FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200709


双頭の子牛産まれる・支那の環境汚染が原因で続々と産まれる奇形家畜や奇形動物・そして人間の障害児が「30秒に一人」誕生の「汚染大国」支那


支那の環境汚染で奇形の子牛


環境汚染が原因?双頭の子牛産まれる―遼寧省大連市
8月28日14時52分配信 Record China
2007年8月27日、遼寧省大連市新立屯の民家で双頭の子牛が産まれたとの報道があった。

飼い主の話では、母牛は健康で妊娠期間中とくに変わった様子はなかったとのこと。24日の夜に母牛が産気づき、家人総出で母体からのぞき始めた子牛の頭を引っぱって出産を手伝ったという。

ところが、産まれた子牛をみてびっくり!首の上にほぼ同じ大きさの顔が2つある。2つの顔は頭部でつながっているので、全部で眼は4つ、鼻と口と耳は2つずつある。

一般に、こうした奇形の動物は産まれてまもなく死亡するが、この子牛は元気で産まれてすぐから一生懸命頭をあげて立ち上がろうとした。だが、頭が重くて立ち上がれず、母牛から直接母乳を飲むことができないため、飼い主は哺乳瓶で母乳を与えているという。


中国の環境汚染=Environmental pollution of China

支那の奇形家畜・奇形動物






――――――
障害児が「30秒に一人」誕生の「汚染大国」中国(週刊新潮6/28号)

 中国では障害のある新生児が、30秒に一人の割合で生まれている。先日、上海で開かれたシンポジウムで、驚愕すべきデータが公表された。日本の隣国は、げに恐ろしき「汚染大国」なのだ。

 「東方科学技術フォーラム」(上海市人民政府と中国科学院の共催)が開催されたのは6月8日。そこで中国において、先天的に障害を持って生まれる新生児の現状分析が行われたのである。
 「年間100万人、平均30秒に一人の割合で障害児が生まれているそうです。」
 と、報告書を解説するのは上海在住の日本人記者。
 「障害を引き起こす要因として遺伝的要素が25%、妊婦の食生活など環境的要素が10%、残り65%近くは原因不明。心臓疾患、口唇・口蓋裂、多指症、脳性マヒなどの神経欠損が、主な症例として挙げられています。」
 年間100万人という数字は、総出生数の約5%(日本は1.95%)にあたる。
 もっとも、日本と違いこの数字は出生後、暫くして障害が見つかるケースは含まれておらず、実質発生率はさらに高いと思われる。
 「上海では、障害のある新生児が毎年6000~7000人増加しています。障害児養育にかかる医療費は50億人民元(約810億円)とも言われ、障害児を持つ家庭や社会に大変な経済的負担になっています。(同)
 大多数の先天異常は原因不明のため、十分な予防措置も取れないのが現状だ。
 「すでに毎年9月12日を『先天異常予防の日』とし、国家人口計画出産委員会は『先天異常干渉プロジェクト』などをスタートしていますが、効果は出ていません。まだまだ先天異常の危険と発生リスクに関する国民の認識も低く、政府としては頭を痛めていることがはっきりしました。」(同)


 捨てられる障害児

 はっきり言って、中国はお手上げ状態。事態は悪化する一方なのである。
 「障害を持って生まれてくる子が増えたのは、ここ20年のこと。開放政策で経済発展を遂げてからです。」
と、中国事情に詳しいジャーナリストの水間政憲氏。
 「障害を持って生まれてくる子の65%が原因不明なんて、都合が悪いのでそう言っているだけ。実際は黄砂などによる大気汚染、水質汚濁といった公害、農薬や添加物で汚染された食べ物、人体に有害な薬などが原因でしょう。」
 この他、洋服の染料などあらゆる所に有害物質で溢れているのだ。
 中国人ジャーナリスト嶋霞氏も指摘する。
 「南には貧しい農村地帯が多く、障害を持って生まれる子も多い。例えば、深センには政府が作った孤児院があります。その施設は300人程収容できるが、そのうち7割の子が障害児です。自宅で出産し、生まれて障害があったらそのまま施設に捨ててしまうのです。」
 障害児を捨てにくる親が余りに多いため、今では24時間態勢で警備員が見張っているという。
 中国の環境問題に詳しい専門家は、こう話す。
 「中国の公害は、日本の高度成長期に起きたそれより遥かに深刻。公害に対する認識も日本人より100年遅れてます。ただ、今回のように公的機関が障害児や環境問題について言及するのは珍しい。少しは危機感が出てきたということじゃないですか。」
 ホント迷惑な国。
安倍内閣の顔ぶれ・官房長官に支那のハニートラップにはまった疑惑が濃厚な与謝野馨・安倍批判の急先鋒だった「支那ポチ派閥」の津島派から何故か3人も入閣


与謝野馨
君国を売り給う事なかれ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000052-mai-pol&kz=pol


<改造内閣>安倍内閣の顔ぶれ
8月27日16時31分配信 毎日新聞

 安倍改造内閣の新閣僚が27日、決まった。官房長官に元通産相の与謝野馨氏(無派閥)を起用。外相には元外相の町村信孝氏(町村派)、財務相には元防衛庁長官の額賀福志郎氏(津島派)が起用された。新官房長官の与謝野氏が同日夕、首相官邸で発表した第2次安倍内閣の新閣僚は次の通り。

 ◇首相 安倍晋三
 ◇総務相 増田寛也(民間)
 ◇法相 鳩山邦夫
 ◇外相 町村信孝
 ◇財務相 額賀福志郎
 ◇文部科学相 伊吹文明(留任)
 ◇厚生労働相 舛添要一
 ◇農相 遠藤武彦
 ◇経済産業相 甘利明(留任)
 ◇国土交通相 冬柴鉄三(留任)
 ◇環境相 鴨下一郎
 ◇防衛相 高村正彦
 ◇官房長官 与謝野馨
 ◇国家公安委員長 泉信也
 ◇沖縄・北方担当相 岸田文雄
 ◇金融・行政改革担当相 渡辺喜美(留任)
 ◇経済財政担当相 大田弘子(民間、留任)
 ◇少子化担当相 上川陽子






官房長官は与謝野馨がなった。

岩手県のマイナー新聞社だが、【東海日報】の昨年1月6日付記事にこんなのがあった。



――――――
☆★☆★2006年01月06日付【東海日報】

 在上海総領事館の領事が、中国情報機関の脅迫と恫喝によって、自らを死に追いやった。
「国を売ることはできない」との遺書を残して。だがこの事件が報道されたのは昨年末。
事後一年半も経過してのことである

▼こんなにも長く秘匿されたのは、わが日本国外務省が事件を『封印』してしまったからだという。時の外務大臣川口順子氏まで報告された事件は、そこから官邸に届く前に「握りつぶされてしまった」らしい。
そのあたりの経緯を知りたくても、新聞は多くを報道してくれない
▼例によって中国のこととなると、まるではれ物にでもさわるように及び腰となる一部メディアは「さわらぬ神にたたりなし」と続報せず。
だが、果敢なる週刊誌がこれを見のがすわけがない。
週刊文春が独自取材で「激震スクープ」を放ってくれた。
それを読んで、わが国外交の相も変わらぬ弱腰に腹が立って仕方がなかった
▼いや町村前、麻生現両外相ならこんなぶざまな対応はしなかっただろう。
事件がようやく明るみに出て、政府は中国政府に厳重抗議し、真相解明を求めたが、案の定、返ってくる答えは「そんな事実はない」の一点張り。
相手には「誠意」を求めるくせに、自分にはそんなかけらもないというのだから、とてもまともに付き合える国ではない
▼政府要人や外交官が「色仕掛け」にはまり、自国情報を渡したり、スパイまがいの行為をさせられるというのは、古典的手法にして、なお現在も有効な諜報行為である。
実際、旧ソ連に出かけて同じワナにはまった政治家や評論家の事例が取り沙汰されたことがある。

目新しいところでは、訪中した現閣僚にそんな疑惑が持ち上がっている。
君国を売り給う事なかれ―か。
――――――





(最後の部分)
>目新しいところでは、訪中した現閣僚にそんな疑惑が持ち上がっている。君国を売り給う事なかれ―か。


【東海日報】が指摘している、この頃に支那を訪問して「色仕掛け」(ハニートラップ)にはまった閣僚とは、「君死に給うことなかれ」という与謝野晶子の有名な言葉から、当時の金融担当相・与謝野馨以外には考えられない。

安倍首相は、支那のハニートラップに掛かった疑惑が強い与謝野馨を官房長官にしたのだ。

参院選以降、舛添要一と共に安倍首相をボロクソに非難していた支那ポチ派閥として有名な津島派からは財務相になった額賀福志郎をはじめとして何故か3人も入閣した。

何か、支那から安倍首相に指令が出ているように思えてならない。

この新内閣は、「支那ポチ北京五輪支援内閣」だと思う。

支那人民解放軍がドイツ政府のコンピューターをハッカー攻撃・独情報機関「経済スパイ案件の60%は支那と関係」・日本には「スパイ防止法」が必要・期待できるメルケル首相


人民解放軍がドイツ政府のコンピューターをハッキング

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070826-00000008-jij-int


独政府コンピューターにハッカー=中国の経済スパイか
8月26日10時1分配信 時事通信

 【ベルリン26日時事】27日発売のドイツ週刊誌シュピーゲル最新号は、同国政府のコンピューターが中国からとみられるハッカーによる侵入を受けていたと報じた。首相府のほか経済省や外務省、教育研究省が被害の対象になったとしており、26日に出発するメルケル独首相の中国訪問の際に取り上げられる可能性もある。
 同誌によると、情報機関の憲法擁護庁などの調査で明らかになったもので、中国の人民解放軍が「攻撃元」とみられるという。ハッカー攻撃はコンピューター内のデータを読み出そうとするもので数カ月前に発覚。約160ギガバイトのデータ流出が食い止められたものの、その後も侵入の試みは続いているとしている。在独中国大使館は同誌に対し、「何ら根拠のない無責任な憶測」と反発している。
 一方、同誌は独情報機関の報告として、ドイツが中国による経済スパイ活動の対象になっていると指摘。「経済スパイの疑いがある案件の60%は中国と関係がある」との同機関幹部の見方を紹介している。
―――――――





在独支那大使館は、「何ら根拠のない無責任な憶測」などとすっ呆けているが、支那が世界中でハッキングによるスパイをしているのは有名だ。



―――――――
外国スパイ急増 米防衛産業技術標的に 国防総省報告
2007/01/05, 産経新聞

 【ワシントン=有元隆志】外国企業などによる米防衛機密技術を盗み出そうとする試みが増加し、なかでも東アジア・太平洋諸国が全体の31%を占めていることが3日、国防総省がまとめた米防衛産業に関する2006年版報告書で明らかになった。具体的な国名を挙げていないが、3日付の米紙ワシントン・タイムズは複数の米国防当局者の話として、中国、ロシア、イランの3カ国を挙げた。
(中略)
 手法としては、女スパイが男性を誘惑してコンピューターのパスワードを聞き出すというケースから、コンピューター・ハッキング、盗聴などさまざまという。
(以下略)
―――――――




ハッキングでではないが、最近、日本でも支那人女スパイが海上自衛隊のイージス艦の情報を持ち出したり、大手自動車部品メーカー「デンソー」の支那人社員が設計データの入った社有パソコンを無断で持ち出したりした事件が相次いでいる。

今回のニュースのように支那の人民解放軍によるハッキング攻撃は適用し難いが、海自のイージス艦情報漏えい事件や、デンソーの産業データ持ち出し事件などには「スパイ防止法」の制定が有効だ。

国民の知る権利や報道の自由など基本的人権を侵害するという理由で「スパイ防止法」を制定しないのは狂ってるとしか思えない。

元公安調査庁の調査第2部長だった菅沼光弘氏によると合法的に入国する支那人はすべて工作員と見なしてよいとのことだから、最初から支那人の入国を厳しく制限することも必要だが、安倍政権は支那人留学生の増員など狂気の政策を遂行中だ。



ところで、ドイツのメルケル首相は日本にとって好ましい首相であり、今後に期待したい。

メルケル首相は来日の際、安倍首相に支那のことをガツンと言ってやってほしい。


―――――――
メルケル首相きょう訪中 独、中国偏重を修正 人権重視、外交バランス
8月26日14時36分配信 産経新聞

 【ベルリン=黒沢潤】ドイツのメルケル首相は26日から6日間の日程で中国と日本を訪問する。昨年に続いて2度目となる訪中では、人権や民主主義の重要性を強調するほか、人権活動家とも面会する計画だ。また、相次ぐ独閣僚の訪日に続けて首相も日本を初訪問することで、シュレーダー前政権時代に「中国寄り」だった対アジア外交のバランスを修正する。
 中国滞在中の胡錦濤国家主席らとの会談で注目される議題は、人権問題だ。旧東独育ちのメルケル首相は人権や民主主義の尊さを知る身だけに、「(個別の人権問題を)具体的に討議する」(独高官)方針という。首相は人権活動家とも積極交流する予定で、対象者は「インターネット(で政府批判をする)サイトの代表者や無料紙の記者ら」(フィナンシャル・タイムズ独語版)だ。法学部の学生たちとも意見交換する。
 メルケル首相は昨年のロシア初訪問の際も、プーチン大統領の懸念をよそに、在モスクワ独大使館にチェチェン問題の活動家らを招待した。
 首相は来夏の北京五輪を前に、中国が国際水準の「報道の自由」を確立することも合わせて求めるとみられる。一方、中国が対中武器禁輸の解除を求めても、妥協はしない方針だ。
(以下略)
―――――――

?國神社清掃奉仕をしてきた・老若男女約60人が参加し、昇殿参拝の後、拝殿や本殿の周囲を竹ぼうきで清掃

写真
(上)参集殿:この前に集合し、ここから入って昇殿参拝をした
(下)?國会館:清掃奉仕有志の控え室はこの中にある


靖国神社の清掃奉仕をして参りました。

私は初参加です。



?國神社清掃奉仕有志の会
http://www5f.biglobe.ne.jp/~yasukuni-houshi/


参加費は¥1500
(家族参加の場合同伴者は¥1000、大学生¥1000、高校生以下無料)
費用内訳:玉串料¥1,000 事務費(写真送付、現像、休憩時ジュース代)\500



この?國神社清掃奉仕有志の会の代表は、新風東京代表の鈴木信行さんで、平成7年からやっているそうです。

参加者は老若男女さまざまで、鈴木さんに聞いたら、本日の参加人数は約60人で大体いつもこれ位なそうです。



8:45、参集殿前に集合し、参加費1500円を支払って住所と名前を記入

9:00、参集殿から入り、拝殿に上がって御払いをした後、廊下を通って本殿に入り、昇殿参拝をしました。私は昇殿参拝も初めてでした。昇殿参拝が終わるとお神酒を頂戴し、さらに神盃を手渡されました。


昇殿参拝のご案内
http://www.yasukuni.or.jp/annai/sanpai.html



その後、?國会館の中にある清掃奉仕有志の控え室に荷物を置いて、いよいよ清掃開始

拝殿、本殿、霊爾簿奉安殿の周囲を竹ぼうきで掃いてゴミを集めてリアカーに積んでいきます。

ゴミといっても殆どが落葉ですが、8月下旬ということもあってセミの脱殻や死骸が結構ありました。

10:30過ぎ、休憩。神池庭園付近でジュースを飲んだ後、到着殿の前で記念撮影を行ないました。

11:40頃、清掃終了。?國会館の中にある控え室に戻り、お茶やお菓子を頂きました。このとき、「北京オリンピックに反対する地方議員と市民の会」と「台湾出身戦没者慰霊の会」がチラシを配布していました。

12:00前に解散となりました。



いろいろと良い経験をしました。

今後も都合が良ければ、また参加したいです。

横峯良郎参院議員に鳩山幹事長が厳重注意・愛人問題や賭けゴルフなどの報道で・横峯さくらパパを庇いたい橋下徹がテレビ番組でアホ発言
厳重注意でお終いか?


<横峯参院議員>賭けゴルフ報道で厳重注意 鳩山幹事長
8月24日19時9分配信 毎日新聞

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日、女性との交際や賭けゴルフが一部週刊誌に報じられた同党の横峯良郎参院議員を厳重注意した。平田健二参院幹事長が電話で内容を伝えた。鳩山氏は同日の記者会見で「議員になる前のことだが、一部の事実は認め、本人自身が反省もしている」と述べた。


この問題に関して大谷昭宏と橋下徹が朝日放送の「ムーブ!」で口論していた

私は今まで大谷昭宏はアホで、橋下徹は比較的マトモな弁護士だと思っていたのだが、これについては大谷昭宏が正論を述べ、橋下徹がアホ丸出しのコメントを述べているとしか思えない


【タレント議員】横峯さくらパパ・元愛人が「不倫・賭けゴルブ」を暴露


愛人が融資を頼むと、「母親の年金を担保にするならカネを貸してやる」と言った

1打1万円以上で賭けゴルフして、1日で70万円~90万円勝つこともあった

パパの自慢は賭けゴルフで食っていたこと

秘書には国がカネを出してくれるんだ。秘書はオマエ(愛人)がなれば良いよ



橋下徹よ、問題なのは公営ギャンブルよりもパチンコ(朝鮮玉いれ)じゃないのか!

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.