正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200703
731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)5・フェル・レポートの怪・中川八洋筑波大学教授・『悪魔の飽食』は旧ソ連のプロパガンダだった

『悪魔の飽食』は旧ソ連のプロパガンダだった
中川八洋・筑波大学教授
「正論」平成14年11月号




・・・GHQの占領下で、米国は石井四郎ら731部隊関係者を調査した。

 その報告書を次にリストする。

 1.サンダース・レポート(1945年11月および同12月)
 2.トンプソン・レポート(1946年5月)
 3.フェル・レポート(以下、1947年6月20日のものを「第一」、24日のものを「第二」という)
 4.ヒル・レポート(1947年12月)

 森村誠一は、『続・悪魔の飽食』の中とじ写真Bのトンプソン・レポートを「フェル・レポート」、写真Cのサンダース・レポートを「トンプソン・レポート」と誤記している。悪意はなさそうだが、このような杜撰さは「ホラー小説」にすぎない、その著作全体の捏造性と無関係ではないだろう。

 軍医中佐サンダースのレポートにも、獣医中佐トンプソンのレポートにも、「石井731部隊」が人体実験を行ったという記述は一行もなく、細菌兵器の実用化に至らなかったと結論している。

トンプソン・レポートの結論の部分を引用しておこう。
・・・・・・・・・
4.・・・生物兵器を実用的な武器として開発する上で障害となった。5.生物兵器が実用化されても、日本がそれを使ったとは思えない。すなわち彼らは化学兵器による報復を恐れていた。
(常石敬一『標的イシイ』、大月書店、327頁、以下のカッコ内頁数も同書)。
・・・・・・・・・

 人体実験をしたと主張する最初の文献は、1947年6月20日付フェル博士の、米国陸軍科学戦部隊長あてに送った「第一レポート」である。そのなかで、旧・石井731部隊の「重要人物19人」が「1ヶ月かけて作成した」と称する「人間を使った細菌戦研究について60ページの英文レポート」なるものに言及している。(256頁)。しかしこの「60ページの英文レポート」を米国に送付した(持ち帰った)形跡はほぼ絶無である。そして、なぜか、その「要約」だけを送付している。

 すなわち、「60ページの英文レポート」には19名のサインがなければならないが、「要約」にはサインは不要であるから、フェル博士が「要約」すべてをでっちあげた可能性が高い(仮説1)。

・・・【中略】・・・

 とくに「フェル第一レポート」全体は、捏造と推断できる内容に満ちすぎている。端的にいえば、空想された“創り話の虚偽報告”である。例えば、石井四郎が「目下、細菌戦計画の全貌について執筆中である」(256頁)とも述べているが、執筆された形跡は絶無である(仮説5)。仮にそんな計画が存在したとすれば尚のこと、石井は拷問されても書くことはないのは当たり前ではないか。そもそも731部隊の技術水準は、爆弾すら完成させられず、実戦体制に入っていた英国などとは異なって細菌戦を計画立案するレベルにも達していなかった。

・・・【中略】・・・

 第二レポートにあるように、全くの部外者で専門家でもない亀井貫一郎やアラマキ・ヒロトをなぜフェルは「調査」したのだろうか。(註:亀井は戦前社会大衆党代議士のマルキスト、アラマキはその秘書で、二人とも医者ですらない部外者)ここにも、フェルの不可解な行動がある。第二レポートでの人体実験についての言及はこの亀井が「増田から聞いた」という“伝聞”しかない。しかし、この時インタヴューされた増田本人はそんなことは何も語っていない。・・・

・・・【中略】・・・

 フェル博士は、米陸軍細菌兵器研究所キャンプ・デトリックのパイロット・プラント・エンジニアリング部の主任であるが、軍医(軍人)ではない。その経歴は調査する必要があるが、自らのレポートにこれだけの創作話を書くとすれば、そして第一レポートの内容が二年半後のハバロフスク裁判での「偽証」と同一であることを考えれば、フェルがソ連のエージェント(工作員)であった(仮説9)、と推定できる。

・・・・・・・・・

しかし、第一レポートにある、全面的な創作であろう“幻の60ページの英文レポート”の「要約」は、米国政府・軍内を徘徊したらしく、1947年8月5日付で海軍情報局長が関係者に配布している(423頁~434頁)。しかし、米国政府・軍に対するフェルの偽情報工作は失敗したのかも知れない。フェルが6月に帰国してから4ヵ月後の1947年10月、キャンプ・デトリックは、ヒル博士(基礎科学部主任)を再派遣した。フェルに対する疑いの調査も任務だったのかも知れない(仮説10)。

 このヒル・レポート(同年12月)は、信頼性が全くないフェル・レポートとは異なり、おどろおどろしい「物語」などは全くない。冷静に一分野に限ってのみ人体実験を行ったと分析している。すなわち、「人間について各病原体毎の感染に必要な各細菌の量に関するものである。こうした情報は人体実験に対するためらいがある、われわれの研究室で得ることはできない」(265頁)と述べている。



「人間に感染する細菌の量を人間で実験した」というのである。731部隊にかかわる論争はこの一点の真偽を確定することに限ってのみ根拠がある。が、他の事項に関しては論争する以前のものばかりで、何らの根拠も存在せず、妄想の域のものばかりである。加えてヒル・レポートは、人体実験の「唯一の物的証拠」は、石川太刀雄丸が敗戦前の1943年に日本に持ち帰った病理標本だけ、と結論付けている。731部隊にからみ、人体実験の“証拠”はそれ以外まったく存在しないのである。


・・・【中略】・・・

 第二次世界大戦中、細菌兵器を攻勢作戦で使用できる態勢にあったのは英国、ロシア、米国の三ヶ国であった。化学兵器では最先進国のドイツはなぜか細菌兵器では遅れをとった。石井中将が発明した宇治式爆弾のお粗末さを見てもわかるように、日本は、英米露から見ればB兵器の後進国であった。

 前に述べたフェル第一レポートですら、「我々(米国)が大規模生産という点でも、気象学の研究という点からも、実用的軍需生産という点でも、日本より十分優れていたことは明白である」と述べている。・・・【中略】・・・石川太刀雄丸がもっていた病理標本のほかは、米国は石井731部隊から学ぶものがなかった。東京裁判に訴追しなかったのは、取引をしたからではない。「免責」という言葉を与えたようだが、初めから訴追する気がなかった。石井731部隊の訴追にソ連の謀略の匂いを、米国は充分に嗅ぎとっていたからである。
―――――――――




一言付け加えるならば、病理標本(臓器標本ではない)は大量の臨床例があれば人体実験をしなくても作成できる。
そして満州は風土病の宝庫だった。
病理標本の存在だけで、人体実験の実在を断定することは不可能だ。




以上は、
・・・・・・・・
Yahoo!掲示板
トップ > 生活と文化 > ニュース、時事問題 > 海外ニュース > 南京大虐殺・従軍慰安婦強制連行の嘘

2006/ 1/10 21:58 [ No.8235

投稿者 :
nmwgip
・・・・・・・・
より
(様式等を若干修正)




石川太刀雄丸が日本に持ち帰った病理標本
ペストに関するQ報告(英訳レポート)の一部
「731生体解剖標本」
  ↑  ↑  ↑
実は、新京や農安でペストが流行した際の死亡者の病理解剖標本らしい…



■関連記事

731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)1・松村高夫の「731生体解剖標本」の怪
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12852767.html





過去4回の記事と5回目の当該記事を併せて考えると、731部隊の人体実験とか生体解剖などというものが、嘘、捏造、でっち上げ、プロパガンダ、作り話、フィクション、ホラー小説…であったことが確実だ。


次回からは、731部隊の細菌戦が、嘘、捏造、でっち上げ、プロパガンダ、作り話、フィクション、ホラー小説…であることについて述べる。








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

「産む機械」-少子化の根底に女性不信・柳沢厚生労働大臣が四面楚歌・メディアの手癖も恥知らず丸出し・辻本清美ら女性議員たちの一斉文句に萎えーー・進退に影響与える愛知知事選と北九州市長選が4日投開票

【コラム・断】「産む機械」-少子化の根底に女性不信 

 「女性は≪産む機械≫」発言で、柳沢厚生労働大臣が四面楚歌(そか)、立ち往生であります。

 政治家の発言としてちと不用意だった、それは確かですが、しかし相も変わらず、前後の脈絡すっとばして片言隻句を揚げ足取りして騒ぎ立てるメディアの手癖も恥知らず丸出し。ましてや、その尻馬に乗って女性議員たちが一斉に文句つけるありさまには、いやもう、心底萎(な)えました。なにせあなた、高市早苗から辻本清美まで申し合わせたように「許せない」ですと。

 少し前、少子化対策と称して、政府主導で集団見合いを、と真顔で提言されてた女性大臣もいらっしゃいました。とにかく、つがいをこさえりゃ何とかなる、頭数さえ増やしてくれりゃいい、というその発想は、今回の「産む機械」発言と似たようなもの。同様に、ニートや引きこもりを何とか働かせようという画策や、ホワイトカラーにタダ残業させようという例のホワイトカラーなんちゃらも、人ひとりを労働力、生産機械として考える上じゃ同列でしょう。

 で、政策的な観点というのがそういう間尺になっちまうのも、ある意味しようがないわけで、戦前の「一銭五厘」から高度成長期の「金の卵」まで、もの言いとしては連綿とあります。なのに、他でもない代議士サマがそのへんの事情も抜きにして、大文字の「オンナ」をひとり勝手に背負って立つような居丈高な身ぶりや言動でここぞと騒ぐそのさまが、まず何より疎ましい。

 少子化の現在には、オトコの側の深刻な女性不信、「おんなぎらい」が横たわっていることも、さて、まなじり決して正義の味方ぶりっこの女性議員たちは、どれだけ気づいていらっしゃるんでしょうか。(民俗学者・大月隆寛)

2007/02/04
産経新聞
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070204/skk070204001.htm

―――――――


愛知知事選と北九州市長選・4日投開票
 愛知県知事選と北九州市長選が4日、投票、即日開票される。いずれも与野党対決の構図となっており、選挙結果は女性を「産む機械」に例えた柳沢伯夫厚生労働相の進退を巡る攻防の行方にも影響を与えそうだ。
日経新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070204AT3S0300K03022007.html

―――――――




(関連記事)


「国営お見合いパーティー」猪口大臣案を蓮舫氏が斬る
ニュース・スピリッツ

「週刊朝日」2006年6月9日増大号

 猪口邦子少子化担当相が、またまたお騒がせである。
 独身男女の出会いの場を設ける案として、国営の「お見合いパーティー」の主催を閣内で打診していたことが5月19日わかった。出生率が日本を下回るシンガポールなどでは、結婚奨励を国家事業と位置づけ、国営のお見合いセンターがパーティーを頻繁に開いているというのがその理由だ。
 ところが、週明けにはそんな少子化対策案でひとり走る猪口氏に、自身がトップを務める「少子化社会対策推進専門委員会」の委員6人が、
 「経済支援策に偏重しており、我々がまとめた少子化対策案とは大きく異なる」
 と抗議した。働き方の見直しや、地域や家庭での子育て支援などの環境整備も重視すべきというのが、委員たちの言い分だ。
 5月23日には、閣議後の記者会見で猪口氏が、
 「(仕事と育児の)両立支援はもともと重視している」
 と釈明する騒ぎに発展した。
 民主党参議院議員の蓮舫氏はこう話す。
 「お見合いパーティーはまだシンガポールで効果が出ていませんし、あまりに非現実的。少子化はいまやアジア全体の問題です。香港や台湾、中国などでも施策を講じていますが、結果が出ていない。大臣は、出産無料化やスクールバスの導入、乳幼児手当の創出などをおっしゃっていますが、特に出産無料化と乳幼児手当についてはその後、『政府内で調整したい』など発言を修正なさっています。大臣の行動はいささかフライング気味ですね」
 とはいえ、蓮舫氏はどれもやってみる価値があると付け加える。
 「朝令暮改だと、逆に期待や希望を持った人々の間に失望感が広がる恐れがあります。問題なのは少子化担当大臣には予算がないこと。大臣としては、来年度予算で何としても計上したいという焦燥感があったはず」
 焦りと戸惑いが、発言を二転三転させる結果になったのでは、というのだ。
 しかも、大臣は霞が関の調整システムをほとんど認識していないという声も聞こえる。実際、猪口氏は、
 「財源は財務省が考えるべきことです」
 と予算委員会で発言。各省庁との調整役もいなければ、財務省とのパイプもないことが図らずも露呈した格好だ。
 垣間見えるのは“姫”の孤独か――。

―――――――


【用語解説】
ホワイトカラー・エグゼンプション
 労働基準法に基づく労働の時間規制をはずし、成果に応じて賃金を支払う制度。米国では1938年に導入され、一定要件を満たした
(1)管理職
(2)運営職(プロジェクト・リーダーなど)
(3)専門職(教師や法律家)
に3分類される。
当初は経営者に近い高所得者に限られた一種のステータスシンボルだったが、現在はファストフードの副店長クラスにまで適用可能とされる。

―――――――





私は、柳沢厚生労働大臣のことが嫌いだ。
朝鮮総連に不正融資(北朝鮮への不正送金)をして破綻した朝銀信用組合に莫大な公的資金(日本国民の税金)を投入した際の金融担当大臣だったからだ。


―――――――
朝銀問題で議員有志「決議文」
2002/07/19, 産経新聞

 朝銀信用組合の破綻処理問題で、受け皿となる4信組のうち近畿の3信組は19日の臨時総代会で、政府が公的資金投入の条件とする日本人理事長の受け入れを決める。
 一方、国会議員有志でつくる「朝銀問題を考える超党派の会」(中山利生会長)は18日、「朝銀を解散させることが最も妥当」「公的資金を投入する場合は、受け皿組合の役員から朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の幹部や元幹部を排除する」などとする決議文を福田康夫官房長官と柳沢伯夫金融担当相に届けた。




(参考)

在日朝鮮人の脱税資金41億円を日本国民の税金で保護!?(・・。)は??
旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入へ\(`o'")コラーッ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10166294.html
―――――――




それでも、こんなことで大騒ぎするのはおかしい。

柳沢厚生労働大臣の発言の主旨は、決して「女性は≪産む機械≫」ということにあったわけではない。

福島瑞穂、辻本清美、岡崎トミ子など…日本を代表する国賊議員やマスコミが寄って集って、虐め(イジメ)をしているようなものだ。
こんな様子をいつまでもしつこくテレビ等で見せ続けられては、学校の虐めもいつまで経ってもなくならない。

こんなことで何時までも馬鹿騒ぎしているより、もっと重要なことを国会で議論しろ!

民主党議員の朝鮮総連からの献金受け取り問題はどうなった?!

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.