正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200808
7月7日は盧溝橋事件の日・日本軍は7月7日に攻撃され7月8日に反撃・「七・七事変」とその後の日支全面戦争は支那共産党が計画的に行なった・数十年前までは「自分たちが起こした」と堂々と公言


盧溝橋事件71年

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080707-00000039-jij-int


盧溝橋事件71年、静かに黙とう=中国
7月7日12時21分配信 時事通信

 【北京7日時事】日中戦争の発端となった盧溝橋事件から71年目の7日、北京市郊外の盧溝橋付近の中国人民抗日戦争記念館では、戦争に参加した91歳の男性が寄贈した展示品の引き渡し式が行われ、参加者は「忘れてはならない」と静かに犠牲者に黙とうをささげた。
 盧溝橋には、反日・愛国活動家らが数人集まったが、当初予定していた戦争犠牲者を悼む行動は行われなかった。反日団体のインターネットサイトでは、胡錦濤国家主席が北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に出席するため同日に訪日することをいぶかる声も書き込まれた。
――――――






「盧溝橋事件」は、支那共産党が計画的に行なった事件だ。

支那共産党が仕掛けたという一つの根拠は、「七・七事変」という名称だ。

彼らが日本軍に発砲したのは7月7日だが、日本軍が反撃したのは7月8日だ。

日本軍を犯人に仕立てたければ、支那共産党は「七・八事変」としなければならない。


日本軍が7月7日に盧溝橋で行なっていたのは空砲演習であり、しかも、空砲演習にもかかわらず、異例の事前通告をしていた。


――――――
 日本側に、冀察政務外交専員の林耕宇から「空砲で演習する場合でも、あらかじめ中国側に通告して欲しい」との要請があり、特務の方で検討する事になりました。

 北清議定書では、実弾射撃の場合は通報する事になっていますが、空砲の場合は規定されていません。

 「日本だけ勝手に規定を変える事はできない、ここは他の列強と協議してからでなければ」

 「しかし、今、不穏なこの時期、間違いがあれば大変な事になる」

 「ここは一時的に彼らの要求を通したら」

という事で、『7月6日、7日、9日、10日の4日間、日本軍が盧溝橋の原で昼夜空砲を使って演習する』という通告が、その日の晩に、中国側に通達されました。

 1937年7月7日、日本軍は盧溝橋の原で、鉄帽もかぶらず空砲を使って演習していました。

『盧溝橋事件』寺平忠輔著
――――――



これでは、近くに居た支那軍も、日本軍と同じように銃撃を受けたとされるが、「日本軍からの銃撃」とは認識しなかっただろう。


ところが、支那共産党は事件発生後、早くも7月8日に延安から全国へ次の電報を打った。

「7月7日夜10時、日本は盧溝橋でおいて中国の駐屯軍馮治安部隊に対し攻撃を開始し、(以下略)」
『中国共産党資料集・第8巻』日本国際問題研究所



日本軍が応戦したのは翌日8日の朝なのに、夜10時と特定されている。

しかも日支両軍の司令部すら事態の真相をつかんでいない時点でこうした電報を打ったことは、最初の一発から共産党のシナリオができていたことを推定させるに十分な証拠である。




コミンテルンは、次のような秘密司令を発していた。

?あくまで局地解決を避け、日支の全面衝突に導かねばならない
?右目的の貫徹のため、あらゆる手段を利用すべく、局地解決や日本への譲歩によって支那の解放運動を裏切る要人は抹殺してもよい
?下層民衆階級に工作し、彼らに行動を起こさせ、国民政府として戦争の開始のやむなきに立ち至らしめねばならない
(以下略)
『コミュンテルン並びに蘇聯邦の対支政策に関する基本資料』興亜院政務部発行




その後の事態は、まさにこのコミンテルンの司令文書どおりに進行した。







●劉少奇(葛西純一)
―――――――
中国人民解放軍総政治部発行のポケット版『戦士政治課本』(兵士教育用の初級革命教科書で、内容はいずれも中国共産党の偉大さを教えるものばかり)は、


「七・七事変(葛西注=中国では盧溝橋事件を一般にそう呼ぶ)は劉少奇同志の指揮する抗日救国学生の一隊が決死的行動を以って党中央の指令を実行したもので、これによってわが党を滅亡させようと第六次反共戦を準備していた蒋介石南京反動政府は、世界有数の精強を誇る日本陸軍と戦わざるを得なくなった。その結果、滅亡したのは中国共産党ではなく蒋介石南京反動政府と日本帝国主義であった」

と堂々と述べ、・・・

葛西純一編訳著『新資料盧溝橋事件』(昭和49年、中国人民解放軍政治部発行)
―――――――



葛西純一氏は、元支那共産党軍(人民解放軍)将校だ。



そして、あの毛沢東も、「日本の皇軍なしには、我々が権力を奪取することは不可能だった」と発言していた。

このように、40年くらい前まで、周恩来も、劉少奇も、毛沢東も、?小平も、支那共産党の連中は、「盧溝橋事件とそれに続く日支全面戦争は、自分たちが起こした」と堂々と公言していたのだ。

盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)4
毛沢東、周恩来、?小平、劉少奇(葛西純一)
「共産党が戦争を起こした!」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22327852.html



●毛沢東
―――――――

日本社会党の人士佐々木更三、黒田寿男、細迫兼光らを接見した際の談話 (1964年7月10日)

佐々木――今日、毛主席の非常に寛大なお気持ちのお話しをうかがいました。過去において、日本軍国主義が中国を侵略し、みなさんに多大の損害をもたらしました。われはれはみな、非常に申し訳なく思っております。


主席――何も申し訳なく思うことはありません。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらし、中国人民に権力を奪取させてくれました。みなさんの皇軍なしには、われわれが権力を奪取することは不可能だったのです。この点で、私とみなさんは、意見を異にしており、われわれ両者の間には矛盾がありますね。

(皆が笑い、会場がにぎやかになる)。

佐々木――ありがとうございます。


主席――過去のああいうことは話さないようにしましょう。過去のああいうことは、よい事であり、われわれの助けになったとも言えるのです。ごらんなさい。中国人民は権力を奪取しました。同時に、みなさんの独占資本と軍国主義はわれわれをも〔日本側の記録では、「みなさんをも」となって
おり、文脈からはその方が適切と思われる〕
助けたのです。日本人民が、何百万も、何千万も目覚めたではありませんか。中国で戦った1部の将軍をも含めて、彼らは今では、われわれの友人に変わっています。

東京大学近代中国史研究会訳『毛沢東思想万歳』、下巻
―――――――





●関連記事

責任なし19 盧溝橋事件1 日本軍銃撃さる
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27071508.html
責任なし20 盧溝橋事件2 反撃開始
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27106227.html
責任なし21 盧溝橋事件3 停戦交渉
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27141197.html
責任なし22 盧溝橋事件4 中国停戦協定破る
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27176700.html

盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)1
なぜ日本軍が支那の盧溝橋付近で演習をしていたのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22260211.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)2
「盧溝橋事件」とその後に続く日支全面戦争は支那共産党が計画的に行なった根拠
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22301264.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)3
8日四回目の銃撃で反撃開始・『盧溝橋事件』寺平忠輔著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22324391.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)4
毛沢東、周恩来、?小平、劉少奇(葛西純一)
「共産党が戦争を起こした!」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22327852.html










「数十年前まで、『盧溝橋事件とそれに続く日支全面戦争は、自分たちが起こした』と堂々と公言していたくせに、その後歴史を捏造した支那共産党は、恥を知れ!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525


くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

ブッシュは外交成果優先・見えぬ拉致解決の具体策・北朝鮮の核問題も拉致問題も解決策は制裁強化しかない・「北朝鮮のテロ指定解除」9割が制裁継続望む・福田の『歓迎』発言不適切


米大統領、非核化の成果優先

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080706-00000063-jij-pol


非核化の外交成果優先=見えぬ拉致解決の具体策-米大統領
7月6日19時52分配信 時事通信

 ブッシュ米大統領は6日の福田康夫首相との日米首脳会談で、北朝鮮の核申告を検証する6カ国協議推進の必要性を訴えた。ただ、日本の関心が強い拉致問題の支援では具体策を示さず、来年1月の任期満了までに核廃棄に道筋を付けるという外交成果を優先する思惑を明確にした。
 ブッシュ大統領は記者会見で、北朝鮮の核申告と寧辺の原子炉冷却塔爆破について、「前向きなステップだ」と強調。一方で、「北朝鮮が完全に協力するかどうか疑念がある」と述べ、6カ国協議を通じて検証していくべきだと主張した。
 拉致問題では、日本側の置き去り懸念に配慮し、拉致被害者横田めぐみさんの母早紀江さんの境遇を双子の娘を持つ父親の立場に置き換え、推し量ってみせた。だが、どういう形で6カ国協議で取り上げ、拉致問題解決に向けて北朝鮮に圧力を掛けるかなど、支援の中身は不透明なままだ。
 近く開催される見通しの6カ国協議首席代表会合では、第1関門として核申告の内容の「検証」という難題が待ち受ける。北朝鮮への見返り支援で米国の負担を軽減するためには日本の協力は不可欠だが、拉致問題にこだわりすぎれば6カ国協議は進展しない。任期切れが近づく中、米国の対北朝鮮外交は引き続き綱渡りの対応を迫られそうだ。 
――――――






やはり、ブッシュは、「外交成果」をほしがっていた。

去年の夏から予想されていたことだが、実にいい加減だ。

北朝鮮という出鱈目ばかりの悪魔に妥協してまで外交成果がほしいとは常軌を逸している。

●関連記事
米国が北朝鮮をテロ支援国家リストから削除へ
ブッシュ政権の外交成果と北朝鮮のウラン権益獲得を目指す
日本の核武装を放棄し、拉致問題や核問題の解決を放棄した安倍は最低の疫病神
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/24767743.html
拉致事件の解決前に北朝鮮のテロ支援国解除をライス国務長官が示唆
日本が核武装しないから外交成果ほしいブッシュ政権は全てを蔑ろにしているのに「驚くべきことではない」と言っていた町村新官房長官(当時外相)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25643170.html






そもそも、北朝鮮が本気で核を放棄することなど絶対に有り得ない。

北朝鮮は、核をいったん放棄するように見せかけても、いずれ絶対に復活させる。

北朝鮮が必ず約束を破ることは、マトモな人間なら世界中の誰もが知っていることだ。


先日報じられたボルトン元国務次官のブッシュ政権批判は辛らつなようだが、誰でも同感の当たり前のことだった。


――――――
「完全な知的崩壊」ボルトン元次官、米政権を批判
7月2日、産経新聞

 【ワシントン=古森義久】第1期ブッシュ米政権で北朝鮮との交渉を担当したジョン・ボルトン元国務次官は米紙ウォールストリート・ジャーナル(6月30日付)への寄稿論文で、ブッシュ政権による北朝鮮へのテロ支援国家指定の解除を批判し、「ブッシュ大統領の北朝鮮政策の悲劇的な終わり」であり、同政権の「完全な知的崩壊」だと酷評した。

 ボルトン氏は論文で、北朝鮮が提出した「申告」は「核の兵器化、ウラン濃縮、シリアなどへの核拡散」に関する情報を含まず、当初の米朝合意からはまったく逸脱しているため、米国はテロ支援国家の指定解除という形で応じるべきではなかった、と主張した。


 さらに、北朝鮮が建国以来、米国との公約はすべて不履行のままできたとして、今回の合意を履行する保証はなにもないと指摘。ブッシュ政権が「申告」の内容を読まないままに、北朝鮮をテロ支援国家リストから外したことはこのリスト自体を無意味にした、と論じた。

 ボルトン論文はまたブッシュ政権が対北核交渉を「段階ごと」に区切って進めようとしていることについて「無駄に時間を労し、金正日政権の延命をただ先送りすることになる」と反対を表明した。またテロ支援国家リストからの北朝鮮排除は、日本の対北制裁を骨抜きにし、日本人拉致問題の解決への北の努力への動機を失わせ、「日米同盟に対し明白な損害を与えた」と主張した。
――――――


●関連記事
北約束破りの歴史
核問題、停滞12年
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/30884895.html




つまり、北朝鮮に対する制裁の解除は、拉致問題の解決を遥か彼方に遠退かせるだけではなく、核問題においても無意味、あるいは逆効果だということだ。

こんな無意味で逆効果な「外交成果」がほしくてほしくてたまらないブッシュについて、福田は、「歓迎すべき」などとアホなことを言っている。

福田は、毒ギョーザ事件で支那公安省が支那での毒物混入の可能性は低いと発表したことについて
「非常に前向きだ」と述べたのに続いて、ブッシュ政権が北のテロ支援国家指定を解除することについて「歓迎すべき」と発言した。

言うまでもないことだが、福田のこの発言がトンデモ発言であることは、産経新聞のご意見募集コーナーの結果を見ても明らかだ。


――――――
【私も言いたい】テーマ「北朝鮮のテロ指定解除」 9割が制裁継続望む
2008/07/04, 産経新聞

(一部抜粋)

□「首相の『歓迎』発言不適切」
最新ニュースについて、ご意見をネットで募集するコーナーです。6月27日の紙面で募集したテーマ「北朝鮮のテロ指定解除」について1日までに2963人(男性2549人、女性414人)から回答がありました。主な意見は次の通りです。



(1)この福田発言に賛成ですか
 13%←YES NO→87% 

(2)日本人拉致問題は今後、後退すると思いますか
 84%←YES NO→16%

(3)日本政府は北朝鮮への経済制裁を維持すべきですか
 91%←YES NO→9%



■次回は「コンビニ深夜営業の自粛」
結果と応募はMSN産経ニュース「eアンケート」(http://sankei.jp.msn.com/topics/culture/3341/clt3341-t.htm)へ。

――――――





【結論】

北朝鮮の核問題も、拉致問題も、解決策は制裁強化しかない。

日本政府は、米国に対して、「アメリカが1994年の『米朝枠組合意』の失敗にも懲りずに、しかも拉致問題が未解決の状態で、北朝鮮をテロ支援国から解除するなら、日本は自主的な核武装をせざるを得ない。」と言わなければならない。



●関連記事

いいから早く制裁強化しろ
まだまだ出来る追加制裁の具体的提案
核武装、パチンコ撲滅、在日朝鮮人追放、軍事行動など
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33741089.html

家族会が制裁解除に猛反発
拉致「進展とは程遠い」
「再調査」なんて糞食らえ!
北朝鮮の口車に乗せられて制裁を解除する福田康夫、町村信孝、高村正彦は、馬鹿なのか工作員なのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33791131.html

米が北のテロ支援国指定解除へ
北朝鮮は莫大な資金を手に入れ、核開発を益々推進へ
ふざけるな!ブッシュ!ライス!福田!町村!高村!
日本は6者協議から離脱し、核武装に動き出せ!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33932974.html

米大統領「拉致問題忘れない」
日米首脳電話会談は茶番
福田「北朝鮮の核問題が解決する方向に進むのなら歓迎すべき」
本来有り得ないテロ支援国家指定解除
北は核開発によって本来有り得ない利益獲得を繰り返す
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/34076048.html

テロ指定解除「何の結果も出ない」拉致被害者家族
拉致の解決が遠のくのは明らか
日本政府は米国にブレーキどころか北の再調査という出鱈目で制裁を解除し指定解除に加担
核申告も核兵器や核物質は含まない出鱈目
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/34098025.html









「ふざけるな!ブッシュ、福田!!」
「日本は、6者協議から離脱し、核武装に動き出せ!」


と思う人は、↓クリックお願いします↓

くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.