FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200801<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>200803
6支那製冷凍ギョーザ全国で1069人が体調不良訴え・コープネット「製造工場か流通、販売の過程」・兵庫県警「パッケージに穴、国内の流通過程かどうか不明・毒混入が国内である可能性が極めて低いこれだけの理由


支那製冷凍ギョーザ被害訴え1000人超す

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080201-00000063-yom-soci


中国製冷凍ギョーザ、全国で1069人が体調不良訴え
2月1日22時34分配信 読売新聞

 中国製の冷凍ギョーザなどを食べた後、保健所に具合が悪くなったと届け出た人の数は、1日午後11時時点で35都道府県、1069人に上っていることが読売新聞社の全国調査でわかった。

 届け出た人たちは、いずれも、天洋食品が製造し、千葉と兵庫県で有機リン系殺虫剤「メタミドホス」の検出された「中華deごちそう ひとくち餃子」「CO・OP手作り餃子」の2商品など同社製品を食べ、下痢や腹痛などの体調不良を訴えていた。相談を受けた自治体が、「中毒とは関係ない」「食品との因果関係は認められない」と判断するケースも出始めている。
――――――




被害者の人数は、とうとう1000人を越えた。


一方、調査も徐々に進んでいるようだ。



――――――
<中国製ギョーザ>基準百倍以上の高濃度メタミドホス 千葉
2月1日21時24分配信 毎日新聞

(一部抜粋)


 コープネットの永井伸二郎・執行役員は「原材料の残留農薬としては非常に考えにくい値。製造工場か流通、販売の過程と考えられるが、特定できない」と話した。

――――――

<中国製ギョーザ>パッケージに穴…兵庫の中毒
2月1日13時27分配信 毎日新聞

 兵庫県高砂市で1月、中国製冷凍ギョーザを食べた親子3人が中毒になった事件で、ギョーザのパッケージに小さな穴があいていたことが兵庫県警の調べで分かった。捜査当局は人為的に穴があけられ有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が注入された可能性があるとみて、殺人未遂容疑も視野に捜査を始めた。
県警は、中国での製造段階か国内の流通過程であけられたのかは不明としている。

 調べでは、穴が見つかったのは「中華deごちそう ひとくち餃子20個入り(260グラム)」。県警科学捜査研究所がパッケージを詳しく調べたところ、袋の側面に縦1ミリ、横3ミリの針状のもので突き刺したような跡があった。穴はトレーにも達していた。パッケージ内と被害者の胃の洗浄液からは既にメタミドホスが検出されている。

 県警はパッケージ内にメタミドホスが混入した経緯を捜査している。
――――――






>コープネットの永井伸二郎・執行役員は「原材料の残留農薬としては非常に考えにくい値。製造工場か流通、販売の過程と考えられるが、特定できない」と話した。

>県警は、中国での製造段階か国内の流通過程であけられたのかは不明としている。




コープネットも兵庫県警も、どの過程で「毒」(高濃度メタミドホス)が混入したのか特定できず、国内の流通過程や販売の過程の可能性もあるように言っている。


しかし、毒が混入したのは、限りなく100%に近い確率で支那での製造段階か支那での流通段階だ。




根拠1

まず、兵庫県警が今頃になって見つけたパッケージの3ミリ大の穴に関してだが、被害が判明しているのが北海道から沖縄県まで35都道府県に上っていることから、日本国内の流通過程や販売過程で穴をあけられた可能性は極めて低い。

もしも、流通過程で穴をあけられ「メタミドホス」を注入されたとすれば、日本に運び込む際の船の中とか船から荷物を降ろした後の冷凍倉庫の中とかしか考えられない。

また、被害者は1069人に上っているのに、今のところ穴が開いていたと判ったのは、兵庫県高砂市の1件のみであり、
千葉県で中毒が起きたギョーザの袋に穴はなかった。





根拠2

「メタミドホス」は日本国内では使用されていないが、支那ではつい最近まで使用され続けている。

今朝の産経新聞によると、実際に支那でもここ数年、「メタミドホス」中毒事故が相次いでおり、死者も出ていた。

2004年、四川省でメタミドホスによる中毒事件が発生し、2人が死亡した。

その後も各地で子供による誤食による中毒や残留農薬による中毒事件が相次いだため、支那農業省は昨年1月、同農薬の販売と使用を全面禁止した。

ところが、事故はその後にも起きており、中央の通達が現場ではまったく生かされていないという農薬管理のずさんな実態が浮き彫りとなっている。

昨年12月には雲南省で祝い事の団子にメタミドホスが混入していたため、食べた住民が吐き気などの症状に襲われた。

また今年1月には、広東省でスープ料理を食べた農民4人が中毒症状に陥り、うち2人は一時重体となった。
スープに使った木の実に数日前、メタミドホスが噴霧されていたことが後に分かった。






根拠3

今回の「メタミドホス」混入事件の製品は、河北省食品輸出入公司「天洋食品」工場の製品に限定されている。






根拠4

支那人の極端に低い民度と道徳
支那では、作業員がストレス解消のために異物を混入することなど日常茶飯事だといわれている。
「天洋食品」の複数の元従業員によると、多くの従業員が月給1万5000円、休みなしで1日13時間働かされ、不満を抱いていたという。
また、昨年12月末、ギョーザを製造していた約100人のうち14人が理由もなく、クビになったという。






(参考)

――――――
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メタミドホス(Methamidophos)は、有機リン化合物で農薬、殺虫剤の一種。日本国内では登録がなく使用できない。

概要
日本では登録されておらず農薬、殺虫剤として使用することはできないが、昆虫の他、ダニ類にも効果が高いため、中華人民共和国などでは広範に使用されていた。
(以下略)

規制
中国では、有機リン系農薬の最大許容残留量を穀物、野菜及び果物、食用植物油に分けて定めているが、メタミドホスについては、野菜などには使用禁止のため、使用が認められている穀物に関して0.1ppm以下という残留基準しかない。検査はガスクロマトグラフによって行うことが中国国家規格(GB/T 5009.20-1996)に定められている。

しかしながら、使用が禁止されているはずの野菜や果物に使用し、それが残留して中毒を起こす事例が多発したため、中国政府の関係部門は2001年ごろより使用禁止を検討するようになり、2003年12月30日に農業省が、段階的に制限する通達を出した。これにより、2004年1月1日から、メタミドホスなど5種類の高い毒性を有する成分を含む製剤の製造許可証を取り消し、2004年6月30日から、中国国内での製剤の販売と使用を禁止した。ついで、2005年1月1日より、メタミドホスなど5種類の高い毒性を有する成分の原体製造企業以外の製剤製造企業の製剤登録を抹消し、同時に原体製造企業の製品の使用範囲を綿花、イネ、トウモロコシ、小麦の4作物のみに縮小させた。また、2007年1月1日からはメタミドホスなど5種類の高い毒性を有する成分の農薬登録を抹消し、使用を禁じ、輸出向けに限って生産を認めるとしていた。 しかし、実際の生産、流通、使用の禁止は2008年1月9日にずれ込んだ。
――――――








「国内の流通過程や販売の過程で高濃度メタミドホスが混入した可能性は極めて低い」と思う人は、↓クリックお願いします↓

くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)



お蔭様で現在、「くつろぐブログランキング」の「ビジネス・経済→政治」部門で第1位となっております。
皆様の日頃のクリックに大感謝です。
http://kutsulog.net/index.php?id=66431


m(._.)m

ぺこ<(_ _)>

5支那ギョーザ中毒で支那側が会見「農薬検出されず」・支那のネット上で「これは日本による中国への中傷。中国の発展に嫉妬したのか」・みのもんた「悪いのは日本」・「健康被害」申告が34都道府県で400人以上


写真は記者会見する支那の王大寧・輸出入食品安全局長


「農薬検出されず」支那側が会見


「農薬検出されず」中国側が会見、日本側と共同で調査へ
1月31日21時26分配信 読売新聞

 【北京=佐伯聡士】中国製冷凍ギョーザの中毒問題で、中国の国家品質監督管理検疫総局の王大寧・輸出入食品安全局長が31日、記者会見し、ギョーザの製造元「河北省食品輸出入集団天洋食品」への立ち入り検査を行った結果、「(保存していた)ギョーザのサンプルと原材料から(有機リン系農薬)メタミドホスは検出されなかった」と述べた。

 王局長はさらに、一両日中にも専門家チームを日本に派遣し、日本側と共同で、具体的な調査を行う考えを明らかにした。

 王局長によると、検査は30日深夜から、昨年10月1日と20日に製造したギョーザのサンプルと、現在使用されている原材料を対象に行われ、31日未明に結果が出た。また昨年は、ギョーザの原材料となるショウガや白菜などの残留農薬の検査が行われ、合格だった。工場内の生産記録も完全にそろっていたという。

 王局長は天洋食品について、「1996年に対日輸出を始めて以来、2004年8月に肉製品で基準を超える大腸菌が検出されたほかは、品質が非常に安定している」と強調した。
――――――



( ´_ゝ`)フーン
何となく予想していたけどね。





餃子・「みの」コメント?
みのもんた「日本がおかしい。悪いのは日本。」






支那のネット上での反応も予想どおりだ。

――――――
<続報><中国製ギョーザ中毒>「中国の恥!」「これは中傷だ」ネット上での反応は多様―中国
1月31日13時12分配信 Record China

2008年1月30日、各メディアで報じられた冷凍ギョーザの食中毒事件は、中国のメディアでも複数で報道がされている。このニュースを受けて、大手ポータルサイト・捜狐(SOHU)の掲示板では国内ネットユーザーからの書き込みが相次いでいる。

その大部分はこの事件について「中国人の面子まるつぶれ」「また国外で恥をさらした」と、自国製品の失態を嘆いている。【 その他の写真 】

しかし、中には「これは日本による中国への中傷。中国の発展に嫉妬したのか」などと過激な発言もある。
これに対しては「根拠のない発言」と多くのネットユーザーは批判的だ。

また、「一部の中国人のせいで大部分の善良な国民まで批判にさらされるのは耐えられない」「輸出品に限らず、国内に流通する製品にも大いに問題がある」「まずは冷静に考えよう。冷静に対処し、すぐに改善することが結局は自国の利益につながる」との意見も見られた。
――――――




>中には「これは日本による中国への中傷。中国の発展に嫉妬したのか」などと過激な発言もある。


   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´_ゝ`)< ふーん
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)







一方、日本では、支那製冷凍ギョーザによる中毒の発生で、各地の保健所などに冷凍食品を食べて体調不良になったと訴えた人が31日までに、34都道府県で400人を超えたことが時事通信社のまとめで分かった。


●被害者の生々しい証言
・波紋拡がる中国「天洋食品」製の有毒食品
・日本各地でギョーザ他食品被害者報告が続出
・北京市民は「天洋食品」製冷凍食品を敬遠
<日本&海外特薦ニュース> 1月31日(木) Japan & World News Vol.31-1















「もう、これ以上危険な支那産食材や支那製食品を輸入するのはやめてほしい!」と思う人は、↓クリックお願いします↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします


お蔭様で現在、「くつろぐブログランキング」の「ビジネス・経済→政治」部門で第1位となっております。
皆様の常日頃のクリックに大感謝です。
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

m(._.)m

ぺこ<(_ _)>
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.