正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
A級戦犯を東郷神社が受け入れと、東郷神社の前宮司が著書で提言・支那や松橋暉男や古賀誠らは、元BC級戦犯の合祀は良いが、元A級戦犯の合祀は駄目だという根拠を説明せよ・恥を知れ!


A級戦犯「東郷神社受け入れを」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080525-00000008-mai-pol


<A級戦犯>「東郷神社が受け入れを」前宮司、著書で提言へ
5月25日2時30分配信 毎日新聞

 靖国神社に祭られているA級戦犯を、旧海軍ゆかりの東郷神社(東京都渋谷区)に分祀(ぶんし)すべきだ--。東郷神社前宮司の松橋暉男(てるお)氏が来月出版する著書「幻の揮毫(きごう)」(毎日ワンズ)で、神社関係者では異例の提言を行う。

 全国8万神社をまとめる神社本庁は「分祀は神道の教義上できない」との見解をとっているが、傘下の有力神社の「A級戦犯受け入れ」表明は、分祀論議に拍車を掛けそうだ。

 同書は、A級戦犯合祀が中国などの反発を招いた問題は、首相参拝が行われなくても解決しないと指摘。論争が収まった「今こそ真剣に取り組むべき時だ」と訴える。そのために、東郷神社境内の「海の宮」にA級戦犯を合祀するよう提唱。神社本庁などの主張通り靖国神社に「御霊(みたま)」が残っても、東郷神社に「移った」と見なして「ご遺族は心おきなく新しい座にお参りすることができる」ようになるとしている。

 中国などにも「誠意ある対応をしたことになる。靖国参拝のカードは有効でなくなる」ため、外交問題を沈静化できるという。

 松橋氏は「私は靖国神社に代わる新たな国立追悼施設反対の立場で、神社本庁と一致している。後任の東郷神社現宮司も私の考えをわかってくれると思う」と話している。

 松橋氏は小泉純一郎元首相の参拝が問題になった05年にも分祀論を試みたが、神社本庁から「発言を慎むように」と注意され断念。07年4月に名誉宮司に退き、提言に踏み切った。旧知の南部利昭・靖国神社宮司にも分祀の必要性を説いているという。

 分祀論は、日本遺族会の古賀誠会長も賛同。遺族会は07年5月に検討の勉強会を設けている。【野口武則】

 ◇東郷神社

 日露戦争の日本海海戦で勝利した連合艦隊司令長官の東郷平八郎元帥を軍神として祭る。戦前、靖国神社と同格の別格官幣社に列せられることが決まっていたが、1945年に空襲で本殿が焼失したため取りやめになった。現在、崇敬会「東郷会」の名誉会長は旧皇族の東久邇信彦氏。
――――――








東郷神社前宮司の松橋暉男は、この問題の本質を全く理解していない。

「A級戦犯」というのは、「占領軍によって法律にはない罪を問われて有罪にされてしまった無実の人々」のことをいう。

靖国神社に合祀されている「A級戦犯」というのは、全日本軍隊が降伏した後に、占領軍による無法裁判において何の法的根拠もなく絞首刑と決められて執行されてしまった犠牲者たちだ。




そもそも、松橋暉男も、支那も、古賀誠も、「A級戦犯」のみの合祀を問題としているが、「B級戦犯」や「C級戦犯」の合祀は良くて、「A級戦犯」の合祀は駄目だという理由は何なのか?


支那人や多くの日本人も誤解しているのだが、ふざけたGHQの基準においても、「A級戦犯」が、「B級戦犯」や「C級戦犯」よりも重罪犯だったということは全くない。

したがって、「A級戦犯」でも死刑にならなかった人もいたし、反対に「BC級戦犯」で死刑になった人は沢山(A級戦犯として死刑になった人数の百倍位)いた。

A級戦犯は「平和に対する罪」で有罪とされ、B級戦犯は「通例の戦争犯罪」で有罪とされ、C級戦犯は「人道に対する罪」で有罪とされただけであり、GHQにしてみれば順番はどうでも良く、ABCでなくともイロハでも○△□でも良かった。



GHQが挙げた3種類の罪のうち、法的根拠があった罪はB級戦犯が問われた「通常の戦争犯罪」のみで、A級戦犯とC級戦犯が問われた罪は全く法的根拠がなかった。



靖国神社への合祀基準は大東亜戦争後に「戦争状態における公務死者」というように拡大されたため、何の罪もないのに占領軍によって殺された元A級戦犯たちを主権回復後に合祀したことは、正しかった。

日本は、ポツダム宣言を受諾したことで全日本軍隊の降伏を受け入れたが、国際法上の戦争状態はサンフランシスコ平和条約によって講和が成立するまで継続していた。



主権回復後の日本は、法的根拠もなく占領軍によって出鱈目に殺された人たちを靖国神社に合祀すると決めて実行したのに、今頃になって、「支那が文句を言うから分祀しよう」などと言う橋松暉男や古賀誠などは、「非国民の中の非国民」、「売国奴の中の売国奴」、「国賊中の国賊」と言って過言ではない!


恥を知れ!







●関連記事


冨田メモの徹底検証10 : 補説1 靖国問題と元「A級戦犯」合祀の経緯?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9523754.html

(一部抜粋)


 また、合祀は、厚生省が提出した名簿に基づくものであり、厚生省の名簿は、国会の決議や諸外国の承認を踏まえて作成されたものである。だから、靖国神社が元「A級戦犯」を「戦争による公務死亡者」として合祀したことは、法律に基づき、行政の通知に従って実行したものである。このこと自体は、靖国神社が批判を受ける立場にない。

 元「A級戦犯」の合祀を不適当と言う者は、厚生省の名簿への記載、さらにその元になっている国会決議を批判すべきであろう。そこまでしないで分祀・新施設等をいう政治家は、国民を欺くものである。



 「戦犯」として処刑された者のうち、B・C級だった者は靖国神社に合祀してよいが、A級だった者はだめとする法的な根拠はない。また、元「A級戦犯」のうち刑死者は合祀してよいが病死者は除くという法的根拠もない。これは、東条・松岡・白鳥らの行いへの評価とは、全く別の問題である。

 処刑された東条英機は戦場で戦死したのではないが、戦争状態における公務死者である。松岡洋右や白鳥敏夫は、武官ではなく文官だが、公務死に軍人か否かは関係ない。戦争では看護婦や電話交換手なども多数亡くなった。その死も、戦争による公務死である。








冨田メモの徹底検証11:補説1 靖国問題と元「A級戦犯」合祀の経緯?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9598808.html

(一部抜粋)


補説1 靖国問題と元「A級戦犯」合祀の経緯

(2)元「A級戦犯」の合祀の経緯

(略)

 戦後、靖国神社に合祀される人の基準は、国会で制定された法律に根拠がある。昭和27年4月28日に独立を回復すると、わが国の国会は早速、戦没者遺族援護法及び恩給法とその関連法を制定した。これらが、靖国合祀の関係法である。

 昭和28年8月から国会で、「戦傷病者戦没者遺族等援護法」(遺族援護法)および「恩給法」の改正が重ねられた。当時の国会は、「戦犯」とされた人々を国内法上での犯罪者とはみなさないことにした。「戦犯」とされた人々の遺族も一般戦没者の遺族と同様に扱うように法規を改正した。
決定は全会一致だった。31年にかけて改正・整備が行われた。

これらの関係法を根拠に、国は、元戦犯にも恩給を支払い、元戦犯の遺族にも年金を支払うなどを行ってきた。


 当時の国会が東京裁判で刑死した者を「法務死者」と見なしたことは、法的に正しい。敗戦後、独立を回復するまで、わが国は連合国と戦争状態にあった。戦闘は停止したが、国際法上にいう戦争は継続していた。

 東京裁判は戦争状態において行なわれた軍事裁判である。それゆえ、この裁判で処刑された者は、戦争状態において、連合国によって生命を奪われた者である。彼らの死を、戦争による公務死としたことは、主権独立国家として正当な決定である。「A級戦犯」も「B・C級」もこの点では変わらない。

さらにこれに加えて、サンフランシスコ講和条約第11条第2項には、東京裁判を行った国の過半数の同意を得た場合は「戦犯」を赦免できることになっていた。わが国はこの規定に基づき、国会で「戦犯」の免責を決議し、関係各国に働きかけた。「A級戦犯」は昭和31年(1956)3月末までに、「B・C級戦犯」は昭和33年(1958)5月末までに、全員赦免・釈放を勝ち取った。この釈放により、刑死した者の遺族にも恩給が支給されることになった。



その結果、わが国には、「戦争犯罪人」はいなくなった。






靖国神社の年表・元戦犯の合祀の背景や経緯など
■必見!・推奨!■
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9934017.html









「今日の日本においてA級戦犯など存在しない!」
「支那や松橋暉男や古賀誠らは、靖国神社への、元BC級戦犯の合祀は良いが、元A級戦犯の合祀は駄目だという根拠を説明せよ!」
「東郷神社前宮司の橋松暉男や、日本遺族会会長の古賀誠などは、恥を知れ!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.