FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
慎太郎都知事、パンダいらない!・上野公園は東京都の管轄なのに勝手にパンダ借り受け要請をしている外務省や首相官邸・北京五輪開会式や馬英九の総統就任式への出席について


慎太郎都知事、パンダいらない!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080503-00000064-sph-soci


慎太郎都知事、パンダいらない!
5月3日8時0分配信 スポーツ報知

 東京の上野動物園で4月30日に死んだジャイアントパンダ「リンリン」について、石原慎太郎都知事(75)は2日の会見で「別にみんなで大泣きして悲しむほどでもないじゃない」と言い放った上、「(パンダなんて)いてもいなくてもいいじゃない。そんなもんは、どうでも」とつれない言葉を連発。また、8月の北京五輪開会式については「都合が合えば行く」と出席に前向きな考えを示した。

 都立上野動物園から、ついにパンダの姿が消えた。しかし、石原知事はパンダに全く思い入れがないようで、身も蓋(ふた)もない“慎太郎節”が次々に飛び出した。

 22歳7か月で死んだ「リンリン」については「生きているものは必ず死ぬんだから、パンダだって死ぬだろう。別にそれをみんなで大泣きして悲しむほどでもないじゃない」とあっさり。

 日本でジャイアントパンダを飼育しているのは神戸市立王子動物園(2頭)と和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド(6頭)だけになったが、「世界も狭くなったんだし、(パンダを)見たけりゃ、いるとこに行って見てくりゃいいじゃないですか」と述べた。

 福田康夫首相は1日、中国政府に対し、「既に外交ルートで(貸与の)お願いをしているとは聞いている」と述べ、日本政府として貸与を要請していることを公式に認めている。

 しかし、石原知事は再び上野動物園のシンボルであったジャイアントパンダをレンタルすることについては「そりゃまあ、入場の人間(の数)が左右されるなら費用対効果を換算して考えればいい」とあくまでビジネスライクなスタンスを強調した。最後にはついに「何もパンダ様々で、ご神体じゃないんだから、いてもいなくてもいいじゃない。そんなもんは、どうでも」と本音!?をもらした。

 また石原知事は、8月の北京五輪開会式への出席について「都合がついたら行きますよ。次のオリンピックを目指しているわけだから、参考にもなる」と前向きな姿勢を示した。開会式には、福田首相が出席を検討しているほか、森喜朗元首相と安倍晋三前首相も招待されている。

 石原知事は、20日の馬英九氏の総統就任式出席のため訪台する。これに対し、中国側の反発も予想されるが「私は(台湾と中国の)両方とも友人のつもりでいますけどね」と答えた。
――――――








まず、パンダについて。

私は、昨日5月2日、上野動物園(03-3828-5171)に電話して、パンダを借り受けないでほしいと訴えた。

新聞には、上野動物園の小宮園長が、「日中首脳会談は願ってもないチャンス。」などと発言したことが掲載されており、黙ってはいられなかった。

ただ、「上野動物園は上野公園の一部であり、上野公園は東京都立なので東京都に言う方が良い」と言われ、東京都公園緑地部計画課(03-5320-5374)にも電話をしてパンダを借り受けないよう訴えた。

しかし、今回のパンダ借り受け要請は、東京都に碌な相談もせず、外務省や首相官邸で勝手に進めているようだ。


首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

自民党に物申す!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi

民主党・ご意見フォーム
http://www.dpj.or.jp/header/form/contact.html




繰り返す。

パンダの借り受けには絶対反対だ。

パンダを外交に利用するのは支那の常套手段だ。

日本は、支那の「パンダ外交」に騙されてはいけないのに、日本から要請するとは呆れる。

そもそも、パンダは支那の動物ではなく、チベットの動物だ。

支那がチベットを侵略し、パンダの故郷である四川省のアバ州(アバ・チベット族チャン族自治州)を観光開発をしたり、そこからパンダを掠奪して成都市や雅安市などに強制連行したりしたため、パンダは絶滅の危機に瀕しているのだ。








次に石原都知事の北京五輪開会式への出席について。

はっきり言ってやめる方が良い。

福田が北京五輪開会式への出席に前向きなことについて、今朝の産経新聞(阿比留瑠比)が的確に批判していた。

福田への批判は、そのまま石原都知事にも当てはまる。


――――――
首相 五輪開会式「行けたらと思う」
中国に助け舟 強まる逆風
2008/05/03, 産経新聞

 福田康夫首相(71)は2日、今年8月の北京五輪開会式への出席について、記者団に「まだ決めていないが、行けたらと思う」と述べ、情勢が許せば出席したいとの考えを表明した。首相が開会式に出席すれば、1988(昭和63)年のソウル五輪の竹下登元首相以来20年ぶり。ただ、国内では中国製ギョーザ中毒事件や長野の聖火リレーでの中国人留学生らの態度への反感が高く、国際的にもチベット問題への批判が強い。開会式出席は、低支持率にあえぐ首相にとってさらなる逆風を生む結果となる可能性もある。(阿比留瑠比)

 首相は2日夜にも6日に来日する中国の胡錦濤(こ・きんとう)国家主席(65)から開会式への招待があった場合、「そういう話があれば検討させていただきたい」と述べた。

 政府内では首相の発言について「人権問題に関心の薄い国、日本という国際イメージが定着しかねない」(政府関係者)という懸念の声が出ている。ただでさえ、首相はチベット問題に関して中国への理解と配慮を優先させる姿勢を見せてきたからだ。

 外務省にとっても首相の発言は、寝耳に水だったようで、同省幹部は1日、「親中派の首相でもこの時期に五輪開会式出席を言ったら、内外に与える波紋が大きいことぐらい分かっている」と指摘していた。

 胡主席への配慮であるにしろ、首相の対中傾斜ぶりは、官僚側の観測を超えていたということになる。与党内からも「首相が出席すれば、世界の笑いものだ」(自民党有力議員)との声も上がっている。

 中国は北京五輪の開会式に、各国の元首、首脳クラスを多数集め、国威発揚を図ろうと考えている。だが、人権意識が高い欧州の複数の首脳はすでに不参加の意向を示している。

 ドイツのメルケル首相、ポーランドのトゥスク首相やチェコのクラウス大統領らは不参加を明言。フランスのサルコジ大統領は、中国がチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世と公式会談をすることを出席の条件としている。現役の首脳ではないが、日本の首相経験者の一人も周囲に「招待されても絶対に行かない」と述べている。

 一方、ブッシュ米大統領は出席の意向だが、議会側からは欠席を求める声が出ており、次期大統領候補らもそろって不参加を訴えている。韓国の李明博大統領は「隣国での開催なので開会式には出席したい」と表明している。

 国や首脳により対応は分かれるが、中国側に注文や条件をほとんどつけようとしない今回の首相の発言は、中国に助け舟を出した形だ。首相は3月30日には、北京五輪開会式のボイコット論について「声高に批判したり、オリンピックと関連させるようなことが、今の段階で適当かよく考えないといけない」と述べ、中国をかばう姿勢を見せ続けている。

 共同通信社が1、2の両日に実施した世論調査で、福田内閣の支持率は19・8%と、とうとう20%を割り込んだ。今後もこれといった政権浮揚の秘策を見いだすのは難しい中で、首相が中国への対応を誤れば、支持率はさらに落ち込む可能性もある。
――――――








最後に馬英九の総統就任式出席のための訪台だが、馬英九は「尖閣諸島は中華民国の領土だ」と主張している。

石原都知事は、この点について馬に対して、何らかの形できっちり反論しておくべきだ。








●関連記事

パンダの貸与を支那に要請
高村が支那政府に雌雄2頭の借り受けを申し入れ
リンリン死亡、胡錦濤来日で実現か
ふざけるな!支那がチベットから掠奪したパンダは要らない!
パンダ外交に騙されるな!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/32595871.html

福田が北京五輪開会式出席に前向き
侵略と大虐殺の支那で開催の「悪魔の祭典」に出席し、支持率回復のために胡錦濤来日でパンダ外交
法隆寺も唐招提寺も橋下の大阪府も共犯だ!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/32640484.html








「支那がチベットを侵略して掠奪したパンダを日本政府や東京都は借り受けるな!」
「支那のパンダ外交に騙されるな!」
「絶対反対、北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

映画「靖国」が公開され満席・ちょっと待て!出演者と靖国神社を騙して撮影したのだから、上映するのは、刀匠の登場部分と靖国神社から指摘された不当映像を削除してからにしろ!・助成金を返還しろ!


映画「靖国」が公開、満席


映画「靖国」が公開=抗議行動なく満席で-東京・渋谷
5月3日12時0分配信 時事通信

 賛否両論が集まっているドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」(李纓監督)が、「憲法記念日」の3日午前、東京・渋谷のシネ・アミューズで全国に先駆けて公開された。2つのスクリーン(計214席)を使い、毎日4回上映するが、初回は午前9時前には観客が列を作り、すぐに満席になった。
 周囲は右翼団体の抗議行動などもなく、平穏な中で上映開始。終映後、会社員の花田信一郎さん(47)は「左右どちらの立場でもそれなりに考えられる作品」と印象を語った。また、大学生の田中善之さん(22)は「なぜこの映画で自主規制するのか分からない。タブーのようになっている靖国神社の問題を考える機会になると思う」と評価した。
――――――





出演者を騙して出演させたり、靖国神社の撮影禁止のモノを撮影したりしたままでの上映は許せない。

上映しても良いが、その場合には最低限、刀匠の登場部分および靖国神社から指摘のあった不当映像を削除しなければならない。

それと、やはり助成金を返還するべきだろう。

上の時事通信の記事で、この映画を評価している奴は、この映画の問題点を全く理解していないアンポンタンだ。



映画「靖国」騒動のウソ・すり替え・ダブルスタンダード

http://www.youtube.com/watch?v=ZyjPENa01CE







【正論】再論「靖国」 国学院大学教授・大原康男 アンフェアな製作手法も露呈
2008.4.23、産経新聞

 とうに靖国神社の桜の花も散って、花見の喧噪もどこかへ消えてしまい、新緑薫風の境内は再び静かなたたずまいをみせているというのに、映画「靖国 YASUKUNI」(李纓監督)をめぐる論議はまだ収まりそうにもない。

 その基調音は、上映を予定していた映画館が相次いで中止に踏み切ったことで表現の自由が危うくなるという懸念だが、新聞各紙が指摘しているように、それは日教組の集会を拒絶したホテルの対応と類似したケースである。

 したがって、映画館側の過剰な自己規制がそもそもの原因であるにもかかわらず、自民党若手議員らで構成されている「伝統と創造の会」(会長・稲田朋美衆院議員)が求めた上映の動きがその契機となっているとし、「政治介入」を非難する方向に論点がずらされてしまった。

 稲田議員が9日付本欄で指摘した通り、この映画には文化庁の所管する日本芸術文化振興会の「芸術文化振興基金」(642億円の原資のうち530億円が政府出資金)から750万円の助成金が交付されており、助成するにふさわしい映画であるかどうかを判断するための材料を得ようとしたに過ぎない。

 つまり、国会議員の国政調査権に基づく適法なものであって、有村治子参院議員が3月27日の参院内閣委員会で文化庁の文化部長に対し、交付に関わる審査の手続きや経緯を厳しく質(ただ)したのも同じ根拠に立っている。

 この映画に対する評価は人によって区々(くく)であろうが、何といっても、3人のキャストのうち2人は「小泉首相靖国神社参拝訴訟」の原告であり、しかも、その1人は現在係争中の「靖国神社霊璽簿等抹消訴訟」の原告でもある。

 ≪刀匠への重大な裏切り≫

 彼らの主張を正面から繰り返し取り上げ、思う存分しゃべらせているのを見れば、「政治的、宗教的宣伝意図を有するものを除く」と規定する助成金交付の「基本方針」に明白に抵触していると言わざるを得ない。

 有村議員の長時間にわたる追及に文化部長はまともに答弁することができず、審査が驚くほど杜撰(ずさん)であったことが明らかになり、最終的には「助成金返還の是非」の検討が求められたのは当然のことといえよう。

 有村議員による一連の質疑の過程で初めて公にされたことだが、残る1人のキャストであり、かつて「靖国刀」と呼ばれた日本刀を製作したことのある高齢の刀匠は、キャストになることを「全く知らされておらず」、また「美術品として純粋に靖国刀匠のドキュメンタリーとして撮りたい」という出演依頼の際に受けた説明と出来上がったものとは内容が違っているとして、自分が映っている「映像を一切外してほしい」と希望しているという。

 李監督は「承知しているのに(有村議員が)変心させた。許せない介入だ」と矛先を有村議員に向けて反論したが、思わぬトラブルに巻き込まれた老刀匠は重い口を開いて「監督はもう信用できない。出演場面をカットしてほしい」と明言した(4月11日付毎日新聞)。刀匠の夫人も有村議員の電話による問い合わせによって「影響をうけたことはない」と答えている(同日付東京新聞)。

 ≪道義的責任も加わる≫

 事実がこの通りならば、この映画が刀匠の気持ちをはなはだしく踏みにじったものであることは間違いないが、一方、映画の舞台となった靖国神社も4月11日に「撮影許可手続きが順守されていない」うえに「事実を誤認させるような映像等が含まれている」という理由で監督と配給会社に対して問題映像の削除などを求める通知を行った。

 おそらく、撮影が認められていない霊璽奉安祭や遊就館内部の無断撮影と靖国神社のご神体を日本刀と誤認している点を指しているのだろうが、こうした不誠実でアンフェアな手法によって製作された映画そのものの道義性も厳しく問われねばなるまい。重ね重ね公的助成に値する作品ではないというほかない。

 最後に一言。多くのメディアや文化人・各種団体などが今回の上映中止を激しく非難しているが、彼らは旧ソ連の樺太侵攻によって貴い命を失った9人の乙女を描いた「氷雪の門」がソ連の圧力によって上映中止になった昭和48年に同様な声をあげたのか。

 今回、いち早く抗議声明を発した映画演劇労働組合連合会は平成10年に封切られた「プライド-運命の瞬間(とき)」の上映中止運動を展開したのではなかったか。この点をとくと尋ねてみたい。












「上映しても良いが、刀匠の登場部分および靖国神社から指摘のあった不当映像を削除しろ!」
「出演者を騙して出演させたり、靖国神社の撮影禁止のモノを撮影したりしたままでの上映は許せない!」
「助成金を返還しろ!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします
ビートたけしが欽ちゃんモーレツ批判「愛と涙ばっかりやりやがって」・萩本欽一の長野北京五輪聖火リレーをめぐって・2ちゃんねるで激論・古舘伊知郎はチベットとダルフール発言で「2ちゃん」で賛美


ビートたけし、欽ちゃんモーレツ批判

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000003-jct-ent


「愛と涙ばっかりやりやがって」  ビートたけし、欽ちゃんモーレツ批判
4月30日19時25分配信 J-CASTニュース

 長野市の北京五輪聖火リレーをめぐって、思わぬ余波が広がっている。走行中にものを投げ込まれるなどの妨害を受けた聖火ランナー、萩本欽一さん(66)に対して、ビートたけしさん(61)が「お笑いのくせに、愛と涙ばっかしやりやがって。インチキくせえことばっかり」と批判したのだ。「お笑い芸人らしくない」との批判だが、ネット上では「たけしの言うとおり」「たけしこそ老害」などと、賛否両論が入り乱れている。

■萩本さん暗に抗議活動を批判?

 2008年4月26日に長野市で行われた聖火リレーでは、他の開催地と同様に妨害活動が相次いだ。卓球の福原愛選手(19)が走っている途中に台湾に亡命したチベット人の男が「フリーチベット!」と叫びながら乱入、警察官に取り押さえられた。手を振りながら走っていた萩本さんに対しては、沿道からものが投げ込まれ、警察官が透明の盾で守ろうとするなど緊張が走った。リレー中、4人が負傷し、5人が逮捕された。

 こんな状況に対して、萩本さんはリレー後の記者会見で

 「ハッピーな気分で終わりたかったのに、思いが達成できなかった」
 「長野のおばちゃんたちとハイタッチしたかったのに…」

と悔しさをにじませ、暗に抗議活動を批判。会見後、「長野のみんな~!」と沿道の人々とハイタッチをし、「今のハイタッチが一番良かった」と述べる一幕もあった。

 こんな状況に異議を唱えたのが、ビートたけしさん(61)だ。たけしさんは自身が客員編集長を務める「東京スポーツ」1面に掲載されたコラム(08年4月29日付)で、萩本さんに噛みついたのだ。まずは、

 「オイラは『聖火持って逃げろ』とか言ってたんだけど。 あの人は何でやんないかな?バカだな~ オレだったら絶対、火を消したり間違って水の中に落っこちたり、ギャグ
しか考えないけどな。何かやれよほんとに(笑い)」

と、萩本さんがリレー中にギャグをやらなかったことを非難。

■「大体、お笑いなんて反逆的なことじゃない?」

 さらに、

 「この人おかしいよ。お笑いのくせに、愛と涙ばっかしやりやがって。インチキくせえことばっかり。お笑いなのにギャグやんないんだから」
 「大体、お笑いなんて反逆的なことじゃない?国に媚び売るような芸人なんて面白くない。そういうのは星野仙一さんに任せておけばいいんだよ」

などとヒートアップ。萩本さんのお笑い芸人としての在り方に疑問を投げかける形になった。

 この刺激的な発言に、ネット上では激論が繰り広げられている。例えば「2ちゃんねる」のニュース関係の掲示板では、スレッドは7本目に突入。内容はというと、

 「これは正論 たけしが面白いとか関係なく正論」
 「売名行為に必死」

といった、萩本さんを非難するものと、

 「タケシ文化人気取りで気持悪い」

と、「どっちもどっち」といった趣旨のものが入り乱れている。

 ただ、萩本さんをめぐっては、06年7月自身の球団のメンバーが不祥事を起こし涙ながらに謝罪したり、07年8月には、「24時間テレビ『愛は地球を救う』」の中で70キロのマラソンを完走し視聴者の涙を誘ったりするなど、「涙」に関連して登場することが多いのも確か。その分、「お笑い芸人」としての萩本さんの存在感は低下している。
――――――




たけしは、支那がチベットなどを侵略して大虐殺している最中に、萩本欽一が脳天気な言動ばかりしているから、何か言ってやりたかったのだろう。

ただ、たけしは、数年前に「筑紫哲也ニュース23」に出演し、「日本の首相は靖国神社を参拝すべきではない」と発言したため、私は彼を評価していない。


●関連記事

長野聖火リレー1
萩本欽一に「悪魔の聖火リレーをやめろー!」と叫んで抗議
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/32488534.html




■2ちゃんねるの最新スレッド

【聖火リレー】 ビートたけし、欽ちゃん批判 「この人おかしいよ。お笑いのくせに、愛と涙ばっかり」「オレなら絶対水に落ちる」★7
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209538650/










萩本欣一が評判を下げる一方、古舘伊知郎の評判が上がっているという。



http://www.j-cast.com/2008/04/25019525.html

「古舘伊知郎「2ちゃん」で賛美 「中国はチベットから手を引け」
2008/4/25

「2ちゃんねる」でバッシングばかりされているキャスターの古舘伊知郎さんが、珍しく賛美されている。テレビ朝日系「報道ステーション」で、「中国は、チベットとダルフールから手を引いて初めてオリンピック開催資格がある」などと発言したからだ。ここまで踏み込んだ発言をしたキャスターは初めてと「祭り」に発展している。中にはこれで「報ステをクビになるんじゃないか」と心配するカキコミも出ている。

「騒動の根本は、チベットの人権侵害」

古舘さんが発言したのは2008年4月24日放送の「報道ステーション」。チベット問題と、北京オリンピックの聖火リレー妨害のニュースを伝えている時だった。コメンテーターの加藤千洋さんが、中国人にはオリンピックを開けるという誇り、自信、期待があり、それは東京オリンピックを開催した当時の日本もそうだった、といった後のこと。
古舘さんは、
「私は、今回の騒動の根本は、チベットの人権侵害であると考えています。中国は、チベットとダルフールから手を引いて、その上で初めて、国威発揚の、オリンピック開催資格があるのではないかと考えています」
と言ったのだ。
他局の報道番組でも、チベット問題や聖火リレーの妨害などを取り上げているが、中国に対する直接の批判は少なく、どちらかといえば腫れ物に触るのを避ける、という感じである。それを古舘さんはズバリと言ったため、「チベットから手を引けと直接テレビで言ったキャスターは初めて見た」などとネットは騒然。普段は古舘さんバッシングが多い「2ちゃんねる」でも絶賛する大量のカキコミが出ていて、「祭り」に発展している。
「これ、すげえ。なんという正義。なんという覚悟」
「古舘、漢だよ。話し始める前の一瞬の間が、決意を感じさせる」
「これだけの正論吐いた男を テレビで見たことない 古舘あっぱれー!」
などだ。

(以下略)
――――――






まー、古舘としては上出来だが、何度も言うように、チベット問題は「人権問題」ではない!

支那による周辺諸国への侵略と大虐殺、そして民族独立問題だ。

侵略して大虐殺しているのに、「人権問題」というのは、歪曲であり、支那を利する誤魔化しだ。

チベット問題の本質は、「人権」の問題ではなく、「人命」及び「侵略」と「民族独立」の問題だ。


動画
日本を守ろう!国民大集会(酒井信彦元東大教授)
http://www.youtube.com/watch?v=x9wEBwKo4t0

(要旨)


チベット問題の本質は、「人権問題」ではなく、「侵略問題」、「民族独立問題」だ。

「中華人民共和国政府」と「チベット亡命政府」の話し合いというのは、「巨大な暴力団」と「一市民」が話し合うのと同じことであり、マトモな対話が成り立つわけがない。

解決したとなれば、それはチベット側が支那側に屈服したということであり、チベット問題の解決ではなくチベット問題の消滅だ。

「対話で解決」は誤魔化しだ。

チベット独立問題が消滅してしまえば、チベット侵略という世界史上稀に見る支那の巨大犯罪が堂々と罷り通ることになり、世界は暗黒の世の中だ。

侵略という犯罪を認められた支那人は、その次に侵略を拡大し、その格好の標的が日本であることは明らかだ。

だから、チベット独立を支援することは、他人事ではなく、日本民族の生存を守るために直結している。



●関連記事

現在チベットでは「ダライ・ラマ14世の非暴力路線、高度の自治要求は、支那に対し無意味で無力」と反発を強める若手急進派が台頭
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/31401166.html

【日本を守ろう!在日特権・外国人参政権・人権擁護法案に反対する国民大集会】
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/31716347.html

共産党のチベット侵略と国民党の台湾支配は日支問題
チベットの歴史のおさらい
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/32038392.html

『胡錦濤来日反対!シナ人の「長野暴乱」を許さないぞデモ行進!』
酒井信彦元東京大学教授の主張
ダライ・ラマ14世は勝手に独立を放棄するな!
非暴力主義では何も解決しない!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/32569322.html




■2ちゃんねるのスレッド

【報道】 古舘伊知郎「中国はチベットとダルフールから手を引き初めて五輪開催の資格がある」~報道ステで加藤千洋の発言後に[04/25]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1209174687/









「たけしは萩本欣一よりはマシか」
「古館にしては上出来だが、チベット問題は、人権問題ではなく、侵略問題、民族独立問題だ!」
「胡錦濤は日本に来るな!」
「絶対反対、北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回、クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.