正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
四川大地震6・日本の救助隊が撤収に悔しさ「2日早く来たかった」・ダム決壊の危険高まり帰国・すでに支那軍が捜索を終えた場所で無駄な作業をさせられた日本援助隊に対して、人民解放軍兵士は「早く帰れよ」


19日午後、四川省北川県で地震発生時刻に合わせ、救出作業を行った中学校で黙とうする日本の国際緊急援助隊員

日本の救助隊 悔しさにじます

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080519-00000111-mai-soci


<四川大地震>「2日早く来たかった」救助隊、撤収に悔しさ
5月19日20時55分配信 毎日新聞

 【北川(中国四川省)稲垣淳、岡崎英遠】「あと2日早く来たかった」。日本の国際緊急援助隊が四川省北川県の現場から撤収した19日、隊員は現場間の移動などに時間を取られ、1人の生存者も救出できなかったことに悔しさをにじませた。 


 生き埋めになった被災者の生存率は、72時間を超えると大幅に下がるとされる。救出活動は12日の地震発生から4日後の16日からで、当初から困難が予想された。



 また、都市型災害が専門の日本隊に山間部集落の救助を依頼するなど、初めて海外の救助隊を受け入れた中国側の不慣れな対応が追い打ちをかけた。


 隊員らによると、援助隊の使う地図は「集落の位置関係が分かる程度」で、被害状況も「どこに聞けば正確な情報があるのか分からなかった」という。詳細はほとんど現地でしか分からなかった。


 警視庁所属の隊員は「とにかく現場まで時間がかかった」と漏らす。東京消防庁ハイパーレスキュー隊所属の隊員は「生存確率の高い現場で、早く活動したかった」と、複雑な心境を明かした。


 一方で「お客さんは危険な場所に行かせられないというのが中国側の姿勢。阪神大震災のとき、空港に降りたスイスの救助隊をまずホテルに案内した日本の対応に似ている」と指摘する幹部もいた。

 小泉崇団長は「今回は時間との勝負。困難な条件で隊員はよくやってくれた。ただ生存者の救出に至らなかったのは残念でならない」と話した。
――――――






日本の国際緊急援助隊は、救出作業を断念し、四川省北川県の現場から撤収した。

理由は、近隣の「ダム決壊」が現実味を帯びてきたからだ。

日本の救助隊はダム決壊などによる被害を受ける非常に危険な場所で作業をさせられていたので、正直言って、ホッとした。

日本の救助隊は、支那の思惑によって、これまで無駄な作業をさせられてきた。

最初に日本の救助隊が向かわされた母娘の死体発見現場は、生き埋めになった者がもともと3人しかいない上に既に人民解放軍が活動した後だった。

――――――
四川大地震 洪水危機、3万人避難
2008/05/18, 産経新聞
(一部抜粋)

 隊員からも、「なぜ軍が活動したところにわれわれを行かせるのか」と首をかしげる者もいた。
 母娘の発見現場は、生き埋めになった者がもともと3人しかいないとみられる場所だった。しかも、援助隊が母娘の救出現場に到着したのは、四川省成都を出発してから14時間後。現場は成都の空港から400キロ。綿竹市や都江堰市など、成都から100キロの圏内には多くの学校や病院などの倒壊現場がある。一刻も早い救助を求める被災者も、それだけ多い。
 日本隊が入った現場周辺の山は半分が崩れ落ち、大量の土砂が町を覆っていた。80メートルに渡り土砂に埋まった小学校もあった。現場は、都市型災害救助という援助隊の専門とは、かけ離れた状況だった。

 「学校や病院など、生存率の高い現場で成果を上げたい」。複数の隊員がこうもらし、現場到着に予想外に時間がかかったことを残念がった。
――――――



このように、支那は、日本の救助隊に人民を救出してほしいと本気で考えてはいない。

こんな形式だけの活動をさせられている日本の救助隊が、ダム決壊などの2次災害に巻き込まれて犠牲になったら、悔やんでも悔やみ切れなかった。


日本の援助隊に支那側が指定した被災現場は、すでに支那軍が捜索を終えたか、あるいは巨大な土砂崩れで埋まり、支那側も「救助などは無理だ」と判断した小学校だった。


――――――
煙たい?日本の緊急援助隊 解放軍兵士「早く帰れよ」
5月18日21時9分配信 産経新聞

 【綿陽市北川県(中国四川省)=野口東秀】日本の国際緊急援助隊は18日、「いちるの望み」(隊員)をかけ、多くの生徒、児童が下敷きになった学校の倒壊現場での捜索・救助活動を始めた。ただ、同隊への感謝の声が絶えない被災民とは異なり、人民解放軍などの反応は手放しで「歓迎」とはいかないようだ。

 中国政府が日本の援助隊を真っ先に受け入れたのには、日中関係の重視や国際協調をアピールする狙いがあったが、民政省などは「反日感情」を危惧(きぐ)し受け入れに消極的だったという。

 その懸念は、被災住民に関する限り払拭されたといっていい。しかし、捜索・救助活動にあたる軍などの間には複雑な感情がみられる。

 捜索・救助活動を現場で統括するのは基本的に人民解放軍だ。実際、大規模な災害時に救助や物資の輸送などを行えるのは、軍や消防などをおいてほかにない。



 17日、日本の援助隊は青川県の被災現場で活動したが、軍の兵士の1人は「あれは日本隊だろ。早く帰れよっていう感じだ」と口走った。それ以外にも不快感を示した救助関係者もいた。

 ある中国筋は「軍が仕切る現場で日本隊に生存者を発見させると思うか?」と話す。日本の援助隊に中国側が指定した被災現場は、すでに捜索を終えたか、あるいは巨大な土砂崩れで埋まり、中国側も救助などは「無理」だと判断した小学校だった。
同筋は「軍などがいったん捜索し救助活動をすでに終えた現場で、もし日本隊が生存者を発見したら、それこそメンツが立たない」ともいう。

 それでも日本の援助隊が生存者を救出すれば、日中関係の改善にはプラスとなる。現場の軍関係者などによる感情の吐露は、日本から援助隊を受け入れる土壌が整っていないことを浮き彫りにしている。
――――――





つまり、日本の救助隊は、当初海外の救助隊を受け入れず国際的な非難を浴びていた支那によって非難を避けるために利用されたに過ぎない。

国際緊急援助隊の「救助チーム」は日本に引き揚げる見通しとなったが、一方で日本政府は明日にも約20人規模で「医療チーム」を派遣するという。

ダム決壊となれば広範囲に亘り、数百万人、数千万人が罹災する事態となるが、本当に大丈夫なのか?

支那のダムは、今回の地震が起こらなくても、もともと3万基に深刻な構造欠陥があり、決壊は時間の問題だった。

去年の4月にダム決壊事故が発生した際には、支那の副水利相が、「各地の数千機のダムの決壊は、時間の問題だ。」と暴露したことで、もはや公然たる事実となっている。






●関連記事

四川大地震3
日本を初の人的援助受け入れ国に決定
「支援金や物資は歓迎するが、援助隊は要らない」の14日から一転
「72時間の壁」越え、貢献の可能性は極めて小さい
支那が外国の人的支援を拒む理由
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33010961.html
(一部抜粋)

生き埋めになった人の生存救出率は、
━━━━━━
初日  80%超
――――――

2日目 28.5%
3日目 21.8%

━━━━━━
4日目  5.9%
━━━━━━



四川大地震4
ダム決壊?
ダム集中する四川省周辺でダム破損多数
最新鋭巨大ダムの紫坪舗ダムにも亀裂
決壊すれば60万人の都江堰市水没
ひび割れ持つ三峡ダムも時間の問題
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33037447.html

四川大地震5
やはりダムなど400か所以上で決壊危機
被災地に“水の恐怖”
ダム391か所でも亀裂や水漏れ
紫坪鋪ダムと魯班水ダムの大型ダムでも
「報道ステーション」動画
もはや時間の問題
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33068238.html








「支那は、『救助は無理だ』と判断した場所に、日本の援助隊を送り込むな!」
「ダム決壊が近づいている以上、日本の医療チームも無理はするな!」
「決壊が時間の問題といわれる欠陥ダムばかりを作った支那に五輪開催の資格なし!絶対反対!北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.