FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200904
サンプロ、郷原信郎の見解・元東京地検特捜部で政治資金絡みの事件を担当した教授「政治資金規正法違反の立件は困難。この先他に何かなければおかしい。」・田中真紀子は小沢一郎を擁護「辞める必要ない」



田中真紀子
郷原信郎氏

↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





田中真紀子氏が小沢氏を擁護

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090308-00000028-jij-pol


小沢氏辞める必要ない=田中真紀子氏
3月8日14時21分配信 時事通信

 民主党会派に所属する田中真紀子元外相は8日のテレビ朝日番組で、毎日新聞の世論調査で小沢一郎民主党代表は辞任すべきだとの意見が57%に上ったことについて「これっぽっちの(小沢氏の秘書逮捕からの)日にちと(世論調査の)数字で、全然辞める必要はない」と述べ、小沢氏を擁護した。
 田中氏は「民主党も試されている。(党内に)代表が代わった方がいいという動きがあるが、そういうことはしないで、事実を納得できるまで落ち着いて(見極めるべきだ)」と語り、小沢氏の下での結束を促した。 
――――





私もこのテロ朝「サンデープロジェクト」を見た。

田中真紀子などいろんな政治家が出演して、いろんなことを言っていた。

小沢一郎が辞任すべきかどうかの問題については、小沢自身や民主党が、閣僚や主要官僚の失敗などに対して追及してきた言動からすれば、辞めるのが筋だと思う。


サンプロは、田中真紀子だけを単独で田原総一郎と対談させていたが、正直言って大した内容ではなかった。

田原総一郎も、いろいろと話していたが、田原が言っていたことは、前回の記事で紹介していたことと概ね同じことだった。


田原総一朗の政財界「ここだけの話」
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090306/137142/?P=1
小沢代表の対検察“戦闘宣言”は角栄仕込みか
2009年3月6日
(本文省略)






その中にあって、私が非常に注目したのは、元東京地検特捜部や長崎地検などで政治資金絡みの事件を担当した郷原信郎氏の発言だ。

郷原氏は、
「今出ている情報で、小沢の秘書を政治資金規正法違反で立件するのは困難。この先、これまでの情報以外の何かがなければおかしい。」と述べた。

郷原氏の見解を次にまとめた。


━━━━━━
郷原信郎(桐蔭横浜大学教授、元東京地検特捜部や長崎地検などで政治資金絡みの事件を担当)



今の政治状況からすると、政治的な影響は極めて大きい。
こういう時期にあえて政治的な影響を生じさせてまで捜査する事件としては、今、表に出ているこの「政治資金規正法」違反は、明らかに小さく、軽微な事件だ。
この事件が今までに出ていないもっと特別な悪質性があるとか、あるいはその先に何か別の事件があるということでなければ、普通はこの時期にこういう捜査には着手しないと考えるのが検察に関係している者の常識だ。
これ以外の何かがなければ、おかしい。

代議士本人か、その秘書かのいずれかに、西松建設からの献金だという認識がなかったとは考えられない。
そうであれば献金する意味がない。

ただ問題は、西松建設が実質的に出資した資金だと代議士本人か秘書が認識していればそれだけで直ちに「政治資金規正法違反」が成立するかというと、そうではない。
「政治資金規正法」では、寄附行為者の名前と寄附金額を「政治資金収支報告書」に記載することが義務付けられている。
しかし、資金の実質的拠出者まで記載する義務はない。

法律で義務付けられているのは、寄附行為者の名前と寄附金額だけだから、西松建設の2つのダミーの政治団体の名前と金額を記載すれば良いのであり、仮に政治家が実質的な拠出者を西松建設だと認識していても、政治資金規正法違反とはならない。
違反になるかならないかは、資金の拠出者が誰かということではなくて、この寄附行為者が本当に寄付行為者と認められるかどうか。
本当に全く実体のないペーパーのような存在であれば、直接寄附をしたのと同じように見做されることになる。
そこが捜査のポイントになる。

西松建設が2つのダミー団体を支配していたとしても、政治団体として実体があれば、その実体のある政治団体の名義の献金となる。
それ以上に、政治団体とは認められないような、まさにペーパーのようなダミー団体の実体が全くないものでなければ政治資金規正法違反とすることは難しい。

常識的に考えると、他に何かあるとしか考えられない。



今回、マスコミに情報をリークしているのは、本当に捜査を担当している(東京地検特捜部の)ラインのところとは考えられない。
今回、リークされ、マスコミが報道している情報にしても、不正確なことだらけ。
法令解釈の根本的な理解も欠如している。
捜査に深く関与している人間なら絶対に分かるはずのことを間違っているので、本当に捜査を担当している者がリークしているのではない。

そもそも、先ほど言ったように、今回の事件も資金の拠出者が問題となっているわけではない。
ダミーかダミーじゃないかという問題に関しても非常に難しい。
小沢側が西松建設と直接やっていたとしても、そのこと自体で違法かどうかは分からない。
要するにダミーかどうかの政治団体の実体の問題だ。
だから捜査する側は、そこを最大のポイントとしてやっているはずだ。
それなのに、シロウト的に、全く分からない人が何かマスコミにしゃべっている。



政治資金規正法は、政治資金の透明化という観点からいえば、問題があるのは当たり前だ。
政治の世界は問題だらけだ。
しかし、それを政治資金規正法違反の罰則の適用の対象にするかどうかは別問題だ。

少なくとも、私が政治資金の問題を手がけ始めた1990年代の終わり頃は、今よりももっともっと出鱈目だった。
それが最近は少しは良くなった。

そういう歴史の中で、過去の時点で、罰則の適用対象をあまり曖昧に考えてしまうと、(東京地検特捜部は)どこにでも入って行けることになり、これは非常に危険だ。
政治資金規正法違反を厳しくやるべきだということは理解するが、現実に今の実態の下で政治資金規正法をどのように運用していくのかという話とは違う。

━━━━━━





元東京地検特捜部で現在大学教授の郷原信郎氏が、今テレビに出演して嘘を吐いたり間違ったことを述べたりしているとは、到底考えられない。

郷原信郎氏が「サンプロ」で述べたことは事実であり、そうだとすると次のようなことが考えられる。


1.
検察は、西松建設が小沢への献金に使用した2つのダミー団体を全く実体のないペーパーのような存在だとし、西松建設が小沢に直接寄附したと見做して政治資金規正法違反の罰則を適用しようとしている。
この場合、郷原氏は、「この時期にあえて政治的な影響を生じさせてまで捜査する事件としては、政治資金規正法違反は、明らかに小さく、軽微な事件なので常識では有り得ない。」という。
また、これで有罪となる場合、二階俊博の他、尾身幸次や森喜朗や加藤紘一や山岡賢次なども、同罪となる可能性が高まる。

2.
政治資金規正法違反による小沢の秘書逮捕は、飽くまで別件逮捕であり、実際にはこの先に「あっせん利得罪」とか「収賄罪」などの大罪がある。
ただ、この場合には、野党の党首の職務権限が大きな問題となる。

3.
東京地検特捜部の小沢の秘書逮捕は何らかの理由による暴走(フライイング)であり、現在東京地検特捜部は大ピンチに陥っている。






いずれにせよ、この先まだ何かあると考えておくべきだ。

私は、これまでのマスコミ報道(検察側からとされているリーク情報)や、自信満々の小沢一郎の言動や、郷原信郎氏の見解などから考えて、現状では3の可能性もあると考えている。

しかし、その場合には、東京地検特捜部は今後何とかして1や2に持って行くようにするだろう。

小沢一郎の公設秘書が逮捕された今回の政治資金規正法違反事件は、3月24日の起訴(不起訴)を以って、簡単に結論とならない可能性が高い。




郷原信郎氏 プロフィール

桐蔭横浜大学法科大学院教授 コンプライアンス研究センター センター長
弁護士

1955年 島根県生まれ
1977年 東京大学理学部卒業
1983年 検事任官
     公正取引委員会事務局審査部付検事、東京地検検事、
     広島地検特別刑事部長、法務省法務総合研究所研究官、
     長崎地検次席検事、東京地検検事(八王子支部副部長)
     などを経て2003年から桐蔭横浜大学大学院特任教授を兼任
2003年 法務省法務総合研究所総括研究官兼教官
2005年 桐蔭横浜大学法科大学院教授(派遣検事)、
     コンプライアンス研究センター センター長就任
2006年 検事を退官し、教授・センター長職の専任となる




郷原信郎氏のインタビューの動画を見つけたので追加。

理解に苦しむこの時期の小沢氏秘書の逮捕
元検事・郷原信郎氏インタビュー(18分)
http://www.videonews.com/asx/interviews/090305_gohara_300.asx







「郷原氏の話は参考になる。この先まだ何かありそうだ。」

と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

自民党の国策捜査ではない・西松前社長「小沢一郎側同様、二階俊博側も違法認識」・自民党で現役閣僚にも捜査となれば政府の陰謀ありえない・ただ、米国の陰謀の可能性あり・東京地検特捜部とCIA・ロッキード事件


二階俊博・経産相=6日午前

↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





西松前社長「二階氏側も違法認識」 献金 小沢ルートと捜査
3月7日8時4分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090307-00000025-san-soci

(本文省略)







まず、二階俊博の売国奴ぶりは次の記事で既述している。

存在感を増す二階俊博とは
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/23530217.html
二階俊博など福田改造内閣の顔ぶれは、国賊のオンパレード
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/34895726.html






次に、東京地検特捜部が、自民党で現役経済産業相の二階俊博も捜査するというのだから、今回の捜査が自民党や首相官邸による「国策捜査」や「陰謀」の可能性はない。

加藤紘一や森喜朗や尾身幸次などはどうなるのだろうか。


ただ、米国の国策捜査、陰謀なら可能性はゼロとは言い切れない。

ネット上で良く見かけるコピペに次のようなものがある。




東京地検特捜部の歴代トップは、全員CIAに留学し、CIAの対日工作員としての徹底的教育を受け、日本に帰国する。この教育を受けた者でなければ、東京地検特捜部、そして日本の警察機構の中で、上層部に出世する事は出来ない。


東京地検特捜部はCIAの命令で動く売国機関であり、いままで逮捕された政治家もすべてアメリカに都合の悪い政治家だけだった。


東京地検特捜部~CIA日本支部 
旧田中派(経世会)潰し

田中角栄 逮捕    ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
竹下登  失脚    リクルート事件  (←東京地検特捜部)
金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職   (←東京地検特捜部)
(小渕恵三 急死)   (←ミステリー)
鈴木宗男  逮捕     斡旋収賄     (←東京地検特捜部)
橋本龍太郎 議員辞職  日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
小沢一郎       西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
二階俊博       西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

岸信介    安泰
福田赳夫   安泰
中曽根康弘  安泰
森 喜朗    安泰
小泉純一郎  安泰
尾身幸次   安泰




↑これら↑は飽くまでもネット上のコピペであり、真実かどうかは分らない。

しかし、少なくとも田中角栄のロッキード事件の背景には、アメリカによる「日本の独自資源獲得外交」潰しや「日本の航空機産業」潰しがあった可能性は充分にある。


――――
ODA誕生秘話――発端は田中角栄の「中国資源外交」だった
青木直人

【日中国交正常化と石油資源の獲得】
(略)
国交正常化以後、中国産石油の日本向け輸出が本格化し、日本は1つの目的を達成した。
(略)
日本政府は石油メジャーを経由しない独自の資源を手に入れることに成功したのである。

【石油メジャーの報復】
(略)
ロッキード事件には、今もなお解明されていない闇が残っている。最大の疑問は、なぜアメリカが、贈賄側のロッキード社コーチン社長の証言資料をSEC(アメリカ証券取引委員会)を通じて東京地検に渡したのかという点である。
(略)
田中角栄の名前の載った資料が日本に渡れば、彼がどうなるのか充分にわかっていたはずだ。にもかかわらず、資料は東京地検特捜部の手に渡ったのである。田中を防衛しようというホワイトハウスの政治的配慮はいっさい感じ取れない。
資料提供の決定に関与したと思われるアメリカ側の要人は、最低でも4人いる。フォード大統領、ナンバー2のネルソン・ロックフェラー副大統領、外務大臣にあたるキッシンジャー国務長官、そして最後の1人がジョージ・ブッシュCIA長官だった。彼らはその立場からしても、当然決定に関与しているとみていい。
(略)
ブッシュはCIA長官辞任後、中国駐在米国事務所の所長も務めているほどの中国シンパであり、?小平は彼を“古い友人”と呼んでいた。今でもメジャー首脳陣の訪中時には彼が同行することさえあるほどだ。
こうして当時の米国政府首脳の背景を見てくると、彼らは田中に好意的どころか、その資源外交を苦々しく感じていたメジャー周辺にいた人物だったことがわかる。
『別冊宝島real060 中国利権の真相』
――――







ロッキード事件、仕組まれたアメリカの陰謀
http://speech.comet.mepage.jp/note02/mint_070.htm
(一部抜粋)

その後、保身の国会議員たちは、ロッキード事件恐さに、航空行政には手を出していない。勉強もしないし関心も無い。そして、アメリカとエアバスインダストリーによる世界制覇は完結した。






田原総一朗の政財界「ここだけの話」
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090306/137142/?P=1
(一部抜粋)


小沢代表の対検察“戦闘宣言”は角栄仕込みか
2009年3月6日
(略)
小沢代表の“戦闘宣言”
(略)
 強制捜査と第一秘書の逮捕を受けて、小沢さんは強気一点張りの記者会見をした。
 彼は記者会見で「この種の問題で強制捜査、逮捕という手法はこれまで全くなかった。衆議院の総選挙が取りざたされているこの時期において、このような今までやられたことのなかったような異例の捜査が行われたということは、政治的にも法律的にも不公正な国家権力、検察権力の行使だ」と語った。
 要するに、検察の手段は不当であるという戦闘宣言をしたのである。
 僕は、この“戦闘宣言”の記者会見を見て、田中角栄さんのロッキード裁判を思い出した。
 ロッキード裁判を、小沢さんは一日も欠かさず傍聴席で目撃していた。
 僕はこのロッキード事件は冤罪(えんざい)だと思っている。

 詳しいことはここでは述べないが、田中角栄さんらは、ロッキード社から4回にわたって丸紅経由で金を受け取ったとされている。
 特に、3回目については、検察が丸紅側の運転手と伊藤宏専務に、ホテルオークラの受け取り場所を強引に押し付け、そのことを認めさせていた。
 僕はその運転手に直接取材をしている。
 検察が決めた金の受け取り場所はホテルオークラの正面玄関だったのだが、検察は運転手にその場所の図まで書かせていた。そして伊藤専務にもそれを認めさせて、同じ図を書かせた。
 しかし、検察の担当者はホテルオークラをよく知らなかったものと思われる。
 なぜならばホテルオークラの正面玄関はボーイも客もいっぱいいて、金が渡せるわけがないのだ。
 結局、検察は受け渡し場所を宴会場入り口に変えて、それをまた運転手に認めさせ図を書かせ、伊藤専務にもそれと同じ図を書かせた。
 検察が押し付けたことを、自ら変えて、また押し付けて書かせているというわけだ。

 さらに、この日の宴会場では、自民党の実力者のパーティーがあり、人の出入りがたくさんあった。
 宴会場の駐車場で金の受け渡しをしたというが、この日は大雪で、その中で30分も立って待っていたということになっている。まるでマンガだ。
 小沢さんはこのような裁判をずっと傍聴席で見ていた。当然自分でも事件について調べていた。

検察は“相当のもの”を持っている可能性

 さて、小沢さんも言うように、選挙を控えたこの大事な時期に、こういう問題(政治資金規正法違反)で強制捜査が入り、第一秘書が逮捕されるのは前例がない。
 普通、検察の捜査は、選挙日よりも遅らせる。
(略)

次々に出る新情報のネタ元は?

 そして検察はこれから、新聞やテレビに「いかに小沢が悪いか。秘書が悪いか」という逮捕の根拠を毎日のようにリークしていくと思う。
 現に、逮捕翌日の記事を見ると、すでに朝日新聞が「小沢代表の秘書が西松建設側と献金調整をしていた」という記事を書いている。
 これは要するに、西松側が小沢さんの政治団体に任意の献金をしたのではなくて、西松側に小沢さんの秘書が直接交渉して献金の額や分け方を話し合っていたということだ。
 読売新聞も、「年2500万という金額は小沢代表側と西松建設との間で取り決めたもの。献金総額は3億円に上る」という記事を報じている。
 小沢さんは、記者会見で「献金を受け取ったことは事実だが、それは政治資金規正法に則って、適正に処理し、公開している。何らやましいことはない」と話した。
 ところが、その翌日に2つの新聞が、西松建設側と小沢さんの秘書が、どのように、どのくらいの額を、どういう形で小沢氏の「陸山会」に入れるかということを直接交渉しているということを報じた。これは検察側のリークだ。こんな情報は検察からのリークでなければ出てくるはずがない。
 これから検察側は毎日のようにこのようなリークをし、「小沢が悪い。なんて小沢は悪いやつだ」という世論作りを懸命にやると思う。
(略)








「自民党や政府による国策捜査や陰謀ではない!」

と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.