FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200706


8、9日の「光化学スモッグ注意報」は支那からの越境汚染・大気汚染で年間40万人が死ぬ支那は軍事費に10兆円以上を使わず、日本に環境関連技術の特許料や機械購入費を支払って何とかしろ!



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070512-00000053-mai-soci


<光化学スモッグ>8、9日の注意報 中国からの越境汚染
5月12日15時2分配信 毎日新聞

 光化学スモッグ注意報が8、9日に全国で相次いだのは、中国の大気汚染が日本に流入する「越境汚染」が原因である可能性の高いことが12日、国立環境研究所などのシミュレーション分析で分かった。梅雨入り前までは同様の状況が周期的に訪れる恐れがあるという。


 環境省のまとめによると、8日は福岡、長崎、熊本、山口、広島の5県が注意報を発令。翌9日は九州から栃木、群馬、新潟各県までの22都府県で注意報が出た。5月としては既に過去5年間で最も多い発令になったという。


 同研究所の大原利真・広域大気モデリング研究室長(大気環境科学)らは、中国の自動車台数やエネルギー消費などの統計をもとに、日本と中国を中心とした東アジア各地の光化学オキシダント濃度を推定。約1カ月前からは毎日、風向や風速などの気象データも加味して汚染物質の移動状況をシミュレーションしている。

 6~9日の移動状況を分析した結果、6日に中国上空にあった、日本の大気基準以上の高濃度の汚染物質(光化学オキシダント)が徐々に東に移動、7日から9日にかけて日本上空一帯に達していた。



 大原室長によると、東シナ海付近に移動性高気圧があると、日本は西風が吹きやすい。さらに、日本付近も高気圧の影響で好天になりやすく、光化学オキシダントが高濃度になりやすい条件がそろうという。8日には東シナ海に移動性高気圧があり、これらの条件が重なった。

 ただ、8日の注意報は中国からの流入が原因の可能性が高いが、9日に東日本まで広がった注意報は「越境汚染」に加え、日本国内の大都市の大気汚染も関係しているという。



 大原室長は「中国からの越境汚染だけが問題なのではなく、日本もまだまだ改善する必要がある。両国は協力して大気汚染改善に努力してほしい」と話している。


■光化学スモッグ
気温が高くて日差しが強く、風があまり吹いていない日に発生しやすい。目がチカチカしたり、のどが痛くなる。原因は光化学オキシダント。自動車や工場から排出された窒素酸化物(NOx)などが太陽光による光化学反応で生成する。濃度が高くなると、もやがかかったような「光化学スモッグ」現象に至る。一般的に光化学オキシダントの大気中濃度が0.12ppmで注意報、0.24ppmで警報を都道府県知事が発令する。
―――――――














日本の光化学スモッグは、支那の大気汚染が日本に流入する「越境汚染」が原因とのことだ。

しかし、tatsuya11147さんに教えて頂いたサイトによれば、こんなことは少なくとも3年前には判っていたことだ。




過去約30年間に我が国上空の対流圏オゾンが広域で著しく増加
http://www.jamstec.go.jp/frcgc/jp/press/041206/index.html

(一部抜粋)



長期にわたるオゾンゾンデデータの解析から、1970年から2002年の約30年間に我が国上空の対流圏オゾンが広域にわたって著しく増加していることを明らかにした。この原因として、東アジアの大陸起源の窒素酸化物放出量の上昇が、光化学反応が活発な春から夏に風下側の我が国のオゾンを著しく増加させてきたことが示唆された。

(略)

この期間の東アジアにおける窒素酸化物等の放出量は、我が国ではほぼ横ばいないし減少しているが、中国における放出量は増加し続けている。これらのことから中国や韓国など大陸起源の窒素酸化物放出量の上昇が、光化学反応が活発な夏季に風下側の我が国のオゾンを著しく増加させてきたことが推定される。






上の地図は、同じくtatsuya11147さんに教えて頂いた「全球化学天気図」で見たもので、

http://www.jamstec.go.jp/frcgc/gcwm/index_j.html
表示物質:窒素化合物

東:東経150度
西:東経100度
南:北緯20度
北:北緯50度

高さ:地表面

日付:2007年5月9日


で「決定」を押して表示させた、5月8日6:00~5月9日0:00までの濃度分布図である。











さて、問題は毎日新聞の記事の最後の部分だ。





>「中国からの越境汚染だけが問題なのではなく、日本もまだまだ改善する必要がある。両国は協力して大気汚染改善に努力してほしい」





協力するのは必要かもしれないが、悪いのは支那であり、これまで苦労して大気汚染の改善に取り組んできたことが台無しになった日本は被害者だ。

支那は、日本に巨額の特許料や機械購入費などを支払って、大気汚染の改善に取り組まなければならない。

日本は、支那が特許料や機械購入費など大金を支払わない限り、支那を甘やかしてはならない。

甘やかせば癖になる。

支那では、大気汚染が原因で年間40万人が死んでいる。

軍事費に10兆円以上も使うカネがあるなら、そのカネを日本に払って大気汚染を何とかしろ!!







以下は、【大紀元日本4月17日】より


 中川氏(中川昭一政調会長)は、環境問題として「黄砂」を挙げ、「毎年のように中国奥地から黄砂がやってくるが、木を切りっぱなしで植えないからだ」と指摘、さらに「省エネ」では、日本のエネルギー効率を1とすると、中国は10であり、そのエネルギー効率を改善する必要性を指摘、知的財産権では、「中国の経済成長率10%の内、7%は海賊版によるものだ」と斬り捨て、日本の技術は「援助」してもらうものではなく、「特許料を支払って、買っていただきたい。
それがWINWIN(ウイン・ウイン)だ」と糾弾した。

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/04/html/d19035.html




            ∩_ 
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ < 正論だ!!
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /











■関連記事

都内で早くも光化学スモッグ注意報・平成で最速
上海などの工業地帯で発生した汚染物質が風に流されて九州に飛んできていることも要因
大気汚染が原因で年間約40万人が死亡する支那
2007/5/10(木) 午前 4:13
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/19454254.html

支那から「もや」、日本列島覆う…NASAが撮影
朝鮮半島と日本列島襲う支那の大気汚染と水質汚染
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14044044.html

「はだしのゲン」で核軍縮訴え…外務省が漫画活用作戦←愚劣極まりない極左のプロパガンダ漫画で日本を貶めるのみならず、核軍縮や核不拡散に逆効果

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070512-00000004-yom-pol


「はだしのゲン」で核軍縮訴え…外務省が漫画活用作戦
5月12日14時43分配信 読売新聞

 外務省は、核軍縮や核不拡散の重要性を世界にアピールするため、日本の漫画やアニメを積極的に活用する方針を決めた。

 海外で人気の日本のポップカルチャー(大衆文化)を利用して、世界の若者に核兵器の非人道性などへの理解を深めてもらうのが狙いだ。

 同省は、その第1弾として、11日までウィーンで開かれていた核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で、原爆の悲惨さを描いて世界的ベストセラーとなった漫画「はだしのゲン」(中沢啓治作)の英語版を配布。

 今後も、被爆した女性の10年後を描いた「夕凪の街 桜の国」(こうの史代作)など、様々な漫画やアニメ、コンピューターグラフィックス(CG)作品を国際会議などの機会に配布、上映していく考えで、出版社などと使用許諾の協議を進めている。










いい加減にしろ!
外務省!

4月29日、【日本政府は、ウィーンで開催される核拡散防止条約(NPT)運用検討会議第1回準備委員会で、広島の原爆被害を描いた漫画『はだしのゲン』の英訳版を加盟国に配布する】というニュースがあった。

私は、このブログにおいて、【『はだしのゲン』は愚劣極まりない極左のプロパガンダ漫画で、日本政府は気が狂ったとしか思えない】と厳しく非難し、自民党や首相官邸や外務省などに配布した『はだしのゲン』の英語版を回収するようにメールを送ったが、政府・外務省は全く反省していない。








■関連記事

核軍縮「はだしのゲン」で訴え=NPT準備委で漫画活用
愚劣極まりない極左のプロパガンダ漫画を世界中の加盟国に配布するとは、日本政府は気が狂ったのか?!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/18877535.html

(一部抜粋)




『ぼくらの核武装論』西村幸祐・編集より


【『はだしのゲン』を斬る!】

「原爆の悲惨さを描いた名作マンガ」と評される『はだしのゲン』。
だが、その内容は自虐史観に基づく究極の極左プロパガンダだった


岩田温

(一部抜粋)


【青少年の左傾化に貢献】

 戦後日本人の左傾化に最も貢献した本、それは決してマルクスの「資本論」ではない。幾多の過激で日本人の精神を蝕む有害な書が出版されたが、青少年の非日本人化に最も貢献したのが中沢啓治著『はだしのゲン』である。
 この極左プロパガンダの書は「反核」のみを主張する漫画ではない。「反天皇制」、「反戦」、「侵略戦争史観」、「在日擁護」、「日本人の残虐性」など、戦後左翼勢力が吹聴したプロパガンダが全て内包された恐るべき漫画である。


【天皇に謝罪を要求】

大東亜戦争は日本国民の一部が謀り、大多数の国民を欺き、引き起こした戦争などではない。仮に陰謀があるとすればそれは尾崎秀実らの共産主義者による陰謀であり、財閥や軍部のものではない。米国自身にも存在していた戦う意志、当時の日本の置かれた国際情勢、数百年にも及ぶ激しい人種差別に基づいた欧米の植民地主義への憤り、それらがこの父親からは全て抜け落ちている。




――――――
朴「すくないですが…たべてください」
母「朴さん、どうしてこんなにお米を?」
朴「中岡さんが警察からかえってこられたんだ。めでたいですよ。非国民だとののしられても戦争に反対している中岡さんをわしは尊敬しているんです。うれしいんです。」
父「朴さん……」
朴「日本の植民地にされたわしら朝鮮人はむりやりに日本につれてこられて、はたらかされたり戦場へ兵士としてかりだされています・・・戦争のためにどんなに朝鮮人がいためつけられ苦しんでいるか・・・はやく戦争をおわらせて朝鮮にいる女房とかわいい子どものところへかえりたいです」(同1巻69-70頁)

――――――

先生「えー明日は天皇陛下さまがこの広島にきてくださることになり、広島県民にとってたいへんよろこばしい日だ。みんな日の丸の旗をふってご歓迎するため旗をつくってくることをわすれるな。わかったな」

児童たち「はーい」

ゲン「なにがよろこばしいのだ。わしらの先生はバカじゃのう。天皇は戦争を起こし日本中の街やこの広島や長崎をピカで焼け野原にし、わしのとうちゃんや数えきれない人を殺し、いまも苦しめている戦争の責任者じゃないか。なんでありがたがって歓迎しないといけんのじゃ。おかしいわい。日本人は戦争の反省がたりんのう。わしあ先生をみそこなったわい。あしたは学校サボったるわい。ばかぱかしい。だけど天皇はよくこの広島へのこのこやってこれるのう。いまも多くの死体が埋まっているこの広島へ。わしだったらはずかしくて苦しくてとても人前に出れんわい。あ~腹がへったのう。なにか食うものはないかのう。天皇はおわびに米でもわしにもってきやがれバーカ」(同5巻39-40頁)
――――――




【「ゲン」を図書館から撤去せよ】

 だが、このプロパガンダが小・中・高校の生徒に読み継がれ、少なからぬ青少年に「感動」(!)を与えているのだ。
 20代の諸兄は思い起こして欲しい。学校の図書館、学級文庫に漫画は存在しないはずなのに、何故か、この「はだしのゲン」だけが置いていなかったろうか。
・・・(中略)・・・
 この愚劣極まりない漫画は、日本人を憎悪し、社会主義革命を夢見る狂信集団、日教組によって組織的に買い支えを受けていたのだ。
・・・(中略)・・・
 日教組の解体撲滅と同時に全学校の図書館からこの有害極まる「はだしのゲン」を撤去しなければならない。これこそが真の教育再生への第一歩である。








配布した漫画は回収すべきだ!





自民党に物申す!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi

首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose












そもそも、原爆の悲惨さを描いた漫画が、核軍縮や核不拡散に役立つことなどない!

逆効果だ。




被爆写真展を見たパキスタン男性の見解
マックロイ「もし日本が原爆を持っていたら、原獏投下はありえなかった」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4048531.html

(一部抜粋)



―――――――
被爆者を水戸黄門の印篭にした日本の非核・反核運動の神通力の崩壊。このことを考えるとき、いつも私はあるTV番組を思いだす。1998年。インド・パキスタンの核開発動向が世界を揺るがしていたときの画像。NHKのニュースだったか特番だったか私にとって印象的なシーンが放映された。

反核を訴える日本の大学生がパキスタンとインドで廣島-長崎の被爆写真展を開催し、インドとパキスタンの市民に直接反核を呼びかけた活動の紹介。私はその時のパキスタン人の男性のコメントが今でも忘れられない。

悲惨ですね。
この(被爆して背中一面に火傷を負った)男の子はどうなったのでしょうか。
この、死んだわが子を抱きかかえた婦人はどんな気持ちだったでしょう。
私は核武装には今まで賛成ではなかったのですが、この写真展に来て気持ちが変わりました。私は自分の家族をこんな目にあわせたくはない。ですからパキスタンは核を持つべきだと思います。第二次世界大戦の時に日本も核兵器を持っていたら、こんな悲惨な目にはあわなかったでしょうからね。今日はどうもありがとう、と。

このコメントを聞いていた東京から来たボランティアの女子大生は、自分の主張や世界観が世界のそれとあまりにも隔たっている現実を突きつけられ泣くこともできず、しばし呆然と立ち尽くしていた。

でもね、先進国の都会から来た大学生のお嬢さん、このパキスタンの方の感想が世界の常識というものだよ。蓋し、核兵器に善悪を問うのは間違いなのである。少なくとも、日本の反核論者の「核兵器=悪」の価値判断は普遍的ではない。
―――――――




参考1

「なぜ北の核に沈黙するのか」78ページ「諸君!」2003年1月号より

評論家の加瀬英明さんはかつて「トルーマン政権による原爆投下の決定に参画した」ジョン・マックロイさんにこう尋ねたそうです。

加瀬氏
「日本がもし原子爆弾を一発でも持っていて、アメリカのどこかに落とすことができたら、日本に核攻撃を加えたか」。

マックロイ氏
「もし、日本があの時に原爆を持っていたとしたら、使用することはありえなかった」










断言する!

『はだしのゲン』を読んで、支那や北朝鮮やロシアやアメリカなどが核兵器を放棄することなど絶対に有り得ない。

現実を直視し、核軍縮や核不拡散などは諦めて、日本も自主的な核抑止力を保有するのが最善策だ。

分かっているのは、「維新政党・新風」だけだ。








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

息子のけんか相手に暴行した韓国財閥会長が前代未聞の逮捕・容疑事実を部分的に認める・金升淵会長自ら鉄パイプで殴打したり暴力団員を動員した疑いも浮上

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070512-00000002-yom-int


息子のけんか相手に暴行した韓国財閥会長、前代未聞の逮捕
5月12日10時19分配信 読売新聞

 【ソウル=平野真一】韓国の大手財閥、ハンファグループの金升淵(キム・スンヨン)会長(55)が今年3月、ボディガードを引き連れ、二男(22)のけんか相手に報復のため暴行を加えたとされる事件で、同国の警察当局は12日未明、金会長を暴行・傷害、共同監禁の容疑で逮捕した。

 大手財閥の総帥が暴力事件で逮捕されるのは前代未聞。石油化学や金融など幅広い分野で事業を展開する同グループは大きな衝撃を受けている。

 金会長側は逮捕に先立つ11日深夜、国民に対する謝罪文を発表、「最初から過ちを認め、率直に許しを求めるべきだった」とした上で、「法の裁きを謙虚に受け入れる」と述べ、容疑事実を部分的に認めた。








当初、金升淵会長は犯行を全面否認していたというが、とうとう容疑事実を部分的に認めたようだ。

「部分的」というのは、この読売新聞の記事では述べていないが、毎日新聞の報道によれば、金会長は、自ら鉄パイプで殴打したり暴力団員を動員した疑いも浮上しているという。

また、この事件の場合、事件から1カ月半も経ってからの報道を機に初めて捜査が本格化したため、金会長の次男は支那に出国していた。

そのため、次男の出国を見逃した警察にも批判が出ていたのだが、その次男は支那から韓国に戻って来ているのだろうか?

金会長や次男は、部分的ではなく事件の全容を明らかにし、また、1ヵ月半も本格的な捜査をせずにいた警察についても、その背景などを明確にすべきだろう。

韓国では、日本人が被害に遭っても警察は真剣に捜査しないと良く言われている。










■関連記事

韓国の大手財閥会長(ハンファグループ)が息子のけんか相手に報復…逮捕へ
警察は息子を捕まえず支那への出国を見逃す
法治主義ではなく人治主義の国
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/19004202.html

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.