正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200809
天皇陛下は選外・王族長者番付で世界一の金持ちはタイ国王・世界最高権威者であるにもかかわらず個人資産を殆ど持たず質素な天皇陛下・『天皇家の財布』・主な君主国の継承・動画「世界最強の天皇陛下」


王族長者1位はタイ 日本は選外



世界一の金持ちはタイ国王=王族長者番付、天皇陛下は選外-米経済誌
8月22日11時38分配信 時事通信

 【ニューヨーク21日時事】米経済誌フォーブスは21日までに、世界の王族長者上位15人の番付を公表し、タイのプミポン国王が推定純資産350億ドル(約3兆8000億円)でトップに立った。タイ当局が今年に入り、バンコク市内の広大な所有地を含む大胆な国王の資産公開に踏み切ったため、総額が膨れ上がった。
 第2位はオイルマネーで潤うアラブ首長国連邦(UAE)のハリファ大統領(アブダビ首長)で、推定純資産は230億ドル(2兆5000億円)。3位はアブドラ・サウジアラビア国王の同210億ドル(2兆3000億円)だった。英国のエリザベス女王は12位にランクインしたが、天皇陛下は15位以内に届かず、順位は不明。 
――――――





天皇陛下は、世界最高権威者であるにもかかわらず、個人資産を殆どお持ちにならず、実に質素であられる。

また、2003年度、皇族(七家で計18人)には「皇族費」2億9768万円、天皇家(6人)には「内廷費」3億2400万円が支払われているが、使途は人件費等が大半を占めており、天皇家の方々が実際に自由に使えるお金は、お一人あたり推定500万円程度らしい。

天皇陛下は、日々、過酷な祭祀、国事行為、その他行為(賓客の接待、国体等への御出席など)に御尽力されておられるにもかかわらずだ。


【参考】

読書 今週の逸冊 『天皇家の財布』森暢平著
2003/09/13, 週刊ダイヤモンド

新潮社●本体価格680円
おカネの動きから見えてくる天皇家の実像と時代の変遷
評者 保阪正康●ノンフィクション作家

(一部抜粋)

大日本帝国憲法下の主権者としての立場から、日本国憲法下では象徴という存在に変わったが、そのプロセスで天皇家の財布は極端に小さくなり、さらに制約も加えられることになった。もともと天皇家自体の〈公〉は別にして、〈私〉はきわめて質素だったが、その〈公〉もまたGHQの監視を受けていたことがわかる。

知られざる皇室予算
 本書によれば、天皇や皇族は、その社会的活動のために「皇室費」という名目で予算が割かれているとのことだが、これも宮廷費、内廷費、皇族費の3つに分かれていて、宮廷費はオフィシャルマネーで残り二つはプライベートマネーなのだという。皇室費の予算は2003年度は114億6129万2000円。そのうちの80%近くは人件費と手当て関係だというから、天皇家のオフィシャルマネーは“人件費増”に苦しめられているのかもしれない。

 宮内庁はこれに宮内庁費を含めて「四つの財布」を持っているそうで、その区別は厳格だという。鉛筆1本を購入しても、天皇の公務用なら宮廷費、愛子様のお絵かきならば内廷費、秋篠宮様のナマズ研究ならば皇族費となり、職員の事務に用いるならば宮内庁費となる。こうした一般に知られざる事実が次々に明かされていくうちに、天皇家もまたそれほど裕福ではないとの実感を持ってしまう。

 本書が好感を持てるのは決して覗き趣味に堕していないことだ。天皇とその制度に批判的な人たちは、こうした台所事情に対して度の過ぎた中傷や揶揄(やゆ)を含んで記述を進めるのだが、それがないのも現行の皇室制度に客観的な理解を深める一助となっている。

 昭和天皇の侍従だった人物からの直話だが、昭和天皇は24時間天皇であり続けようとしたという。替わって平成の天皇は、憲法上の制約や時代の流れもあって8時間天皇であり、自らの時間を大切にする生き方を採っていると指摘していた。本書を深読みしていけば、皇室費をどのようにとらえるかという視点のなかに、皇室のあり方が提示されているようにも思う。

 1989年7月に、昭和天皇の遺産は20億円と公表された。平成の天皇の資産は明確にはなっていないが、昭和天皇よりはるかに少ないだろうという。それも皇室のあり方と結び付けて考えるべきかもしれない。

http://allabout.co.jp/finance/assetmanagement/closeup/CU20041215A/index.htm
(一部抜粋)
昭和64年1月7日、昭和天皇が崩御された際は相続税が発生しています。課税遺産総額は18億6000万円強、法定相続分通りに2分の1を相続された昭和皇后は配偶者控除により相続税額はゼロとなり、残りの2分の1を相続された今上天皇は4億2800万円の相続税を納めました。
もう一つ余談ですが、天皇・皇后・紀宮は御所のある千代田区に、皇太子・皇太子妃は東宮のある港区に、それぞれ住民税を納めています。



【主な君主国の継承】

国名    代数   起源      継承

日本   125代 紀元前660年 男系継承、世界最古

デンマーク 54代  900年頃  女系容認

イギリス  40代  1066年    女系容認、現王室の初代はドイツ人

スウェーデン23代  1523年    女系容認、現王室の初代はフランス人

スペイン  17代  1479年    女系容認、現王室の初代はフランス人

タイ     9代  1782年    王が任命(王族男子)

オランダ   6代  1815年    女系容認

ベルギー   6代  1830年    女系容認、王室の初代はドイツ人

トンガ    4代  1845年    女系容認

ノルウェー  3代  1905年    女系容認、現王室の初代はデンマーク人

サウジアラビア6代  1932年    男系継承

アラブ首長国連邦(UAE)     地方の世襲君主間の互選


●動画
世界最強の天皇陛下

http://jp.youtube.com/watch?v=lsOFxj9To-o

世界的権威の国際的な秩序

天皇陛下(emperor)
 ≧ローマ法王(Pope)
  >英国女王(Queen)
   >アメリカ大統領etc(president)
    >日本国首相etc(premier)

天皇陛下はまた、神道の法王として、日々、祭祀を行い、日本の国民が幸せになるように、日本が平和であるように、常に祈り続けている。

祭祀は、肉絶ちや水ごりを伴い、日頃からの節制や、体力が要求されるものも少なくない。

それに加えて、国賓の接待や御公務、国事行為等を 日々、精力的にこなされているのである。












「天皇陛下は、日本の誇りです!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上、クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.