正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200903
テレビがつまらなくなった、その理由とは?・現役ディレクターに話を聞いてみたが、的外れな責任転嫁・西川京子議員が語る真実の報道をしない今のメディア・支那礼賛や朝鮮マンセーで法則発動



↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング




テレビがつまらなくなった、その理由とは?


テレビがつまらなくなった、その理由とは?

「テレビがつまらなくなった」と言う意見をよく聞くことがありますが、何ででしょうか? 確かに僕も思春期の頃より一生懸命テレビを見ることが減ったと実感しております。制作サイドには耳が痛い話だと思いますが、制作会社のスタッフとして番組に関わっている現役ディレクターのYさんに話を聞いてみました。

「僕はテレビをダメにした理由は2つあると思います。ひとつはインターネットをはじめ様々なメディアが登場したことですね。たとえば、話題の番組を見逃したら、学校のクラスで話題についていけない、ということってよくあったと思うんですが、話題になるような名場面はたいていYOUTUBEにアップされていますよね。これなら、わざわざテレビの前にかじりつく必要もありません。また、ネットで動画を配信できる時代になったことも大きな要因。しかも、ネットの番組は、地上波ではできない面白い試みもたくさんできる。『江頭2:50のPPPするぞ!』とか。あと、DVDでも自由度の高い試みはできますしね。また、制作費がそれほどかからないからさほど儲からなくても上から怒られない、などがあると思います」

次から次へと番組制作への不満がでてきました。さらに話は続きます。

「不況で制作費が落ちて、でもCSやBSなどの番組をあわせると放送されるソフト(番組)の数は増えているわけです。ということは、1本当たりにかける時間やお金が減っているわけです。時間もない、お金もないではいい番組なんて作れないですよね」

うーん、このサイトは転職希望者向けのサイトなのですが、テレビの現場に転職……なんてことも考えていた人にはちょっと未来のない話ですね。景気も一時的には下がってもまた元に戻ることがあるでしょうし、そんなに悲観することではないのだと思うんですが……。

「もちろん景気は水物ですが、今までテレビがすごく巨大なマスメディアだったのが、様々な業界に分散化していく傾向は止められないでしょうね」

じゃあ、これからテレビ業界へ入りたい、という転職希望者に対して何かメッセージはありますか?

「幸か不幸かインターネットのおかげで、番組制作の本数は増えます。すると、お金は儲からなくても、新しい試みを始めようと思っている人には、自由な制作環境が与えられるとも言えます。この不景気で、出演料の高い大御所のかたは苦しくなってくると思いますので、逆に言えば若手はチャンスとも言えるかもしれません。マニアックな番組作りも可能になるかもしれません。検討を祈ります」

というわけで、誰もが一度はあこがれるテレビ業界ですが、現状はなかなか厳しいようですね。でも、Yさんの話で、若手にも一筋の光が差しているようにも感じたので、テレビにあこがれを持っているかたはこの際思い切って挑戦してみるのも悪くないかもしれません。
―――――





>「僕はテレビをダメにした理由は2つあると思います。ひとつはインターネットをはじめ様々なメディアが登場したことですね。たとえば、話題の番組を見逃したら、学校のクラスで話題についていけない、ということってよくあったと思うんですが、話題になるような名場面はたいていYOUTUBEにアップされていますよね。…」



この言い分は的外れだろ。

インターネットやYou Tubeの登場は、テレビの視聴率を下げる要因にはなったかもしれないが、テレビがつまらなく(駄目に)なった要因ではない。

全く説得力のない責任転嫁であり、この現役ディレクターYは頭が悪そうであり、こんな奴らが平均年収1500万円も貰ってテレビ番組を制作しているから、テレビがつまらなく(駄目に)なったのだ。





テレビがつまらなくなった、その理由とは?

まず第一に、真実を報道しないことが多くの視聴者に知れ渡ってきたからだ。

西川京子議員が語る 真実の報道をしない今のメディア

http://www.youtube.com/watch?v=kmDCWEBZPxo



●過去のテレビ番組のヤラセと捏造
1985年 テレビ朝日が「アフターヌーンショー」で女子中学生のリンチシーンを演出した
1992年 NHKスペシャルで番組スタッフが高山病を演技した
1999年 フジテレビが、「愛する2人、別れる2人」で関係ない別人に体験談を語らせる
1999年 テレビ大阪が、暴走族に暴走をヤラセた
2002年 テレビ朝日が暴走族に路上で暴走をヤラセた
2003年 日本テレビが、報道番組でエビ漁の映像に魚屋で買ったエビを放映する
2005年 テレビ東京が、花粉症のデータを捏造して放送した
2005年 フジテレビの「めざましテレビ」で番組関係者の知人の虚偽の失恋体験談を語らせて放送した
2005年 日本テレビの報道番組で架空の名簿売買を報道した
2007年 フジテレビの「あるある大辞典」の「納豆ダイエット」で取材していないアメリカの大学教授の放送をした
↑このサイトで列挙しているヤラセや捏造は、ごく一部に過ぎない。

実際にはTBSだけでも最近3年間で10件以上のヤラセや捏造が発覚している。



2006年~2007年、TBS「サンデー・ジャポン」のスタッフが、取材日時を事前連絡し街頭インタビューに同一人物を4回登場させた



次に、法則発動だろう。上とも一部ダブるが、局が朝鮮人に乗っ取られ、朝鮮マンセー、支那礼賛、日本落としまくりじゃ、面白くないのは当たり前。


参考コピペ

マスコミは未だにテレビという媒体が「高度な情報媒体産業」のつもりなんでしょうけれども、国民からは「繁華街の場末にある、寂れた風俗雑居ビルの従業員たち」程度にしか映っていないことを理解できていないというのが真相です。スポンサー企業の撤退が相次いでいることに右往左往しつつも有効な対策を打ち出せないでいる現状も、こうしたことによります。 

パチンコ、サラ金、朝鮮ヅラ屋のCMと一緒に高収入者向けの商品のCMが流れたらどう思いますか?
しかも番組内容もガラの悪い三国人風タレントやカルト信者が程度の低いことに盛り上がっていたり、くちゃらくちゃらと下卑た風俗に関する話しで嬌声を発したり。

パチンコ、サラ金、朝鮮風俗店が入った怪しげな雑居ビルの1階に高級品の販売店があったとして誰が入ろうと思うでしょう。これじゃ大枚叩いてブランドイメージ下げてるだけ。

(以下略)





「まずは虚偽、偏向番組をやめろ!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.