FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200801<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>200803
米大統領選スーパーチューズデー・民主党指名争いはクリントンとオバマの決着持ち越し・共和党はマケインが前進・日本の核武装に理解を示すマケイン頑張れ!米大統領選での対日政策


スーパーチューズデー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080206-00000056-yom-int


民主党指名争い、決着持ち越し…スーパーチューズデー
2月6日21時27分配信 読売新聞

 【ニューヨーク=貞広貴志】米大統領選は5日、民主、共和両党の候補指名争いのヤマ場である「スーパーチューズデー」を迎え、全米24州(民主党22州、共和党21州)で予備選・党員集会が行われた。

 民主党はヒラリー・クリントン上院議員(60)が最大票田のカリフォルニア州など8州で勝利する一方、バラク・オバマ上院議員(46)も中西部や南部を中心に13州を抑え、指名争いの決着は今後に持ち越される歴史的な大接戦となった。



 共和党は大票田を確実に抑えたジョン・マケイン上院議員(71)が指名獲得に向け大きく前進した。


(以下略)
――――――






私は去年の3月からジョン・マケイン候補を応援してきた。

今年に入るまで、共和党ではジュリアーニ候補が圧倒的な大本命でマケイン候補は共和党の指名を得ることも絶望的だったが、今年に入って流れが急変した。

何年も前からマケインを応援してきた者としては感慨深い。

このまま共和党の指名争いに勝利し、11月の大統領選挙でも民主党の候補を打ち破って第43代アメリカ合衆国大統領になってほしい。


日本は近い将来、核武装しなければならない。

仮に支那のメス豚ヒラリー・クリントンが大統領になれば、日本が核武装しようとするとき、反対や妨害をする可能性が高い。

それでも日本は国民の生命と財産と自由を守るために核武装せざるを得ないのだが、もしもマケインが大統領になれば日本の核武装の理解は得られ易い。






(参考)

――――――
【緯度経度】ワシントン・古森義久 米大統領選での対日政策
2008/01/19, 産経新聞

 「現政権の対日政策を変えないと、次世代の米国人は日本人所有の工場でみな床掃除をすることになる」

 「米国製品を日本に売り込むには米軍部隊を一緒に上陸させなければだめだ」

 日本をこんなふうに主テーマにしたのは1984年の米国大統領選でのウォルター・モンデール候補だった。

 民主党カーター政権で副大統領まで務めたモンデール氏は日米経済摩擦が激しかった当時、日本製品の米国内への洪水のような流入や米国製品が入りにくい日本市場の閉鎖性を非難するとともに、共和党レーガン政権の対日経済政策を甘すぎるとして糾弾したのだった。そのころの米国大統領選挙では日本は間違いなく主要争点だった。日本の重みがネガティブな形にせよ、米国にずしりと迫っていたのだ。


 それから24年、いまの大統領選では日本は小気味のよいほど論題にはならない。逆に一部の候補の政策発表では、これでもか、とでもいうような日本の軽視や無視が目立つほどである。



 すでに話題とはなったが、民主党ヒラリー・クリントン候補の外交政策論文は長文ながらも、日米関係や日米同盟について、まったくなにも述べていなかった。そもそも「Japan」の名が出るのはただの2回、そのうち1回は「米国にとって今世紀の世界では中国との関係が最重要な二国間関係である」と宣言した直後に「米国はエネルギーや気候の問題で中国と日本との共同計画を進めるべきだ」というだけにすぎない。

 ヒラリー論文がもう一度だけ日本に触れるのは「同盟を強化する」という項でフランス、イギリス、ドイツなど欧州諸国との関係の強化を訴え、アジアでは同盟国でもないインドをまっさきにあげ、その重要性を詳述したあと、「われわれはオーストラリア、インド、日本との協力のさらなる方法を見いださなければならない」と記す部分だけだった。

 これではどう解釈しても日本の軽視、いや無視に近いといえるだろう。日本単独への言及はゼロだからだ。いくら日本がいまの米国の懸念や関心の目前の対象にならないとしても、主要な同盟相手であり、貿易相手である事実は変わらないのに、である。



 同じ民主党のバラク・オバマ候補も日本を正面からは取り上げていない。同様に外交雑誌への寄稿で同盟関係についてはもっぱら北大西洋条約機構(NATO)の強化を訴える。そしてアジアに触れて次のように述べるだけだった。

 「中国が台頭し、日本と韓国が自己主張を強めるなかで、私はアジアでの従来の二国間協定をこえるより効率的な枠組みの形成に努める」

 日本へのこうした、あまりに希薄な言及がいまの米国の国政での全般的な対日認識なのだろうか。


 確かに共和党側候補たちも日本を争点や論点にはしていない。しかし外交政策全般での日本の位置づけとなると、クリントン候補らとはがらりと異なる。その差異は光と影のコントラストといえるほどである。このへんが米国の政治の多様性のおもしろさだろう。



 共和党ジョン・マケイン候補はクリントン候補らが発表したのと同じ外交雑誌への寄稿論文で「アジア太平洋の世紀の形成」という項を設け、まっさきに日本の民主主義推進の実績をあげていた。具体的には「日本の前首相はアジア全体に広がる『自由と繁栄の弧』について語った」と称賛するとともに、北朝鮮問題では「日本国民の拉致」の解決の重要性をも強調する。

 マケイン候補はさらに変化するアジアでの挑戦への対応のカギは米国と同盟国との協力強化だとして、また第一に日本をあげる。

 「私は日本のグローバル・パワーとしての登場と国際的リーダーシップを歓迎し、日本の礼賛すべき『価値観外交』を激励し、国連安保理常任理事国入りへの努力を支持する」



(中略)

 米国大統領選キャンペーンでは日本自体は話題にはならないとはいえ、その背景にある対日政策のこうした違いを知っておくことは日本側として意味があろう。
――――――








●関連記事

米大統領選で両党の討論会
ジョン・マケインとロムニーが舌戦
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/29095580.html

(一部抜粋・修正)



★2008年アメリカ大統領選、共和党のジョン・マケイン候補とは



2003年1月にマケイン議員は、米テレビ番組で、『日本の核開発に反対すべきではない』と語って、日本の核保有を支持する考えを示しました。



【2003/01/10, 読売新聞】共和党上院の有力議員ジョン・マケイン氏も五日放映の米テレビの番組で「日本が北の核に脅されている以上、日本の核開発に反対すべきではない」と述べた。



マケイン議員は、2003年2月にも再びテレビ番組で以下のように述べました。



【2003/02/17, 毎日新聞(夕刊)】米共和党のマケイン上院議員は16日のFOXテレビで、北朝鮮の核開発問題に関連して「中国が危機解決に迅速に取り組まなければ、日本は核武装するしか選択肢がなくなる。日本には自国民の安全を守る義務がある」と述べ、朝鮮半島の危機が解消されない場合は日本は核武装せざるを得なくなるとの認識を表明した。



2003/01/30, 西日本新聞
(一部)
なぜ、今、イラク攻撃なのか。「イラクと北朝鮮の違いが不鮮明。北朝鮮に甘い」(共和党のマケイン上院議員)。










一方、ヒラリー・・・・駄目だ、こりゃ
ヽ(。_゜)ノ


とにかく民主党から大統領が出ればクリントン政権時代のように日本は頻繁に理不尽な虐めに遭うだろう。

特にヒラリークリントンは最悪だ。


どうして日本にとってヒラリーが最悪なのか詳しく知りたければ、↓こちらをどうぞ↓



支那の軍拡政策に協力的だったクリントン政権
『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3929504.html
支那共産党が米民主党やクリントン夫妻へ贈賄
『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3930305.html
支那のスパイのジョン・ホアンを商務省高官にしCIAの機密レポートにアクセスさせたヒラリー
『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3930478.html
握りつぶされた米民主党への贈賄事件
『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3942502.html

米不正献金疑惑のノーマン・シュー容疑者がまた逃亡
「支那共産党=人民解放軍」から賄賂を受け取り軍拡に協力するヒラリー・クリントンなど米民主党
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/24922264.html
ヒラリー・クリントンなど米民主党議員らに多額の不正献金を行なっていた支那工作員ノーマン・シューをFBIが逮捕
支那のメス豚ヒラリー・クリントンの正体を暴け!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/24941342.html







まとめ

優秀な候補順



1.マケイン上院議員(共和)

2.ハッカビー前アーカンソー州知事(共和)、ロムニー前マサチューセッツ州知事(共和)

3.オバマ上院議員(民主)

4.ヒラリー上院議員(民主)










「がんばれマケイン!くたばれクリントン!」と思う人は、↓クリックお願いします↓

くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

14支那製ギョーザ・中毒ギョーザは「陰謀」「テロ」、「日本人は抵抗力が弱い」など日支のネットで応酬・靖国神社で日本人に暴行した支那人が不起訴で釈放・支那の「開き直り」調査団は検疫に注文…過度な要求も
中毒ギョーザは「陰謀」、「日本人は抵抗力が弱い」


中毒ギョーザは「陰謀」「テロ」、日中のネットで応酬
2月5日14時41分配信 読売新聞

 中国製冷凍ギョーザによる中毒問題で、中国では公式報道が乏しい中、一部のウェブサイトで反日感情をあらわにした書き込みが現れ始めている。

 日本側にも反発する書き込みがあり、識者は冷静な態度を取るよう呼びかけている。

 中国での公式の報道は1月31日の新華社電で、「日本で中国産の冷凍食品に農薬が混入したと指摘されたが、中国当局の検査では検出されず、問題は見つかっていない」というもの。中国各紙も「中国製品に問題はなかった」と報じた。

 だが、現地の国際問題専門紙は、「日本メディアが中国のギョーザを攻撃し始めている」との記事を掲載。これに歩調を合わせるように、ネット上の書き込みが始まっている。

 人気サイトの掲示板には、ギョーザ中毒の「陰謀説」を展開したものや、「日本人は抵抗力が弱いのではないか。中国人はとっくに抗体があり、普通の毒では倒れない」などと反感をあらわにしたものもあった。

 その一方で、「中国の食品安全は、まだやるべきことが多い」などの危機意識を表明する書き込みも多数あった。「中国政府は徹底的な真相究明を行うべき」など、冷静に受け止める書き込みもみられた。

 これに対し、日本国内のネット掲示板やブログでは、中毒問題について、「これはギョーザを使った無差別テロだ」など反発する書き込みが現れた。また、中国国内に農薬による食品中毒が多いことにも触れ、「(そのことを)中国人が知らないだけだ。かわいそう」とする指摘もあった。
――――――






これが繰り返し言っている「極端に低い支那人の民度と道徳」だ。

日本政府が輸入全面中止を決断しないから舐められるのだ。

日本は、全てのアメリカ産牛肉を輸入禁止にしたのだから、少なくとも、全ての支那製食品を輸入禁止すべきだ。



1月15日には、支那人が、靖国神社を参拝していた82歳の老人に後ろから襲い掛かり、日の丸を奪って破壊し、止めに入った男性に暴行を加えて怪我をさせた事件があった。

その支那人は逮捕されたものの、支那では英雄として称えられていた。

日本のマスコミは産経新聞とチャンネル桜以外、全く報道せず、日本政府も全く抗議せず、結局、犯人の支那人は起訴もされずに釈放されてしまった。

靖国神社で日本人に暴行した支那人が不起訴で釈放


ふざけるな!マスゴミ!福田!

ふざけるな!支那人ども!









今度の毒入りギョーザ事件だって、日本と支那の共同調査なんて全く期待できない。



――――――
中国「開き直り」調査団 検疫に注文…過度な要求も
2008.2.5、産経新聞

 過去に中国産品から残留農薬などが検出された際、中国の調査団が来日して「日本の検査に間違いはないのか」など、検疫に注文を付ける“開き直り”の態度を示していたことが4日、関係者の話で分かった。検疫をいぶかしがるわりに、調査団は「研修生を受け入れてほしい」「検査機器の部品をくれないか」といった要求もするという。

 ギョーザ中毒事件では李春風・輸出入食品安全局副局長ら5人が3日から日本側と事務レベルの協議を続けている。協議内容の詳細は判明していないが、厚生労働省や農林水産省など、協議にあたっている関係省庁が警戒している。

 中国からの食品の輸出をめぐっては過去、平成14年にホウレンソウ、昨年8月には落花生で、基準値以上の残留農薬が検出されたことがある。

 関係者によると、中国側はその度に、輸出入安全局や地方の検疫担当者など7-8人で調査団を組織。「検査をしている所を見せてほしい」といった要求を出した。

 これまでのケースでは調査団は半日かけて残留農薬の検査機器がある神戸・横浜両検疫所「輸入食品検疫・検査センター」を見て回り、「日本は国際基準の検査をしていないのでは」といった質問をしてきたという。


 一方で、日本の検疫担当者が中国の状況を聞くと「われわれは日本と同じ機器を持っている」「われわれの検査は違反の出るような数字は出ない」と主張。自分たちに非がないかのような応対をするほか、センター内で多数の写真を撮ったり、機器の型番をメモするなど視察を兼ねた行動をするため、日本側の担当者がわだかまりを持つ原因となっている。

 調査団からは「研修生を受け入れてくれないか」といった要請が出たこともあったという。

 これまでの経緯を知る厚労省幹部は「日本と中国の検査レベルは、大きな差がある。今回の調査団がこれまでの調査団と同じ性格なのか見極める必要がある」と警戒している。
――――――









ふざけるな!マスゴミ!福田!支那人ども!早く支那からの輸入をやめろ!と思う人は、↓クリックお願いします↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします


お蔭様で現在、「くつろぐブログランキング」の「ビジネス・経済→政治」部門で第1位となっております。
皆様の日頃のクリックに大感謝です。
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

m(._.)m
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.