FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200707
支那製練り歯磨きから有害化学物質「ジエチレングリコール」が検出。1カ月で100万本以上販売され国内の約1000ホテル・旅館で使用中。おせーよ!厚生労働省!


有毒化学物質「ジエチレングリコール」が検出された支那製歯磨き


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000121-mai-soci


<中国製歯磨き>有害物質を検出、自主回収
6月15日21時4分配信 毎日新聞

 厚生労働省は15日、中国から輸入された練り歯磨きから有害化学物質「ジエチレングリコール」が検出されたと発表した。微量で人体に危険はないという。健康被害の報告もないが、業者は15日から自主回収を始めた。
 この練り歯磨きはJTB商事(東京都豊島区)の「Cool・White」「Js´BEAU―FRE」と昭和刷子(愛媛県内子町)の「BEAU―FRE」。両社が中国の化粧品会社に05年4月から委託製造させた。1カ月で100万本以上販売されており、国内の約1000ホテル・旅館で使われているという。一般には販売されていない。
 同物質に関しては米食品医薬品局(FDA)が今月1日、練り歯磨きから検出したとして中国製歯磨きを輸入・使用しないよう警告していた。【北川仁士】
―――――――






\(`o'") おせーよ!
厚生労働省!




FDA(アメリカ食品医薬品局)が支那産の練り歯磨きからジエチレングリコールが発見されたと報じられたのが5月23日。

それについては、5月25日にYahoo!ニュースでも取り上げられていたし、私もそれを見てこのブログで記事にした。

その後、6月1日、米食品医薬品局(FDA)は、支那製練り歯磨き10数ブランドに有害物質ジエチレングリコールの混入が確認されたとして、消費者に使用を中止するよう警告するとともに国内への持ち込みを禁じた。

どうして厚生労働省の発表が今日(6月15日)なのか理解に苦しむ・・・

支那製の練り歯磨きに毒が入っていることが判明したのが3週間以上前で、米食品医薬品局(FDA)が消費者に使用禁止を警告したのが2週間前だ。




それにしても、支那製の練り歯磨きを宿泊客に使用させるホテルや旅館って酷いなー。

NHKの連続テレビ小説『どんど晴れ』で言ってる女将の「おもてなしの心」なんて欠片もない。


ジエチレングリコールの危険性などについては、当ブログの5月25日の記事を一部再掲して説明としたい。






━━━━━━━━

有毒物質を入れても合法?中国産練り歯磨きに致死量の毒物

5月25日10時35分配信 Record China

2007年5月23日、FDA(アメリカ食品医薬品局)は中国産の練り歯磨きからジエチレングリコールが発見されたとして、全面的な調査を開始した。報道を受け、中国でも各地の練り歯磨き工場での立ち入り検査が行われているもよう。


今回きっかけとなったのは、パナマで中国産練り歯磨きから致死量のジエチレングリコールが発見されたこと。製造元の江蘇省丹陽市の成事家化有限公司は輸出専門の練り歯磨き製造業者。会社は中国では練り歯磨きに少量のジエチレングリコールを使用することは合法であり、安全だとコメントしている。【 その他の写真はこちら 】

ジエチレングリコールは腎臓や中枢神経に悪影響を及ぼす有毒物質で、過去多くの死亡事故が起きている。安価な甘味料・保湿剤として使用されるケースが多い。先日も中国企業が輸出したジエチレングリコールを原料とした咳止め薬が原因で、数百名の死傷者が出たばかり。現在、中国ではジエチレングリコールを規制する法律がなく、企業の自主判断に任されているという。世界各地で中国発ジエチレングリコールの健康被害が広がる中、早急な対策が望まれる。
―――――――








ジエチレングリコールは、主に車の不凍液に使用されるほか、ブレーキ液、潤滑剤、インキ、織物の柔軟剤、コルクの可塑剤、接着剤、紙、包装材料、塗料などにも使用されている。

飲むと、吐き気、嘔吐、頭痛、下痢、腹痛などを惹き起こし、腎臓、心臓、神経系に影響を及ぼすという。


当ブログで何度も紹介したが、昨年の秋、パナマで、ジエチレングリコールが混入されていた支那製の風邪薬(咳止めシロップ)を飲んだ子供たちが約365人死亡した。

薬の中に毒(ジエチレングリコール)を混入させたパナマの事件は紛れもない大量殺人だが、練り歯磨きの中に毒(ジエチレングリコール)を混入させるのは合法だというから呆れるばかり・・・

━━━━━━━━








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

慰安婦強制性否定の全面広告を日本の議員や言論人ら有志が米紙ワシントン・ポストに掲載・「事実」(THE FACTS)と題して強制性の否定や慰安婦の待遇などを述べる・櫻井よしこ・屋山太郎・平沼赳夫など

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000032-jij-int


慰安婦強制性否定の全面広告=日本の議員・言論人有志-米紙
6月15日8時1分配信 時事通信

 【ワシントン14日時事】戦時中の従軍慰安婦問題で、日本の超党派国会議員有志や言論人グループなどが14日付の米紙ワシントン・ポストに、慰安婦らが日本軍によって強制的に慰安婦にされたことを示す歴史文書は存在しないなどとする全面広告を出した。
 この広告は「事実」と題され、平沼赳夫元経済産業相(無所属)、島村宜伸元農水相(自民)、河村たかし衆院議員(民主)ら超党派の議員グループのほか、政治評論家の屋山太郎氏やジャーナリストの桜井よしこ氏ら言論人が賛同者として名を連ねている。
―――――――






本来なら、安倍首相とか麻生外相がきちんと説明するべきことを有志がやってくれた。

安倍首相は要領が悪いので「狭義の強制はなかった」などと非常に解り難い説明を少しだけして誤解を招き、ちょっとパッシングされたら無責任にも事実の主張を放棄してしまい、最後は逆に反省や謝罪をしてしまった。

この時事通信の記事は詳しく説明してないが、産経新聞や「YONHAP NEWS」の記事は比較的詳しい。

産経新聞や「YONHAP NEWS」などを見てみると、それぞれの記事には多少の食い違いはあるものの、今回の有志による広告はポイントとなる事実を明快に説明していて良いと思う。

きちんと事実を主張してくれて本当に良かった。

日本国民の一人として有志の皆さんに感謝したい。






●YONHAP NEWSの要点

1.国会議員45人と、教授、政治評論家、ジャーナリストらが共同で「事実」(THE FACTS)と題する広告を出した

2.日本軍が若い女性を性奴隷にしたとしているマイク・ホンダの慰安婦決議案の内容は歴史的事実と異なる

3.日本政府と軍は、女性を拉致して慰安婦にさせるなと命令しており、女性を連れ去ったブローカーが警察に摘発され処罰されたという韓国メディアの報道がある

4.「性奴隷」ではなく、許可を受けた慰安婦の収入は日本軍の将校よりも多かった

5.米軍も1945年の日本占領後、「慰安所」を設置するよう日本政府に要請




―――――――
日本の議員ら、慰安婦問題でワシントンポストに広告
6月15日9時59分配信 YONHAP NEWS

【ワシントン14日聯合】従軍慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を求める決議案が米下院で係留されるなか、日本の国会議員40人余りがワシントン・ポストの全面広告を通じ、慰安婦の動員に日本政府や軍の強制はなかったと主張した。
 日本の自民党と民主党、無所属の議員45人と教授、政治評論家、ジャーナリストらが共同で出した「事実」(THE FACTS)と題する広告で、当時の日本政府や日本軍が慰安婦動員に介入したという文書は見つかっておらず、日本軍が若い女性を性奴隷にしたとして日本を糾弾している米下院マイク・ホンダ議員の慰安婦決議案の内容は歴史的事実と異なると反論している。特に日本政府と軍は当時、女性を拉致して慰安婦にさせてはならないという命令を出しており、女性を慰安婦として連れ去ったブローカーが警察に摘発され処罰されたという韓国メディアの報道もあると指摘した。

 また、慰安婦が通常「性奴隷」と描写されているが、実際には許可を受けて売春行為をしており、慰安婦の収入は日本軍の将校よりも多かったと強調した。こうした売春行為は当時、世界的にも普遍的なものであり、米軍も1945年の日本占領後、米軍兵士による女性暴行を防ぐために衛生的で安全な「慰安所」を設置するよう日本政府に要請したとしている。

 一連の主張に対し、ホンダ議員の代理人を務める弁護士は「広告の主張はこれまで数十年間にわたり繰り返されてきた正確でないもの」とし、これらの主張はすでに誤りであることがわかっており、説得力もなく論評の価値もないと切り捨てた。
―――――――






―――――――
慰安婦問題で意見広告 櫻井氏ら 米紙に「事実」論証

6月15日8時0分配信 産経新聞

 【ワシントン=山本秀也】いわゆる慰安婦問題をめぐる対日非難決議案が米下院に提出されている問題で、米紙ワシントン・ポストは14日、慰安婦の処遇や旧日本軍の組織関与を論証する日本側識者の意見広告を掲載した。一連の慰安婦問題では、決議案の採択を求める在米韓国系団体の意見広告が同紙などに掲載されてきたが、米主要紙の意見広告を通じた日本からの反論はこれが初めてだ。


 「事実」と題した意見広告は、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、政治評論家の屋山太郎氏らによるもので、1ページを使って慰安婦問題に関する事実関係を論証。同じくワシントン・ポスト紙(4月26日付)に掲載された「慰安婦の真実」と題する韓国系団体の意見広告を「事実にもとづくものではなく、信仰の所産と呼ぶべきだ」と批判し、事実を示して米世論の理解を促している。

 具体的には、


(1)慰安婦の募集をめぐる「狭義の強制性」の否定

(2)不当な募集を行った業者の処罰

(3)インドネシアでオランダ人女性を強制的に慰安婦とした事件の処罰

(4)元慰安婦らの証言に対する疑問

(5)慰安婦の待遇


の5点を「事実」として挙げた。

 そのうえで、意見広告は慰安婦となった女性の境遇には心情的な配慮を示しつつ、「客観的に認知された事実によってのみ、正しい歴史認識が共有されるよう求める」と結んでいる。

 同広告には賛同人として自民党29人、民主党13人、無所属2人の国会議員が名前を連ねている。
―――――――











●追伸
(6月19日)


別の記事のコメント欄に当該問題に関する貴重な情報が [ ごるふぼーる ] さんから寄せられたので紹介したい。

(一部修正)
―――――――
ワシントンポストの慰安婦問題意見広告の原文は西村幸祐さんのブログにリンク先が貼ってありました。
http://nishimura-voice.up.seesaa.net/image/thefact_070614.jpg

原文の「FACT 2」(違法徴集業者の記事)で思い出したのですが、この資料を最初に取り上げたのは「大韓ニダの介」さんのブログだったようです。(資料画像はクリックで拡大)
http://ameblo.jp/nidanosuke/entry-10027570035.html
http://ameblo.jp/nidanosuke/theme-10003268635.html (まとめ1)
http://ameblo.jp/nidanosuke/theme2-10003268635.html (まとめ2)

このブログの執筆者は日本海名称問題についても興味深い資料を発掘されています。(資料画像はクリックで拡大)
http://ameblo.jp/nidanosuke/entry-10033324790.html
http://ameblo.jp/nidanosuke/entry-10034003327.html



2007/6/17(日) 午後 4:18 [ ごるふぼーる ]
―――――――

支那製おもちゃ「きかんしゃトーマス」に鉛が混入・米国で自主回収へ・日本でも販売・過去にも産業廃棄物を詰め込んだぬいぐるみや環境ホルモンが検出された塩化ビニール製おもちゃが問題に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000054-jij-int


中国製「トーマス」に鉛=日本でも販売、自主回収へ-米
6月15日11時0分配信 時事通信

 【ワシントン14日時事】米消費者製品安全委員会(CPSC)は14日までに、幼児向けおもちゃ「きかんしゃトーマス」に使われていた塗料に有害物質の鉛が混入していたとして、米メーカー「RC2コーポレーション」(イリノイ州)が150万個の自主回収に乗り出したと発表した。対象製品は中国で製造された。
 「きかんしゃトーマス」は日本でも人気の高いおもちゃ。自主回収対象の22品目のうち、「ジェームス」など11品目が日本に輸入販売されており、販売元のソニー・クリエイティブプロダクツ(東京)が無償交換に応じる。いずれも2005年4月以降に発売された商品。同社は「これ以外の『トーマス』シリーズに問題はない」(マーケティング部)としている。
―――――――






支那産や支那製の食品が非常に危険であることは最近ではすっかり有名になってきた。

しかし、支那製の衣服や玩具なども非常に危険であることを知っている人はどうだろうか?

私のブログを時々見てくれる人は知っているし、最近では支那製の練り歯磨きや土鍋に毒が含まれていたニュースはあったものの、支那製の玩具や衣服まで危険であることは、まだまだ一般に知れ渡っていないような気がする。

支那製のぬいぐるみには産業廃棄物が詰め込まれていたり、「トイザらス」の支那製おもちゃから環境ホルモンが何度も検出されてその度に回収されていることを良く知ってほしい。



改めて断言する。

支那産や支那製は食べ物だけではなく、玩具も衣服も何もかもが全て危険!



過去の事例を一つ紹介しよう。



―――――――
米リーボックの景品ブレスレット

幼児誤飲、鉛中毒で死亡
アジアにも出荷か

 【ニューヨーク=共同】米スポーツシューズ大手、リーボック・インターナショナルは二十四日までに、子供靴の景品として配布したブレスレットを誤飲したミネソタ州の幼児(四つ)が鉛中毒で死亡したとの報告を受け、ブレスレットの回収を開始したと発表した。
 同社によると、ブレスレットは全長約二十センチで、ハート形の飾り付き。米国で二〇〇四年五月から今年三月まで子供用の靴の購入時に三十万個が配布されたという。
 ロイター通信によると、同社はカナダに約二千個、欧州連合(EU)内にも十七万二千個を出荷しており、回収する方針。このほかアジア、中南米にも出荷したとみられ詳細を調査中。日本については不明。

 ブレスレットは中国製で、高レベルの鉛が含まれており、鉛中毒を起こす可能性がある。

2006/03/25, 産経新聞
―――――――

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.