正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
福田が北京五輪開会式出席に前向き・侵略と大虐殺の支那で開催の「悪魔の祭典」に出席し、支持率回復のために胡錦濤来日でパンダ外交・法隆寺も唐招提寺も橋下の大阪府も共犯だ!


福田が五輪開会式出席に前向き


<福田首相>五輪開会式出席に前向き
5月2日12時43分配信 毎日新聞

 福田康夫首相は2日昼、8月8日に北京で行われる北京五輪開会式への出席について「行けたらと思います。でも、まだそういうことを決めていない」と述べ、出席を前向きに検討していることを明らかにした。首相官邸で記者団に答えた。
――――――





福田には本当に腹が立つ。

他国を侵略をして大虐殺を行なっている支那で開催される「悪魔の祭典」への出席に前向きだ。

福田は、北京五輪やパンダに世間の注目を集め、肝心の「東シナ海ガス田問題」や「毒ギョーザ事件」や「チベット問題」を有耶無耶にするつもりだ。

日本は、支那が行っているチベットなどの侵略や大虐殺を絶対に許してはいけない。

日本を守ろう!国民大集会(酒井信彦元東大教授)


(要旨)

チベット問題の本質は、「人権問題」ではなく、「侵略問題」、「民族独立問題」だ。

「中華人民共和国政府」と「チベット亡命政府」の話し合いというのは、「巨大な暴力団」と「一市民」が話し合うのと同じことであり、マトモな対話が成り立つわけがない。

解決したとなれば、それはチベット側が支那側に屈服したということであり、チベット問題の解決ではなくチベット問題の消滅だ。

「対話で解決」は誤魔化しだ。

チベット独立問題が消滅してしまえば、チベット侵略という世界史上稀に見る支那の巨大犯罪が堂々と罷り通ることになり、世界は暗黒の世の中だ。

侵略という犯罪を認められた支那人は、その次に侵略を拡大し、その格好の標的が日本であることは明らかだ。

だから、チベット独立を支援することは、他人事ではなく、日本民族の生存を守るために直結している。







福田は、胡錦濤訪日を低迷する支持率の回復に悪用しようとしている。

日本国民に、支那への親近感と感謝の念を抱かせるため、パンダ借り受けを要請しているのもその一つだ。

老い先短いリンリンがこのタイミングで死亡したのは、胡錦濤の訪日前に死んでもらう方が、「パンダ外交」を演出し易いので、政治工作によって死亡させられたという噂もあるほどだ。


しかし、このようなパンダの政治利用については、今朝の【産経抄】も非難している。

【産経抄】5月2日
(一部抜粋)
 ▼上野動物園で飼育されたパンダとしては、ランランから9頭目にあたるリンリンが、先月30日、高齢のために死んだ。パンダ舎には遺影が飾られ、別れを惜しむ来園者が、連日記帳に訪れている。
 ▼そもそも、ランランとカンカンは、日中国交回復に伴うプレゼントだった。中国は米国、英国、フランスなどにもつがいを贈り、「パンダ外交」を繰り広げてきた。チベット出身のペマ・ギャルポ桐蔭横浜大学教授によれば、パンダはチベットの動物だ。五輪のマスコットにも使っているのは、チベット支配を正当化する政治利用にほかならない。
 ▼騒乱の真相がまだ明らかになっていないというのに、日本政府は、胡錦濤国家主席の来日にあわせて、新たなパンダの借り受けを、中国政府に要請しているという。上野動物園にパンダの姿がないのは寂しいが、外交の道具にするのは、もうやめたらどうか。

福田首相起死回生のパンダ外交…リンリン天国へ
5月1日8時1分配信 スポーツ報知

 東京・上野動物園で飼育されていたジャイアントパンダ「リンリン」(雄・22歳7か月)が30日午前2時ごろ、死んだ。一方で、福田康夫首相(71)は6日に来日する中国の胡錦濤国家主席(65)との首脳会談を予定するが、日本政府が中国側にペアのパンダを貸し出すよう要請していることが判明。専門家からは「『パンダ外交』を成功させれば内閣の人気回復も一時的にありうる」との声も。逆風下の福田内閣。パンダの“手”も借りたい!?

 パンダが窮地の福田内閣を救う? 胡主席の来日に合わせ、日本政府は中国側に雄雌のジャイアントパンダ2頭の借り受けを要請している。「パンダ外交」で日中友好を演出する狙いで、福田首相は7日の首脳会談での合意を目指すが、現段階で中国側は回答を留保している。

 外務省は上野動物園からパンダ貸与の依頼を受け、中国側に非公式で打診。高村正彦外相も今月17日の日中外相会談で協力を求めた。

 四川省の山奥などにわずかに生息する、超希少動物を他国に贈る「パンダ外交」は中国政府の必殺技。近年は絶滅の恐れのある動物保護を目的としたワシントン条約で取引を厳しく制限されており、日本に現在いる8頭はすべて中国からの「貸与」の形になっている。

 1972年に「カンカン」「ランラン」が来日して以来初めて「パンダ不在」の緊急事態に陥った上野動物園。同園側も今回の日中首脳会談に強い期待を寄せた。

 日本政府も「日中友好のシンボルとしてぜひ貸してほしい」(外務省幹部)と新パンダの来日を熱望。政治評論家の浅川博忠氏は「チベット問題や東シナ海ガス田開発、中毒ギョーザなど難しい課題を抱える首脳会談だが、パンダ問題で世間の関心をより集めることになるだろう」と話す。

(以下略)






パンダに国民の関心を集中させ、肝心の「ガス田問題」や「毒ギョーザ事件」や「チベット問題」を有耶無耶にされたのでは堪ったもんじゃない!







法隆寺
TEL:0745-75-2555
FAX:0745-75-0102

唐招提寺
TEL:0742-33-7900
FAX:0742-33-5266

大阪府民の税金で歓迎レセプションを開催する橋下知事の大阪府
友好交流課
TEL:06-6944-6625





福田は、五輪やパンダを使って、肝心のガス田問題や毒ギョーザ事件やチベット問題を誤魔化すな!
侵略と大虐殺の首謀者(現行犯)胡錦濤の訪問を受け入れる法隆寺や唐招提寺、大阪府(橋下)も、ふざけるな!
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.