省略)



韓国選手「白頭山は我らの土地」 表彰式のパフォーマンス




上の事件では、韓国人の暴挙に怒っていた支那人だが、実は支那も日本に対して同じことをやっている。




「歴史を直視し、アジアの人々に謝り、尖閣諸島を返せ」



日本政府も支那政府のように抗議しろよ!
不作為は国賊行為だ!





「ふざけんな!韓国!」
「頑張れ!ニッポン!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.