正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200703
「支那」呼称を非難される謂れはない。「中国」「中華」は差別語だが、「支那」「シナ」は差別語ではない。

一昨晩、nanasisan_no_name君から、私が"支那"という呼称を使用していることに関してイチャモンを付けられた。
――――――
蔑称の意味で"支那"を使っているのであればYahooのほうに届け出ますが・・・
2007/2/4(日) 午後 0:09 [
nanasisan_no_name ]
――――――



折角なので、何故、私がいつも【支那】という言葉を使用しているのか、この機会に説明しておきたい。



結論から言うと、「中国」「中華」は差別語であり、「支那」が正しいと考えているから。

支那人の伝統的な文明観は「中華主義」というやつで、これを「華夷秩序」と言う。
これは差別そのものだ。

「中華主義」「華夷秩序」という差別文明観を取り込んだ「中国」という国名を認めて使用することは、満州やモンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮などの周辺諸国を「野蛮な種族の地」と認めて呼ぶことを意味する。

「支那」「シナ」は差別語ではなく、「シーナ」(オランダ語、ポルトガル語)や「チーナ」(サンスクリット語)や「チャイナ」(英語)と同じなのだ。




だからと言って、私は、「中華」「中国」と言っている人に対して、 「支那」「シナ」と呼べと言う気も全くない。
現実としては、既に「中華」「中国」が一般的となっているので致し方ないと思っている。




「中華」「中国」が差別語である以上、私は使用を出来るだけ控えている。
支那人は、「支那」の何が気に入らないのか不明。
しかも、「中華人民共和国」や「中国」と呼べと言ってる相手は、日本以外にあるのだろうか?
日本以外の国は、「チャイナ」や「シーヌ」や「シーナ」のままで良くて、日本だけに「シナ」から「中国」に変更しろと言ってるのではないのか?

支那が日本に、「中国と呼べ」と言って来たのは、終戦の翌年1946年だった。
アメリカのお蔭で一応「戦勝国?」となった国民政府(蒋介石政権)が、アメリカに占領されて主権がなかった日本に対して要求したのだった。


「日本では敗戦直後の1946年に中華民国からの要望により、支那を中国と呼ぶように外務省から通達が出され、公務員が公務を行っている時のみは支那を使うことや公共電波での支那呼称は禁止されている(当時の外務省局長級通達による)。ただし、上記通達で禁止されているのは「国名としての『支那』」呼称のみであり、歴史的・地理的および学術的呼称の場合は必ずしも従う必要はない。上記通達でも「東シナ海」「支那事変(日支事変)」などの名はやむを得ないとされている(現実には支那事変は日中戦争に取って代わられた)。」




また、「支那」という言葉(表記)は、清国より遥か大昔からあった。
「支那」という表記を発明したのは古代シナ人だった。



――――――――
"支那"原是"Cina" 的音譯,是古代印度対古代中国的称呼,最早出現在梵文佛経中。梵文Cina進入不同的語言中,其読音変化不大,譯音是"China"、"支那"、"脂那"、"至那"或"震旦"。

1999年5月7日付けの「人民日報、支那源流考」
――――――――
中国でも仏典や、「宋史」などに支那という語が使われているそうだ。

北京かわら版 1999年3月 第90号 雑学 中国を繙く24
「支那」は本当に悪くない言葉か(1) 櫻井澄夫(元JCB北京事務所所長)
――――――――





梵語(サンスクリット語)
チーナ,ティン

漢訳仏典
支那,脂那,チナ

フランス語
ラ・シーヌ

英語
チャイナ

ドイツ語
ヒーナ

イタリア語
ラ・チーナ

オランダ語
シーナ

ポルトガル語
シーナ

スペイン語
チナ

日本語
支那,シナ




まとめ(参考コピペ)

――――――
まず、「シナ」の語源ですが、支那史上最初の統一帝国「秦」(チン Ch'in 前221-207)から来ています。
この「チン」(秦)がインド(サンス クリット語)に伝わり、「チーナ」(Cina)・「ティン」(Thin)となり、更にヨーロッパへ伝わり、「シーヌ」(Chine 仏語)・「チャイナ」(China 英語)と変化していった訳です。
そして、戦前の日本で広く使用された「支那」もこれと同様で、梵語(サンスクリット語)の「チーナ」がインドの仏典と 一緒に支那に逆輸入されたもので支那人自身が「支那」・「脂那」と表記したのが起源です。
つまり、支那側が侮蔑用語としている「支那」の表記は、支那自身が編み出したもので、日本人は江戸時代中期以来終戦までそれを借用していたに過ぎないのです。
また、日本人が使用していた「支那」が侮蔑用語だというならば、「シーヌ」も「チャイナ」も侮蔑用語となる訳で(語源は全て同じなのだから)、支那が自国の英語表記を「People's Republic of China」(支那人民共和国)とする事自体矛盾している訳です。

「中国」の呼称に潜む真の意味について書いてみようと思います。
支那の現国名「中華人民共和国」の「中華」ですが、この中の「華」とは古代支那の王朝「夏」が起源で、「中夏」とも書かれました。
そして、「中国」・「中華」の「中」とは、「世界 の中心」を意味しており、「中華」とは、「世界の中心である夏(華)」と言った意味なのです。
そして、この「中国」・「中華」とは裏を返せば、支那周辺の国々は「野蛮で非文化的な未開な地」と言う意味も込められています。
これが「中華思想」と呼ばれるもので、支那の周辺国は方角によって、東夷・西戎・南蛮・北狄と呼ばれました。
勿論、私たちが住む日本も例外ではありません。
「邪馬台国」や「女王卑弥呼」で有名な「魏志倭人伝」も、正式には「魏志東夷伝倭人条」と言います。
つまり元来、日本人が支那の事を「中国」と呼ぶ のは大義名分からしても不自然な訳で(あの「広辞苑」にもそう書かれています)、支那側が自国の呼称としている「中国」(及び「中華」)は、逆の意味で「支那」以上に侮蔑用語なのです。
――――――






繰り返す。

「中華主義」「華夷秩序」という差別文明観を取り込んだ「中国」という国名を認めて使用することは、満州やモンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮などの周辺諸国を「野蛮な種族の地」と認めて呼ぶことを意味する。

私は、満州やモンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮などの周辺諸国に対して非常に失礼な「中国」という言葉の使用をしたくないだけ。


以上

わかったね。
nanasisan_no_name君

「支那」呼称を非難される謂れはない。「中国」「中華」は差別語だが、「支那」「シナ」は差別語ではない。

一昨晩、nanasisan_no_name君から、私が"支那"という呼称を使用していることに関してイチャモンを付けられた。
――――――
蔑称の意味で"支那"を使っているのであればYahooのほうに届け出ますが・・・
2007/2/4(日) 午後 0:09 [
nanasisan_no_name ]
――――――



折角なので、何故、私がいつも【支那】という言葉を使用しているのか、この機会に説明しておきたい。



結論から言うと、「中国」「中華」は差別語であり、「支那」が正しいと考えているから。

支那人の伝統的な文明観は「中華主義」というやつで、これを「華夷秩序」と言う。
これは差別そのものだ。

「中華主義」「華夷秩序」という差別文明観を取り込んだ「中国」という国名を認めて使用することは、満州やモンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮などの周辺諸国を「野蛮な種族の地」と認めて呼ぶことを意味する。

「支那」「シナ」は差別語ではなく、「シーナ」(オランダ語、ポルトガル語)や「チーナ」(サンスクリット語)や「チャイナ」(英語)と同じなのだ。




だからと言って、私は、「中華」「中国」と言っている人に対して、 「支那」「シナ」と呼べと言う気も全くない。
現実としては、既に「中華」「中国」が一般的となっているので致し方ないと思っている。




「中華」「中国」が差別語である以上、私は使用を出来るだけ控えている。
支那人は、「支那」の何が気に入らないのか不明。
しかも、「中華人民共和国」や「中国」と呼べと言ってる相手は、日本以外にあるのだろうか?
日本以外の国は、「チャイナ」や「シーヌ」や「シーナ」のままで良くて、日本だけに「シナ」から「中国」に変更しろと言ってるのではないのか?

支那が日本に、「中国と呼べ」と言って来たのは、終戦の翌年1946年だった。
アメリカのお蔭で一応「戦勝国?」となった国民政府(蒋介石政権)が、アメリカに占領されて主権がなかった日本に対して要求したのだった。


「日本では敗戦直後の1946年に中華民国からの要望により、支那を中国と呼ぶように外務省から通達が出され、公務員が公務を行っている時のみは支那を使うことや公共電波での支那呼称は禁止されている(当時の外務省局長級通達による)。ただし、上記通達で禁止されているのは「国名としての『支那』」呼称のみであり、歴史的・地理的および学術的呼称の場合は必ずしも従う必要はない。上記通達でも「東シナ海」「支那事変(日支事変)」などの名はやむを得ないとされている(現実には支那事変は日中戦争に取って代わられた)。」




また、「支那」という言葉(表記)は、清国より遥か大昔からあった。
「支那」という表記を発明したのは古代シナ人だった。



――――――――
"支那"原是"Cina" 的音譯,是古代印度対古代中国的称呼,最早出現在梵文佛経中。梵文Cina進入不同的語言中,其読音変化不大,譯音是"China"、"支那"、"脂那"、"至那"或"震旦"。

1999年5月7日付けの「人民日報、支那源流考」
――――――――
中国でも仏典や、「宋史」などに支那という語が使われているそうだ。

北京かわら版 1999年3月 第90号 雑学 中国を繙く24
「支那」は本当に悪くない言葉か(1) 櫻井澄夫(元JCB北京事務所所長)
――――――――





梵語(サンスクリット語)
チーナ,ティン

漢訳仏典
支那,脂那,チナ

フランス語
ラ・シーヌ

英語
チャイナ

ドイツ語
ヒーナ

イタリア語
ラ・チーナ

オランダ語
シーナ

ポルトガル語
シーナ

スペイン語
チナ

日本語
支那,シナ




まとめ(参考コピペ)

――――――
まず、「シナ」の語源ですが、支那史上最初の統一帝国「秦」(チン Ch'in 前221-207)から来ています。
この「チン」(秦)がインド(サンス クリット語)に伝わり、「チーナ」(Cina)・「ティン」(Thin)となり、更にヨーロッパへ伝わり、「シーヌ」(Chine 仏語)・「チャイナ」(China 英語)と変化していった訳です。
そして、戦前の日本で広く使用された「支那」もこれと同様で、梵語(サンスクリット語)の「チーナ」がインドの仏典と 一緒に支那に逆輸入されたもので支那人自身が「支那」・「脂那」と表記したのが起源です。
つまり、支那側が侮蔑用語としている「支那」の表記は、支那自身が編み出したもので、日本人は江戸時代中期以来終戦までそれを借用していたに過ぎないのです。
また、日本人が使用していた「支那」が侮蔑用語だというならば、「シーヌ」も「チャイナ」も侮蔑用語となる訳で(語源は全て同じなのだから)、支那が自国の英語表記を「People's Republic of China」(支那人民共和国)とする事自体矛盾している訳です。

「中国」の呼称に潜む真の意味について書いてみようと思います。
支那の現国名「中華人民共和国」の「中華」ですが、この中の「華」とは古代支那の王朝「夏」が起源で、「中夏」とも書かれました。
そして、「中国」・「中華」の「中」とは、「世界 の中心」を意味しており、「中華」とは、「世界の中心である夏(華)」と言った意味なのです。
そして、この「中国」・「中華」とは裏を返せば、支那周辺の国々は「野蛮で非文化的な未開な地」と言う意味も込められています。
これが「中華思想」と呼ばれるもので、支那の周辺国は方角によって、東夷・西戎・南蛮・北狄と呼ばれました。
勿論、私たちが住む日本も例外ではありません。
「邪馬台国」や「女王卑弥呼」で有名な「魏志倭人伝」も、正式には「魏志東夷伝倭人条」と言います。
つまり元来、日本人が支那の事を「中国」と呼ぶ のは大義名分からしても不自然な訳で(あの「広辞苑」にもそう書かれています)、支那側が自国の呼称としている「中国」(及び「中華」)は、逆の意味で「支那」以上に侮蔑用語なのです。
――――――






繰り返す。

「中華主義」「華夷秩序」という差別文明観を取り込んだ「中国」という国名を認めて使用することは、満州やモンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮などの周辺諸国を「野蛮な種族の地」と認めて呼ぶことを意味する。

私は、満州やモンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮などの周辺諸国に対して非常に失礼な「中国」という言葉の使用をしたくないだけ。


以上

わかったね。
nanasisan_no_name君

北核放棄でも「日本はエネルギー支援せず」←真っ当だ!だが、日本の核武装は?産経新聞論説副委員長の中静敬一郎氏は核武装論者

産経新聞の論説副委員長の中静敬一郎氏は、どうやら、「日本は核武装するべきだ」と思っているようだ。

今朝の記事を読んでそう思ったのだが、今後は是非、「日本は核武装が必要だ」と明言してほしい。



――――――――
【風を読む】
論説副委員長 中静敬一郎
2007/02/05, 産経新聞



 核保有国の北朝鮮とそうでない日本との力関係が大きく変化してしまったことを押さえておきたい。先に訪朝した山崎拓元自民党副総裁が「(6カ国協議で)日本は今、何の役割もない並び大名になってしまっている」(1月18日付毎日新聞夕刊)と述べたことや、北が日本を小人を意味する「倭(わ)国」と悪口をいっていることも変容の本質の一端を物語っている。

 北が核実験に成功した昨年10月9日の前は、日朝の国力の差は隔絶したものだった。国内総生産(GDP)は日本4兆7000億ドルに対し、北朝鮮は220億ドルで214分の1、1人当たりGDPは日本3万6850ドルで北は969ドルで38分の1。人口は日本1億2742万人に対し、北は2291万人で6分の1弱だ。



 それが核兵器によって一変してしまうことをフランスの核抑止論を確立したピエール・ガロワ将軍はかつてこう予測していた。

 「核保有国と、この兵器を持っていない国との間では、空前の不均衡が生じる。核戦力を持っていない国は、核保有国に対してまったくの無防備状態にあるということと、軍事同盟体制に依存していても、昨日まで得られた安全保障をもはや期待することはできないという二重の不利を負うことになる」(核戦略と中級国家)

 日本の安全保障が、核保有国を前にして、いかに危ういものになっているかを示していよう。


 作家の塩野七生さんは本紙1月22日付朝刊の「話の肖像画」インタビューで、ローマが1000年以上続いた理由について、「運がよかったからでも、彼らの資質が特別に優れていたからでもありません」と指摘したうえで、「自分たちの姿を直視し、それを改善してゆく勇気があったからです」と語ったことをかみしめたい。
――――――――



■参考記事

通常兵器は核抑止力たりえない 。核兵器と通常兵器では破壊力が違いすぎる。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4587986.html







ところで、昨夜、2月8日から再開される6カ国協議で、北朝鮮が核施設の稼働停止やIAEAによる査察容認の見返りとして、年間50万トン以上の重油提供など大型エネルギー支援を要求するという話があった。

それについて、私は、断固反対と述べた。


また騙されるのか?!重油50万トン以上、5カ国に要求へ・核施設凍結の条件・北朝鮮・実現すれば日本の大惨敗
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/13172074.html




そしたら、本日、日本政府は、「たとえ北朝鮮が核を放棄しても、エネルギー支援をやることはまったく考えていない」と実に真っ当な見解を示した。

この辺は安倍首相の見識の高さがうかがえ、とても安心した。

その調子で頑張れば支持率低下に歯止めがかかる日も近いだろう。




――――――――
北核放棄でも「日本はエネルギー支援せず」 官房長官

 塩崎恭久官房長官は5日午後の記者会見で、北朝鮮が核放棄の見返りとして求めた50万トン以上の重油供給について「核の問題でエネルギー支援をやることはまったく考えていない」と述べ、日本としてエネルギー支援に参加することはないとの認識を示した。

 同時に「確実に(非核化が)進展していくようにしなければならない。北朝鮮は核保有国だと主張しているが、そうではないところまで、(核放棄の)具体的ステップをとっていただくことが一番大事だ」と指摘した。

 これに関連し、政府高官は「ヒル米国務次官補は日本にとっては拉致問題が重要だと言っており、日本がすぐに支援するとは思っていないだろう」と述べ、米国も日本の立場を支持していることを強調した。

(2007/02/05 19:20)
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070205/skk070205002.htm




拉致進展なければ協力せず 対北エネルギー支援 官房長官
2007/02/06, FujiSankei Business i.

 塩崎恭久官房長官は5日午後の記者会見で、8日から再開される6カ国協議で、拉致問題が進展しない場合にエネルギー支援に応じる可能性について「少なくとも核の問題(の進展のみ)で、そのままエネルギー支援というようなことは全く考えていない」と否定した。日本の対北支援の可能性は「(日朝)2国間の話し合いが、巷間(こうかん)流れているようにスタートすれば、いろいろな話が出てくるかもしれない」と述べるにとどめた。

731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)6・飛行機細菌作戦の怪1・おかしな井本熊男の業務日誌(井本日誌)

Yahoo!掲示板
トップ > 生活と文化 > ニュース、時事問題 > 海外ニュース > 日本の戦争責任



おかしな井本日誌  2004/ 6/ 5 5:59 [ No.2968

投稿者 :
rekisisiranai


 井本日誌とは参謀本部の井本熊男氏が綴った業務日誌で防衛庁の図書館にあったものを吉見義明氏が発見したという。

 そこには、731部隊がやったといわれる「衢州や寧波への飛行機での細菌攻撃」についての記載がある。
 勿論、大事な事は符号で示されているが。

 これは、裁判の重要な証拠として利用されている。
 しかし、この記録、漠然と見れば、訴えを補強する材料に見えるが、細部を見れば、おかしな記述もみえる。


裁判記録では


―――――――
4 1940年9月10日の井本日誌
次の9月10日の日誌は、井本が奈良部隊の大田澄(中佐)と増田美保(大尉)から、攻撃目標と細菌輸送に関して報告を受けた内容を記載したものである(次頁のとおり。甲1の10頁)。
 次頁の記載のとおり、大田澄及び増田美保は、航空写真等による捜索の結果、攻撃目標地点は寧波と衢県が適当であること、さらに金華を候補にあげたことを井本に報告した。第1回の細菌戦輸送の弾薬は、当初予定された「C」(コレラ菌)ではなく「T」(チフス菌)に変更された


5 1940年9月18日の井本日誌
 次の9月18日の日誌は、井本が奈良部隊との間で確認した細菌戦の具体的実行計画の内容を記載したものである(次頁のとおり。甲1の10頁)。
 次頁の記載のとおり、奈良部隊との間で確認した細菌戦の具体的実行計画の内容は、攻撃目標として寧波、金華に加え、新たに玉山・温州・台州などの地名をあげ、寧波には、1キロメートル四方当たり1・5キログラムなどと、攻撃目標ごとの細菌使用量などが示された。
 細菌の生産量は、コレラ菌(「C」)が1日あたり10キロ、チフス菌(「T」)はそれ以上が見込まれていた。


6 1940年10月7日の井本日誌
 次の10月7日の日誌は、井本が、奈良部隊の中心的実行者であった山本吉郎(参謀)、福森憲雄(少佐)、大田澄、金子順一(大尉)、増田美保の5名から細菌戦の実施状況と実施の教訓についての報告を受けた内容を記載したものである(次頁のとおり。甲1の11頁)。
次頁の記載から、1940年9月18日ないし同年10月7日の期間に、日本軍は浙江省において6回の細菌攻撃を行った。なお、「蚤」は、ペスト感染ノミのことである。 また、攻撃の効果の判定のために密偵(スパイ)による調査を行うこと、攻撃目標及び攻撃方法に融通性を持たせること、攻撃方法を重複することができること、細菌戦の将来については継続する見通しであることなどが報告された。
―――――――


とある。


 これらは、非常に具体的で一見信憑性があるように見える、が、何かおかしい。
 というのは、

 9月10日の予定では、攻撃目標は寧波と衢県・金華(これは問題ない)で、
 細菌は「C」(コレラ菌)から「T」(チフス菌)に変更されている。

 そして、9月18日の日誌でも、細菌は「C」(コレラ菌)と「T」(チフス菌)しか書いてない。



 しかし、実際に使われたというのはペスト菌である、これはどういう事なのか。
 打ち合わせに、まったく出てこないペスト菌が使われている。



 
 1942年10月5日の日誌に「衢県Tハ井戸ニ入レタルモ之ハ成功セシカ如シ(水中ニテトケル)」との報告を受けた。
 とあるが、中国側の証言を見る限り、衢県が日本軍に占領されたとは書いてない。



 中国側の支配地の中の井戸にどうやって「T」(チフス菌)を入れたのか、
 それに衢州は、チフスについては言及していないが。

 この作戦が、事実かどうかは判らないが、事実とした場合、最初に細菌を用意してから二年も経って実施するとはどういうことなのか。理解に苦しむ。




1942年10月2日。中国政府が日本の細菌戦を非難し始めたので、井本は、「ホ」号の件として、「〔参謀〕次長電ニ依リテ飛行機ニ依リ実施スルコトハ当分ノ間延期スヘキ旨電報」をうった


 中国側から非難されたから、やめるって、一体どういう作戦なのか。ならば最初からしなければいいのに。
 それに、中国側も始まって二年も経った後から非難するとはどういうことなのか。



 なんとも、おかしな話である。
 こんな資料でも、中国側が用いる時は、良いのだ。








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

また騙されるのか?!重油50万トン以上、5カ国に要求へ・核施設凍結の条件・北朝鮮・実現すれば日本の大惨敗

重油50万トン以上、5カ国に要求へ=核施設凍結の条件-北朝鮮
2月4日、時事通信

 8日から北京で再開される北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議で、北朝鮮は核施設の稼働停止や国際原子力機関(IAEA)による査察容認の見返りとして、年間50万トン以上の重油提供など大型エネルギー支援を他の5カ国に要求する方針であることが分かった。
 3日まで北朝鮮を訪れた元米国務省担当官のジョエル・ウィット氏が4日、滞在先の東京で、6カ国協議の北朝鮮首席代表、金桂冠外務次官らの発言として明らかにした。ウィット氏と平壌で会談した金次官らは核施設凍結に応じる条件として、米国によるテロ支援国家指定の解除や金融制裁解除に向けた具体的措置も求めたという。
―――――――




こんなことは絶対に容認してはならない。

仮に北朝鮮が、核施設の稼働停止やIAEAの査察を受け入れても、【年間50万トン以上の重油提供など大型エネルギー支援】なんて絶対にしてはならない。

これじゃ、1994年~2003年の「米朝枠組み合意」の状態に逆戻りするだけだ。

しかも、北朝鮮の核爆弾の設計図や研究者の頭脳は確実に進歩している。
これを繰り返されることは、北朝鮮の完全勝利と日本の完全敗北を意味する。

精一杯厳しい制裁を科しておいて、北朝鮮が譲歩したら若干緩める程度が限界だ。
この報道どおりのことが実現したら、北朝鮮の大勝利となる。



また騙されるのか?!

?(・_・;)




金正日の核には、日本の核武装以上の最善策はない!



\(`o'")コラーッ

もう騙されるな!

過ちを繰り返すな。




(関連記事)

また騙されるのか?! 「核放棄具体策 北、協議応じる意向」 「エネルギー支援、米朝・日朝の国交正常化のための作業部会の設置…」
2006/12/15
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9082302.html


北次第で限定支援:外務省首脳――ハァ? また騙されるのか?!?.....来週核実験実施の可能性も、北朝鮮―─韓国国防相
2006/12/16
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9118780.html

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.