FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200809
グルジア紛争・米「陰謀論」をプーチン露首相が指摘・ブッシュがマケイン候補を勝たせるため・ロシアが起こした戦争といえる根拠・南オセチアなどの独立に正当性なし・チベットや東トルキスタンなどの独立支持は不変



露首相「米国が紛争起こした」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000030-mai-int


<グルジア紛争>プーチン露首相が米「陰謀論」を指摘
8月29日10時57分配信 毎日新聞

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのプーチン首相(前大統領)は28日、米CNNとの単独会見に応じ、グルジア紛争の原因について、「米大統領選で、候補者のうちの一人を有利にするために米国の誰かがわざと起こした疑惑がある」と述べた。名指しこそ避けたが、ロシアへの強硬姿勢で知られる共和党内定候補のジョン・マケイン上院議員を勝たせるためにブッシュ政権が起こしたと疑っていることを強く示唆した。

 首相は「グルジア南オセチア自治州の戦闘地帯に複数の米国人がいたとの報告をロシア軍から受けた。事実だとすれば、自分の上司の指示で動いていたはずだ」と述べ、米国の工作員がグルジア軍の戦闘を指揮していたとの疑いを指摘した。

 さらに、中東問題やアフガン戦争、イラク戦争、サブプライムローン問題などブッシュ政権下で起きた問題を次々と挙げ、「小さな勝ち戦が必要だったのだ。しくじった場合でも、我々(ロシア)に罪をかぶせ、我々を敵に仕立てて、ある政治勢力の下に国を団結させることができたのだ」と語った。また「私の言葉にあなた(CNN記者)が驚いていることに私は驚いている。明白なことじゃないか」と述べた。

 首相は「グルジア軍を武装し訓練したのは米国だ」とブッシュ政権を批判。グルジアが攻撃を開始した直後、訪問先の北京でブッシュ大統領に攻撃中止の働きかけを要請したが、「何もなされなかった」と述べた。
――――――






ロシアのプーチン首相は、ブッシュ大統領がマケイン候補を大統領選挙に勝たせるためにグルジア紛争を起こしたと主張した。

確かに、米国は8月8日のグルジア軍の南オセチア介入を事前に知っていただろう。

しかし、南オセチアの独立派が今年4月1日にグルジア支配地域の村落を攻撃し始めると、ロシアはすぐに戦争を準備し、7月にはロシア軍が北オセチアなどグルジア国境近くで軍事訓練を行い、侵攻準備を整えていた。

8月2日、ロシアは南オセチアに新たに大砲類も投入し、その後150両の戦車をロシアから南オセチアに抜けるロクスキー・トンネルをツヒンバリ方向に通過させた。

それを見たグルジアが8月8日に軍を南オセチアに投入すると、ロシアはグルジアの首都近郊に激しい爆撃を加えるなど何百倍もの反撃を行った。

更に、ロシアのメドべージェフ大統領は8月26日、欧米諸国の反対を押し切る形で、グルジア領南オセチア自治州とアブハジア自治共和国の独立承認に踏み切った。



こうして見ると、8月8日の前にも後にもロシアが主体となって必要以上のことを行ってきたことは明白だ。



私は、チベットや東トルキスタンや内モンゴルなどが支那から独立するべきだと主張してきたため、「だったら南オセチアの独立も支持しろ」との意見が寄せられている。

そこで、私は南オセチアなどの独立宣言やロシアによる独立承認に正当性があるかどうかを検討した。

結論からいうと正当性は殆どない。

今回の南オセチアなどの独立宣言とロシアによる独立承認に正当性があるなら、1932年の満州国の独立宣言と日本による独立承認の方が遥かに正当なものだった。


オセチア(オセット人)の歴史は、チベットや東トルキスタンや内モンゴルなどの歴史とは全く異なる歴史形態であり、それは日本を含めた世界各国が南オセチアを独立国家として承認すべきかどうかの判断においては決定的な根拠になる。



オセット人の歴史は長い移住の歴史であり、17年前から始まった独立紛争以前に、現在の南オセチア自治州の地域に独立国家が存在したことは一度もなかった。

一方、チベットや東トルキスタンや内モンゴルなどは、一定地域(領土)に国家が存在した長い歴史を持つ。

例えばチベットの場合、現在のチベット自治区と青海省に加え甘粛省・四川省・雲南省の一部に古くより独立国家が存在し、20世紀まで一度たりとも漢民族の国家(支那)に支配されたことはなかった。



東トルキスタンや南モンゴルにも、チベットと同様に支那人とは全く異なる民族が古くより一定の地域(領土)に国家を打ち建てていた長い歴史がある。

したがって、チベットや東トルキスタンや南モンゴルは歴史的・地域的にも民族的にも間違いなく独立国家であるべきなのに対して、今回ロシアが独立を承認した南オセチアなどには独立国家と承認するための歴史的・地域的な裏付けはない。

歴史的な国家が存在していなかった場合、新国家が領土を主張する根拠が希薄となり、独立新国家の正当性は乏しくなる。



極端な喩えで説明すると、今回の南オセチアなどの独立は、朝鮮人が大量に対馬に入植し、対馬の人口の大半が朝鮮人になり、住民投票や独立紛争をした後に独立宣言をするようなものだ。


ちなみに、1932年の「満州国」の建国は、南オセチアとは異なるケース、即ちチベットや東トルキスタンなどと同様に歴史的・地域的に正当で合法的な独立国家の誕生だった。





●結論

南オセチアなどのグルジアからの独立には歴史的・地域(領土)的にも国際法的にも正当性はなく、グルジアの領土と主権を侵害する行為であり、ロシアの武力介入は全く正当化できない。

一方、チベットや東トルキスタンや南モンゴルは歴史的・地域(領土)的にも民族的にも独立国家であるべきであり、支那はチベットや東トルキスタンや南モンゴルの領土と主権を侵害している。

よって、南オセチアなどのグルジアからの独立宣言とロシアによる独立承認(軍事介入)には反対し、チベットや東トルキスタンや南モンゴルなどの支那からの独立を支持し、支那によるチベットや東トルキスタンなどへの侵略と大虐殺に断固反対する。






(参考)
―――――
【オセット人】

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(一部抜粋)
一方、カフカス北麓の低地に残っていたアス人も、良質な草原地帯であるこの地方へと遊牧を広げようとするジョチ・ウルスのテュルク系遊牧民の圧迫を受けてカフカスの山岳地帯へと南下を余儀なくされ、現在の北オセチアに移住して4つの部族集団からなる部族連合を形成した。また、一部のアス人(オセット人)はカフカス山脈を越えて南下し、南オセチアの領域に入って群小村落共同体を立てた。山岳地帯に入った彼らは民族統一国家を打ち立てることはなく、北オセチアのオセット人は西方のカバルダ人、南オセチアのオセット人は南方のグルジア人の支配下に入る。

17世紀に入るとロシア帝国の北カフカースへの進出が進み、18世紀末から19世紀初頭にかけて、オセチアの一帯はロシアによって併合された。

―――――

【オセチア】

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(一部抜粋)
6世紀ごろ、現在のオセチア周辺にオセチア人が移住してきた。ただし、当時のオセチア人居住地は現在のオセチア北東部を中心とした低地・丘陵地で、中心都市は現在のイングーシ共和国のマガスだった。13世紀にはモンゴル帝国の支配下に置かれた。

14世紀ごろ、オセチア人は北方のジョチ・ウルスの圧力により南下し、山岳地帯に住むようになった。その後、オセチア人は、北オセチアでは西方のカバルダ人、南オセチアでは南方のグルジア人の支配下に入った。

17世紀から19世紀にかけ、ロシア帝国の支配力が強まり、カフカス一帯がロシア帝国に編入された。

―――――

独立承認 欧州、露と対決鮮明 NATO、グルジア加盟検討
2008/08/28, 産経新聞
(一部抜粋)
■「露が計画した戦争」グルジア・ヤコバシビリ国務相(総合問題担当)

 南オセチアの「大臣」の8割はKGB(旧ソ連国家保安委員会)やFSB(露連邦保安局)の出身者などロシアから送り込まれたロシア人であり、オセット人に近親者すらいない。アブハジアでは(90年代の紛争で)8割の住民が追い出され、残った2割がアブハジアの将来を決めるという。こんなことが許されれば、民族浄化の結果を正当化することになる。
―――――








●関連記事

チベットの歴史を捏造する支那
青海省とチベット自治区はチベットという国の領土だったし、四川省、甘粛省、雲南省の一部もチベットの領土だった
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/31909193.html

支那は北京五輪開催を中止し、東トルキスタンなどの侵略をやめろ
東トルキスタンの歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/34953698.html

満州と支那は別物
満州事変以前は張作霖、張学良親子が率いる武装盗賊が強盗殺人をやりたい放題
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25369930.html
事変後の治安回復と発展
満満蒙独立運動、復辟運動、張作霖の独立宣言、満州事変、満州国建国の年表
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25371089.html








「南オセチアなどの独立宣言とロシアによる独立承認に正当性なし!」
「チベットや東トルキスタンや内モンゴルなどの独立支持は不変!」


と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

ロシア大陸間弾道弾(ICBM)「トーポリ」の打ち上げ実験成功・ミサイル防衛(MD)システムに対抗する装置を備えている・グルジア問題を意識か・MDは役に立たない・迎撃は無理なので日本は核武装すべし!


モスクワの「赤の広場」での軍事パレードに登場した大陸間弾道ミサイル「トーポリ」2008.5.9

ロシア、ICBM打ち上げ実験成功

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080828-00000133-mai-int


<ロシア>大陸間弾道弾の打ち上げ実験に成功 欧米を意識か
8月28日21時20分配信 毎日新聞

 【モスクワ杉尾直哉】インタファクス通信によると、ロシア軍戦略ミサイル部隊は28日、大陸間弾道弾(ICBM)「トーポリ」の打ち上げ実験を行った。ロシア北部のプレセツク宇宙基地から打ち上げ、6000キロ離れた極東・カムチャツカ半島の演習場の標的に命中したという。同ミサイルはミサイル防衛(MD)システムに対抗する装置を備えているといい、グルジア問題で対露圧力を強める欧米諸国を意識した実験とみられる。
――――――








このロシアの大陸間弾道弾「トーポリ」がミサイル防衛(MD)システムに対抗する装置を備えているように、MDは役に立たない。


ここ暫く、MDが全く役に立たないことを述べていないので、久し振りに述べておこう。


昨年12月、ハワイ沖で、海上自衛隊のイージス艦「こんごう」が迎撃ミサイル(SM3)の発射・迎撃実験に成功した時、フィリップ・コイル氏(国防総省の元兵器運用・試験・評価局長)は、


「実験はお膳立てされたもの」

「米国と良い関係を維持するために数千億円を無駄に費やす必要などない」

「MDなんて、あまりにも現実離れしている」


と迎撃実験を糞味噌にこき下ろしたが、これが真実だ。







●MDは役に立たない(関連記事)


核シェルターとMD。MDは役に立たないが、核シェルターは大いに有効。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4542490.html

(一部抜粋)


MDなんか当てにしてはいけません。
ロシアのトーポリMの配備によってMDは配備前から既に陳腐化しています。
トーポリMは大気圏から出たり入ったりして弾着の時に急激に軌道を変えるMD破りの決定版です。
既にノボシビルスクからシベリアに向けた発射実験は成功しています。
海上自衛隊が導入予定のSM3は実験では6発中5発当たった事になっていますが、標的のミサイルは弾頭が分離しない低速のミサイル(アリーズ)でなんとノドンより低速で的が大きいのです。
東風なんかとは比べ物にもなりません。
そんなもので6発中5発当たったからといってこれで日本は安心だと言っていられるのでしょうか?
天下のマサチューセッツ工科大学のセオドア・ポストル教授は海上自衛隊のSM3では北朝鮮のミサイルすら一発も撃ち落せないと雑誌サピオに寄稿しておられます。
さらに日本のロケット工学の専門家中富信夫氏も同じ理由でMDは当てにならないとその著書「北朝鮮のミサイルは撃ち落せるのか」で述べています。
MDではお先真っ暗ですが、余裕があれば開発するくらいのスタンスで良いのではないでしょうか。

独自核抑止力の保有により撃たせない事が大事ですね。








MDは全く役に立たない 『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3942761.html

(一部抜粋)



【MDは全く役に立たない】



トーマス・クリスティ(国防総省の兵器運用・試験・評価局長)

MDシステム成功率は、せいぜい0~20%程度。
これまでのMDシステムのテストで成功した例は、すべて非現実的な単純な条件のもとでしか行われていない。これらのテストは、実際の戦争で核ミサイルが使用される場合の現実的な条件と比較することが無意味なテストだ。だから兵器運用・試験・評価局としては、このシステムの実際の成功率を推定することができない。



フィリップ・コイル(国防総省の前兵器運用・試験・評価局長)

実際に役に立つという証拠がないのに、予算だけどんどん増やしている。
敵国からのミサイル攻撃を防ぐには、ほとんど役に立たない高価なシステムだ。



ディビッド・カレオ(ジョンズ・ホプキンス大学教授)

(中国軍とロシア軍は)、ICBM、SLBM、戦略爆撃機、中距離弾道ミサイル、巡航ミサイル等をすべて同時に使用して、核攻撃を加えることができる。そのような同時核攻撃を受けたら、MDシステムは何の役にも立たない。私の知っている軍事専門家の中で、MDが本当に有効であると信じている者はいない。MDはとても高価な装置だが、このMDシステムを無効にする能力を持つ対抗兵器や対抗戦術の実現には、それほどコストがかからない。今後、限られた地域の軍事施設を守るためのテクニカルなMDシステムを構築することは可能かもしれない。しかし、民間人を敵国の核攻撃から守るためのMDの実現は不可能だ。



ジャック・リード(上院軍事委員)

結局、MDとは、政治的な計算に満ちた兵器システムなのだ。
現実的な防衛力増強に役に立ちそうもないのに、こんなに巨額の予算をMDに注ぎ込むのは、政治的な理由からだ。








PAC3の移動展開訓練を延期
テロ特措法審議や防衛省不祥事に配慮??意味不明だ
MDは役に立たない
迎撃は絶望的なのだから税金の無駄使いはやめて日本は核武装しなければならない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/28420821.html

(一部抜粋)


以前にも述べたことだが、MDが役に立たず、我々の税金の膨大な無駄使いであることが、世間に知れ渡るまで訴え続ける。

MDでは支那や北朝鮮やロシアの弾道ミサイルを撃ち落せない。

MDの迎撃実験が成功するのは、支那や北朝鮮やロシアの弾道ミサイルより遅くて大きい実験用のミサイルが、事前に飛んで来るコースを知らされているからだ。



実験用ミサイルよりも速くて小さいロシアや支那や北朝鮮の弾道ミサイルが、いつ、どこに飛んで来るか分からない実戦では役に立たない。

1991年の湾岸戦争でも迎撃成功率はせいぜい9%(イスラエル軍事筋によれば1%)であり、MDの実戦での迎撃成功率は1%~9%でしかない。


石破や久間などの族議員がアメリカのMD関連企業などからキックバックを貰うだけではなく、防衛省の幹部までが天下り先の確保などのためにMDが役立つという嘘宣伝に加担しているとしか考えられない。

日本がMDを配備することによって核武装を踏み止まれば有難いと考えている支那の手先勢力である野党やマスコミは、この日本国民の膨大な税金の無駄使いを追及しない。

インターネットや一部の出版物でしか真実は分からない。




アメリカは、巨額のMD開発費用を日本へのMD販売で補いながら、日本のMD関連技術を吸い取ることができるし、更には日本の自主核武装も思い止まらせることが出来るのだから「一石三鳥」だ。

はっきり言って、アメリカはMDが役に立つなんて全く考えておらず、日本人を騙して日本からカネと技術を奪い取りながら日本に核武装をさせない道具としか考えていない。




そもそも、自国に報復される恐れが無いMDより、報復される可能性がある日本の核武装のほうが、ロシアや支那などの安全保障戦略にとってはよりダメージが大きいという簡単な事実を理解しなければならない。

ロシアや支那などが自国にふりかかる新たなコストの問題からMDに反対しているが、連中の本心を言えば、それで日本人がMDを核武装の代用品になると思い込み、日本が核武装を諦めるならそれは大局的な戦略として彼らにとって勝利を意味する。

そしてそれはアメリカの対日戦略においてもやはり勝利を意味する。

莫大なカネのかかるMDの買い手確保、しかも日本は非核のままゆえに相変わらず米国のコントロール下からは外れない。

結局、日本国民の生命と財産と自由は最終的な局面で周辺の核大国に握られたままになる。

まず抑止力(核武装)を持った後に公共の核シェルターをつくり、それでも予算が余っていればMDを考えることにまでは反対しない。

しかし、MDは自主的な核抑止力の保有(日本の核武装)の代わりには決してなり得ない。








「日本はMDなどに頼るのをやめて、核武装しなければならない!」

と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回、クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.