正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200808
元組員の韓国人のどう喝恐れ生活保護費・深谷市職員が言いなり支給・外国人の生活保護受給は違憲・極端に高い在日朝鮮人(韓国人)の受給率・外国人に対して全廃し、日本人に対しても抜本的見直し必要


どう喝恐れ、生活保護費支給

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080701-00000006-yom-soci


生活保護費、深谷市職員が言いなり支給…元組員のどう喝恐れ
7月1日1時42分配信 読売新聞

 埼玉県深谷市の元暴力団組員夫婦が生活保護費(医療扶助)を不正受給したとされる事件で、市は30日、担当職員が元組員のどう喝を恐れて言うがままに支給していたことを認めた。

 市は2003年1月から5年余りにわたり生活保護費計約1940万円を支給してきたが、「処遇困難者」として担当職員間で引き継がれていたという。新井家光市長は記者会見で、「職員の『ことなかれ主義』が暴力に屈した」と謝罪した。

 生活保護法違反容疑で県警に逮捕されたのは深谷市上野台、指定暴力団稲川会系元組員の韓国人、無職崔鳳海(60)と妻、育代(44)の両容疑者。崔容疑者は02年に交通事故で身体障害2級と認定され、「働けなくなった」などとして市に生活保護を申請。03年1月から支給が始まった。
――――――








在日韓国人のヤクザが日本国民のカネを不正に使って生活している実態の一例が明るみになった。

韓国籍の元稲川会系暴力団組員、崔鳳海(チェボンヘ)容疑者(60)が群馬県北部の温泉地にある医療機関まで約100キロの道のりをタクシーで通院したとして料金を請求するなど、妻(44)と2人の受給額は約1800万円に上るとみられているそうだ。

この在日ヤクザは、生活保護の一部を暴力団に上納していた可能性があるという。


以前にも、ヤクザが生活保護費を不正受給していた事件は幾つかあったし、在日韓国人のヤクザが生活保護費を不正受給した事件だってこれ以外にもあった。

――――――
生活保護費1000万搾取 「収入ない」元組員の韓国籍の趙英樹容疑者に逮捕状
2007/03/05, 産経新聞

 生活保護費を水増し請求するなどして東京と大阪の福祉事務所から計約1000万円をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策3課が詐欺容疑で、元指定暴力団会津小鉄会系組員の逮捕状を取ったことが4日、分かった。5日に逮捕する。
 暴力団員が資金源に生活保護を不正受給するケースは全国で問題になっており、厚生労働省は平成18年3月、「働く能力があるのに働いていない」と、暴力団員の申請を却下する方針を自治体に通知。一方で手口は巧妙化しており、警察当局は徹底した取り締まりを進めている。
 逮捕状が出たのは、韓国籍の趙英樹容疑者(39)。趙容疑者は16年2月~今年2月、大阪から東京への引っ越し費用の水増しや、収入があるのに「収入はない」と偽るなど、生活保護費名目で足立、杉並両区と大阪府内の福祉事務所の計3カ所から計約1000万円を詐取した疑いが持たれている。
 引っ越し費用請求の際、複数の業者に見積書を提出させて一番安い金額で契約する一方、最も高額の見積書を福祉事務所に提出して詐取を繰り返していた。趙容疑者は同様の手口で生活保護費約50万円を詐取したとして逮捕されていた。
 暴力団員の生活保護の不正受給をめぐっては北海道旭川市で、現役組員が、過去に破門されたときの「破門状」を行政機関に提出、組員でないよう装い、受給しようとして逮捕されるなど、手口が悪質、巧妙化しているという。
 警視庁によると、18年6~12月、東京都から暴力団関係者の疑いがある受給申請者約200件の照会があり、うち8件が該当、排除した。
 捜査幹部は「公費である生活保護を受給しながら、不法行為で金を稼ぐ暴力団員を許していては納税者が納得しない。今後も行政機関と連携を強化し、暴力団排除を進めていく」としている。
――――――








ヤクザが生活保護費を不正受給することは勿論許されないが、在日外国人が日本から生活保護費を受給することも許されない。


日本国憲法前文
――――――
・・・ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、
その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
――――――



日本国憲法は、福利を享受するのは日本国民であって、外国人が福利を享受することやそのような法令を認めていない。

したがって、生活保護を外国人に支給することは憲法違反だ。

在日外国人が日本から生活保護を受給するためには、日本国憲法を無効にする(大日本帝国憲法に戻し、大日本帝国憲法に基づいて新憲法制定)か、若しくは日本国憲法を改正しなければならない。


にもかかわらず、現実には、脱税特権を有する在日朝鮮人・韓国人たちの生活保護受給率は、日本国民の生活保護受給率と比べると5倍も高い。

―――――
平成16年度の生活保護受給率
日本国民=1.08%
在日朝鮮・韓国人=5.09%
―――――




朝鮮新報(朝鮮総連系)2006.10.31
〈同胞法律・生活センターPART3 ?〉 生活保護
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/01/0601j1031-00001.htm

(一部抜粋)


 在日同胞のなかにも生活保護を受給する人が増加しています。表にもあるように、同胞が多く住む大阪市生野区では2005年の同胞受給者数は2000年の約2倍になっています。

大阪市生野区の外国人生活保護受給者数、受給世帯数、「韓国、朝鮮」籍者を世帯主とする生活保護受給世帯数(出所「人権と生活」No.22)
        外国人    「韓国、朝鮮」籍
       受給世帯数  受給世帯数
2000年    930      846
2001年   1022      993
2002年   1175     1076
2003年   1344     1294
2004年   1502     1449
2005年   1574     1536










しかも、生活保護の水準は、生活保護を受けずに働いている勤労層の生活費を上回るという。

生活保護の水準が、保護を受けずに働いている勤労層の生活費と同等であっても、国民の勤労意欲は沸かないのに、ましてや生活保護の水準の方が上回るようでは話にならない。

――――――
厚労省方針、生活保護引き下げ、食費などの生活費
2007/11/21, 日本経済新聞

 厚生労働省は二十日、生活保護額のうち食費など生活扶助額を引き下げる方針を固めた。現在の生活保護の水準が、保護を受けずに働いている勤労層の生活費を上回り、勤労意欲をそぐ恐れがあると判断した。
 有識者による同省の「生活扶助基準に関する検討会」は同日、食料費など必要な生活費の調査結果を、生活扶助額を見直す基準に位置付けることで合意した。
 この調査によると、六十歳以上の単身世帯の場合、収入が全世帯のうち下から一割にあたる「低所得世帯」の生活費が月額六万二千八百三十一円なのに対し、生活保護の生活扶助では月額七万千二百九円と約一万円上回る。また夫婦と子供一人の勤労世帯でも低所得世帯の生活費十四万八千七百八十一円に対し生活扶助は十五万四百八円。働く世帯の生活費を生活保護の支給額が上回る状態が続くと、勤労意欲をそぐとの批判が出ていた。
 検討会の結論を受け厚生労働相が告示を出し、来年度以降の生活保護額引き下げを決める方針だ。引き下げ幅は検討会で今後詰める。世帯別のモデルケースを検証しながら、基準額全体を引き下げることになる。
 生活保護制度は病気などで満足な収入が得られない人に生活費や住居費などを支給する国の安全網(セーフティーネット)の制度。生活扶助のほか住宅、教育などへの扶助がある。受給者は二〇〇六年度で約百五十一万人。
――――――










●生活保護の問題点


1.日本国憲法は、外国人が日本の福利を享受することを認めていない。

2.在日朝鮮・韓国人たちの生活保護受給率は、日本人の生活保護受給率よりも極端に高く、日本国民の血税が在日に悪用されている。

3.生活保護の水準が、保護を受けずに働いている勤労層の生活費と同等以上であれば、国民の勤労意欲は沸かない。






以上のことから、生活保護は、外国人に対しては全廃し、日本人に対しても制度の抜本的見直しが求められる。

つーか、在日は日本から出て行け!










「在日朝鮮人(韓国人)をはじめとする外国人に対する生活保護の支給を全廃せよ!」
「在日は日本から出て行け!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

ゲストブック【優先】 訪問者数30万突破!!感謝とお願い・それぞれの時期における当ブログの中心テーマ

お蔭様で、当ブログの訪問者数が、
300,000
を突破しました。

*\(^O^)/*



ブログ開設が2006年10月15日でしたので、1日平均約500くらいですが、始めた頃は1日に20人~40人くらいの訪問者数が長く続いていました。

ただ、最近は1日に5000人を超えたことも何度かありましたし、1日に1000人を超えることはよくあります。


私がブログを始めた主な動機は、「資料室」を作りたいという考えでした。

いろんな資料や本の書き写しやヤフー掲示板の投稿などをWordやExcelに保存しておくよりも、ブログを開設し、そこに保存しておく方が便利だと考えたのです。

したがって、ブログを始めた頃には、訪問者やコメント者のことなどは殆ど意識していませんでした。


ところが、初期の中心テーマであった「日本の核武装」を真剣に考える方々が、当ブログに来訪し、時折コメントをくれたりするようになり、徐々に訪問者数が増加していきました。

そこで、このブログを資料室にしておくより、私の主張の発信源とする方が有効活用になると考えるようになりました。

それでも、訪問者数が1日に20人~40人くらいの時期が長く続きました。

当時のことを思うと、最近の訪問者数の多さには驚いています。





さて、この場をお借りして、お願いといいますか、申し上げておきたいことがあります。

最近、コメントも多数頂いていますが、「返事」や、お返しの「訪問&コメント」に追いつくのに苦労しています。

このような状況ですので、当ブログへのコメントに対する返事や、コメントを下さった方々のブログへの訪問&コメントを、今までよりも簡素化させて頂きます。



具体的には、頂いたコメントは今までどおり全て読みますが、返事を今までよりも大幅に簡素化したり、あるいは特に必要がなければ返事を省略したりさせて頂きます。

また、いつも当ブログに訪問&コメントして下さるブロガーの皆様のブログへのコメント書き込みも、今までと比べてコメント数を減らしたり簡素化したりさせて頂きます。



寝不足も深刻化しておりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

m(._.)m

ぺこ<(_ _)>






30万ヒットの節目に、それぞれの時期における当ブログの中心テーマをまとめておきます。

私がもともとこのブログを資料室として使用したかったので、「タイトル検索」や「内容検索」に引っ掛かり易いように長いタイトルにしたり、いろんな言葉を盛り込んだりするように心がけていますが、それぞれの時期における主な記事内容が分かれば左下の「過去の記事一覧」からも記事を探し易くなるでしょう。



――――――
それぞれの時期における当ブログの中心テーマ

2006年


10月
●日本の核武装論
●Yahoo!掲示板のお気に入り投稿
■『中国の核が世界を制す』伊藤貫著

11月
●日本の核武装論
★シリーズ【南京虐殺は嘘(0人)】
■ 『リットン報告書』 (1932年)

12月
●日本の核武装論
★シリーズ【南京虐殺は嘘(0人)】
★シリーズ【富田メモの徹底検証】




2007年

1月
●日本の核武装論
★シリーズ【南京虐殺は嘘(0人)】
■『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)

2月
●日本の核武装論
●米の慰安婦決議案
★シリーズ【731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)】

3月
●支那の毒、環境汚染、北京五輪反対
●米の慰安婦決議案
★シリーズ【謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚】
■『シナ大陸の真相1931~1938』K・カール・カワカミ(1938年)

4月
●支那の毒、環境汚染、北京五輪反対
●米の慰安婦決議案
■『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著(1939年)

5月
●支那の毒、環境汚染、危険な製品、北京五輪反対、ニセモノ、パクリ、コピー
■『アメリカの鏡・日本』ヘレン・ミアーズ著(1948年)

6月
●参院選、がんばれ!「維新政党・新風」
●支那の毒、環境汚染、危険な製品
■『アメリカ外交50年』ジョージ・F・ケナン著(1951年)

7月
●参院選、がんばれ!「維新政党・新風」
●支那の毒、環境汚染、危険な製品

8月
●北京五輪反対デモ行進
●靖国神社参拝問題

9月
●安倍首相が辞任
●自民党総裁選で麻生を破った福田が総裁に

10月
●沖縄集団自決問題「11万人大集会?!」と教科書検定
★シリーズ「日本の戦争責任なし」

11月
●支那の毒、環境汚染、危険な製品
★シリーズ「日本の戦争責任なし」

12月
●支那の毒、環境汚染、危険な製品
★シリーズ「日本の戦争責任なし」




2008年

1月
●反捕鯨テロ問題
●支那の毒、環境汚染、危険な製品、北京五輪反対
●支那製毒ギョーザ事件

2月
●支那製毒ギョーザ事件
●イージス艦事故

3月
●支那のチベット侵略と大虐殺問題
●絶対反対!北京五輪!

4月
●支那のチベット侵略と大虐殺問題
●絶対反対!北京五輪!
●長野聖火リレー、支那人留学生らによる「長野暴乱」

5月
●胡錦濤来日で抗議行動、「パンダ貸与」
●四川大地震
●川田亜子アナの死亡、成太作(池田大作)率いるカルト集団「創価学会」

6月
●自民党「外国人材交流推進議員連盟」(中川秀直)の移民1000万人受け入『多民族共生国家』
●米国による北朝鮮のテロ支援国家指定解除

――――――









ここは「ゲストブック」の代わりです。


ゲストブックは滅多に見ませんので、こちらのコメント欄に書き込みをお願いします。


―――――――
日本に戦争責任なし!

戦争責任はソ連・支那・米国・英国などにありました。

南京大虐殺なんて嘘っぱちのでっち上げです。

日本軍が虐殺した南京市民はゼロ(0人)です。

正しい歴史認識の普及と、国益最優先の外交と、日本の核武装の実現を目指しています。




「日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!」



日本国民の生命と財産を守り、日本国民の権利と利益を最大限に追求します。

売国奴(国賊)は許しません。

絶対反対!北京五輪!

「維新政党・新風」を応援しています。








「取り戻せ!拉致被害者と国家の誇り」
「侵略や大虐殺をしている支那で『平和の祭典』を開催させてはならない。絶対反対!北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.