FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200703
エネルギー支援反対論・6カ国協議・7つの疑問点・核施設凍結・査察「抜け道」も・(追加)NHK「ニュースウオッチ9」の柳澤秀夫の驚くべきヒルへのインタビュー

既に、日本政府は、北朝鮮が核放棄の見返りとして求めた50万トン以上の重油供給について「核の問題でエネルギー支援をやることはまったく考えていない」と述べ、日本としてエネルギー支援に参加することはないとの認識を示している。

北核放棄でも「日本はエネルギー支援せず」←真っ当だ!だが、日本の核武装は?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/13232432.html



これは実に適切な判断だった。

今朝の産経新聞に、エネルギー支援反対論に関するQ&A記事があったので紹介しよう。




―――――――
6カ国協議 7つの疑問点


エネルギー支援反対論

核施設凍結・査察「抜け道」も

2007/02/08, 産経新聞

 8日に再開される6カ国協議は、実質的な成果がなかった昨年末の協議から一転し、進展への期待が米国などから高まっている。北朝鮮が核施設凍結などに応じるとの見方が強まっているためだが、北朝鮮はエネルギー支援などの見返りを要求してくることが予想される。6カ国協議をめぐる疑問点をまとめた。(北京 有元隆志)



Q 今回の協議に進展の期待が高まっているのはなぜ

A 1月中旬にベルリンで米朝2カ国協議が行われたことが大きい。ブッシュ政権になってから北京以外で米朝の首席代表が本格的に会談したのは初めてだからだ。米国は「よい議論ができた」(ヒル国務次官補)と成果を強調している。北朝鮮も昨年末の6カ国協議では、金融制裁が解除されるまで共同声明実施に関する議論には入れないとの立場を堅持したが、米国との実質的な協議を行ったことに一定の評価を下している。


Q 北朝鮮が核施設を凍結するとの話はどこから出ている

A このほど訪朝した米シンクタンク「科学・国際安全保障研究所」(ISIS)のデビッド・オルブライト所長に北朝鮮側が説明した。同所長が語ったところでは、北朝鮮は寧辺の核施設の凍結と国際原子力機関(IAEA)による査察再開に応じる考えを示したという。もっとも、同所長によると、すべての核施設を凍結するわけではなく、老朽化した施設だけ凍結との可能性も強い。これまで製造したプルトニウムをIAEA査察官にみせるつもりもないといい、「抜け道」も多い。


Q 北朝鮮は当然見返りを求めている

A 同所長に対し、北朝鮮側は年間50万トン以上の重油提供などを求める考えを示した。重油支援は1994年の米朝枠組み合意を受け米国が行っていた。ただ、2002年に高濃縮ウランによる核計画が発覚して、供給は停止された。


Q では、ウランによる核計画も今回の合意に盛り込まれる?

A そこが問題で、北朝鮮は02年10月に訪朝したケリー前国務次官補にウラン型の核開発計画を認めたが、その後は一貫して否定している。米国などは05年9月の共同声明に盛り込まれた「すべての核兵器および既存の核計画の放棄」の中に、ウラン型も当然含まれているとの認識だが、今回はウラン問題まで話し合いが行われるかは疑問視する向きが多い。


Q それでもエネルギー支援はするのか

A 共同声明のなかには「エネルギー協力を2国間または多国間で推進する」とある。米国もエネルギー支援自体には反対していないが、議会などからは安易な支援再開には反対する声が出ている。北朝鮮問題に詳しいマンスフィールド財団のゴードン・フレーク所長は「北朝鮮が支援を受けられるかは、完全で検証可能かつ後戻りできない核放棄(CVID)に応じるかにかかっている」と強調する。拉致問題を抱える日本も応じられないとしている。韓国は支援には前向きだが、突出は避けたい意向で、分担をめぐり調整が手間取ることも予想される。


Q 枠組み合意にあった軽水炉はどうなる

A オルブライト所長は「北朝鮮の視点からすると、(凍結の)次のステップとして、軽水炉計画の再開がカギとなる」との見方を示した。共同声明では「適当な時期に議論」となっているが、具体的な見通しはたっていない。


Q 北朝鮮は本当に核放棄を実行する意思はあるのか

A 北朝鮮は「朝鮮半島の非核化」には反対していないが、いままで核兵器を放棄した実例は、南アフリカだけ。北朝鮮との交渉に携わってきたデビッド・ストラウブ米国務省元朝鮮部長は、協議が大きな進展につながるかは、北朝鮮の過去の交渉態度から懐疑的な見方を示した。協議筋も「北朝鮮の真のねらいは、対話ムードをかもしだし、食糧不足に備え韓国などからの食糧支援を引き出すことにある」と指摘する。



【6カ国協議共同声明の骨子】
・平和的方法による朝鮮半島の検証可能な非核化が目標であることを再確認。
・北朝鮮は、核兵器や既存の核計画の放棄、核拡散防止条約(NPT)と国際原子力機関(IAEA)保証措置への早期復帰を約束。
・米国は、朝鮮半島に核兵器を持たず、北朝鮮を攻撃、侵略する意図がないことを確認。
・1992年の朝鮮半島非核化宣言は順守、実行されるべきだ。
・適当な時期に軽水炉提供問題について議論を行うことで合意。


【用語解説】米朝枠組み合意
 1994年10月にジュネーブで調印された北朝鮮の核開発凍結をめぐる米朝間の合意。北朝鮮が黒鉛減速炉などの核施設を凍結する見返りとして、軽水炉型の原発2基と、軽水炉完成までに年間50万トンの重油を代替エネルギーとして北朝鮮側に提供することなどが盛り込まれた。朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)が創設され軽水炉建設などを進めたが、北朝鮮の核疑惑が再浮上し、2002年12月に重油供給は停止、03年12月には軽水炉建設も中止となった。


―――――――




ところで、これに係る話で、時々このブログにコメントをくださるkousotsudrさんの

ブログ『もののふのこころ』
http://trekky.mania.cx/blog/


にNHK「ニュースウオッチ9」の柳澤秀夫の驚くべきヒルへのインタビューが掲載されていたので紹介しておきたい。



2007年02月08日
NHKの柳澤質問(発言)の方が問題かも?
http://trekky.mania.cx/blog/archives/2007/02/nhk_5.html




――――――
NHK「ニュースウオッチ9」の柳澤秀夫キャスターのヒル国務次官補への驚くべきインタビュー(February 6, 2007)
http://www.state.gov/p/eap/rls/rm/2007/80100.htm
(一部抜粋)

My friend from the Chinese diplomats, he just mentioned some dissatisfaction over the Japanese Government, you know, insisting on something on the abductees issues.
They just always complain that that's an obstacle for the further progress on the Six-Party Talks. So I see some gaps in the perception between Japan and othercountries.
So how can you just persuade the Japanese Government?




(私・珈琲の翻訳)

支那外交官の私の友人は、拉致問題にこだわり続ける日本政府への不満を漏らしていました。
彼らは、常々、拉致問題にこだわり続ける日本政府が6者協議の進展の妨げになっていることに不満を漏らしています。
私は、日本と他の国々との間には隔たりがあると見ています。
ヒル次官補としては、そんな日本政府を、どのようにすれば説得できるとお考えですか?
――――――




NHKは、こんな奴をキャスターに使っているから視聴料を払わない(俺のような)視聴者が急増することを自覚すべし。

日支外交・負の結果吟味を・支那に日本の資源や領土、領海の簒奪をやりたい放題やらせてきた外務省・【櫻井よしこ 安倍首相に申す】

いい加減にしろ!
外務省!




―――――――

【櫻井よしこ 安倍首相に申す】

日中外交 負の結果吟味を


2007/02/08, 産経新聞

 1月31日、中国系香港紙の大公報(電子版)が東シナ海の日中中間線の近くにある『白樺』(中国名・春暁)ガス田で、中国側が昨年9月生産を開始、浙江省の寧波や紹興などの都市に供給を開始したと報じた。

 2月4日、尖閣諸島から西北西30キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船東方紅2号が科学調査活動を行っているのが発見された。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によれば同2号は3日深夜、日中中間線を越えて日本側EEZに入った。違法な海洋調査の発見は4日早朝だ。海保は直ちに警告したが、彼らはそれを無視して同日22時8分まで、調査活動を繰り返した。

 日中間には事前通報制があり、2カ月前に通報すれば調査は行える仕組みだが、今回の調査海域は、未通報だった。

 日本外務省は抗議したが、中国側は「(天然ガス田で)新たな状況が生じているわけではない」「至急、事実関係を調査する」と回答した。



 中国の高笑いが聞こえてくるようだ。彼らは違法に日本の海に侵入し資源を奪う。日本は抗議し、中国は調査を約す。日本は調査に期待するふり、眼前で進行する危機を見ないふりをする。それを見越して中国はさらに日本海域に入り、日本の国益が失われていく。


 平松茂雄氏はもう30年も前から中国の動きについて警告してきた。彼らの意図は明らかだ。日本の資源や領土、領海の簒奪(さんだつ)である。日本の海のみならず、南シナ海、東シナ海、太平洋へと制海権を広げてきた。彼らは力の拡大を、しばらく前までの強面(こわもて)外交や、現在の微笑外交をとり交ぜて行い、日本はその意図を読みとれずに同じパターンで翻弄(ほんろう)されてきた。

 たとえば、1978年4月、100隻以上の武装中国漁船団が尖閣諸島周辺に集まり日本の領海を侵犯した。中国漁船が、政府の許可なしに武装し大挙して日本の領海を侵すことは考えられない。中国政府の意図が働いていたのは明らかだ。しかし、?小平は「偶発的な出来事」と説明し、同種の事件を「今後は二度と起こさない」と弁明した。



 半年後、日中平和友好条約締結のために来日した?小平は「尖閣諸島領有権問題の棚上げ」を提案。日本固有の領土の領有権棚上げの理由は日本側にはない。にもかかわらず、外務省は同調し、巨額の政府開発援助(ODA)を与えた。


 92年2月、中国は突如領海法を作って尖閣諸島は中国領だと内外に宣言。「棚上げ」と言い繕って時間を稼ぎ、時機到来と見るや問題を棚から下ろしたのだ。


 95年12月12日、参院外務委員会で東シナ海の日本のEEZ内で展開される中国の海洋調査は違法ではないかと問われたとき、"外務省のエース"、加藤良三アジア局長(現駐米大使)が「一般的な科学調査」で「問題はない」と答弁。中国の侵害行為に目をつぶったと言わざるを得ない。

 当時、尖閣諸島の灯台建て直しの申請が民間から出されており、日本政府は回答を保留した。すると96年10月12日、銭其(王へん+深のつくりの部分)外相は「この問題(尖閣諸島)の重要性を十分認識し、日本が二度と問題を起こさないことを希望する」と日本政府に書き送った。
78年に問題を起こさないと約束したのは中国だったが、20年もたたないうちにすべてが逆転し、二度と問題を起こすなと言われる側に、日本が立ったのだ。


 外務省の日本への背信行為はなおも続き、2000年8月、河野洋平外相が中国に先述の事前通報制を提唱した。だが、昨年、中国側の事前申請が1件にとどまるのに対し、申請なしの調査は確認されただけでも5件にのぼるように、この制度はほとんど守られてこなかった。それは中国に日本のEEZ内での自由行動を許すものでしかなく、今回の東方紅2号も同様だ。


 安倍晋三首相はこうした日中外交の詳細を振りかえり、外務省主導の外交の負の結果を冷徹に吟味すべきだ。脱官僚の姿勢を外交にも確立し、己の信念で国益を守るのだ。微笑外交に転じた中国同様、穏やかな微笑で、やるべきことをやり通せばよい。海洋国家日本の権益を守る海洋基本法を、速やかに成立させ、東シナ海には海上自衛隊の船を展開させ、尖閣諸島に陸上自衛隊を駐留させるのもよい。中川昭一氏が経産相時代に帝国石油に与えた試掘権の行使も重要だ。

 国家として当然のことを実行したうえで、初めて、中国との話し合いに臨むべきだ。外交は足して二で割る"落とし所探し"であってはならない。まず、断固たる国益の主張がなければならない。

 首相には官僚に頼らずとも十分な識見が備わっている。自信を持って安倍独自外交を展開してよいのである。

―――――――








(関連ニュース)


EEZ内に中国調査船 海保の警告に応じず

 4日午前9時半ごろ、尖閣諸島・魚釣島西北西約30キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船「東方紅2号」(3235トン)が調査活動を実施しているのを第11管区海上保安本部(那覇)の巡視船が発見、調査を中止するよう警告した。調査船は応答せず、調査を継続している。

 11管本部によると、調査船はEEZ内を南へ航行しながら網や筒状の器具を海中に投入。海水などを採取する科学的調査とみられる。

 東方紅2号は昨年7月にも日本のEEZ内に進入し、同様の調査活動を行った。

2007/02/04
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070204/jkn070204006.htm

731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)9・飛行機細菌作戦の怪4・インチキ事実認定ありの民事訴訟なのに、客観的証拠が何ら提出されず事実認定さえもされなかった「731細菌戦賠償訴訟」の出鱈目

―――――――
いま語り継ぐ 戦後60年、そして(5)=弁護士・元日弁連会長の土屋公献さん(82) 戦後補償問題に関心 裁判所は正義の判決を
2005/08/06, 熊本日日新聞

(一部抜粋)

・・・「備えあれば憂いなし」とか言って、軍備を整えたり米軍に助けを求めたり、それが備えだと思っている。しかし戦いに備えるのではなくて、攻めて来られないように、敵になる可能性のある国々と仲良くしなければいけない。そのためには昔のことは謝らなければ。
 (七三一部隊訴訟の弁護団長を務めている)
 訴訟は日中戦争時、旧日本軍の細菌戦部隊が使用したペストやコレラ菌で病気になったり家族が死亡したとして、中国人百八十人が国に損害賠償と謝罪を求めている。
一審に続き控訴審も判決は「七三一部隊が細菌兵器を使用し多くの中国人が死亡した」と
被害の事実は認定したものの賠償請求は「被害者個人が直接、加害国に損害賠償を請求できる規定はなかった」として退けられた。
―――――――



これと似たような報道は新聞やテレビニュースで良く見かける。

反日左翼団体や特定アジア人たちは、このような「事実は認定したものの・・・」という報道を以って、ネット掲示板などで、「裁判所も事実認定した!」と勝ち誇る。

しかし、実は、民事訴訟における「事実認定」は、事実でないことも平気で事実認定しちゃうものなのだ。


以下は、Yahoo!掲示板より


――――――――

『刑事訴訟法』には事実の誤認を理由としての控訴の申立ての条文(第382条)がありますが、『民事訴訟法』にはありません。

何故なら、民事訴訟は事実を争う訴訟ではないからです。

判決の「既判力」は主文の範囲内において有効であり、「事実認定」には、判決の効力は及びません。(第114条)

もちろん「事実認定」の誤りに対しても何の責任もありません。

例えば、誰の目にも嘘八百に思える証言であっても、それが宣誓のもと行われた証言であれば「証拠能力」を認められます。(証拠として採用されます。)

何故なら、「証拠能力」と「証明力」は違うからです。

民事訴訟においては、仮に、被告側が法廷戦術として敢えてこの証言(事実)に反論しなければ、裁判所はその証言(事実)を「事実認定」します。

原告側には色んな目的の方がおられましょうが、被告側の目的は唯一つ、勝訴することです。

事実あなたが提示した通り、原告側は「事実認定」のみに自己満足し、被告側は「事実認定」に関係なく勝訴という結果です。

――――――――


【刑事裁判における「事実認定」と損害賠償請求訴訟における「事実認定」は違う】
【判決の「既判力」は主文の範囲内において有効であり、「事実認定」には、判決の効力は及ばない。】
【民事訴訟は事実を争う訴訟ではない。】

例えば損害賠償を求めて民事訴訟を起こした場合、「損害賠償の可否」が論点であって、それ以外は論点とはならない。
――――――――




で、731部隊細菌戦国家賠償請求訴訟が、実際のところは、どうだったのかと言うと、実は東京地裁の判決文には、【客観的証拠は何ら提出されなかった】と述べられている。

更に、反日左翼団体のブログでは、【東京高裁は、事実認定について触れず、・・・】と述べられている。




つまり、731部隊の細菌戦というのは、インチキ事実認定が平気でまかり通る民事訴訟であるにもかかわらず、客観的証拠が何ら提出されなかったために、裁判所は事実認定についても触れなかったのだ!


これで、731部隊が行ったとされる細菌戦なるものが嘘っぱちのでっち上げであることが確定したのだ。




―――――――
Yahoo!掲示板
トップ > 生活と文化 > ニュース、時事問題 > 海外ニュース > 南京大虐殺・従軍慰安婦強制連行の嘘



Re: 731部隊に関する通説 2006/ 4/ 8 23:01 [ No.9411

投稿者 :
nmwgip


 731部隊について、よく言われている通説は、米軍が細菌兵器のノウハウと引き替えに証拠を隠滅した、というものだが、証拠が隠滅されているのに、何故731部隊は細菌兵器を開発する機関だった、と判るのだろうか。
 証拠が隠滅されてしまっているということは、731部隊が細菌兵器開発の人体実験を行っていたというのは、証拠のない証言のみか?

 731部隊を糾弾するHPに、「東京地裁;裁判で初めて731部隊の存在を認める(02年8月27日)」というタイトルで、地裁の判決文抜粋が収録されている。

 http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/731hannketubunn.htm

 ここで注目すべきは、

> 大半の原告らについては、それ以上に原告らの上記主張事実を確認することができるより客観的な証拠は提出されておらず、これからの事実の的確な認定のためにはなお証拠の追加提出が可能かどうかが検討される必要があると思われるが、上記原告らの各陳述書及び本人尋問における各供述事態は十分了解し得る説得的なものである。

 この一文だろう。
 所詮「客観的な証拠は提出されておらず」なのである。

PS
 ところで、「大日本陸軍命令」って何だろう。
 大日本帝国陸軍、日本陸軍、帝国陸軍が通常の呼称であって、「大日本陸軍」という言い方は無いと思うのだが。


返信

これは メッセージ 9386 kim_hyon_hie さんに対する返信です


―――――――

Re: 731部隊の証拠? 無いよ、そんな物 2006/ 4/14 0:15 [ No.9480

投稿者 :
nmwgip



> 東京高裁の判決は・・・地裁判決に続き認定。

 日本には「中国人戦争被害者の要求を支える会」という恥知らずな団体があってね。

 そこのブログでは、731部隊訴訟高裁判決についてこう言っている。

> 東京高裁は、事実認定について触れず、法律論で請求を棄却しました。
 http://blog.livedoor.jp/suopei/archives/cat_621772.html

 弁護団声明でもこう言っているな。

> 本判決は、これらの事実認定を否定し得なかったがゆえに事実について全く触れていない。
 http://www.suopei.org/saiban/731/hanketsu/seimei-bengodan.html

 余りに幼稚で一々指摘するのも面倒臭い程なんだが、被告が事実を争点としていない以上、民事訴訟で事実認定が行われないのは当たり前であり、「これらの事実認定を否定し得なかったがゆえに」なんて素人を欺く論法は、今時のネチズンには通用しないんだけどな(藁

 まあこの通り、東京高裁では事実認定は行われていない。
 そして東京地裁の方はどうかというと、No.9411でも指摘した通り、所詮は「客観的な証拠は提出されておらず」なのだよ。
 分かったかい?


返信

これは メッセージ 9474 fukagawatohei さんに対する返信です

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.