正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200612<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200702
産み捨てられる「黒孩子(戸籍のない子供)」・支那人は赤ちゃんを食べるな!捨てるな!殺すな!

支那では人口抑制政策の「一人っ子政策」に反して生まれた第2子以降の子供には戸籍がない。
男児を望む農村では、女児が産まれると捨てられる(殺される・売られる・食べられる)ことが多かったが、最近は都会でも急増している。

女児が産まれると捨てられる(殺される・売られる・食べられる)ため、結婚適齢期の男性がピークに達する2030-40年代には、男性の数は女性に比べ3000万人以上多くなるとみられている。


支那はこの男女の人口格差を問題視してるが、それ以前に女児が産まれると、捨てたり、殺したり、売ったり、食べたりする方が余程問題ではないのか?!


―――――――
【北京春秋】闇の子供悲し
2007/01/29,産経新聞

 「黒孩子(戸籍のない子供)」というと、一般に中国の人口抑制政策の「一人っ子政策」に反して生まれた第2子以降の子供のことを指し、男児を望む農村で産み捨てられる女児が多かった。ところが、最近は都会で急増している。例えば、広東省の工業地域の珠江デルタでは黒孩子がすでに5万人以上。既婚者の子供を産むシングルマザーが増えているからだ。

 珠江デルタでは香港、台湾を含む外国駐在員の愛人の出産が多い。昨年汚職で罷免された前国家統計局長も前上海市党委書記もみな愛人がいた。中国では婚外男女関係は違法ながら、女性の方とてかい性のない男と結婚するより、実力者の愛人になる方が幸せという。

 だが、戸籍のない子供は学校に行くのも一苦労だ。香港居留権を狙う「香港駆け込み出産」という手もあったが、最近は「駆け込み出産」防止のため、香港当局が妊娠7カ月以降の中国人女性の入境を原則禁止した。知人のホステスは、出産後に相手が愛人手当をくれなくなったので、「5000元で他人に譲った」と事も無げに語る。

 こんな闇の子供が全国にいったいどのくらいいる? 人口抑制も、男女関係のモラルも、出産という女性の権利擁護も大切だけど、一番大切なものを忘れていないだろうか。そろそろ出産年齢リミットを迎える私は考え込んでしまうのである。(福島香織)
http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070129/chn070129000.htm
―――――――





(関連記事) 
―――――――
2005年の出生性別比率は女児100人対男児118人
2006/09/05, 日中グローバル経済通信

 中国では出生人口の性別比率が上昇しており、20-49歳の結婚適齢期の男性がピークに達する2030-40年代には、男性の数は女性に比べ3000万人以上多くなるとみられている。これにより生じる社会問題は、社会の安定に重大な影響を及ぼしかねないと懸念されている。 中国では、女児100人の出生に対し、男児の出生は1970年代の106.32人から2005年は118.58人と大きく上昇している。出生性別比率の正常範囲といわれる103-107人からはかけ離れている。 このような性別比率の上昇には、文化的、経済的、社会的な原因があるが、超音波検査等の医学的手段を利用して胎児の性別を選択し、女児なら中絶していることが最も直接的な原因とみられている。(編集HI)(日中グローバル経済通信09月05日)

―――――――

胎児の性別鑑定禁止へ
2006/10/01, 東京新聞

 中国の省で最多の人口を抱える河南省の人民代表大会(議会)は二十九日、胎児の性別鑑定を禁止する条例を可決した。「男子尊重」の風習が根強い河南省では男児が女児に比べて二・五倍も多く出生しており、法律によって厳しく規制する。
 新華社電によると、全国の結婚適齢期(二十-三十四歳)の人口は既に男性が女性より一千万人以上も多く、男性が結婚相手を探すのに苦労する状況。一九八〇年代後半から普及した超音波による性別検査によって、男女の不均衡が一気に拡大したとみられる。
 河南省の人口は昨年末で約九千四百万人。省の計画出産当局などは違法な性別鑑定の取り締まりを実施、約千二百人の医師らを摘発したが効果は上がっていなかった。このため、性別鑑定や中絶薬の禁止、罰則規定などを盛り込んだ詳細な条例を制定し、来年一月から正式に施行する。(北京・白石徹)
―――――――





支那では唐の時代から20世紀まで、人肉が犬肉や豚肉と同じように市販されていた。

『人民日報』や『解放軍報』などの支那共産党の新聞には、いたるところに、「儒教=人食い」の文字が躍っていた。
ベルルスコーニ(イタリア首相)は、「毛沢東時代の中国で、共産党は赤ん坊を煮て肥料にしていた」と批判した(2006年3月25日)。
「儒教=人食い」と批判していた支那共産党だが、どうやら、「人食い」の代わりに赤ん坊を煮て肥料にしていたらしい。



しかし、現在の支那では市販はされていないが、闇では赤ちゃんを料理して食べている。
今、支那では男の子に比べて女の子の数が極端に少ない。
女の子が産まれると、捨てたり、殺したり、売ったり、食べたりしているからだ。




以下は、ショッキングな画像なので苦手な方は見ないで下さい。




http://www.asyura2.com/2002/war11/msg/982.html

http://kaythai.blog60.fc2.com/blog-entry-50.html






ここから先は非常にショッキングな画像なので、心臓の弱い方や妊婦の方は見ないこと。




注意

http://www.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm


注意

http://hk.geocities.com/ennet369/






(参考文献)

『本草拾遺』
『唐書』
『新唐書』
『帰潜志』
『曾国藩日記』
『清史』の「洪秀全載記」
『狂人日記』 
『喫人と礼教』
『資治通鑑』
『続資治通鑑』
『明紀』
『シナ・インド物語』
『東方見聞録』

『中国食物史』篠田統著

『呪われた中国人"中国食人史"の重大な意味』黄文雄著
『日中戦争は侵略ではなかった』黄文雄著

南京虐殺は嘘84(最終回)・支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ

「南京虐殺は嘘」シリーズですが、今回の「84」をもって終了します。
もし、役に立つ資料などがあれば、遠慮なくどんどんコピペしたり転載したりトラックバックしてご利用してもらいたいです。
私の投稿も他の人の投稿や資料のコピペだらけです。
少しでも多くの人たちに真実を知ってほしいと願ってブログにしてきたので、どんどん利用してもらえたらブログにした甲斐があったというものです。





●支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ



・支那共産党は盧溝橋事件を起こし、即座に「日本軍侵略開始」と嘘の宣伝。

・国民党はラジオで、「日本軍を撃破したので次は通州を攻める」という内容のデマ放送を流し、騙された通州の支那保安隊は国民党に寝返るために200人以上の日本人居留民を惨たらしく大虐殺。

・支那軍は上海などで、わざとホテルやデパートを爆撃して民間人や外国人を大量殺害し、日本軍の仕業と嘘宣伝。

・北支那においては、水中に毒物を投じたり農作物に毒物を注射し、上海からの撤退時にも井戸に細菌を投じたりしたくせに、後年の常徳ペスト流行については「日本軍がやった」と全く根拠のない捏造宣伝。

・支那軍は上海から南京への敗走中や南京周辺、その他で「清野作戦」「焦土作戦」と称して、略奪や放火などを徹底的に行なったが、それらを「三光作戦」と称して日本軍の仕業に転嫁。

・南京では、脱出を諦めた多数の支那兵が市民から服を奪って安全区に潜入し、支那人盗賊と共に行なった犯罪を日本軍の仕業に転嫁し、中には最初から反日宣伝が目的の反日撹乱工作隊までもが存在した。

・国民党はベイツやティンパーリのような第3国の外人宣伝工作員などに捏造記事や捏造本を書かせて日本軍の悪事を嘘宣伝。

・黄河の堤防を決壊し、30万人以上の支那住民を大量殺害し、「日本軍の行為」と嘘報道。

・不法毒ガスを使用して住民諸共殺害。

・蒋介石は日本軍の残虐行為を宣伝するために、日本軍が長沙市に近づいた時、長沙全域を焼き払って多くの市民を焼死させた。

・戦後、日本統治下にいた支那住民に「日本に協力した」と言いがかりをつけ裁いた(奸漢裁判)。

・国共内戦でも双方が大虐殺の応酬を繰り広げ、戦後、共産支那はこれらの犠牲者も日本軍による犠牲者数にカウントし、その数は現在も増加中。

・支那共産党は資本家や地主を大虐殺し、国民党員を大量処刑、知識人を大量衰弱死させた。

・国民党は台湾に逃げても二、二八事件で台湾民衆を大虐殺。

・支那共産党は、チベットを侵略して大虐殺を行ない、文化大革命では驚愕の数千万人大量殺害を行ない、東トルキスタンでも侵略と大虐殺を行ない、さらに天安門事件でも約3万人の学生や市民を大虐殺したが、発表や報道は嘘ばかり。

・現在も、農民から土地を強制収用しておいて、補償をせず、抗議する農民を虐殺する事件が頻発しているが、発表や報道は嘘ばかり。








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上応援クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.