正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
四川大地震8・チベット亡命政府が対支抗議行動の一時停止を指示・震災により国際社会からの批判が声援に変わって喜ぶ支那の北京五輪関係者たち「神の助け」薄まるチベットの影・我々は支那への非難を忘れない


チベット、対支抗議の停止指示

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080521-00000049-yom-int


チベット亡命政府が地震に弔意、対中抗議行動の一時停止指示
5月21日19時2分配信 読売新聞

 【ニューデリー=永田和男】インド北部ダラムサラのチベット亡命政府は21日、世界各地の在外チベット人向け声明を発表し、中国の四川大地震の犠牲者に弔意を表すため、3月の中国チベット自治区などでの暴動発生以来世界各地で続いている対中抗議行動を一時停止し、被災者支援活動を始めるよう呼びかけた。

 亡命政府「内閣」名の声明は、世界各国の中国大使館前での抗議行動は「少なくとも5月末まで」停止し、直ちに中国系住民と共同で救援募金運動を始め、運動を通じて「中国チベット友好協会」設立を図るよう指示。

 共同募金運動は、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が4月の訪米中、暴動の被害者救済を念頭に提唱していたという。
――――――






確かに現在は、被災者の救助や治療などに集中するべきかもしれない。

実際に、被災者の多くはチベット人などの少数民族でもある。

しかし、救助や治療がある程度落ち着いた時点で、チベット亡命政府や国際社会は、支那による侵略と大虐殺に対する非難を強めるべきだ。

支那のマスコミや五輪関係者などには、国際社会のチベット問題への批判が薄まるとして、今回の大震災を歓迎している連中が居る。

おそらく、胡錦濤や温家宝などの政府首脳も、同じようなことを考えているのだろう。



――――――
「全世界が声援」と中国紙=震災、国際世論変える-四川大地震
5月14日12時1分配信 時事通信

 【北京14日時事】中国の国際問題紙・環球時報は14日、四川省を襲った大地震に関連して「全世界が中国の災害救助を声援している」と一面トップで報じた。中国はチベット暴動などで国際社会からの批判に敏感になっているが、同紙は「5月13日は国際世論が中国への善意と同情に満ちた一日かもしれない」としている。
 同紙は「
奇跡の発展を遂げ、ねたみと非難の的となっていた大国が、一瞬にして1万人に上る生命を奪われ、弱い面をさらけ出した」と指摘。各国首脳が震災犠牲者への哀悼を示したことにも触れ、皮肉を込めて「普段、中国を批判している者も口を閉ざした」と書いた。
――――――






ちなみに、地震発生後、支那共産党は、党や政府の被災者に対する対応や、軍や武装警察の感動的なシーンなど、プラス面を中心に報道し、大いに宣伝するように求めている。





――――――
五輪関係者「四川大地震は“神の助け”」薄まるチベットの影
2008/05/18


 中国・四川大地震が発生した12日夜、北京五輪のリスク評価担当チームの関係者は「言い方は悪いが、これは神の助けかもしれない」とつぶやいた。五輪関係者の間では、大地震がチベット問題の影を薄め、国際社会との溝を埋める役割を果たすとの期待が出ている。


 発生翌日の13日朝、福建省竜岩で予定通り聖火リレーが実施されると、国内のインターネット上で「われわれ中国人に良心はないのか」といった非難が続出。その後はリレーと並行して募金活動などが行われるようになり、今や聖火リレーは「被災者との連帯」がテーマだ。

 人権やチベット問題への批判から「反中国」の象徴となった聖火リレー。中国では国際社会の非難に対する反発から「団結」の声が強まり、それに比例して排外感情が高まった。しかし、大地震による中国人の「一体感」にはそうした危険要素はない。

 1995年1月の阪神大震災では、2カ月後に被災地兵庫県西宮市の甲子園球場で選抜高校野球大会が開かれた。一時は開催すら危ぶまれたが、外野フェンスに「復興・勇気・希望」の文字を書き開会式を行った。

 北京五輪でも「批判集中」から「メッセージ発信」という“攻守交代”が起きるかもしれない。もちろん、チベット問題には依然として国際社会が大きな関心を払い続けている。中国側に政治的意図が見えすぎると、新たな批判につながりかねない。
(北京、共同=松村圭)
――――――






やはり、救助や治療がある程度落ち着いたら、国際社会は、チベットや東トルキスタンや内モンゴルなどへの侵略や大虐殺について支那を厳しく非難していく必要がある。

他国への侵略や大虐殺の他、支那では法輪功学習者や人権活動家などへの弾圧も行なわれている。

倒壊した学校などの「おから工事」の調査や取り締まりも行なわれなければ、国際社会は黙っていない。

支那は、震災が北京五輪開催の追い風になっていると考えているが、今後北京五輪までに、余震、自然ダムや人工ダムの決壊、洪水などによる二次災害、三次災害、四次災害が続くようだと、国際世論は北京五輪中止に向かうだろう。

もともと支那には「平和の祭典」を開催する資格がない上に、人災とも言える災害が続く中でのオリンピック開催は許されない。






●関連記事

四川省地震
死者5000人の恐れ
震源は成都から北西に約159キロ離れた同省アバ・チベット族チャン族自治州
学校が多数倒壊
死亡者のご冥福を祈ると共に急がれる救出
その後は徹底調査を
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/32928270.html

四川大地震2
死者1万2千人超、生き埋め1万8千人超
日本政府は約5億円相当の緊急支援を正式表明
ちょっと待て!支那への被災支援金は99%以上が地方当局などによって流用
日本国民の税金を勝手に使うな
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/32957832.html

四川大地震3
日本を初の人的援助受け入れ国に決定
「支援金や物資は歓迎するが、援助隊は要らない」の14日から一転
「72時間の壁」越え、貢献の可能性は極めて小さい
支那が外国の人的支援を拒む理由
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33010961.html

四川大地震4
ダム決壊?
集中する四川省周辺でダム破損多数
最新鋭巨大ダムの紫坪舗ダムにも亀裂
決壊すれば60万人の都江堰市水没
ひび割れ持つ三峡ダムも時間の問題
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33037447.html

四川大地震5
やはりダムなど400か所以上で決壊危機
被災地に“水の恐怖”
ダム391か所でも亀裂や水漏れ
紫坪鋪ダムと魯班水ダムの大型ダムでも
「報道ステーション」などの動画
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33068238.html

四川大地震6
日本の救助隊が撤収に悔しさ「2日早く来たかった」
ダム決壊の危険高まり帰国
すでに支那軍が捜索を終えた場所で無駄な作業をさせられた日本援助隊に対して、人民解放軍兵士は「早く帰れよ」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33119339.html

四川大地震7
死者4万人超で最終的には7万人超か
被災地の20日以降の3日間の天気予報は大雨
川が土砂をせき止めてできた「地震湖」(せき止め湖)の自然ダム決壊の危険性が高まる
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33150592.html








「支那は、震災によって国際社会からの批判が弱まったことを喜ぶな!」
「支那は、チベットなどでの侵略と大虐殺をやめろ!絶対反対!北京五輪!」
「おから工事の学校や欠陥ダムばかりを作った支那に五輪開催の資格なし!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.