FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200711<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200801
北朝鮮の軽水炉建設費(KEDO)の借金448億円を日本国民の税金で肩代わり!・外務省は氏ね!福田政権は倒れろ!国際協力銀行(JBIC)なんて廃業にしろ!・早く厳しい追加制裁をしろ!
北朝鮮の軽水炉建設費、日本国民の税金で肩代わり



北朝鮮の軽水炉建設費債務、日本が事実上「肩代り」
12月22日11時31分配信 読売新聞

 政府は、北朝鮮が返済することになっている朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)の軽水炉建設費用に対する国際協力銀行(JBIC)の融資残高448億円について、事実上、肩代わりすることを決めた。

 政府がKEDOに資金を拠出し、KEDOが同銀行に返済する形を取る。資金の拠出は来年度から最長5年間にわたり、来年度当初予算案に約90億円を計上した。

 外務省幹部は21日、「北朝鮮に今後、返済を要求する」として、「肩代わり」ではないとの立場を強調した。ただ、「北朝鮮が今後、返済に応じる可能性はほとんどない」(政府関係者)と見られており、北朝鮮の債務を日本国民の税金で補てんする形となるのは不可避の情勢だ。与党内からも、対応を疑問視する声が出ている。
――――――





\(`o'")コラーッ

北朝鮮が支払うべき借金を日本国民の税金で穴埋めか?!

なんで、そうなるんだ?


国際協力銀行(JBIC)が朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)に融資していたからそうなったのか?

国際協力銀行(JBIC)なんて廃業にしろ!


日本は、アジア開発銀行(ADB)からも手を引け!

国連からも脱退しろ!

外務省は氏ね!福田政権は倒れろ!


もう一切、朝鮮半島や支那とは関わりを持つな!

北朝鮮の日本人拉致問題や核問題を解決する方法は、厳しい追加制裁以外には有り得ない。




朝日/日朝国交正常化「日本が努力を」








Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
薬害肝炎訴訟で大阪高裁が第2次和解案提示へ・原告は「線引きするな」と言うが、国に責任がない時期のフィブリノゲン製剤投与者にまで「和解金」(賠償金)支払いを認めたら厚生労働省は新薬を承認できなくなる

薬害肝炎訴訟

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000015-yom-soci


薬害肝炎訴訟、大阪高裁が第2次和解案提示の意向
12月21日23時22分配信 読売新聞

 薬害C型肝炎集団訴訟の和解協議で、大阪高裁(横田勝年裁判長)は21日、和解骨子案の国側修正案の受け入れを拒否する考えを伝えた原告側弁護団に対し、第2次和解骨子案を提示する意向を明らかにし、国側にも伝えた。

 年内にも示したいとしている。決裂の可能性が出ていた和解協議は当面継続され、新たな枠組みが模索される見通しになった。

 原告側弁護団によると、同日、同高裁を弁護団が訪れ、「国の修正案を前提にするなら和解協議には応じない」と、協議打ち切りを通告した。これに対し、横田裁判長は、「双方の修正案を検討して第2次骨子案を出すつもりだ」と述べ、原告側の主張をさらに詳しく説明した修正案をできるだけ早く再提出するよう促した。原告側は週明けに再提出する予定という。
―――――――






フィブリノゲン製剤の危険性が指摘された後の使用については国が責任を認めて「和解金」(賠償金)を支払うのが当然だ。

しかし、そのような悪意や落ち度がなく、後になってから予期せぬ副作用が発覚し、直ちに使用を禁止したとしても国がカネを支払わなければならないというのは、おかしいのではないだろうか?

薬には副作用が付きものだから、後から副作用が発覚して即座に使用停止にした場合でも、それ以前の使用分に対して「和解金」(賠償金)を支払わなければならないとしたら、厚生労働省は新しい薬を承認することができなくなるのではないだろうか?

線引き(区別)なく全てのフィブリノゲン製剤投与者に「和解金」(賠償金)を支払うことを認めたら、今後新薬の承認など何時まで経っても出来なくなってしまうし、国家財政も破綻し易くなる。

製薬会社や厚生省が副作用に気が付かなかった時期の投与者にまで賠償しろというのは、いくら何でも要求が強すぎるような気がする。

やはり、線引きは必要だろう。

極端な話をすると、原告・弁護団は頑なに「線引き(区別)するな」と言っているが、フィブリノゲン製剤投与者以外(輸血などが原因)の肝炎患者とは線引きをしているではないか。


私は、福田康夫や舛添要一が嫌いなので、奴らが困っている姿を見るのは構わないのだが、この件に関する原告・弁護団やマスコミなどの主張には首を傾げざるを得ない。








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします








【12月22日15:50追加】


kokoさんやilike_happyending_2さんなどからコメント欄ご指摘を受け、早速先ほど『週刊新潮』07.12.27の櫻井よしこさんのコラム『日本ルネッサンス』「薬害肝炎、福田首相の愛の欠如」を読みました。

私自身の知識の整理にも大変役立ちました。

確かに福田首相には愛が欠如していますし、司法や厚生労働省にも問題はあるようです。

それでも尚原告側などの主張には多くの疑問が残ります。




まず、1977年12月に、【米国のFDA(食品医薬品局)はフィブリノゲン製剤の有効性に疑問ありとして承認を取り消している。】(『週刊新潮』07.12.27の櫻井よしこさんのコラム)とのことだが、米国FDAが有効性に疑問を持てば、米国以外の外国では直ちに使用を停止しなければならないのか?

また、米国では1960年代から使用されていたフィブリノゲン製剤だが、米国ではフィブリノゲン製剤投与者で肝炎患者に罹った人への補償(賠償金支払い)が行なわれたのだろうか?

日本の原告・弁護団は、アメリカでも補償していない時期のフィブリノゲン製剤投与者や第9因子製剤投与者の全ての肝炎患者への補償(賠償金支払い)を世界で唯一要求しているのだろうか?




今回、国は、今年3月の東京地裁判決が法的責任と認定した時期(フィブリノゲン製剤が85年8月~88年6月、第9因子製剤が84年1月以降投与)以外に感染した被害者にも和解金を支払う決定をしたのに、それでも原告・弁護団は駄目だと主張しています。

やはり「全員一律救済の理念」には首を傾げてしまいます。

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.