FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200707
「君が代」斉唱の職務命令は合憲・「式典で起立、斉唱することは儀礼的な行為で、思想・良心の自由を侵害するものではない」と初の司法判断…東京地裁・ザマー見ろ!!大馬鹿教諭ども!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070620-00000014-yom-soci


「君が代」斉唱の職務命令は合憲、初の司法判断…東京地裁
6月20日21時15分配信 読売新聞

 入学式や卒業式で国旗に向かって起立し、国歌を斉唱しなかったことを理由に、定年後の再雇用を取り消された東京都立高校の元教諭ら10人が、都を相手取り、再雇用職員としての地位確認などを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。

 佐村浩之裁判長は
「式典で起立、斉唱することは儀礼的な行為で、思想・良心の自由を侵害するものではない」と述べ、斉唱を命じた校長の職務命令を合憲と判断。命令に反した原告を再雇用しなかったのは、都教委の裁量の範囲内で適法として、請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 都教委は2003年10月、式典で国旗の掲揚と国歌斉唱を教職員に義務づけ、校長の職務命令に従わない場合は、服務上の責任を問うとする通達を出した。この通達を巡っては、約400人の教職員が原告となった別の訴訟で東京地裁が昨年9月、違憲判断を示している。今回の判決は、都の通達に基づく職務命令を合憲とした初の司法判断で、正反対の結論となった。
―――――――






ザマー見ろ!!

元教諭ら10人の大馬鹿ども!




*\(^O^)/*


各地の教育委員会を相手取り、全国で訴訟を起こしている延べ950人以上の大馬鹿教職員らに告ぐ!







       ,、‐''''´ ̄ ̄``''''-、,
     /  \/      ::\
    /  \/\/     ::::::ヽ
    / \/\/\/    :::::::ヽ
    |ヽ/\・∀・ /\/   ::::::::| モウアキラメロン
    |./\/\/\/\   :::::::::|
    ヽ  \/\/\    :::::::::/
    ヽ /\/\    ::::::::::/
     \ /\    :::::::::::::::/
       `''-、、,,:::::::::::,,、、‐''´








■関連記事


【正論】
国旗・国歌問題への誤解を正す

■「思想・良心の自由」の意味から考察


日本大学教授・百地章

(一部抜粋)

≪自由の侵害と制約は別≫

 ここから言えることは、第1に「思想・良心」とは「内心作用」のすべてを指すわけではなく、単なる不快感などはこれに含まれないということである。
第2に、法令や適正な職務命令に基づいて一定の「行為」を命ずることと「思想・良心の侵害」とは別だということである。

例えば、校長が教職員に国歌斉唱を命じたとしても、それはあくまで「外部的行為」を命ずるだけであって、思想・信条は問題にしていないから、思想、良心の自由の侵害とはならない。教職員が内心においてどのような思想・信条を抱いていようとも、それは自由だからである。このことは、福岡地裁判決(平成17年4月26日)も認めている。


 第3に、思想、良心の自由の「侵害」と「制約」とは別であって、憲法が禁止しているのは「侵害」である。
つまり、思想・良心は、それがいかに反倫理的、反国家的のものであったとしても、内心にとどまる限りは絶対的に保障される。しかし、それが外部的な行為となって現れる場合には、他の権利や自由と同様「内在的制約」や「公共の福祉による制約」を受ける。


 それゆえ、法律が国民に対して一定の義務を課している場合には、たとえそれが自らの思想・信条と異なるものであったとしても、国民はそれに従わざるをえない。
例えば、納税など不要であるとの思想の持ち主がいたとしても、当然納税の義務を果たさなければならない。
逆に、もし国民一般に課せられた法的義務を、思想、良心の自由を理由に拒否することを認めたら、国家秩序は崩壊する。








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

支那でがん患者急増し死者続出・異常な癌発生率は汚染されまくる大気や河川や土壌や食品と因果関係あり!・支那は大金かけて改善しろ!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070620-00000900-san-int


中国でがん患者急増 環境汚染と因果関係?
6月20日10時55分配信 産経新聞

 【北京=福島香織】中国でがん患者が急増している。衛生省が発表した統計によると、昨年の中国人の死亡原因で、がんが初めて脳血管疾病をこえて1位となった。都市部での死亡原因はがんが27.3%、農村でも25.1%と全体の4分の1以上。背景には深刻な環境汚染などが指摘されている。

 衛生省によると、2005年には中国全土で760万人ががんで死亡した。これは世界のがん死亡者数の13%に相当する。

 中国医学科学院腫瘍研究所の陳智周研究員はがんの急増の3大原因として

(1)空気、水などの環境汚染、特に地下水汚染
(2)食品汚染
(3)細菌・ウイルスの増加

を指摘。

 中国メディアによると、水質汚染が深刻な中国東部の淮河流域の瀋丘県には「がん村」と呼ばれ、がん患者が異常に多い村が100以上存在する。その1つ黄孟営村は人口2140人だが、1990-2004年までの死者数の54%ががんだった。また孫営村は403世帯1663人のうち、90年以降、がんになった人は186人。瀋丘県のがん発症率は72年には10万人に1人だったのが、現在10万人に320人と増加。

 陳研究員は食品汚染について、家畜に使われる薬品や肉質向上のための飼料添加剤、野菜やくだものに使われる成長剤、殺虫剤などが、がん急増と関係があるとしている。また、中国の週刊紙・南方週末(7日付)によると、「野菜などへの重金属残留は慢性中毒を起こし、鉛の過剰摂取は血液病を、カドミウムの過剰摂取はがんを引き起こす」と警告している。
―――――――






支那では、大気汚染が原因で年間40万人が死んでいる。


―――――
【中国】大気汚染で年40万人死亡 環境保全へ18兆2000億円
2005/12/01, FujiSankei Business i.
 中国で年間約四十万人以上が大気汚染が原因で死亡していることが分かった。中国の大気汚染状況は、世界のワースト十都市に中国の七都市が入るほど悪化している。
(以下略)
―――――




困ったもんだ・・・
C= (-。- ) フゥー


大気汚染だけではない。

水質汚染も深刻だ。

重金属や農薬で河川6割が汚染されている。



―――――
中国、疾病増加 食の安全警鐘 重金属や農薬で河川6割汚染 内部資料入手
2006年9月10日、産経新聞
 中国全土の河川の6割が水銀など危険な重金属や農薬で汚染され、こうした水質悪化が疾病の8割、さらには病死の3割に関係していたと指摘した中国食品薬品監督管理局の内部資料が明るみに出た。
(中略)
乳幼児の頭が大人並みの大きさになる奇病は、安徽省阜陽の農村で最初に発症し、その直後に山西省でも発生し、地元では大騒ぎになっている。内部資料によると、一切報じられていないケースもあった。
(以下略)
―――――




―――――
中国都市部で地表水域の90%が汚染されている事実
(一部抜粋)
2005年のデータによると、中国全土での汚廃水の排出量は717億tで、そのうち3分の2は何の処理もされずに直接川などに流されているという。その結果中国の都市部では、地表水域の90%が汚染されているそうだ。
Record China 2006年 11月24日
―――――






このような水質汚染が直接人間を害したり魚介類を汚染したり、あるいは土壌を汚染し野菜などに重金属をたっぷり吸い込ませる。


支那では食べ物が原因で年間3億人が病気に罹る。

病人になった年3億人のうち、多くの命が失われている。

何年か前には生卵を食べた日本人が3人以上死んでいる。


支那では、油を含んだ下水を再加工して作った「下水溝油」や、白ごまを墨汁に浸した「黒ごま」などが有名だが、先月、実際に「下水溝油」で作った即席ラーメンを食べてモンゴルの学生2人も死んでいる。


繰り返しになるが、日本人として出来ることは、1にも2にも支那には行かないこと。

支那産の食材や支那製の食品は購入しない。

日本政府などに対して、支那産食材や支那製食品の輸入停止を訴える。

とにかく、支那、支那人とは極力関り合わないことが重要だ。



食材、食品、飲料、水、薬品だけではなく、支那製の紙ナプキン、土鍋、練り歯磨き、衣服、玩具、化粧品などにも毒が含まれているから要注意!!

はっきり言って、かなり危険!




日本人の中には、「他人事ではないのだから日本が支那の環境対策を援助しろ。」という者も居るが、日本国民の税金をいったい何だと考えているのか?

悪いのは支那であり、これまで苦労して国内の大気汚染や水質汚染の改善に取り組んできたことが台無しになりつつある日本は被害者だ。

支那は、日本に巨額の特許料や機械購入費などを支払って、大気汚染や水質汚染の改善に取り組まなければならない。

日本は、支那が特許料や機械購入費など大金を支払わない限り、支那を甘やかしてはならない。

甘やかせば癖になる。

支那では、大気汚染が原因で年間40万人が死んでおり、食べ物が原因で3億人が病気に罹って大勢死んでいる。

軍事費に15兆円以上も使うカネがあるなら、そのカネを日本に払って大気汚染や水質汚染などを何とかしろ!!


以下は、【大紀元日本4月17日】より


 中川氏(中川昭一政調会長)は、環境問題として「黄砂」を挙げ、「毎年のように中国奥地から黄砂がやってくるが、木を切りっぱなしで植えないからだ」と指摘、さらに「省エネ」では、日本のエネルギー効率を1とすると、中国は10であり、そのエネルギー効率を改善する必要性を指摘、知的財産権では、「中国の経済成長率10%の内、7%は海賊版によるものだ」と斬り捨て、日本の技術は「援助」してもらうものではなく、「特許料を支払って、買っていただきたい。
それがWINWIN(ウイン・ウイン)だ」と糾弾した。

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.