正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200703
チェイニー米副大統領が支那の軍拡に警告・18年連続の2ケタ増の支那の軍事費は日本の約3倍・核ミサイルも軍事予算に含めない支那の実態・日本はクラスター爆弾の生産禁止条約作成うたう「オスロ宣言」に調印せず

米副大統領 中国の軍拡に警告
2月25日8時0分配信 産経新聞

 【ワシントン=山本秀也】オーストラリアを訪れたチェイニー米副大統領は23日、中国の衛星破壊兵器(ASAT)実射実験を挙げて「平和的台頭という目標に合致しない」として、北京の急速な軍備拡張に警告した。

 中国は来月開催の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)で今年の国防費を示すが、ゲーツ米国防長官も同日、
公表分だけでも昨年まで18年連続の2ケタ増を続けた国防費に懸念を述べるなど、米側は中国の軍事動向を厳しく監視する構えだ。

 日豪を歴訪したチェイニー副大統領は、シドニー市内での米豪リーダーシップ対話での発言で中国問題に言及。北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議での中国の役割を評価する一方、衛星破壊兵器の実験に言及し、
「中国は早いペースで軍事拡張を続けている。これは建設的でもなければ、平和的台頭という国家目標にも合致しない」と述べた。中国の国民が自由と繁栄を楽しみ、同国政府が地域の安定と平和に貢献することが、米豪にとり望ましい中国像だと指摘した。

 6カ国協議での共同文書取りまとめを受けて、米政府はこのところブッシュ大統領を含めた高官発言で、中国政府の貢献に対する積極的な評価を強調していた。副大統領の発言はこれと矛盾する内容ではないものの、中国が東アジアの安全保障で重大な懸念対象であることを明確に指摘した。

 一方、ゲーツ国防長官は同日、中国の国防費について「国家予算に反映される以上のものを軍事につぎ込んでいる」として、中国の軍拡に強い懸念を表明した。



 中国の国防費については、他の費目に分散された装備調達費などを加えた実質分が、公表額の2~3倍に達するとの見方が国際的な定説となっている。


最終更新:2月25日8時0分









以前にも述べたが、支那の軍事費は、日本の約3倍だ。

日本を核ミサイルで狙っている大量殺戮・侵略大好き国家(ならず者)の支那が約15兆円の軍事費を使って軍拡(前年比18%増・昨年まで18年連続の2ケタ増)をしているのだから、日本もGDP比1%なんて言ってられない。





いずれにせよ、日本は、このような支那に対して今でも日本国民の税金を使って経済援助(ODAなど)を継続して行っている。

安倍さん、もうやめてくれ!





日本は、いい加減に防衛予算のGDP比1%枠なんて撤廃し、非核三原則も放棄し、NPTを脱退して核武装に踏み切るべきだ。

ついでに、武器輸出三原則や対人地雷禁止条約なども放棄するべきだ。


「対人地雷禁止条約の欺瞞」
http://www.kokubou.com/document_room/members/mer1.htm





その点、先日開催された「オスロ・クラスター爆弾会議」で日本が「オスロ宣言」に調印しなかったことは高く評価したい。

核兵器も対人地雷も放棄した上、クラスター爆弾まで放棄したら、支那に、「人民解放軍の皆様、どうぞ、日本に上陸して侵略してください」と言うようなものだ。



<クラスター爆弾>生産禁止条約作成うたう 「オスロ宣言」
2月23日23時11分配信 毎日新聞
(一部抜粋)
・・・
日本とポーランド、ルーマニアは態度を留保した。
・・・
また会議にはクラスター爆弾の主要な生産・保有国である米国、ロシア、中国、イスラエルなどが参加しておらず、・・・











Ω Ω Ω 復習 Ω Ω Ω


殆どの人が知らないのだが、支那の核ミサイルなどの製造・運用コストは、支那の軍事費(軍事予算)には含まれていない。

信じ難いが、本当の話だ。

2005年の支那の公式の軍事予算は3兆円だが、兵器購入金額や兵員コスト項目の多くがこの予算から排除されている。



たとえば、支那は、核ミサイルと核弾頭の製造コストと運用コストを軍事予算から排除している。

支那は、ロシアとイスラエルから毎年大量の兵器を購入しているが、これらのコストも軍事予算から排除されている。



つまり、支那は、兵器製造コストや外国製兵器輸入コストを軍事予算に含めていない。

他にも、支那は、人民解放軍の衣食住コスト、人民武装警察部隊のコスト、ミサイル戦力コスト…なども軍事予算に含めていない。

したがって、2005年の支那の真の軍事予算額は3兆円ではなく、10兆円~15兆円以上と推定されている。
これは、約5兆円の日本の軍事費の2倍~3倍以上だ。



日本はあまり役に立たない兵器をアメリカの言い値で買わされているから、実際には支那の軍事費の10分の1ぐらいかもしれない。
この日本と支那の間に有る圧倒的な軍事予算格差を埋めるためには、日本の核武装が必要だ。

維新政党新風を応援しよう!










■関連記事

支那の軍事費18%増の14兆7900億円(2006年)・英国の国際戦略研究所(IISS)が算定・日本の核武装は必要不可欠に
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12880892.html


「支那の核ミサイルは軍事費に含まれていない」って知ってますか?…【主張】衛星破壊・支那の真の意図を見抜け
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12412077.html








2007年2月27日追加

<中川政調会長>「中国の省になるかも」軍事費増大懸念示す
2月26日19時29分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000061-mai-pol









人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

租界を外国人に押し付けたのは支那政府だった・租界に対する支那の羨望・第8章上海、その問題点・『シナ大陸の真相1931~1938』K・カール・カワカミ8

租界に対する中国の羨望

 ここで多分、国際租界の地位に関する外国人と中国人の間の長年に及ぶ厳しい論争について説明しておくのもよいだろう。まず第一に租界はそもそも外国人の保護のためだけに設立されたものであって、中国人のためでははかったということである。租界は外国の君主によって、嫌がる中国に無理やり押しつけられたものではなかった(中国人は無理やり押しつけられたと主張しているのだが)。
それとは逆に、租界を外国人に押し付けたのは中国政府だったのである。


 中国が初めて西洋列強諸国と通商条約を結んだ初期の頃、中国は全ての外国を自分の臣下と見なしていた。対等の立場に立って大英帝国やフランスやアメリカとつき合うなどということは中国にとっては問題外であった。天の子そのものである中国の統治者は、はるか天空の彼方の玉座から全世界の陸地を治めているのであった。もしも外国の船が中国の港に立ち寄れば、彼らはそこで貢物を納める当然の義務がある。これが中国の考え方であった。


 そしてそういうわけで中国が外国人の租界を設けた理由は、天上の支配者が認めたごく狭い地域にこれら「外国の悪魔」を閉じ込めておくためであったのである。野蛮で汚らわしい外国人は文明的な天上の人々と交じり合ってはならなかったし、その存在によって天の子の聖なる土地を汚してはならなかったのである。

 これがそもそも租界の始まった起源である。やがて外国人たちは勤勉と根気の力によって租界を、荒涼とした中国の砂漠の中に存在する花咲くオアシスへと変えていったのである。そうなってからこの「文明的」な中国人は驚きの目を見張り、この外国の「汚らわしい野蛮人」の住む区域へ入れてくれるよう要求し始めた。だが租界は中国人の面前で戸をピシャリと閉ざしていた。



 それから19世紀中頃、太平天国の乱が起こり、上海の南及び西へ数百マイルにわたって国土を荒廃させた。略奪され家を失った何千人という中国人たちが租界の入り口の戸を叩いた。租界は純粋な同情の気持ちから門を開いた。内乱が終了した時、避難民を追い出すことは不可能であった。このようにして当初の締め出し政策は租界によって破られたのである。

 今日では百万人近くの中国人が租界の内部に住んでいる。彼らがそこにいるのは何等かの条約のおかげではなく、単なる黙認の結果なのである。彼ら中国人の数は圧倒的に多いので、租界は否応無しにその特権を彼らに及ぼさざるを得なくなった。彼らは表向きは租界をその便宜主義の故に非難しつつも、心の中では密かにそれが存続することを祈っている。何故ならば彼らが現在租界で与えられている安全と快適さを享受できる場所は、他には何処にも無いからだ。

P162-P164
『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著








余談

上海の租界の公園には、「犬と支那人入るべからず」という札があった。








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.