FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200706


北京で武装集団が立ち退き拒否の住宅破壊・物権法施行控えマンション開発で荒業・ついに「米国でのペットフード禍」と「パナマでの毒入り咳止め薬による大量殺害」も堂々報道

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070513-00000202-yom-int


北京で立ち退き拒否の住宅破壊、謎の集団が次々と
5月13日10時36分配信 読売新聞

 【北京=杉山祐之】2008年の五輪開催を前に市街地再開発が急速に進む中国の首都・北京で、最近、立ち退き拒否者の住宅が、正体不明の男たちに襲われ、破壊される事件が相次いでいる。

 名前を名乗らない集団の犯行で、暴力的な立ち退き強要を厳禁する政府の規定など関係ないかのように、家を壊し、住民の生活を奪う。北京の再開発の「暗部」を象徴する事件と言えそうだ。

 8日午前2時過ぎ、開発予定の更地の中に島のように残る北京市街北部の集落が襲われた。「1平方メートルあたり3500元(約5万3000円)」の補償金に同意せず、2003年から立ち退きを拒み続けていた住民と、長屋式の平屋住宅を間借りする出稼ぎ農民(民工)の計数十人が住んでいた。名乗らぬ男たちが、6世帯分の部屋から寝ていた人々を引きずり出すと、ショベルカーがでてきて家財道具ごと家をつぶした。










この事件に関しては、同じ事件を扱った記事でも産経新聞の方が遥かに詳しく述べていた。







物権法採択も…北京のマンション開発 立ち退き拒否に荒業

 【北京=野口東秀】マンション開発が進む北京の住居区でツルハシやモリ、棍棒(こんぼう)などを手にした100人近い“武装集団”が今月8、9日未明、立ち退きを拒否していた住民の寝込みを襲い住宅二十数戸をたたきつぶした。マンションの開発業者は事件との関係を否定している。私有財産の保護を強化した物権法が3月に採択され、10月に施行されるが、記者が目の当たりにした地上げの現実は想像を絶していた。

 北京市朝陽区では高層マンションの開発が進む一方で、住宅があちこちで瓦礫(がれき)と化し、まるで爆撃を受けたような光景が広がっていた。テレビや冷蔵庫、自転車などが散乱し、30歳代の女性がぺしゃんこになったタンスの中身を取り出そうとしていた。身の置き場を失った数人が木片で火を起こし、昼食の支度をしていた。住民は瓦礫の山から引っ張り出した床板や車、テントでの野宿生活を強いられていた。

 複数の住民によると、事件は8、9の両日、いずれも午前2~3時の間に起きた。8日は約30人、9日は約100人がトラック十数台やフォークリフト数台で乗り付けた。この集団はツルハシやモリ、棍棒などを手に住宅に押し入り、「立ち退きだ!」と大声で叫びながら寝ていた住民を外にたたき出した。

 殴打されたり、半裸状態のまま放り出されたり、地面にひざまずかされたりした住民もいた。身の回りのものを持ち出す時間すら与えず、集団は数十分間にフォークリフトを使って住宅を破壊し尽くしたという。



 住民は110番したが、「現場から約500メートル離れた派出所の警官が到着したのは30、40分後。集団はすでに逃げ去っていた」という。


 男性住民は「東北地方の黒社会(暴力組織)の仕業だ。記者に話すと報復が恐い」と恐怖におののいていた。

 事件は一帯のマンション開発地域に住む住民に知れ渡っており、「同じ目に遭うかもしれない」と不安が広がっていた。



 破壊された住宅の場合、開発業者から住民に提示された立ち退き料は1平方メートル当たり4300元(1元約15円)。住民側は「そんな額でいったいどこに移り住めというのか」と交渉を拒否していた。


 中国では都市開発地域だけではなく、地方でも十分な補償を受けられないまま農地を強制収用された農民の不満が高まっている。昨年、土地をめぐる違法行為は全国で13万1077件(前年比17.3%増)が明るみに出、3593人が処分され、このうち501人が刑事処罰を受けた。

 胡錦濤国家主席は「社会矛盾解決や社会調和促進の能力を強化すべきだ」と強調しているが、現実はうたい文句のようにはいかないようだ。

(2007/05/12 22:16)産経新聞












水道から細長い虫が大量に出てくる北京では、オリンピックの影で極悪非道が罷り通っている。

現場から約500メートル離れた派出所の警官もグルだったのだろう。

今朝の産経新聞は、この記事のみならず、例の「北京のディズニーランド」と人気の国営遊園地「石景山遊楽園」が大あわてで模様替えを行ったことも伝えていた。




そして、何よりも「Good Job!」だったのは、社説【主張】で「米国でのペットフード禍」と「パナマでの毒入り咳止め薬による大量殺害」について支那を糾弾していたことだ!

特に、パナマで、支那企業が毒性のある安価な産業用ジエチレングリコールをせき止め薬の甘味料と偽って輸出し、それを飲んで少なくとも100人(365人か?)の幼い子供たちが死亡した事件は、殆どのマスコミが報道せず、ブログで必死に訴えていただけに、ありがたかった。

もしかしたら、ブロガーたちの奮闘が功を奏したのかもしれない。



ただ、産経新聞も、今日いきなり社説【主張】で取り上げたが、今までこの事件について全く触れていなかったことに対しては遺憾の意を表したい。

今後は速やかな報道を期待する。


いずれにせよ、こんな国の北京で来年オリンピックが開催されるなんて信じられない。












【主張】ペットフード禍 中国の責任は重く大きい



 米国でペットフードを食べた犬や猫が相次いで死に、パナマではせき止めの薬を服用した人が次々と倒れた。ペットフードも薬も原料の一部が中国製で、その中から毒性物質が検出された。

 毒性物質は中国の企業が利益を上げるため意図的に使った疑いが濃い。重大犯罪であり、中国の食品や薬品への信用を失墜させる事件である。



 いまのところ、日本には問題の原料は入ってきてはいないというが、厚生労働省と農林水産省は検疫を強化するなど対策に乗り出した。

 日本で被害を出さぬよう徹底した監視を求めたい。個人の責任とはいえ、インターネットを利用した個人輸入にも目を光らすべきである。


 中国の発表によると、ペットフード事件では、中国の2企業が食品への使用が禁止されている化学物質メラミンを小麦製品に加えて米国に輸出していた。しかも、輸出の際に品名を偽って検査を逃れていたという。

 メラミンは本来、肥料用に使われるが、タンパク質の品質を高く見せる効果があり、価格つり上げのために使われたようだ。ブタなど家畜の飼料にも混入していた。米当局は、これらの肉を食べても人体に大きな影響はないとしつつ、食用を当面禁止した。

 米国は食品医薬品局(FDA)が3月の時点で問題のペットフードやそれを食べたペットからメラミンを検出していたが、当初、中国は自国企業の関与を認めようとはしなかった。中国当局のこうした姿勢も問題である。



 パナマの事件では、中国企業が毒性のある安価な産業用ジエチレングリコールを薬用甘味料と偽って輸出し、それを原料に使ったせき止め薬を飲んで少なくとも100人が死亡したという。人命が奪われただけに、事態はさらに深刻だ。企業の責任だけでなく中国政府の行政責任も免れまい。


 数年前には日本が輸入した冷凍ホウレンソウから基準値を大幅に超える残留農薬が検出されたこともあった。中国の工場からの排煙や排水が大気や土壌、河川、海を汚す公害も地球規模で問題になっている。

 世界が中国から受ける「健康被害」の脅威は甚大だ。このままでは中国はいずれ世界の消費者から重大なしっぺ返しを受けることになろう。

(2007/05/13 05:02)産経新聞










■関連記事


【驚愕!】支那産毒性物質がパナマで風邪薬として売られていた!
死亡者数は幼い子供ら数百人!「グリセリン」の代わりに、産業用「ディエチレン・グリコール」を使用!
違法輸出2社捜査=米ペットフード汚染
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/19445743.html


米下院108人が「支那はスーダン政府のダルフール40万人大虐殺を支援」と北京五輪ボイコットを警告
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/19550705.html










▲「修正」で記事を追加。

「何を言うとんねん」さんの記事をトラックバックした。

アジア情勢 | 支那のラーメンで2人死亡
http://blogs.yahoo.co.jp/hananiarasi2/48454303.html

を読んでほしい。

「ウランバートルでおこった支那製インスタントラーメンによる2名死亡事件」について述べられている。

天安門で毛沢東の肖像画に発火物・東トルキスタンのウルムチ出身の青年が拘束・いつ、どこで、誰に恨みを買っていても何の不思議もない毛沢東や支那共産党の極悪非道の歴史

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070512-00000314-yom-int


天安門・毛沢東の肖像画に発火物、ウルムチ出身の男拘束
5月13日1時43分配信 読売新聞

 【北京=佐伯聡士】中国国営新華社通信によると、北京市警察当局は12日、市中心部の天安門に掲げられている毛沢東の大型肖像画に同日夕、発火物を投げつけて燃やそうとした男を拘束した。肖像画は左下の一部が焦げた。

 新華社電(英文)によれば、拘束されたのは新疆ウイグル自治区ウルムチ出身の無職男性(35)。当局は「男は昨年、ウルムチの精神科病院で治療を受けた」としており、犯行の動機などを調べている。

 ロイター通信などによると、この日は週末とあって、現場付近と天安門広場は全国各地からの観光客でにぎわっていたが、警察当局は事件後、現場一帯を一時封鎖した。その間、クレーンを使って肖像画の汚れを取り除く作業が行われた。










東トルキスタン(ウイグル)出身の青年が毛沢東の大型肖像画を燃やそうとして一部を焦がすことに成功した。

犯行の動機を調べているというが、毛沢東が憎かったからだろう。



毛沢東や支那共産党なんて、いつ、どこで、誰に恨みをかっていても何の不思議もない。









●戦後支那の戦争・侵略・弾圧・粛清・恫喝など



1946年 国共内戦激化

1947年 2.28事件。国共内戦に敗れた蒋介石の国民党は、台湾に逃れ、抵抗する台湾民衆を大虐殺



1949年 支那が東トルキスタン(ウイグル)を侵略。現在までに約40万人が虐殺か

1949年
国共内戦が沈静化した後も共産党は国民党員とその家族を処刑。
毛沢東は、1957年2月27日、「1949年から1954年までの間に80万人を処刑した」と自ら述べた(ザ・ワールド・アルマナック1975年版)。
周恩来は、同年6月、全国人民代表大会報告で、1949年以来「反革命」の罪で逮捕された者のうち、16%にあたる83万人を処刑したと報告。
しかし、強制収容所で衰弱死させた知識人の数は、処刑した人数の何倍もいる。



1950年 支那が朝鮮戦争に参戦で国連軍を攻撃


1951年 支那がチベットに侵略し、現地民数百万人を大虐殺

1958年 大躍進運動開始。数千万人を餓死させる



1959年 支那がインドと国境紛争、カシミール地方を占領


1966年~1976年 文化大革命 10年間で殺害された人数は2,000万人(葉剣英・全人代常務委員会委員長の証言)


1969年 珍宝島で支那軍がソビエト軍と衝突

1979年 支那がベトナムを武力侵略。支那が懲罰戦争と表明



1989年 天安門事件 学生や市民の民主化運動を人民解放軍が戦車などで強行鎮圧 死者は広場だけでも1,000人以上、北京全体では数万人か







その後も支那共産党は、絶え間なく侵略と人民大虐殺を繰り広げたが、限がないので・・・(中略)・・・







●2004年
1~6月、全国の農村で発生した暴動や紛争は130件、うち87件が土地の強制収用をめぐる農民と警察当局の衝突(中国社会科学院)
10月18日、重慶市で市民数万人が政府庁舎を取り囲む大暴動

10月27日~29日、四川省で地元当局が収用した土地の補償をめぐり農民ら10万人の大暴動発生(死者1万人か?)
10月29日~11月1日、河南省で回族と漢族が衝突し、148人死亡
12月25日、広東省で出稼ぎ労働者5万人が公安当局と衝突

●2005年
4月中旬、浙江省で5万3千人の革命暴動が発生し市民137人死亡

6月11日、河北省で立ち退きを拒否する数百人の農民が武装集団に襲撃され、農民6人が死亡
6月26日、安徽省で1万人が暴徒化、派出所等を破壊
7月、浙江省で化学工場の爆発で水源が汚染された地元農民3万人大暴動
8月1日、寧夏回族自治区で回族の農民ら1万人以上と武装警察が衝突

12月6日、広東省で武装警察が発電所建設に抗議していた住民70人以上を射殺


●2006年
1月6日、甘粛省の裁判所で判決に不満の農民が自爆、5人が死亡、22人が重軽傷 
1月14日、広東省で土地収用に抗議する約2万人の農民を警察が電気警棒や催涙ガスで制圧、数十人負傷、13歳の少女1人死亡
4月12日、広東省で水門取り壊しを阻止する約5千人を武装警察約3千人が催涙弾等で攻撃、数十人負傷、女性1人死亡

8月2日、湖南省で補償金が不正流用されて集団直訴した住民100人以上を射殺か
10月20日~25日、江西省の二つの専門学校で卒業資格をめぐり、数千~1万人近い学生が暴徒化し警官隊と衝突、4人死亡

●2007年

1月5日、ウイグル自治区(東トルキスタン)のパミール高原地帯で、ウイグル独立派18人を公安当局が射殺、17人を拘束
1月21日、四川省でホテルの女性従業員が乱暴され死亡し、家族や数千人から1万人の市民が暴徒化、公安警察が鎮圧
3月、湖南省でバス運賃の値上げに農民約2万人が暴動、警官隊が警棒で中学生1人を撲殺










――――――
毛沢東(仏大統領ジョルジュ・ポンピドーに)
「うちは人口が多いから、それぐらい(数千万人)死んでも丁度いい」
「中国人民の半分は死んでも構わない」


――――――
ベルルスコーニ(イタリア首相)2006年3月25日
「毛沢東時代の中国で、共産党は赤ん坊を煮て肥料にしていた」


――――――
ジェームス・リリー(元中国大使・CIA中国分析官)
「(中国共産党は)残忍な殺し屋集団」
――――――

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.