正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
カジノを観光立国の起爆剤に・「カジノ法案」動き出し、韓国大統領が小沢にパチンコ産業の苦境訴える・世界で最も立ち遅れた在日韓国人、朝鮮人による違法な朝鮮玉いれとパチンカスを撲滅せよ・マルハンインタビュー
カジノを観光立国の起爆剤に


【政論】カジノを観光立国の起爆剤に 
3月8日8時0分配信 産経新聞

 自民、民主両党が2月26日、「カジノ法案」提出に向けて動き出した。関係者を突き動かしているのは、カジノ合法化への取り組みが遅れれば、近隣のアジア諸国に観光客を奪われてしまうのではないか、という危機感だ。

 カジノは120カ国以上で合法化されている。最近はシンガポールが観光振興のために合法化。中国本土でも合法化が検討され始めた。また、マカオは近代的なエンターテインメント施設を併設して、米ラスベガスに匹敵する観光都市に変貌(へんぼう)しつつある。

 アジアでのカジノブームは、東アジアに登場してきた「新富裕層」の存在を抜きにしては語れない。中国、韓国、台湾の富裕層の日本への観光旅行は年々増加しているが、これを維持・拡大して観光収益を上げるためにもカジノが欠かせないという判断だ。

 国内の地域振興策としての魅力も十分だ。カジノを中心にホテル、ブランドショップ、レストランなどを加えた複合施設をつくれば集客力は大きく、一大観光拠点が誕生する。また、カジノから上がる税収を、困窮する「地方」に還元する所得再分配効果もある。

 問題は、かねて指摘されてきたように「青少年への悪影響」や「不正行為の防止」「反社会勢力の介入阻止」だ。自民党がまとめた基本方針も、組織暴力対策やマネーロンダリング対策の重要性を指摘している。

 こうした問題は、カジノを運営・管理する民間事業者の選定を厳密にすることや、国、地方公共団体の監視を強化すること、またカジノ入場に厳格な要件を課すなどでクリアできるだろう。

 日本の観光立国政策を議論する中でカジノ導入は欠かすことができないテーマだ。カジノを“賭博”と切り捨てる議論ではなく、いかにマイナス面を排除するか、という前向きな議論を期待したい。





「カジノ法案」を支持する。 なぜならば、違法な朝鮮玉いれ(パチンコ)が撲滅してほしいから。



パチンコ「マルハン」の創業者、韓昌祐のインタビュー2005年5月18日(テレビ朝日)
pachinko(maruhan)


在日韓国人・朝鮮人は世界で最も立ち遅れた民族である







カジノ法案は、世界で最も立ち遅れた在日韓国人・朝鮮人による違法行為を撲滅させるチャンスだ。 韓国大統領の明博は、民主党の小沢に、在日の苦境を何とかしてほしいと訴えたが、小沢は在日の違法行為を保護するな!







客離れパチンコ業界 「カジノ法案」でさらに苦境?
2月28日19時56分配信 J-CASTニュース

 パチンコ業界ではギャンブル性を抑制する規制強化で客離れが生じ、さらに消費者金融の法改正でパチンコに使う金額も減少傾向にあると言われる。このダブルパンチだけでも痛いのに、自民・民主両党が協議している「カジノ法案」のあおりで、パチンコの規制強化がさらに進む可能性が浮上してきている。苦境にあえぐパチンコ業界はどうなってしまうのか?

■韓国大統領が小沢代表にパチンコ産業の苦境訴える?

 パチンコ業界は、遊戯人口がここ10年で1000万人以上も減少し、客離れが止まらない。要因のひとつが、規制強化だ。

 2008年2月21日の聯合ニュースは、韓国の李明博大統領(当時は次期大統領)と民主党・小沢一郎代表が同日に会談した際に、「(李大統領が)パチンコ産業の規制が変わり、事業を行っている在日同胞らが苦境にあると聞いたことにも言及し、関心を持ってほしいと申し入れた」と報じている。大統領自らが言及した「規制強化」によるパチンコ業界の「苦境」とは何なのか。

 パチンコ店のホールでは、04年7月に施行された遊技規則によって、ギャンブル性が高く人気だった「4号機」が07年6月末までに撤廃された。07年7月からは「4号機」よりギャンブル性が低い「5号機」が設置され、当然のことながらファンが離れ、「業界全体として落ち目になった」との声が聞こえる。

(略)

 さらに、消費者金融の法改正が追い討ちをかける。消費者金融業界では貸出上限金利の引き下げなどを盛り込んだ改正貸金業法成立を受け、貸し倒れのリスクの高い人への融資を一段と絞った。これが、消費者金融を利用してパチンコをしていたファン層を直撃した。

(略)

■新たに「パチンコ法」を制定、規制をさらに強化?

 そんな「苦境」に加え、さらに「カジノ法案」まで浮上してきた。

 2008年2月24日付けの産経新聞は、自民党の「カジノ・エンターテイメント検討小委員会」と民主党の「娯楽産業健全育成研究会」が、国内でのカジノを合法化する「カジノ法案」について協議すると報じ、そのあおりで新たに「パチンコ法」を制定して、国や地方公共団体に関与させる可能性があるとしている。パチンコもギャンブルだから、規制の網をかけるべきだ、という考えだと思われる。

 関係法ではパチンコなどの「遊技場」での換金行為を禁じているが、客への景品を第三者が買い取る「三店方式」をとることで「現金化」が行われる。これが「事実上の賭博」ではないかといった指摘もある。

 民主党の「娯楽産業健全育成研究会」もかねてから、「三店方式」を無くし、第三者機関の公益法人が景品の買取業務を行うよう提言しており、「カジノ法案」を検討するなかで、パチンコがどのような扱いになるかに注目が集まっている。

(以下略)








1.毎年、多くの子供たちがパチンカスによって車中で蒸し焼きにされている。

2.パチンコ依存症は医学的にも認められている病気である。

3.パチンコ屋やパチンカスが行っている行為は違法であり、パチンコ屋やパチンカスは犯罪者である。警察関係者が業界団体や業界企業に天下りしているから野放しにされているだけであり風営法23条に明確に抵触している。

4.在日朝鮮人がパチンコ屋で稼いだ資金が北朝鮮を支えている。

5.パチ屋の入り口からパチンカスを見ると、まるで養鶏所の鶏のようだ。朝鮮人の家畜そのものである。






「カジノ導入で違法な朝鮮玉いれ(パチンコ)を撲滅しろ!」と思う人はクリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.