FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200807
凶悪支那人による御茶ノ水駅警察官突き落とし事件の李志裁判・求刑はたったの5年・東京地裁の裁判官の山口雅高が嘘を吐いて傍聴人に因縁をつけ、声を上げた傍聴人の一人を48時間拘束命令
2007年12月22日、御茶ノ水駅において、支那人2人が電車進入を知りながら、日本人をホームから突き落とした。

被害者は、奇跡的に一命を取り留めたものの、足を切断し、植物人間になった。

当初、警察は殺人未遂罪でこの支那人どもを逮捕したが、起訴するときには何故か「傷害罪」に替わっていた。

弁護側は無罪を主張し、去る5月28日の裁判で検察側は懲役5年を求刑した。

電車進入を知りながら人をホームから突き落とした刑罰が、最高で懲役5年、下手すりゃ無罪って・・・


更に驚くべきことに、東京地裁の山口雅高という裁判官は、馬鹿げた嘘を吐いて傍聴人に因縁をつけ、その嘘に対して声を上げた傍聴人の一人(新風・埼玉県本部幹事長の渡邊昇氏)を東京拘置所に48時間拘束した。

不当拘束を命じた山口雅高などへ抗議行動が行なわれた。



■当日5月28日の抗議行動
嘘つき裁判官・山口雅高による不当拘束の暴挙を許すな!【李志裁判】


 我々と今回のこの裁判を傍聴した渡邊昇氏が531号法廷で、山口雅高裁判長によって不当な拘束命令を受けた。

 裁判は検察官の懲役5年の論告求刑と、容疑者・李志側弁護人の無罪主張、そして李志本 人の「自分はやっていない」という本人陳述などが終わって終了した。
その直後に事件は起きた。

 山口雅高裁判長が次のように語りました。
「これで閉廷します。被告人は先に退廷しなさい。傍聴人はこのまま残って下さい」
 <どういうことだー!?>
 傍聴人の誰もがそう思ったのでしょう。裁判所の中がざわつきました。
 その裁判長の言葉が終わると一人の人間が立ち上がりました。裁判官が「座りなさい」と 声を上げましたが、この男性は「用がありますので私は帰ります」と出口に向かった。
 「トイレに行きたいので出ます」と言って立ち上がる人もいました。
 そうするとこの裁判官は「黙りなさい! 今しゃべった人を特定しなさい!」と裁判所の警備職員に命令した。
 その後、裁判官は「このまま残って下さい。話があります」
 「第一回の公判で被告人を取り囲むことがあった。そういうことを裁判所は許さない」と 話をし始めました。
 そこで、傍聴人から声が挙がりました。一体どういう意味だということで騒ぎになったわ けです。その中でも一番声が大きかった『維新政党・新風』埼玉県本部幹事長の渡邊昇氏 が拘束されてしまいました。



■翌日5月29日の抗議行動

5・29 東京拘置所前抗議活動!【御茶ノ水駅支那人殺人未遂事件裁判】
■動画
http://www.youtube.com/watch?v=bVp23N_nZMA

去る5月28日、『維新政党・新風』埼玉県本部幹事長の渡邊昇氏が東京地裁において、 山口雅高裁判長より受けた、不当な拘束命令に対する抗議活動。







●関連記事1

支那人2人を殺人未遂で逮捕・御茶ノ水駅の警官重傷事件・電車進入を知りながら口論になった男性をホームから突き落とす・「中国人かな、と思ったら一一〇番」
(一部抜粋)
御茶ノ水駅の警官重傷事件、中国人2人を殺人未遂で逮捕
12月23日10時18分配信 読売新聞

 電車が進入していることを知りながら、口論になった男性警察官をホームから突き落とし、大けがを負わせたとして、警視庁神田署は22日、いずれも中国籍の会社役員李志容疑者(41)(東京都調布市調布ヶ丘3)と会社員金権容疑者(31)(国分寺市富士本1)を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

 調べによると、李容疑者らは22日午後11時20分ごろ、千代田区神田駿河台のJR御茶ノ水駅ホームで、口論になった男性(49)を線路上に突き落とした。男性は進入してきた千葉発御茶ノ水行き普通電車(10両編成)にひかれ、頭蓋骨骨折と右足切断の大けがを負った。男性は、警視庁通信指令本部所属の警部補で、110番の受理業務を担当。この日は日勤を終えて、青梅市内の自宅に帰宅途中だったとみられる。
――――――

(中略)

元公安調査庁の調査第2部長だった菅沼光弘氏によると、合法的に入国する支那人はすべて工作員と見なしてよいとのことだ。


「中国人かな、と思ったら一一〇番」

この言葉↑は平成12年(2000年)に警視庁地域部が東京都内各署に配った防犯チラシのキャッチフレーズだが、この言葉を忘るな!



●関連記事2

長野聖火リレー6・支那人に暴行受けた日本人12人が被害申告・7件の被害届受理・留学生一人当たり年間262万円の血税・御茶ノ水駅の支那人殺人未遂犯が保釈
(一部抜粋)
保釈されたという驚愕情報に愕然としました。

 昨年12月22日に、JRお茶の水駅で2人の支那・中国人によって男性警察官がホームに突き落とされ、電車にはねられて右足切断、頭蓋骨骨折、腰骨粉砕骨折、全治不能という「植物人間」にされた。

 しかも、犯人のシナ人・李志を東京地検は殺人未遂ではなく「傷害罪」で起訴した。走ってくる電車を確認して線路に突き落とす行為が殺人にならないのです。そして今度は無罪を主張する犯人が保釈されたというのです。驚くべき地検の対中屈服に唖然として言葉もない







「電車進入を知りながら、人をホームから突き落としたら傷害罪でなく殺人未遂だ!」
「嘘つき裁判官・山口雅高による傍聴人の不当拘束を許すな!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
川田亜子アナを追悼・死体第一発見者の日吉紫光さんが消息不明・遺書が語る泥沼の三角関係・カルト集団「創価学会」谷口元一ケイダッシュ取締役(鬼畜)と、自称「平和運動活動家」マット・テイラー(詐欺師)


川田亜子アナを追悼



川田亜子アナを生放送で追悼
5月31日18時10分配信 スポーツ報知

 25日に自殺したフリーアナウンサー・川田亜子さん(享年29歳)が司会を務めていたテレビ朝日系「サタデースクランブル」(土曜・前9時半)の31日の生放送で、出演者が追悼した。

 川田さんは亡くなる前日24日の放送に出演。コンビを組んでいた松井康真アナ(45)は、番組冒頭で悲報を伝え「落ち込んでいるようだったが、先週(24日)の放送ではいくぶん元気になったように見えた。そんな矢先の出来事で、大変残念です」と神妙に話した。

 コメンテーターの東ちづる(47)は、川田さんの写真を見ながら「強烈なSOSも発信してたんですよね。苦しかったんでしょうね。でも勝手なことを言わせてもらえれば、やっぱり生きていてほしかった。ご冥福をお祈りいたします」と話した。
――――――





5月25日に死亡した川田亜子アナウンサーが、26日朝に発見された事件。

この事件の真相に関する情報がまだ流動的なので、真相解明がある程度落ち着くまでは取り上げていく予定。

この問題は、朝鮮人ソン・テチャク(成太作、池田大作)率いるカルト集団「創価学会」が、政界、官界、法曹界、警察、芸能界、マスコミ等を支配している問題に結び付く可能性が高い。

川田アナが死亡していたのは所属事務所「ケイダッシュ」取締役の谷口元一が使用していた車の中だった。

この時点で、谷口元一には自殺教唆罪や自殺幇助罪、あるいは殺人罪の嫌疑がかかる。

谷口元一がカルト集団「創価学会」の一員であることは確実であり、こういう連中がマスコミや芸能界で強い権限を保持していることが、様々な不幸の元凶となっている。

創価学会は、フランスをはじめとする諸外国でカルト指定されているにもかかわらず、日本ではカルト指定もテロ指定もされていない。

それどころか、このカルト集団は、公明党という政治部隊まで結成して、日本国憲法で謳われている「政教分離」に違反する活動を堂々と行なっている。

現在このカルト集団が与党となって政権を握り、政界に君臨している他、官界、法曹界、警察、芸能界、マスコミ等でも権勢を振るっている。

カルト集団が、政界、官界、法曹界、警察、芸能界、マスコミ等で権勢を振るっている状態を、これ以上野放しにしておくと、川田アナのような犠牲者は今後ますます増加の一途を辿る。







【サイバッチ!】死体第一発見者が消された!?1136[05/30//08]

◆配信数:74535◆無許可転載歓迎。でも、下記記URLは入れてね
http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM3CA3323935BAC
タレコミ大歓迎。採用者には[プチバッチ!]の無料購読1週間~1年分

●川田亜子自殺 死体第一発見者が失踪!!

 緊急事態が勃発したので要旨のみ端的にお伝えする。
 川田亜子さんの死体第一発見者である日吉紫光(61)が消息不明となった。
日吉さんは株式会社丸運芝浦航空営業所の従業員。26日午前6時、営業所前に駐車しているベンツに異変があることに気がつき、110番通報した人物だ。
「女性セブン」、「週刊新潮」、TBSなど、事件発覚直後、現場に直行した媒体の取材に対応した後、まったくの音信不通なのだ。
 会社関係者を追及するとうろたえながら「出社していない」と答える。別の関係者はしどろもどろしながら「すでに退社した」とも言った。対応はあまりにも異様であり、何事かを隠しているのは明らかだ。何者かに脅迫を受けている可能性も高い。
 30名近い記者が現場に押かけているが、今、彼らは全員、日吉さんの行方を追っている。
「日吉さんはまだ語っていない何かを知っている。それが事件の核心に迫る決定的証拠であることは間違いない。だから、本当に心配ですよ。 芸能界と暴力団の関係はネットのウワサ話なんかじゃない。『あの男』はヤクザとつながりあるなんていうレベルじゃなく、ヤクザそのものですから。今回だけは、絶対に面白半分で記事を書かないでください」(取材現場にいたスポーツ新聞記者)
 会社乗っ取り、監禁、暴行、強姦、変態スカトロプレイ……。『あの男』についての記事を書いたアラキというフリーライターはマスコミ業界から抹殺された。『あの男』の周辺は犯罪で埋め尽くされているのだ。日吉さんの無事を心から祈りたい!!

◎川田亜子の自殺現場
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP483F5E4400B04




【サイバッチ!】川田亜子自殺 泥沼の三角関係1137[05/31//08]

◆配信数:74573◆無許可転載歓迎。でも、下記記URLは入れてね
http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM3CA3323935BAC
タレコミ大歓迎。採用者には[プチバッチ!]の無料購読1週間~1年分

●川田亜子自殺 遺書が語る泥沼の三角関係!!

 ついに、ベンツに残された遺書の全容と自殺の全容が判明した。
 総力体勢で、テレビ局、所属事務所、肉親、友人などあらゆる方面に取材をかけたけっか、遺書が語りかけていた「ダイイングメッセージ」を解明することに成功。川田が5月12日、ブログに記した謎のメッセージ「私は悪魔になった」の意味も明らかにすることができた。
 キーワードは「妊娠」「堕胎」「変態」。そして、「三角関係」……。
 川田亜子は「鬼畜」から口に出すのもおぞましい変態プレイを強要され続けていた。そして、頼ったのがマット・テイラーという人物だ。自称・平和運動活動家。このテイラーなる人物もなかなかの曲者である。*欺師と呼んででもいいだろう。
 が、この男の存在で事態をさらに悪化させる。
 川田亜子は2人の男の間に挟まれ精神が破壊されたのだ。その経緯や詳細についても情報が集まりつつある。
「鬼畜」とテイラーは、今、水面下で壮絶な情報戦を繰り広げている。表には出てきていないが、両者ともマスコミと接触。互いに激しい誹謗中傷を続けているのだ。
 昨日、東スポは、捜査関係者が「テイラーや川田がX氏から脅迫された」と記したが、これも大嘘。ソースは捜査関係者ではなく、テイラー自身である。東スポは対立する2者のうち片方にマルノリしたのだ。
 詳細については、今朝未明に配信した【プチバッチ!】既報。これらすべては、【プチバッチ!】が独自取材で地を這うようにしてかき集めた情報である。
 今、俺は声に出して言いたい。「マスコミを信じるな!!」と。週明けからマスコミが書き始める記事にはすべて裏があるだ。







TBSの局アナ時代、最後に担当していた「ゴローズ・バー」での川田亜子の出演シーン
川田亜子








「成太作(池田大作)率いるカルト集団『創価学会』は、日本の敵だ!」
「カルト教団員が、政界、官界、法曹界、警察、芸能界、マスコミなどに多数潜伏する日本は狂っている!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.