FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200811


「韓国より日本が危険」サムソン経済研究所のクォン・ウーが豪語・米政府25兆円の資本注入へ・榊原英資の予想は大ハズレし、中川昭一の自信の表明と私の予想が大当たり!・日経平均史上最大の上昇率


米大統領が資本注入を発表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081014-00000121-mai-bus_all


<金融危機対策>米大統領、資本注入を発表…優先株買い取り
10月14日21時50分配信 毎日新聞

 【ワシントン斉藤信宏】ブッシュ米大統領は14日、声明を発表し、公的資金で米金融大手9社などに計2500億ドル(約25兆円)の資本を注入することを柱とした金融危機対策を発表した。3日に成立した金融安定化法に基づき、財務省が金融機関から議決権のない優先株を買い取る。一時的な預金保護の上限撤廃や、銀行間取引を含む銀行債務への政府保証も盛り込んでおり、先週末まで続いた世界同時株安が本格的に反転するきっかけになるか注目される。

 ブッシュ大統領は「前例のない大胆な対策だ」と強調。ポールソン財務長官は「本来、国が私企業の株式を持つのは好ましくないが、危機回避のため断固実行しなければならない」と資本注入への決意を表明した。

 米メディアによると、資本注入の対象はJPモルガン・チェースなど大手9社のほか多数。大手ではJPモルガンとバンク・オブ・アメリカ、シティグループの3社に各250億ドル(約2兆5000億円)注入するなど20億~250億ドルを注入するという。大手9社はすでに資本注入に合意した。資本注入の対象は順次、地方金融機関などにも広げる方針で、政府は金融機関の経営者報酬を制限できる。

 米財務省、連邦準備制度理事会(FRB)など金融当局が中心となって、短期間で危機対策の概要をまとめた。資本注入のほか、無利子の銀行口座について預金保護の上限を一時的に撤廃し全額保護し、銀行間融資を含む銀行の新規債務に3年間の保証をつけることも盛り込んだ。

 ポールソン米財務長官は13日、JPモルガン・チェースやシティグループなど大手金融機関の経営トップを財務省に集め、資本注入を受け入れるよう促した。米メディアによると、ポールソン長官は会合で「金融システム維持のため大手金融機関を破綻(はたん)させない」との方針を盛り込んだ先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の行動計画について説明、経営トップに理解を求めた。
――――――






アメリカが25兆円(2500億ドル)を大手銀行9行などの金融機関の資本増強のために注入する「金融危機対策」を発表することは、今朝から日本にも伝わっており、日経平均は1171円高で上昇率は史上最高の14.15%を記録した。


私が10月11日土曜日(記事掲載は12日午前 0:16)に予想したとおり、今週初めに米国で公的資金注入の具体策が示され、世界の株価が反発した!
株価下げ止まれば韓国破綻が次の焦点か
米国が公的資金注入による金融機関の資本増強の具体策を示せば株価の世界同時多発暴落は終息か
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/36347611.html



予想が当たって、うれしいよ~!

元証券マンの面目が保ててホッとしている。


〆 〆 〆 〆 〆


10月12日(日)、米大使館などに抗議活動をしに出かける前、フジテレビの「新報道2001」とテロ朝の「サンデープロジェクト」を見た。

「サンプロ」の『世界恐慌を防げるか?どうなる?金融危機!協調利下げでも止まらない世界株安!』のコーナーには、榊原英資(早稲田大学教授)と渡辺喜美(元・金融担当大臣)が出演していた。

榊原英資は、大蔵省出身で「ミスター円」と言われていたが、今後、もし民主党が政権を獲得すると財務大臣に就任するといわれている。

で、榊原英資が「サンプロ」で何を言ったかというと、
「アメリカでは選挙も近いので公的資金を金融機関に投入する具体策なんて今週は出ない。日本では公的資金の銀行への資本注入に何年もかかっており、日本ほどではないが、そんな簡単なものではない。」などと断言していた。

中川昭一財務・金融相が、ちょうど1日前の日本時間10月11日午前、公的資金による金融機関への資本注入について、「近々各国で前進があるものと確信している」と述べ、合意に自信を示していたのにだ。

つまり、榊原英資は、「中川昭一財務相の見通しは甘い。」と確信していたのだろう。

実際に、榊原英資は、中川昭一財務相について番組で次のように述べていた。


榊原英資 「彼は日本興業銀行で働いたことがあるから若干は知っているんだろうが・・・」

田原総一郎 「えっ?若干ですか?」

榊原英資 「興銀に居たといっても、たったの5年間だから。」

と完全に中川昭一を馬鹿にしていた。

が、結果は今週の世界の株式市場と先ほど米国政府が発表した「金融危機対策」のとおり、中川昭一の確信とそれを信じた私の予想が的中し、榊原英資の知ったかぶりは大ハズレとなった。

中川昭一は、G7で、日本の過去の教訓を他6カ国の蔵相に教授し、実行するように説得し、実際に速やかに実行させた。

一方の榊原英資は、「自分ではとても出来ない」と考えていたからこそ、「サンプロ」での発言となったのだろう。

榊原英資を次期財務相にしようとしている民主党にとっては痛い放送となった。


〆 〆 〆 〆 〆


さて、そのテロ朝の「サンプロ」よりも2時間ほど前、フジテレビの「新報道2001」では韓国のウォン安とインフレについて報じていた。

韓国では衣料や食料や家賃などの物価が今年に入って2倍に上昇しており、インフレに苦しんでいる韓国庶民の様子をVTRで紹介していた。

ここまでは事実を紹介したVTRだったが、驚いたのはその後だ。

VTRにはサムソン経済研究所のクォン・ウーという奴が登場して次のように言い放った。


「韓国の金融システム自体には問題ありません。」
「私は韓国より日本の方が危険だと思っています。この株安の中で円高は日本の強みである輸出に響くし、もともとのデフレ傾向が更に加速し、企業不振、消費低下と厳しいシナリオが待っている。」



今でも韓国人がこれほどの大口をたたけるとは、正直かなり驚いた。

サムソン経済研究所のクォン・ウーがテレビでここまで豪語した以上、もはや日本が韓国を支援するなどということは有り得ない。


榊原英資にせよ、クォン・ウーにせよ、それぞれの予想を述べることは自由であり、大いに結構だ。

しかし、2人とも表現が断定的であり、榊原英資の場合には中川昭一に対して、クォン・ウーの場合には日本に対して、非常に挑発的なんだよね。

まー、韓国でも今週に入って、ウォンも株価も急反発しているので暫くは生温かく見守るが。







●関連記事

韓国の国家破綻に救いの手を差し伸べるな
韓国ウォン大暴落での韓国支援を今後の課題という河村建夫は朝鮮人か?
中川昭一財務相を信じる
恩を仇で返し、竹島を不法占拠している韓国を救済するな!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/36309562.html

破綻寸前の韓国支援めぐる攻防激化
G7で日本の外貨準備金を活用し各国支援を表明へ中川財務・金融相
IMFを通じてなら韓国を支援することにはならず
韓国の工作員である森喜朗や河村建夫らは支援を模索
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/36329305.html

株価下げ止まれば韓国破綻が次の焦点か
米国が公的資金注入による金融機関の資本増強の具体策を示せば株価の世界同時多発暴落は終息か
韓国救済を阻止する砦は中川昭一財務・金融相と国民世論
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/36347611.html








「日本は韓国に救いの手を差し伸べるな!」

と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

ブログ開設2周年&訪問者数40万突破!!・ゲストブック【優先】・感謝とお願い・それぞれの時期における当ブログの中心テーマ

10月15日、ブログ開設2周年となりました。

*\(^O^)/*




それと、お蔭様で10日程前に当ブログの訪問者数が、
400,000
を突破しました。
m(._.)m



ブログ開設が2006年10月15日でしたので、1日平均約600人くらいですが、始めた頃は1日に20人~40人くらいの訪問者数が長く続いていました。

ただ、最近は1日に2000人を超えることがよくあります。


私がブログを始めた主な動機は、「資料室」を作りたいという考えでした。

いろんな資料や本の書き写しやヤフー掲示板の投稿などをWordやExcelに保存しておくよりも、ブログを開設し、そこに保存しておく方が便利だと考えたのです。

したがって、ブログを始めた頃には、訪問者やコメント者のことなどは殆ど意識していませんでした。


ところが、初期の中心テーマであった「日本の核武装」を真剣に考える方々が、当ブログに来訪し、時折コメントをくれたりするようになり、徐々に訪問者数が増加していきました。

そこで、このブログを資料室にしておくより、私の主張の発信源とする方が有効活用になると考えるようになりました。

それでも、訪問者数が1日に20人~40人くらいの時期が長く続きました。

当時のことを思うと、最近の訪問者数の多さは夢のようです。


私のブログは去年の6月頃に突如「Yahooブログランキング」から除外されてしまったため、その後私は、自分自身への励みと宣伝効果を狙って、他のブログランキングに参加するようにしています。



8月から参加した「人気ブログランキング」では、今朝初めて一時トップ10に入りました。
http://blog.with2.net/in.php?671525

以前から参加していた「くつろぐブログランキング」では、「政治」部門で第1位独走中です。
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

皆様の日頃の【クリック】(ランクリ)に大感謝です!!!


<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)> <(_ _)> <(_ _)> <(_ _)> <(_ _)>
 <(_ _)> <(_ _)> <(_ _)><(_ _)> <(_ _)> \(⌒∇⌒)/






さて、この場をお借りして、お願いといいますか、申し上げておきたいことがあります。

最近、皆様からコメントも多数頂いていますが、「返事」や、お返しの「訪問&コメント」に追いつくことが出来ません。

このような状況ですので、当ブログへのコメントに対する返事や、コメントを下さった方々のブログへの訪問&コメントを、今までより大幅に簡素化させて頂きます。



頂いたコメントは今までどおり全て読みますが、返事を今までよりも大幅に簡素化し、特に必要がなければ返事を省略させて頂きます。

また、いつも当ブログに訪問&コメントして下さるブロガーの皆様のブログへのコメント書き込みも、今までと比べてコメント数を減らしたり簡素化したりさせて頂きます。



寝不足が深刻化しておりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

m(._.)m

ぺこ<(_ _)>






開設2周年と40万ヒットの節目に、それぞれの時期における当ブログの中心テーマをまとめておきます。

私がもともとこのブログを資料室として使用したかったので、「タイトル検索」や「内容検索」に引っ掛かり易いように長いタイトルにしたり、いろんな言葉を盛り込んだりするように心がけていますが、それぞれの時期における主な記事内容が分かれば左下の「過去の記事一覧」からも記事を探し易くなるでしょう。



――――――
それぞれの時期における当ブログの中心テーマ

2006年


10月
●日本の核武装論
●Yahoo!掲示板のお気に入り投稿
■『中国の核が世界を制す』伊藤貫著

11月
●日本の核武装論
★シリーズ【南京虐殺は嘘(0人)】
■ 『リットン報告書』 (1932年)

12月
●日本の核武装論
★シリーズ【南京虐殺は嘘(0人)】
★シリーズ【富田メモの徹底検証】




2007年

1月
●日本の核武装論
★シリーズ【南京虐殺は嘘(0人)】
■『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)

2月
●日本の核武装論
●米の慰安婦決議案
★シリーズ【731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)】

3月
●支那の毒、環境汚染、北京五輪反対
●米の慰安婦決議案
★シリーズ【謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚】
■『シナ大陸の真相1931~1938』K・カール・カワカミ(1938年)

4月
●支那の毒、環境汚染、北京五輪反対
●米の慰安婦決議案
■『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著(1939年)

5月
●支那の毒、環境汚染、危険な製品、北京五輪反対、ニセモノ、パクリ、コピー
■『アメリカの鏡・日本』ヘレン・ミアーズ著(1948年)

6月
●参院選、がんばれ!「維新政党・新風」
●支那の毒、環境汚染、危険な製品
■『アメリカ外交50年』ジョージ・F・ケナン著(1951年)

7月
●参院選、がんばれ!「維新政党・新風」
●支那の毒、環境汚染、危険な製品

8月
●北京五輪反対デモ行進
●靖国神社参拝問題

9月
●安倍首相が辞任
●自民党総裁選で麻生を破った福田が総裁に

10月
●沖縄集団自決問題「11万人大集会?!」と教科書検定
★シリーズ「日本の戦争責任なし」

11月
●支那の毒、環境汚染、危険な製品
★シリーズ「日本の戦争責任なし」

12月
●支那の毒、環境汚染、危険な製品
★シリーズ「日本の戦争責任なし」




2008年

1月
●反捕鯨テロ問題
●支那の毒、環境汚染、危険な製品、北京五輪反対
●支那製毒ギョーザ事件

2月
●支那製毒ギョーザ事件
●イージス艦事故

3月
●支那のチベット侵略と大虐殺問題
●絶対反対!北京五輪!

4月
●支那のチベット侵略と大虐殺問題
●絶対反対!北京五輪!
●長野聖火リレー、支那人留学生らによる「長野暴乱」

5月
●胡錦濤来日で抗議行動、「パンダ貸与」
●四川大地震
●川田亜子アナの死亡、成太作(池田大作)率いるカルト集団「創価学会」

6月
●自民党「外国人材交流推進議員連盟」(中川秀直)の移民1000万人受け入『多民族共生国家』
●米国による北朝鮮のテロ支援国家指定解除

7月
●新学習指導要領の解説書に竹島を「我が国固有の領土」の明記を見送り
●北京五輪前にウイグル独立組織「トルキスタン・イスラム党(TIP)」が警察署やバスなど爆破

8月
●北京虐殺五輪。口パク、ニセ花火、人工降雨、米国人殺害、南オセチア紛争、東トルキスタンで警察襲撃頻発、外国マスコミの不当監禁、支那選手年齢偽装…
●歴史問題(ソ連侵攻、靖国神社参拝、映画『私たちは忘れない』など)

9月
●福田康夫首相辞任→自民党総裁選→麻生太郎内閣
●河野洋平引退、小泉純一郎引退
●中山成彬国交相の「日教組」「ごね得」「単一民族」発言と辞任

――――――









ここは「ゲストブック」の代わりです。


ゲストブックは滅多に見ませんので、こちらのコメント欄に書き込みをお願いします。


―――――――
日本に戦争責任なし!

戦争責任はソ連・支那・米国・英国などにありました。

南京大虐殺なんて嘘っぱちのでっち上げです。

日本軍が虐殺した南京市民はゼロ(0人)です。

正しい歴史認識の普及と、国益最優先の外交と、日本の核武装の実現を目指しています。




「日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!」



日本国民の生命と財産を守り、日本国民の権利と利益を最大限に追求します。

売国奴(国賊)を放っておいてはいけません。

「維新政党・新風」を応援しています。








「取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)



「ゲストブック」です。

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.