正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200902
支那が合意破りガス田掘削・東シナ海の「樫」・昨年6月18日の合意直後の違反だから最初から合意はなかった・日本政府は分かっていて仕事の振りだけ・日本が日本側海域で開発を始める以外に解決策なし




↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525





中国、合意破りガス田掘削

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090104-00000500-san-cn


中国、合意破りガス田掘削 東シナ海の「樫」
1月4日2時43分配信 産経新聞

 東シナ海のガス田問題で、日中両政府が平成20年6月に共同開発で合意した直後、中国が継続協議の対象となり現状を維持すべき「樫(かし)(中国名・天外天)」で新たに掘削を行っていたことが3日、分かった。明確な合意違反で日本側は抗議したが、中国側は樫での掘削を終え、生産段階に入った可能性が高い。
主権と権益確保に向け、日本政府が対処方針の見直しを迫られるのは必至だ。

 樫ではこれまでにも構築物(プラットホーム)から炎が出ているのが確認されていたが、日中合意後、共同開発の協議対象である4カ所のガス田で、中国側の不当な単独開発が明らかになったのは初めて。

 日中両政府は20年6月、ガス田問題で合意。「翌檜(あすなろ)(同・龍井)」付近での共同開発と「白樺(しらかば)(同・春暁)」で日本の出資が決まった。樫と翌檜の本体、「楠(くすのき)(同・断橋)」は共同開発の合意に至らず、継続協議の扱いになり、両国には現状維持が求められる。

 この合意直後の7月上旬ごろ、樫のプラットホーム周辺の海域が茶色く濁っているのを、海上自衛隊のP3C哨戒機が確認した。その後、変色した海域が拡大したり、海面が激しく泡立ったりしたのも把握。防衛省はこれらの情報を外務省や資源エネルギー庁に連絡した。

 同庁によると、海域の変色は海底掘削で汚泥が出たためとみられる。海面が泡立った原因は、プラットホーム上の発電機の冷却水が高温だったか、掘削用の機材などの熱源が海水に触れたことが挙げられる。

 6月ごろ、樫のプラットホームに多数の長いパイプが置かれていたことも判明。10月にはパイプは撤去され、ボートに積み込まれたのも確認された。パイプは掘削用ドリルを通すために使われたとみられる。

 時系列でみると、中国は7月ごろパイプやドリルを使い、樫で掘削を開始。掘削は最短で1カ月程度で終わるとされ、パイプが撤去されたことで、掘削を終え、石油と天然ガスの採掘に入ったとの見方が強い。

 樫は白樺、平湖(中国名)とともに、石油などを中国本土に送るパイプラインでつながっている。樫では17年以降、プラットホームの煙突から炎が出ているのも確認されている。

 ただ、パイプが撤去された前後から、樫の煙突から出る炎は大きくなり、色も薄い黄からオレンジに変わった。日本側はこの変化について、以前は平湖などからパイプラインで輸送され、濾過(ろか)された石油などを燃焼させていたが、樫で直接吸い上げたものを燃焼させ始めた兆候と分析している。



 日本政府内には「中国側は継続協議の対象になった樫などの単独開発に固執しており、一方的に開発を進めていくとの懸念が現実化した」との指摘がある。


 日本政府は、樫での掘削が日中合意に反するとして中国側に抗議したが、中国側はP3Cの警戒監視飛行を「妨害行為」などと逆抗議してきている。
―――――





>東シナ海のガス田問題で、日中両政府が平成20年6月に共同開発で合意した直後、中国が継続協議の対象となり現状を維持すべき「樫(かし)(中国名・天外天)」で新たに掘削を行っていたことが3日、分かった。明確な合意違反で日本側は抗議したが、中国側は樫での掘削を終え、生産段階に入った可能性が高い。



合意した直後に合意違反したということは、合意していなかったのと同じことだ。





>日本政府内には「中国側は継続協議の対象になった樫などの単独開発に固執しており、一方的に開発を進めていくとの懸念が現実化した」との指摘がある。



「懸念が実現した」というが、この東シナ海ガス田問題の関係者なら誰でもこうなることは分かっていたことだ。

日本政府は、余ほど馬鹿なのか、全て分かっていて茶番劇を演じているかのどちらかだが、普通に考えて後者だろう。

日本政府が支那と合意したり、支那の合意違反に抗議したりしていることは、全て日本国民に仕事をしていると見せるための茶番劇に過ぎない。

最初から、ガス田は支那の自由にさせて、全ての天然ガスを支那に使用させる積もりなのだ。

6月の合意時点で、ド素人の私でさえ、今回報道された支那の合意違反を当然のこととして予想していた。

念のため言っておくが、この問題は、日本が日本側海域で開発を始める以外に解決策はない。

今からでも良いから出来るだけ早く日本が日本側海域で開発を始めることだけが唯一の解決策だ。

以下は、昨年6月18日に日支が共同開発で合意した直後の当ブログ記事だ。


ガス田の共同開発で日支が合意
排他的経済水域(EEZ)の境界線の問題は棚上げ
なぜ驚くべき不平等な合意をするのか?
絶対反対!不平等条約!
合意などせずに、いいから日本側海域で開発を始めろ!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33910335.html

2008/6/18(水) 午後 11:49
(一部抜粋)


これって、おかしいぞ!

何故、日本は、こんな不平等な合意をするんだ?!

この合意を受けて、18日、石油株を中心に支那株は大暴騰した。




まず、今回の合意では、支那が既に開発を行なっている4つのガス田のうち、対等の共同出資の対象になるのは1つだけであり、特に、「楠」と「樫」に関しては、日本側には一切の権利が認められていない。

つまり、支那は「楠」と「樫」で独自にガス田開発を続ける一方、日本は日本側海域(排他的経済水域)においても独自にガス田開発が出来ないままだ。

支那は、「春暁(白樺)ガス田の主権は完全に中国にあり、(日本との)共同開発は主権と無関係」、「これまでと同様、日本が主張する『中間線』は認めない」と述べている。

これは、現在の国際常識からかけ離れた無茶苦茶な主張であり、日本が支那の無茶苦茶な主張を放置したまま条約を締結すれば、将来に重大な禍根を残す。

海洋法条約では、境界線に争いがある場合、一方的に資源開発をすることを禁じているが、支那は、このルールを破って5年前に一方的にガス田開発を始めた。

支那がルールに違反して、5年前に一方的に開発を始めた以上、日本も同様に日本側海域で開発を始めるべきだった。 


支那は、日支の共同開発の対象海域が今問題となっている「中間線」ではなく、沖縄のすぐ西側にある「大陸棚」だと主張をしているが、その主張が無茶苦茶であることは支那自身も承知している。

(中略)

はっきり言って、天然ガスは、支那側海域には殆どなく、大部分は日本側海域に埋蔵されている。

したがって、今回も日本は、このような圧倒的に不利な合意をする必要はなく、合意しないまま日本側海域で開発を始めるべきだ。

(中略)



1.天然ガスは、支那側海域には殆どなく、大部分は日本側海域に埋蔵されていること

2.共同開発の対象海域で、支那が勝手に一方的に開発を始めたこと


などから、日本は、支那が開発を始めた5年前に、速やかに日本側海域で開発を始めるべきだった。

そして、今回も、このような不平等な合意をして不平等条約を締結するより、合意をせずに日本が独自に日本側海域で開発を始める方が絶対に良い。






●関連記事

ガス田共同開発
支那は中間線海域を日本側のみ対象として決裂
「そうなったら戦争だ。軍艦を出す」と言われ、日本側海域で開発をしない日本政府の不作為は犯罪だ
櫻井よしこ 福田首相に申す
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/29322670.html

(一部抜粋)


中国の顔色見ずに試掘を・東シナ海ガス田開発で民主代表
2005/10/19,日経ネット
(一部抜粋)
民主党の前原誠司代表は・・・
(略)

「…日本は中国の顔色を見ているだけではなく、しっかりと試掘して日本の権利だと主張すべきだ」と訴えた。






抗議より独自開発の着手こそ重要【正論】中国軍事研究者・平松茂雄
2006/09/16、産経新聞
(一部抜粋)
≪いずれ日本側への進出も≫

 日本政府がなすべきことは、日本側の海域で日本が開発を進めることである。






【櫻井よしこ 福田首相に申す】父子二代、中国に幻惑
2008/01/10, 産経新聞
(一部抜粋)

 そして、東シナ海のガス田開発問題だ。国際司法裁判所の過去30年間の判決は一貫して日本の主張、つまり中間線で分ける主張が正しいことを示している。







「いいから早く日本側海域で開発を始めろ!!」

と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.