正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200710
福田は村山談話の踏襲を表明・麻生は「歴代内閣と同じ」と発言・自民総裁選で日本外国特派員協会で記者会見・福田の親友の谷野作太郎らが少数で決めて騙して発表した『村山談話』(侵略の謝罪)は踏襲の必要ない


日本外国特派員協会で記者会見する福田と麻生


村山談話またもや踏襲

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000149-jij-pol

福田氏、村山談話の踏襲を表明=麻生氏は「歴代内閣と同じ」-自民総裁選
9月19日19時2分配信 時事通信

 自民党総裁候補の福田康夫元官房長官と麻生太郎幹事長は19日午後、都内の日本外国特派員協会で記者会見した。福田氏は、日本の過去の侵略と植民地支配を謝罪した1995年の村山富市首相談話について「首相が言ったことだから正しいものと考える必要がある」と述べ、踏襲する考えを表明した。麻生氏は「歴代内閣は皆、同じことを申し上げてきている」と述べるにとどめた。
――――――






福田が言っている「首相が言ったことだから正しいものと考える必要がある」って、どういうこと?

首相が言えば何でも正しいということか?

だとすればアホだ。


福田が村山談話を踏襲するのは当然だろう。

「安倍でさえ踏襲してしまったのだから、特アを重視する福田は当然」ということも理由の一つだが、それ以上に、村山談話は福田の親友である
谷野作太郎が書き上げた文章だからだ。

当ブログでは先週の金曜日から既に3回も述べたが、福田は元駐支那大使で外務省チャイナ・スクールのドンと言われる谷野作太郎と小学校の同級生であり、その後も親友を続けている。


本当は、村山談話を快く思っていなかった安倍晋三が踏襲を拒絶すれば良かったのだが、非難されることを恐れた安倍は無責任にも事勿れ主義を選択して問題を先送りをしてしまった。

麻生も、「歴代内閣は皆、同じことを申し上げてきている」と述べるにとどまったようだし、やはり、自民党では日本は良くならない。



「維新政党・新風」が議席を獲得しない限り、日本は落ちぶれて行く一方だ。


――――――
踏襲必要ない村山談話

【櫻井よしこ 小泉首相に申す】
2006/09/14, 産経新聞

 小泉政治のあとに、どんな政治を構築するのか。次期首相就任が確実な安倍晋三氏に一部メディアが突きつけているのが、歴史認識の問題だ。「安倍氏、村山談話踏襲明言せず」「アジア外交に不透明さ」(9月7日『朝日新聞』)のように、村山富市内閣が95年8月15日に閣議決定した談話を、なぜ、受け継がないのかとの問いだ。


 安倍氏は村山談話を踏襲する必要は全くないのである。同談話を超えて、日本人の誠実さと誇りを真に表現する安倍氏なりの歴史認識を打ち出すことこそ重要だ。そうしてこそ、より良い外交関係が開けてくる。

 村山談話は第二次世界大戦で日本国が、「国策を誤り」「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」と反省と謝罪に徹している。

 小泉純一郎首相は日中関係に軋轢(あつれき)が生じた時、右の談話を複数回にわたって引用し、謝罪した。だが事態は収まらなかった。なぜか。それは村山談話が、外交において諸国はあくまでも対等であること、戦争も平和も一国で成すものではないとの大原則を踏まえていないからだ。当時、一方的に謝罪した日本に、中国も韓国も「今後の日本の態度に注目する」との冷淡な反応を示しただけだ。そして江沢民政権は日本に永遠に歴史問題を突きつける戦略を採り続けた。

 村山談話には出自の卑しさも目立つ。それは同談話の閣議決定に至る過程に明らかだ。まず談話の前段として95年6月9日の「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議案」があった。

「謝罪決議」と通称される同決議は「我が国が過去に行ったこうした(数々の植民地支配や侵略)行為」に「深い反省の念を表明」する内容だ。

 官報によると、同決議採択のための衆議院本会議の開会は95年6月9日午後7時53分、山崎拓氏らが提出してあっという間に可決、7時59分に散会となった。この間、わずか6分である。



 この間の経緯を当時衆議院議員の西村眞悟氏が『諸君!』05年7月号に次のように書いた。

 自社さ政権の下で国会における謝罪決議が構想され始めたが、反対の声は超党派で強まり、決議案が上程されても否決されることが明白になった。すると6月9日の金曜日、「本日は本会議なし、各議員は選挙区に帰られたし」との通知が衆議院内にまわされ、反対派の議員らは選挙区に戻った。そのすきを狙ったかのように、土井たか子衆院議長が金曜日の午後8時近くという遅い時間に本会議開会のベルを押した。

 結果として265人の議員が欠席、議員総数509人の半数以下の230人の賛成で決議案は可決。だが、参議院は採決を見送った。

 どう見てもこれはだまし討ちだ。精神の卑しさを強調するゆえんである。

 せっかくの決議なのに権威もなく、評価もされない。そこで村山首相らは次に総理大臣としての談話を出す道を選んだ。

 95年8月15日、氏は、学者や
谷野作太郎外政審議室長ら少数の官邸スタッフらと練り上げた談話を閣議に持ち込み、古川貞二郎官房副長官が読み上げた。「閣議室は水を打ったように静まり返った」と報じられた。

 事前説明なしで突然出された談話に、閣僚は誰ひとり反論していない。自民党にとってこのことこそが痛恨の一事だ。細川護煕政権の誕生で下野し、理念の全く異なる社会党の、首相たる資格の片鱗さえ備えていない人物を首相に据える禁じ手を以て、自民党はようやく政権を取り戻していた。自信喪失のただ中で、自民党は真っ当な価値判断を下し得なかったのだろう。だからこそ、戦争は一方の国が全面的に悪であるが故に始まるものではない、日本は日本の落ち度は認めるけれども、そのことと日本ひとりが悪いと自ら決めつけることは違うと、本来の自民党ならば言えたであろうことが言えなかったのだろう。

 村山氏は談話で「信義の施政の根幹とする」と誓ったが笑止千万である。氏ほど手ひどく信義を裏切った政治家は珍しい。首相に就任するや、氏はそれ以前の立場を反転させて「自衛隊合憲論」に立った。06年2月、社民党大会で違憲論が打ち出されるや、再び違憲論に戻って述べた。「連立政権の枠があるのでやむを得なかった」と。


 節操のない総理大臣の誕生は日本国の歴史の汚点である。小泉首相は、本来、この恥ずべき人物の談話を引用すべきではなかったのだ。村山談話にとらわれることは、自社さ連立政権当時の揺らぎの中に没し続けることだ。そんな地平に日本の未来はないだろう。誠実で誇りある歴史認識を、新たに打ち立てることが、次期首相の課題である。
――――――




――――――
【戦後60年 歴史の自縛】2005/08/02, 産経新聞

内閣改造直後に突然「村山談話」

■少数で決めた「侵略」の謝罪

(一部抜粋)

≪中韓へ正当性与える結果に≫

 ◆「東京裁判史観を基に個人的な思い」

 村山談話について村山は、「みなさんと相談してつくった」と強調する。だが、実情は違う。

 当時、内閣副参事官として談話の原案を起草した民主党参院議員の松井孝治は、「政策的に思い切ったアイデアを企画する場合、官邸スタッフが『少数ならでは』の思わぬ効果を上げる場合がある」とした上で、「首相側近の大物官僚が村山の意向をくみとり、週末に親しい学者と相談して書き上げた」とごく少数の官邸スタッフが携わり、極秘裏に案文づくりが進んだことを認めている。

 大物官僚とは、内閣外政審議室長(現・内閣官房副長官補)で、後に駐中国大使となった
谷野作太郎だ。

 谷野は、「(アジア諸国の人々に対し多大の損害と苦痛を与えたという)歴史の基本的ラインを曲げてはいけない、開き直ってはいけないと思った」と証言する。ただし、中国や韓国が「謝罪が十分ではない」と批判していることについては「謝罪は十分したし、卑屈になる必要はない」と語った。

 松井はこう振り返る。

 「自分が起草した文章が谷野さんに直されてガラリと変わった。賛否両論はあるが、『国策を誤り』などという表現は胆力がなければ書けないし、味も素っ気もない"官庁文学"では作成し得ない出来栄えだ」

 自民党で事前に案文を見せられたのは、通産相の橋本龍太郎、野中広務らごく一部。橋本は「『終戦』を『敗戦』にすべきだ」とアドバイスしただけだった。


 自社さ政権下で生まれた村山談話を、明星大学教授の高橋史朗(占領史研究)は、「明らかに『東京裁判史観』に基づくものだ」と批判する。「植民地支配と侵略によって、アジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」とする部分は、東京裁判の論理に合致すると分析。高橋は「東京裁判史観は、戦前の日本の歴史を抹殺しようとした連合国軍総司令部(GHQ)とマルクス主義歴史学者たちの合作。その延長線上に村山談話がある」と指摘する。

 村山談話の反響は大きかった。英BBCは「日本の首相が侵略におわび」とトップニュースで伝え、ニューヨーク・タイムズも一面トップで報じた。だが、村山が期待した中国、韓国の反応は「今後の日本の態度に注目する」といった冷淡なものだった。

 逆に、村山談話はその後の日本外交に大きな足かせとなった。当時の官房副長官、古川貞二郎は「過去だけでなく未来志向にも重点を置いたもので、その後の政権の基調となっている」と評価するが、「未来志向」は日本の片思いに終わった。

 村山談話によって日本が「侵略」を認めたとされ、中国、韓国の歴史認識カードに都合の良い「正当性」を与える結果を招いた。

 今年三月一日、韓国・ソウル市内で開かれた「三・一抗日運動」の記念式典。大統領の盧武鉉は、村山談話の「痛切な反省と謝罪」を引用、韓国政府が対日賠償請求権を放棄した昭和四十年の日韓基本条約を覆すかのように、「(日本は)賠償すべきは賠償しなければならない」と発言した。


 当時の外務官僚の一部が懸念していた「戦後補償問題はすでに解決済みなのに、個人的な思いだけで首相が謝罪すれば、補償問題が再燃しかねない」との指摘が現実のものとなった。

 それでも村山は言う。

 「『あんな談話を出したからいつまでも謝らなければいけない』という者があるかもしれんけどな、それは言う人の勝手じゃ。談話は読めば分かる。それ以外の何ものでもない。僕自身は誤ったことをしたとは思っていない。あれで良かったと思っている」

TBSの「ピンポン!」が年金問題で民主党議員が舛添厚労相を一方的に批判する内容の放送・舛添が「欠席裁判」とTBSに抗議・自民党ばかりを不公正にパッシングするマスコミの偏向報道は見るに堪えない


TBSの「ピンポン!」が年金問題で枡添を「欠席裁判」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070918-00000503-yom-soci


舛添厚労相がTBSに抗議へ、年金問題で「欠席裁判」と
9月18日13時3分配信 読売新聞

 舛添厚生労働相は18日、閣僚懇談会後の記者会見で、TBSの情報番組「ピンポン!」が、年金問題について民主党議員が舛添厚労相を一方的に批判する内容の放送を流したのは、放送法が定める政治的公平の原則に違反するとして、TBSあてに抗議文を送付する意向を明らかにした。

 番組は、17日午前11時から放送された。スタジオ内に舛添厚労相の顔写真と年金に関する発言を掲げ、民主党の長妻昭政調会長代理が、発言内容を批判する模様を放送したという。

 舛添厚労相は「副大臣か自民党の議員を出させれば良かった。完全に欠席裁判。看過できない」としている。
――――――





またTBSか?!


「放送倫理・番組向上機構」(BPO)が役立たずなので、「みのもんたの朝ズバッ!」の捏造事件も有耶無耶にして、まさに「憎まれっ子世にはばかる」状態のTBSがまた不公正な報道をした。

俺は自民党支持者じゃないけど(新風支持者)、自民党ばかりを異常なまでにパッシングする最近のマスコミの偏向報道は見るに堪えない。






●TBSの主な不祥事(2006年5月以降のみ)


2006年
5月
番組で紹介した白インゲン豆ダイエットを試した視聴者が多数入院

6月
筑紫哲也の「ニュース23」で、“超訳”
靖国神社に、「行くべきでないと強く感じているわけではない」と語ったヘンリー・ハイド米下院議員のコメントを、「行くべきではないと強く思っている」と日本語字幕を付けて放送

7月
報道番組「イブニング・ファイブ」の731部隊に関する捏造報道の中で、内容と関係のない安倍晋三官房長官の顔写真を映す

8月
「KUNOICHI」収録中、一般参加者の1人が感電して病院で手当てを受けるが、総務省などに届け出ず


2007年
1月
「みのもんたの朝ズバッ!」で不二家が賞味期限切れチョコ再出荷と捏造報道

2月
頭のよくなる音・ハイパーソニック音で過剰表現・論文無断使用

情報番組「サンデー・ジャポン」で柳沢発言を不適切編集

3月
「人間!これでいいのだ」で捏造発覚

情報番組「サンデー・ジャポン」が11日の放送で柳沢伯夫厚生労働相の発言を不適切に編集

“2ちゃんねるそっくり”掲示板放映 TBS「担当者が作成」

「新SASUKE2007」の収録で、お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」のメンバー小杉竜一(33)が左肩を脱臼する事故などを隠蔽

2006年12月~2007年4月
情報番組「サンデー・ジャポン」の番組スタッフが、取材日時を事前連絡し街頭インタビューに同一人物を4回登場させた

6月
石川遼選手(はにかみ王子)の同伴競技者に「盗聴」のため小型マイクを装着するよう依頼。
また第1日から上空にヘリコプターを飛ばしプレイを中断させる。

9月
TBSの情報番組「ピンポン!」が、年金問題について民主党議員が舛添厚労相を一方的に批判する内容の放送を流す「欠席裁判」




すっごい滑るよ! TBS不祥事の歴史年表
http://www24.atwiki.jp/sweatslip/pages/259.html






TBSの免許を剥奪しろ!
と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.