FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
支那で手足口病が大流行・流行のピークとなる夏に向け注意呼びかけ・手や足、口に水泡ができる奇病で、感染力が極めて高いため病気になった子供を隔離・既に21人の死亡が確認・当局は情報隠しか


写真は、阜陽市第二人民病院で手足口病の治療を受ける児童。ベッドは廊下に並べられている。4月29日撮影。

中国 手足口病の大流行を警告

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080504-00000012-rcdc-cn


<手足口病>今夏、手足口病が大流行か=注意呼びかけ―中国
5月4日13時8分配信 Record China

2008年5月3日、衛生部は今年手足口病の感染者数が前年と比べ大幅に増加していると発表、流行のピークである6、7月に向け感染者数はさらに拡大する可能性が高いと警告した。新華社が伝えた。

手足口病はEV71、またはコクサッキーウイルスによって引き起こされる子供の病気で手や足、口に水泡ができるのが特徴。1週間程度で自然治癒することが多いが合併症を引き起こし死に至るケースも多い。今年3月中旬より安徽省阜陽市で流行しこれまでに21人の死亡が確認されている。【 その他の写真 】

中国では1981年に初めての感染が確認されて以来、各地で流行している。今年はシンガポール、台湾で流行したのをはじめ例年以上の広がりを見せており、今後さらに拡大する可能性が高いという。感染力が極めて高いため、病気になった子供を隔離すること、子供を繁華街など人が多い場所に連れて行かないことが重要となる。
――――――






そのまま「てあしくちびょう」といい、特効薬はないそうだ。

どうも、当局が長期間情報隠しをしていたた可能性が高い。

当局は、情報隠しを否定しているようだが、2003年のSARS拡大や今年の毒ギョーザ事件を見ても分かるように、支那の言うことを信じる馬鹿は今どき居ない。


――――――
<続報>児童20人死亡の手足口病、当局の「情報隠し」に批判―安徽省阜陽市
4月29日12時25分配信 Record China

2008年4月28日、安徽省阜陽市で手足口病が流行し児童1199人が感染、20人が死亡したことが明らかとなった。

阜陽市では3月中旬より手足口病の流行が始まっていたが、当局の発表が遅れたため「子供のSARSではないか」「鳥インフルエンザではないか」との流言が広がっていた。阜陽市関係者は「これまで同市で手足口病が流行したことがなかったため確認が遅れた」と弁明しているが、「情報隠しではないか」との批判の声が上がっている。

中国では市民の混乱を避けるために当局が感染病流行の情報を公開しないケースが後を絶たない。2003年のSARSでは情報隠しにより被害が拡大、昨春には山東省で手足口病が流行したが、情報開示が遅れたため市民にパニックが広がった。

鳥インフルエンザについても政府が公表している以上に感染が広がっているのではとの疑念が海外メディアのみならず市民の間にも広がっている。北京五輪を目前に控え多くの外国人を迎えることからも、情報の透明性確保が課題として再び浮上したと言える。
――――――


――――――
手足口病で死者20人に、発表遅れた政府に批判の声
4月30日10時52分配信 サーチナ・中国情報局

(一部抜粋)

 3月から現在までの状況は以下のとおり

・3月上旬
阜陽市人民病院は、発熱・発疹などを起こした児童5人を診察。治療を続けたが、5人は27日から29日までに全員死亡した。

・3月29日
阜陽市衛生庁は本格的調査を開始。31日からは連日、省衛生庁に状況を報告。ただし、情報は一般公開せず

・4月上旬
「児童の怪病発生」の情報が広まる。「手足口病」だけでなく「小児SARS」、「人-人感染の鳥インフルエンザ」、「症状が出てから1、2時間で死亡」などの噂も飛び交ったという。

・4月15日
阜陽市衛生庁が病気発生を発表。ただし「最近になり、市内で春に見られる呼吸器疾患をこじらせた児童数人が死亡した。しかし患者同士が伝染ししたわけでなく、家族や接触した人も感染しいない」として、「心配しないように」呼びかけたという。

・4月27日
同日までに阜陽市衛生庁はEV71感染症の発生を認め、患者数789人、うち死者19人と発表した。

4月29日
阜陽市衛生庁は、27日午前11時から28日午前11時までに、EV71の感染321例の報告を受けたと発表した。前日より34例増加。うち入院患者は105例。24時間内の死亡例はなかったとした。
――――――






問題は、日本人がこのエンテロウイルス71(EV71)を日本へ持ち帰り、日本で大流行してしまうことだ。


4月29日11時5分配信のRecord Chinaは、「手足口病は鼻水、痰、便に含まれるウイルスを経由し強い感染力を持つため、感染した子供は隔離する必要がある。予防法としては室内の換気を十分にすること、食事前の手洗いを徹底すること、子供が冷たい物を食べ過ぎないよう注意すること、生水や傷んだ食品を取らないこと、なるべく人混みに子供をつれていかないことなどが挙げられる。」と述べている。


まず、日本人として出来ることは、1にも2にも支那には行かないこと。

できれば、日本政府に、支那人の日本入国や支那からの輸入を中止してもらいたい。



はっきり言って、かなり危険!







「手足口病が恐い!」
「支那は情報隠しをやめろ!」
「侵略と大虐殺の張本人である胡錦濤は、日本に来るな!」
「絶対反対、北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.