正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200807
テロ指定解除「何の結果も出ない」拉致被害者家族・拉致の解決が遠のくのは明らか・日本政府は米国にブレーキどころか北の再調査という出鱈目で制裁を解除し指定解除に加担・核申告も核兵器や核物質は含まない出鱈目


北朝鮮の核申告書提出に関して記者の質問に答える横田早紀江さん


拉致被害者家族、政府へ不信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080626-00000121-mai-soci


<テロ指定解除>「何の結果も出ない」…拉致被害者家族
6月26日21時35分配信 毎日新聞

 北朝鮮による核計画の申告を受け米国が26日、テロ支援国家指定解除の手続きを始めた。拉致被害者家族は「拉致問題の解決が遠のく」と危機感を募らせ、米国にブレーキをかけることができなかった政府への不信を改めて示した。

 家族会の飯塚繁雄代表(70)は、埼玉県春日部市内の勤務先で「拉致問題解決に向けて大きな後退。家族を助け出せなくなる恐れが十分ある。なぜ政府は、テロ支援国家指定の解除は絶対に困るという強い態度を示せなかったのか」と話した。また「疲れました。(救出運動は)政府に安心して任せたいというのが本音。身を粉にして訴え続けても何の結果も出ない」といら立ちを隠さなかった。

 横田早紀江さん(72)は、川崎市の自宅マンションで「拉致は核と同じくらい重大な問題。こっち(核問題)が優先で(拉致問題が)消えていきました、では許せない」と危機感をあらわにした。

 そのうえで政府に対し「(指定解除の発効まで)45日間あるから、その期間に死に物狂いでやってほしい。サミットや6カ国協議で『拉致は世界的な問題で、許せない人権侵害だ』と強い姿勢ではっきり言ってほしい」と外交努力の継続を求めた。

 曽我ひとみさん(49)の夫ジェンキンスさん(68)は、新潟県佐渡市で記者団の取材に「自分の立場としては指定解除については話せない。北朝鮮は本当のことを言っていない」などと述べた。【飼手勇介、笈田直樹、磯野保】
――――――








アメリカは、予定通り北朝鮮をテロ支援国家の指定から解除した。

北朝鮮が核計画(所有するプルトニウム量など)を申告したからだが、その申告には核兵器などに関する情報は含まれていないなど、当初目指した「完全で正確な申告」とは程遠い。

米国のプリチャード元朝鮮半島和平担当特使が明らかにしたところによると、北朝鮮高官は解体対象をプルトニウム関連施設に限定し、核兵器や核物質は含まないと断言したという。

アメリカは、北朝鮮のプルトニウム蓄積が増加していくことを恐れているので、それさえストップできれば、今ある核兵器のことは不問にした。

成果を急いだアメリカが足元を見られて譲歩を重ねた格好だ。

北朝鮮は核廃棄の意思を対外的にアピールするため、27日に寧辺の核施設にある原子炉の冷却塔の爆破をし、米CNNテレビが生中継する。

これは何の意味もない印象操作のための爆破ショーだ。




福田は、26日夕方、記者団に対して、指定解除されれば拉致問題解決へのてこが失われるとの見方について「全くそう考えていない」と述べた。

さらに、「しっかり対応していくに尽きる。交渉しなければ解決しない」と述べ、早期の日朝協議開催を目指す考えを示した。




本当に福田は馬鹿だ。

北朝鮮は、経済的に窮地に追い込まれているため、窮地から脱するには日本による経済制裁解除を望んでいた。

それなのに、米国が北のテロ支援国指定を解除すれば、米国が直接北朝鮮に経済援助ができるようになる他、世界銀行やアジア開発銀行などの国際金融機関も北朝鮮に融資できるようになり、北朝鮮は莫大な資金を手に入れることになる。

そうなると、日本による経済制裁の効果が殆どなくなり、北朝鮮は、日本による経済制裁解除をそれほど望まなくなり、拉致問題も蔑ろにする。

日本政府はこうなる前に制裁を強化するべきだったが、逆に日本政府自ら北の「再調査」という出鱈目な口約束で制裁を解除し、今回の米国によるテロ支援国指定解除に加担した。

福田がいくら嘘を吐いても、現実には拉致被害者家族が言うとおり、拉致問題の解決は遥かかなたに遠退いた。

交渉で拉致問題が解決しないことは歴史が証明している。

つい最近も、韓国が「太陽政策」とか言って、韓国大統領と金正日が抱擁までしていたが、拉致問題も何も全く解決しなかった。

福田康夫、高村正彦、町村信孝、斎木昭隆らは、マヌケ(国賊)ばかりだ。




首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

自民党に物申す!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi

各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

民主党・ご意見フォーム
http://www.dpj.or.jp/header/form/contact.html



もう黙ってはいられない!
私は、上の宛先に次の意見をコピペして何度も送信している。
こういうことは数が重要なので賛同される方はご協力願いたい。

━━━━━━
日本政府は、米国による北朝鮮のテロ支援国指定解除を阻止するべきだ。

北朝鮮は、経済的に窮地に追い込まれているため、窮地から脱するには日本による経済制裁解除を望んでいた。
それなのに、米国が北朝鮮の「テロ支援国指定」を解除すれば、米国が直接北朝鮮に経済援助ができるようになる他、国際金融機関も北朝鮮に融資できるようになり、北朝鮮は莫大な資金を手に入れることになる。
そうなると、日本による経済制裁の効果が殆どなくなり、北朝鮮は、日本による経済制裁解除をそれほど望まなくなり、拉致問題も蔑ろにする。
日本政府はこうなる前に制裁を強化するべきだったが、逆に日本政府自ら北の「再調査」という出鱈目な口約束で制裁を解除し、今回の米国によるテロ支援国指定解除に加担した。

交渉で拉致問題が解決しないことは歴史が証明している。
つい最近も、韓国が「太陽政策」とか言って、韓国大統領と金正日が抱擁までしていたが、拉致問題も何も全く解決しなかった。

そもそも、核問題の進展と言っても、北朝鮮は今後の解体対象をプルトニウム関連施設に限定し、核兵器や核物質は含まないと断言している。

日本政府は、米国に対して、「アメリカが1994年の『米朝枠組合意』の失敗にも懲りずに、しかも拉致問題が未解決の状態で、北朝鮮をテロ支援国から解除するなら、日本は自主的な核武装をせざるを得ない。」と言うべきだ。
━━━━━━








●関連記事

拉致事件の解決前に北朝鮮のテロ支援国解除をライス国務長官が示唆
日本が核武装しないから外交成果ほしいブッシュ政権は全てを蔑ろにしているのに「驚くべきことではない」と言っていた町村新官房長官(当時外相)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25643170.html

福田が日米首脳会談で北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除に反対せず
拉致被害者家族会が失望
「非常に残念」、「米国務省は指定解除に前向きで殆ど決めている」、「圧力なしで譲歩を重ねても失敗する」と厳しく批判
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27536507.html

日朝実務者協議で拉致被害者の早期帰国などを要求
口で要求しても北朝鮮が応じるわけがない
いいから早く制裁強化しろ
まだまだ出来る追加制裁の具体的提案
核武装、パチンコ撲滅、在日朝鮮人追放、軍事行動など
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33741089.html

家族会が制裁解除に猛反発
拉致「進展とは程遠い」
「再調査」なんて糞食らえ!
北朝鮮の口車に乗せられて制裁を解除する福田康夫、町村信孝、高村正彦は、馬鹿なのか工作員なのか?悪の枢軸だ!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33791131.html

米が北のテロ支援国指定解除へ
ライス米国務長官
北朝鮮は莫大な資金を手に入れ、核開発を益々推進へ
ふざけるな!ブッシュ!ライス!福田!町村!高村!
日本は6者協議から離脱し、核武装に動き出せ!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33932974.html

米大統領「拉致問題忘れない」
日米首脳電話会談は茶番
福田「北朝鮮の核問題が解決する方向に進むのなら歓迎すべき」
本来有り得ないテロ支援国家指定解除
北は核開発によって本来有り得ない利益獲得を繰り返す
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/34076048.html








「ふざけるな!福田!日本政府は米国による北朝鮮のテロ支援国指定解除を阻止しろ!」
「日本は、6者協議から離脱し、核武装に動き出せ!」

と思う人は、↓クリックお願いします↓

くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

米大統領「拉致問題忘れない」・日米首脳電話会談は茶番・福田「北朝鮮の核問題が解決する方向に進むのなら歓迎すべき」・本来有り得ないテロ支援国家指定解除・北は核開発によって本来有り得ない利益獲得を繰り返す


米大統領「拉致問題忘れない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080625-00000059-yom-pol


日米首脳が電話会談、米大統領「拉致問題を決して忘れない」
6月25日22時1分配信 読売新聞

 福田首相は25日夜、ブッシュ米大統領と北朝鮮の核問題などについて電話で約20分間会談した。

 電話は大統領がかけてきたもので、大統領は、米政府が26日にも手続きを始める対北朝鮮テロ支援国指定の解除に関連し、「自分は拉致問題を決して忘れない。日本の懸念は十分理解している。日本と引き続き緊密に協力していきたい」と述べ、拉致問題に配慮する考えを強調した。

 首相は「拉致問題を含む諸懸案の解決に向け、引き続き米国の協力を御願いしたい」と求めた。
――――――








福田は、昨日、米国が北朝鮮のテロ支援国家指定解除の手続きに入ることに関し、「北朝鮮の核問題が解決する方向に進むのであれば、歓迎すべきことだ」と述べていたから、こんな電話会談は茶番劇だ。

米国が「テロ支援国指定」を解除すれば、米国が直接北朝鮮に経済援助ができるようになる他、世界銀行やアジア開発銀行などの国際金融機関も北朝鮮に融資できるようになり、北朝鮮は莫大な資金を手に入れることになる。

本来、核申告は、テロ支援国家指定解除とは無関係ないはずだ。

核開発はテロ行為でもテロ支援行為でもなく、拉致問題こそがテロ行為とされていた。

2002年9月の小泉純一郎首相(当時)訪朝の際に、金正日は拉致を認め謝罪した。

拉致の理由については、工作員の日本語教育などのため必要だったとのことであり、そうした教育を受けた工作員らが大韓航空機爆破事件(1987年11月)のような事件を起こしているのだから、日本人拉致はテロ行為そのもので、拉致被害者が帰国できない状態が続いていれば、「現在進行形のテロ」となる。

家族会はその論理で訴えているが、正論だ。

「9・11同時多発テロ」以降、「テロとの戦い」を進めていた米国に、家族会メンバーらが足を運んだのは2003年3月だった。

家族会は、米議会や政府高官など足を運んだすべての場所で「拉致は現在進行形のテロ」と訴えた。




北朝鮮が「テロ支援国家」どころか、実際には「テロ国家」そのものであることは今現在も全く変わっていない。

米国が北朝鮮の核申告によってテロ支援国家指定を解除したら、北朝鮮は、核開発や核実験によって本来は有り得なかった利益をもたらしたことになる。



テロリストに核開発技術を供与したりしない限り、核開発や核実験は、テロとは関係ない。

核武装をテロやテロ支援行為というなら、米国もロシアも支那も英国もフランスもイスラエルもインドもパキスタンも全てテロ支援国家になってしまう。

つまり、今回、米国が北朝鮮の核申告によって日本人拉致問題を無視して北朝鮮のテロ支援国家指定を解除するのは、北朝鮮による核開発や核実験があったからなのだ。

もしも北朝鮮が核開発や核実験をしていなかったら、日本人拉致問題が解決していない状況において、米国は北朝鮮のテロ支援国家指定を解除することなんて有り得なかった。

米国は、1990年代に北朝鮮が核開発を行った際にも、『米朝枠組合意』を結んで、日本や韓国に北朝鮮への重油提供や軽水炉原発建設を負担させた。

この1994年の『米朝枠組合意』による北朝鮮への重油提供や軽水炉建設だって、北朝鮮が核開発をしていなかったら、有り得ないことだった。



要するに、北朝鮮は、1994年の『米朝枠組合意』においても、今回の『テロ支援国家解除』においても、核開発を行ったことによって、本来なら有り得ない大きな利益を獲得したことになる。

北朝鮮は、核開発や核武装が国家に利益をもたらすことを証明している。



念のため言っておくと、今までに核開発やNPT脱退で経済制裁を受けた例はない。

過去に核開発を行った国としては、アメリカ、ソ連、イギリス、フランス、支那、イスラエル、南アフリカ、インド、パキスタン、北朝鮮、スイス、スウェーデン、台湾、韓国・・・など多数あるが、印パが核実験によって日米からの経済援助を短期間停止されたくらいで、核開発による経済制裁は皆無だ。

「核武装をすれば、世界から制裁を受ける」などという全く根拠のない被害妄想を述べている石破茂、前原誠司、原口一博、森本敏、村田晃嗣、遠藤哲也、朝日新聞などは、政治家や評論家やマスコミを辞めるべきだ。




核開発、核武装は、「百利あって一害なし」なのだ。

日本は、米国に対して、「アメリカが1994年の『米朝枠組合意』の失敗にも懲りずに、しかも拉致問題が未解決の状態で、北朝鮮をテロ支援国から解除するなら、日本は自主的な核武装をせざるを得ない」と言うべきだ。








●関連記事

支那の専門家【北、核実験強行でも 「米は手を出せず」 「中国の強い制裁ない」】。米専門家ら【核実験強行でも米軍事対応可能性ない】
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4075681.html

問題視されないイスラエルの核武装(核開発と核実験)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4280653.html

核開発や核実験による不買運動など所詮は一時的なものに過ぎない。
フランスの核実験と不買運動。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4281084.html

NPT(核兵器不拡散条約)(核拡散防止条約)。
特に注目は第十条[脱退・有効期間]と第六条[核軍縮交渉]で、脱退によって制裁を受けることなど有り得ない。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4281705.html

朝日新聞【社説】「核を持つ 日本を危うくするだけだ」(11月11日)に対する反論
NPTや核抑止論を全く理解していない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6308429.html

石破茂「核保有議論は公の場で」日本海新聞10月22日付【永田町の風】に対する反論。
\(`o'")コラーッ!職務放棄するな!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6648252.html

【核論議 是か非か】「非核」変更は空理空論:前原誠司に対する反論
NPT(核拡散防止条約)脱退や核開発で制裁されることはない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6945441.html

茶番劇である6者協議をまたまた開催して北朝鮮に莫大な資金を与えようと企む
日本が核武装を決断しない限り事態は悪化の一途
また騙されるのか?!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21590578.html

「核武装は百利あって一害なし」
日本の核武装によるデメリットはインチキ政治家やインチキ評論家の被害妄想
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/23924251.html

何十回騙されれば気が済むのか?!
北約束破りの歴史・核問題、停滞12年
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/30884895.html

(一部抜粋)


●参考

6カ国合意
北約束破りの歴史
核問題、停滞12年


 今回の6カ国協議でも議論の中心となった北朝鮮の核廃棄と見返り措置は基本的には、1994年10月に米朝がジュネーブで合意した枠組み合意と同じ組み合わせだ。同合意は北朝鮮が、寧辺の黒鉛減速炉などの核施設を凍結するのと引き換えに軽水炉型の原発2基と、軽水炉完成までの間、年間50万トンの重油を代替エネルギーとして、北朝鮮側に提供することが柱だった。枠組み合意から12年たち、北朝鮮は核実験を実施。北朝鮮の核廃棄問題は、停滞もしくは後戻りしているかのようだ。(名村隆寛)

 枠組み合意を受け95年に朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)が創設され、重油供給を開始、97年から北朝鮮の咸鏡南道琴湖で軽水炉建設が始まった。

 ところが、2002年10月、再び北朝鮮の核疑惑が浮上。平壌を訪問したケリー米国務次官補が、姜錫柱第一外務次官や金桂寛外務次官らに、高濃縮ウランによる核開発を進めているのではないか、と問いただしたのに対し、北朝鮮側は高濃縮ウラン施設の建設などを認めた。米朝枠組み合意に基づき約7年にわたって毎年50万トンの重油を獲得しながら、北朝鮮は核開発を進めていたのだ。北朝鮮が合意をほごにしたことから同年12月、重油供給は停止される。


 翌03年、北朝鮮は核拡散防止条約(NPT)脱退を表明。さらに寧辺の黒鉛減速炉を再稼働し、使用済み核燃料の再処理を続行。同年8月、北朝鮮の核開発を止めるために多国間の枠組みである6カ国協議が始まる。

 だがその後、北朝鮮による偽ドル製造や、マネーロンダリングなどを理由に米国が北朝鮮に対する金融制裁措置を発動したことに反発。昨年10月、ついに地下核実験実施を発表した。


 時間をかけて協議し、合意にたどりついても北朝鮮が約束を守る保証はない。このことは、これまでの北朝鮮との協議の歴史が証明している。

2007/02/14, 産経新聞








「また騙されるのか?!」
「ふざけるな!ブッシュ、ライス、福田!」
「日本は、6者協議から離脱し、核武装に動き出せ!」

と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回、クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.