FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200703
「トイザらス」の支那製おもちゃ(made in China)から環境ホルモン(毒)検出、回収へ

支那製の玩具から毒が検出され、川崎市は、「日本トイザらス」に回収を指示した。

昨年3月には、made in China のブレスレットで米国の幼児が死亡した。

先日は、広州市の衣服の過半数が発癌物質などで不合格になっていたことが報じられていた。

食品に関しては、言わずもがな、である。

いい加減、金儲けのために、支那でモノを生産したり支那製品を輸入するのはやめるべきではないのか?!




―――――――
「トイザらス」おもちゃから環境ホルモン検出、回収へ

 おもちゃ販売大手「日本トイザらス」(川崎市)が販売した塩化ビニール製のおもちゃから、食品衛生法で使用が禁じられている「フタル酸ビス」が検出されたことが、1日わかった。

 フタル酸ビスは環境ホルモンの一種とされ、なめたりすると、将来的に生殖機能などに影響が出る可能性もあり、同社は川崎市の指示で回収を決めた。

 問題のおもちゃは「JUST LIKE HOME フルーツセット」。中国から2万520個を輸入し、1月30日までに全国で1万6768個を販売した。

 フタル酸ビスはプラスチックなどを柔らかくするために使われるが、おもちゃへの使用は2003年8月から禁止された。大阪府堺市が、抜き取り検査でフタル酸ビスを検出、川崎市に連絡していた。

 同社は「再発防止のため品質管理を厳しくする」としている。問い合わせは、オンラインショッピング問い合わせセンター(0570・055・101)へ。

(2007年2月2日9時15分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070201i516.htm
―――――――




(関連記事)

衣服の54%が不合格・「芳香アミン」などの発ガン物質が規定の10倍以上含有・支那
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12875356.html

支那・汚染食品が拡大・卵や魚に発がん物資・工業用染料を混ぜた飼料を家禽に食わせる
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12263787.html

支那産食品は命がけ!命がほしければ食べるな!政府は輸入全面禁止を!毒菜、毒果、毒肉、毒魚、毒調味料…
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11722411.html

給食に農薬支那野菜
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11638471.html

注意!!支那製美白クリーム 水銀が基準の2万倍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7031525.html




―――――――
米リーボックの景品ブレスレット

幼児誤飲、鉛中毒で死亡
アジアにも出荷か

 【ニューヨーク=共同】米スポーツシューズ大手、リーボック・インターナショナルは二十四日までに、子供靴の景品として配布したブレスレットを誤飲したミネソタ州の幼児(四つ)が鉛中毒で死亡したとの報告を受け、ブレスレットの回収を開始したと発表した。
 同社によると、ブレスレットは全長約二十センチで、ハート形の飾り付き。米国で二〇〇四年五月から今年三月まで子供用の靴の購入時に三十万個が配布されたという。
 ロイター通信によると、同社はカナダに約二千個、欧州連合(EU)内にも十七万二千個を出荷しており、回収する方針。このほかアジア、中南米にも出荷したとみられ詳細を調査中。日本については不明。

 ブレスレットは中国製で、高レベルの鉛が含まれており、鉛中毒を起こす可能性がある。

2006/03/25, 産経新聞
―――――――

維新政党・新風・【2月3日(土)「生命線・台湾を守れ!」国民決起集会】・【2月4日(日)東京・街頭宣伝】

維新政党・新風

【2月3日(土)「生命線・台湾を守れ!」国民決起集会】のお知らせ
―――――――
■お知らせ■

「生命線・台湾を守れ!」国民決起集会



 目下台湾攻略を目標とし、軍拡に総力を挙げる中国覇権主義。よってこの国が
最も恐れるものは言うまでもなく日本の目覚めと気概復活、つまり生命線である
台湾の防衛に乗り出すことにあります。

 ところが我が国の政府、国民は「生命線」と言う言葉すら忘れて久しく、中国膨脹の
動きを他人事のように傍観するのみ。 もし台湾が中国に併呑されれば、次は日本の
属国化であるということを知るべき でしょう。そこで我々は「生命線防衛」を訴える
運動を本格化させるべく、下記 の通り国民決起集会を開催しますので、ぜひともに
立ち上がってください。

(25日には東京と大阪でデモ行進も行います。

―――――――
日 時 平成19年2月3日(土)午後6時~8時すぎ(開場5時半)

場 所 文京区民センター・ホール  案内図
(後楽園駅・春日駅スグ。水道橋駅徒歩10分。文京シビック斜向)

講 演
(1) 平松茂雄氏(中国軍事問題研究家)
     「台湾は日本の生命線」
     
(2) 西村真悟氏(衆議院議員)
     「運命共同体としての日本と台湾」

   ※講演終了後、台湾防衛に関する決議文採択あり。
入場費 1000円(カンパも歓迎)
主催 実行委員会 (東京都代表の鈴木信行は実行委員です)
加盟団体 維新政党新風東京都本部
維新政党新風埼玉県本部
主権回復を目指す会
台湾研究フォーラム
日台交流同友会
政経調査会
MASUKI情報デスク
台湾出身戦歿者慰霊の会
靖國会
協 力 台湾の声、在日台湾同郷会

問い合わせ先
メール
koe@formosa.ne.jp
台湾の声

電 話 090-4138-6397 永山

案内図

http://www.shimpu.jp/hombu/oshirase/gyoji/yukodantai/taiwanmamore_190203.htm


━━━━━━━━━━

【2月4日(日)東京・街頭宣伝】のお知らせ
―――――――
■お知らせ■

新風東京都本部街頭宣伝のお知らせ

CHINA(シナ)を止めろ!

護れ!!尖閣諸島・沖ノ鳥島・海底資源・生命線台湾!

還せ北方領土・竹島!



日時 2月4日(日)午前10時集合

場所 JR新宿東口~渋谷ハチ公前~都内各地~有楽町マリオン前(15時頃)

弁士 鈴木信行新風東京代

連絡先 
  維新政党・新風 東京都本部
 〒104-0045   東京都中央区築地7-6-7 松田ビル301 
  電話03-5565-2993   FAX 03-6226-3528
  E-mai:
tokyo@shimpu.jpn.org


このほどCHINA(シナ)は宇宙衛星をミサイルで破壊してみせた。
核弾頭搭載の弾道ミサイルは、わが国に標準を合わせている。
尖閣諸島侵略を虎視眈々と進め、日中中間線ではわが国の海底資源を盗掘している。
わが国国内には、不法入国者が増加する一方で、中国人による犯罪が後を絶たない。
このような状況でも、政界も経済界もCHINAとの友好と経済協力を進めているが、
こんな政治家財界人にいつまでも黙っていられるか。

〈台湾問題〉
台湾は選挙で国家元首を選出している国であるのに、
CHINAの恫喝に屈して政府は台湾の存在を無視している。
台湾がCHINAに併呑されれば、その結果わが国はシーレーンをCHINAに支配され、
貿易国でありながら日本向けタンカーが監視下におかれる事態となる。
わが国の生命線台湾に向けて、中華覇権主義と戦い台湾防衛の意志を伝える
必要があ る。
CHINAの戦略は台湾併呑の次は日本の属国化である。

〈北方領土〉
2月7日は北方領土の日であるが、本来侵略された日は8月9日である。
また、北方領土とは、南樺太及び全千島列島のことをいう。
南千島2島は北海道の一部であり、政府の主張する4島では日本共産党にも劣る主張 である。

〈韓国〉
竹島を侵略している韓国との関係を見直すときがきた。
参政権という特権を与える事などとんでもない。在日特権を見直すときである。

http://www.shimpu.jp/hombu/oshirase/gyoji/tokyo/tokyo_190204.htm

―――――――

731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)3・「731部隊の少年隊」に居たと証言する篠塚良雄(中帰連)や森下清人の怪

篠塚良雄という元731部隊の少年隊の一員だった爺がいる。
この篠塚良雄はテレビに出演するのが大好きだ。

2005年8月6日(土曜日)の「朝まで生テレビ」にも出演し、「中帰連だ」と恥ずかしげもなく自己紹介し、「731部隊に志願して入ったのは1939年」と証言し、医学部出身でもなく医療の知識がないのに保菌部隊に入れて、よくよく計算すると、志願した当時、なんと14歳だった篠塚良雄(81歳)。

その篠塚良雄・81歳は、2006年1月17日の『筑紫の「ニュース23」(TBS)』の【731部隊の石井中将の日記特集】にも出演して、「証拠隠滅のために731部隊に収容していたマルタを全員皆殺しにした。」と証言した。

しかし、731部隊に14歳の少年兵が所属する「少年隊」はなかった。



もう一人、似たような奴がいる。



―――――――
http://tenjin.coara.or.jp/~makoty/library/memory731.htm

(一部抜粋)
森下清人(元七三一部隊少年隊2期生)

インタビューは大分協和病院において91年9月に行われた

<少年隊に入隊>
・・・・
いや、飛行機です。そのために専用の飛行場持っとるんですから。
呑龍(どんりゅう)いう大きな飛行機も持っとるんです。

あれで上海やら重慶やらから直接連れてきとったんじゃないですかねえ。

そりゃハルピンからも連れてきとったんかもしれませんけど。

よく深夜とか明け方近くに飛行場の滑走路に明りがともるんですよ。
そしたらゴーいうて大きな爆音がして飛行機が着陸するんです。

少年隊の宿舎からちょいちょい見えてました。
ああ、またマルタ連れてきたなあ思いよりましたですなあ
・・・・
―――――――




戦後も時が経ち、反日思想が充満すると、人はこうもいい加減な事を口走るようになるのだろうか。

こいつは、マルタを重慶から連れてきたように想像している。

日本軍がいつ重慶に行ったのだろうか。

重慶は国民党(蒋介石政府)の首都だが、日本軍はここを陥落していないし、占領もしていない。

戦後の馬鹿ガキなら間違えても仕方ないが、当時、その時代を生きていた日本軍の者が、安易にこんなことを口走るとは。

占領もしていない重慶から、どうやってマルタを連れて来たのか?!


ちなみに、こいつは、昭和17年(1942年)の3月29日に、大分高等小学校を14歳で卒業し、ハルピンに向かい、731部隊の「少年隊」に行ったそうだ。

昭和17年といえば、上海では戦闘などなく、ほとんど日本の支配地みたいなものだった。

どうしてそんな上海からマルタを連れて来る必要があったのだろうか。
外国人や報道関係者も多いし、人目が憚られる。

もう少し戦地に近いところで、捕虜で死刑にすべき者などを連れてくれば良かったし楽だったろうに。

よりによって、こいつは、【日本軍が占領もしていない敵の中心地の重慶】や【外国人や報道関係者が沢山居た大都市の上海】からマルタを飛行機に乗せて満州国へ連れて来ていたと考えていた。
こんなことを話した時点で、法螺話であることがバレバレだ。


それ以前の問題として、そもそも、731部隊に14歳の少年が所属する「少年隊」が有ったとは、到底信じられない話なのだが・・・





このように、731部隊が人体実験をしたというマトモな証拠(資料や証言)は何一つない。
南京大虐殺をでっち上げた東京裁判でも審理すらされなかった。
ハバロフスク裁判では審理されたが、ソ連に抑留・拘禁された捕虜?の証言は、「人を凍結して復活させる実験とか、心臓を交換する実験」など、誰も信じない荒唐無稽な内容であり、反日左翼学者でさえ呆れて相手にしない。

ところが、1980年代になると中帰連(支那共産党によって洗脳された精神障害者の団体)の湯浅謙や推理小説作家の森村誠一らが、それをネタ元にして様々な作り話を考え、まるで史実であったかのように宣伝したのだった。
その後、大学教授(経済学部)の松村高夫が古本屋で見つけた自然感染とか動物実験とか死体解剖とかの医学書を「731部隊の生体実験の資料」として資料集に所収したりしたが、全部嘘っぱちだ。







人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

阿部知子←自衛隊への悪意から平気でうそをつく・河野洋平←調べもせず日本軍の強制性を認め、謝罪談話を発表【産経抄】

【産経抄】

 過去の出来事は、時間というベールに包まれているがゆえにさまざまな解釈が可能だ。織田信長を希代の英雄としてか、あるいは無慈悲な独裁者として描くかは作家の自由だ。だからこそ小説や映画のタネは尽きない。


 ▼近松門左衛門やシェークスピアも実際に起きた事件や史実をもとに多くの作品を書き残したが、観客はフィクションとして楽しんでいる。だが、自らの政治目的を達成するためフィクションを史実のように後世に伝えようとする輩も少なくない。

 ▼たった12年前の阪神大震災でも自衛隊への悪意から平気でうそをつく政治家もいる。社民党の阿部知子衆院議員は、メールマガジンで「自衛隊が国による命令を受けて救援に向かったのは、数日を経てのことだった」と書いた。実際は兵庫県知事の救援要請と村山富市首相の決断が遅れたため、正式な出動に手間取ったが、発生直後から自衛隊は救援活動を開始していた。

 ▼米国でも日本への悪意からとしかいいようのない決議案が下院に提出されたという。日本政府にさきの大戦の慰安婦問題で「明確な形で歴史的責任を認め、謝罪する」よう求めたものだ。

 ▼決議案では「日本軍の強制売春」があったとし、原爆投下を棚に上げて「残酷さと規模において前例がない」と弾劾している。こんなしろものがまかり通るのも14年前に当時の河野洋平官房長官が、ろくに調べもせず日本軍の強制性を認め、謝罪談話を発表したからといえる。

 ▼歴史の捏造(ねつぞう)を許せば、われわれの名誉は末代まで汚される。日米が歴史問題で離間して喜ぶのは誰か。安倍晋三首相は「河野談話」の見直しを含め先頭に立って採択阻止に動いてほしい。「主張する外交」がホンモノかどうかが試されているのだ。

2007/02/02
産経新聞
―――――――






国賊の中の国賊!
河野洋平の売国行為とは


―――――――
●拉致家族会などの猛反対を無視して北朝鮮にコメ支援

日本政府が、日朝交渉の再開と称して金正日政権に献上したコメは、1995年からこれまでに合計118万トン。そのうち河野洋平氏が外務大臣として「自分の責任で」北に献上したコメは110万トンである。支援総額は1673億円。河野氏自身が強調したように氏の責任で、金正日のテロ政権にコメをただで与えたのだ。それでも日朝交渉は中断したまま拉致は何の進展もなく、依然として被拉致者の生死すら不明である。河野氏の行為は、テロ集団アルカイダの首魁オサマ・ビンラディンにコメを支援すれば、相手は誠意をもって応えてくれえるといっているのと同じであり、その罪は重大である。
『日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか』佐藤勝巳著(2002年3月8日)


―――――――
●追軍売春婦に係る河野談話

元慰安婦からの聞き取り調査は、非公開、かつ裏付けもとられていないと明かされいるが、そうした調査の結果、「韓国側の強 い要請」のもとで「納得できる証拠、証言はなかったが強制性を認めた」ものなのである。
聞き取りが終わったのが7月30日。そのわずか5日後の8月4日、河野談話が発表された。同日、宮沢政権は総辞職をした。 まさに「飛ぶ鳥跡を濁して」の結論であった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog107.html


―――――――
●支那が遺棄した化学兵器を日本国民の税金で処理することを約束

【ゆすり・たかりの標的日本】
http://www8.ocn.ne.jp/~senden97/yusuri_takari1.html
・「なぜ、日本政府が中国の遺棄化学兵器の処理を肩代わりすることになったのか?」
 例の村山富市の発言に遡る。戦争責任を口にして村山富市が平成7年、訪中した折、「日中戦争への反省の意思を明確にする」ため、日本政府が責任を持って遺棄科学兵器を処理すると約したのである。
 日本がポツダム宣言を受諾した時点で、中国領土内の遺棄化学兵器の所有権は中国に移っているので、本来、日本に処理義務はない。また、平成三年から日本の調査で日本製だけでなく、ソ連製や中国製も交じっていることがわかっている。
 だが、中国側の「日本軍の毒ガスを吸って死んだ中国人死者は三千人近い」という脚色に押し切られた。これを陰で支えたのは、ほかならぬ村山政権下の河野洋平である。「化学兵器に日本製もソ連製も違いはない。中国製もまとめて責任を持って処理する」と言い切ってしまった。この国益をまるで考えない発言には、さすがワシントンの外交筋も呆れたといいう。この処理には最低5,000億円から1兆円かかると試算されている。
―――――――






関連記事

ホンダ議員ら米国の7バカ議員が追軍売春婦決議案を提出・日本に謝罪求める・戦後GHQが日本に「宿舎を造って、占領軍の兵隊のために、"女性"を集めろ」と命令したことを知らないのか?!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12927781.html

旧日本軍毒ガス・支那の被害者ら日本政府に賠償提訴・支那が遺棄した化学兵器なのに何故日本政府に賠償を提訴するのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12429511.html








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.