FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
?國神社清掃奉仕(2回目)・老若男女40数名が参加・昇殿参拝の後、拝殿や本殿の周囲を竹ぼうきで清掃・この季節は落ち葉が少なく作業は軽減
本日5月18日(日)、靖国神社の清掃奉仕を行なった。

?國神社清掃奉仕有志の会






参加費は¥1500(家族参加の場合同伴者は¥1000、大学生¥1000、高校生以下無料)
費用内訳:玉串料¥1,000 事務費(写真送付、現像、休憩時ジュース代)\500




今回、いつもブログでお世話になっている「英霊にこたえる会」広報委員で「英霊顕彰会」会長の笠哲哉さんも初参加された。
英霊顕彰会会長笠哲哉個人ブログ
挨拶をし、いろいろとお話も伺った。





9:00、参集殿から入り、拝殿に上がって御払いをした後、廊下を通って本殿に入り、昇殿参拝した。




昇殿参拝が終わると、いよいよ清掃奉仕だ。








今回の参加人数は四十数人でやや少な目でだったが、落ち葉の量が少ないので仕事量はそれ程でもなかった。









12:00前に解散となった。





能楽堂では、「古武道 新陰流兵法転会」が行なわれていた。







また都合が良ければ、参加したい。






「靖国神社は良い所」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
四川大地震5・やはりダムなど400か所以上で決壊危機・被災地に“水の恐怖”・ダム391か所でも亀裂や水漏れ・紫坪鋪ダムと魯班水ダムの大型ダムでも・「報道ステーション」などの動画・もはや時間の問題


ダムなど400か所以上で決壊危機


被災地に“水の恐怖”…ダムなど400か所以上で決壊危機
5月17日21時2分配信 読売新聞

 【北京=河田卓司】中国四川省の北川チャン族自治県で17日、大地震で出来た「土砂崩れダム」(堰(せき)止め湖)が決壊する危険性が高まり、住民が避難する騒ぎがあったが、被災地に出現した18か所の土砂崩れダムは、いずれも危険な状態だ。

 このほか、ダム391か所でも亀裂が走ったり、水漏れが起きるなど決壊の恐れがあり、被災地に今度は“水の恐怖”が急速に広がり出した。

 土砂崩れダムは、山崩れで岩石や土砂などが河川をせき止めて生じる。四川省水利局のサイトなどによると、北川県、青川県、徳陽市などにでき、青川県には土砂のせき止め部の高さ40~50メートル、水深15~18メートル、長さ5~7キロ・メートル、水量推定500万~700万立方メートルという巨大なものも出現した。18か所のうち、特に北川県の8か所が決壊の危険性が高いという。

 これらの土砂崩れダムが決壊すれば、下流域は洪水に襲われるため、水利省などは18の土砂崩れダムすべてに観測拠点を設け、24時間態勢で水位を観測している。決壊間近と判断すれば、下流域の住民に避難警告を出す態勢を取っている。

 一方、被害を受けた391のダムのうち、紫坪鋪(しへいほ)ダムと魯班水(ろはんすい)ダムが大型ダムで、ダム本体に亀裂が生じたほか、放水路が陥没するなどした。紫坪鋪ダムが決壊すれば、下流の都江堰の市街地は水没する。

 江油市ではダム135か所で亀裂が生じ、放水施設が壊れた。うち18か所は決壊寸前という。このほか、重慶市でもダム79か所に被害が出ており、当局は厳重な警戒を続けている。
――――――





金曜日に記事にしたダムに関するニュースがYou Tubeになっていたので紹介しておきたい。

2つのニュースをくっ付けたようで、初めの一つは私が金曜日の夜に、ちょうどダムの記事を作っていたときに見たテロ朝の報ステであり、後の方は何かわからないが、ダム決壊の仕組みなどを説明している。

前回の記事でも述べたように支那のダムは、今回の地震が起こらなくても、もともと3万基のダムに深刻な構造欠陥があり、去年の4月にダム決壊事故が発生した際には支那の副水利相は、「支那各地の数千機のダムの決壊は、時間の問題だ」と暴露し、新華社も「時限爆弾」と報じていた。


四川大地震 ダム決壊の危機も








紫坪埔ダムは2006年に完成した最新鋭の多目的巨大ダムで、総貯水量は黒部ダムの約6倍、日本最大の徳山ダムの約2倍に当たる11億1200万立方メートル。

水利省は、仮に紫坪舗ダムが決壊すれば、約9キロ下流にある人口約60万人の都江堰市が、完全に水没する大災害になるとして対策を急いでいる。

緊急放流のほか、既に約2000人の兵士が現場に急行し、亀裂を埋めるため、ダム上部より砂やコンクリートを投入しているという。

しかし、余震の危険性も考えると、英国ブリストル大のイアンクロッキー教授は悲観的だという。

(中略)

支那のダムが危険極まりないことは、2007年4月20日に副水利相が、「各地の数千機のダムの決壊は、時間の問題だ。」と暴露したことで、もはや公然たる事実となっている。

支那全土には8万5000基以上のダムがあるが、そのうち3万基(大規模ダム200基、中規模ダム1600基を含む)に深刻な構造欠陥があるとみられている。

新華社も、「欠陥を抱えたダムは『時限爆弾』のようなものだ。ダム下流地域の住民の生活や資産は深刻な脅威にさらされている」と報じた。



日本人として出来ることは、1にも2にも支那には行かないこと。

特に揚子江流域の上海や南京などに行くのは、自殺行為に等しいので仕事や旅行で行く予定のある人はキャンセルすべし。

はっきり言って、かなり危険!







「支那は、調子に乗って危険なダムを造り過ぎ!」
「支那へ行くのは自殺行為だ!」
「絶対反対!北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.