正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200612<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200702
「AERA」が北朝鮮の核に対する日本の核武装を否定●日本に不利なゲーム←ツッコミ(反論)

「AERA」に北朝鮮の核に対する日本の核抑止力を否定する記事があった。

相手にするのも馬鹿馬鹿しい内容だが、一応ツッコミを入れておく。





―――――――
「AERA」1月15日

(編集部 片桐圭子)

(一部抜粋)


●日本に不利なゲーム

 東京大学教授の北岡伸一さん(日本政治外交史)は、制裁と外交にしか希望への道はない、という。
 「ただ日本は、可能な制裁の全てを既に実行していますから、あとは外交。日本人の知恵が試されているのです」

 北朝鮮との核競争は、日本にとって非常に不利なゲームだから、現時点での核保有には、消極的にならざるを得ないというのが持論だ。
 そう考える理由はいくつかある。

 一つは、軍事独裁国家である北朝鮮は、あらゆる犠牲を恐れない国だということ。莫大な税金をつぎ込み膨大な核兵器を持った場合を除き、多少の核兵器では「抑止力」が機能する可能性は低い。

 加えて、犠牲を恐れぬ国と競争するには、日本はあまりにも核に対して脆弱だ。狭い国土に人口が集中していて、1人の人間の命の値段も高い。ひとたび攻撃を受ければ、人口密度の低い北朝鮮より、日本の被害のほうが大きくなる。

 しかも、日本が北朝鮮に対して核の先制攻撃をすることはあり得ない。北朝鮮が、何らかの国際法を無視した行動に出たとしても、報復する際は「釣り合い」が重要視される。いまの北朝鮮にできるのは「小さな主権侵害」にすぎず、報復はそれに見合ったものに限られる。核を持ったからといって、それを先んじて使うことは、できないのだ。

 そして、日本が核武装すれば、現在のNPT(核不拡散条約)体制は確実に崩壊する。 日本が核を持っても、不安が増大するばかりなのではないか。

 『反戦軍事学』の著書がある作家の林信吾さんは、
 「そもそも、第2次大戦後、核が抑止力になったことなどあるんでしょうか?」
 と問う。

 第3次世界大戦が起こらなかったのは、もはや戦争をしても領土が増える可能性が低く、国家事業としてコストパフォーマンスの悪い方法だからにほかならない。すでに核保有国となっていたイスラエルは1973年、エジプト軍に奇襲されたし、イギリスだって、フォークランド紛争でアルゼンチンの攻撃を受けている。

 逆にイラクは、核を持っていなかったのに、「持っているんじゃないか」「開発する能力があるんじゃないか」と疑われ、アメリカに攻撃された。

 核を持っていようといまいと、攻撃されるときはされる。日本の核保有議論は、情緒ではなく論理で退けられるのだ、と林さん。

 だから、東大教授の藤原帰一さん(国際政治学)、「外務省のラスプーチン」と呼ばれた佐藤優さん、元IAEA(国際原子力機関)広報部長で大阪経済法科大学客員教授の吉田康彦さん(国際関係論)など、名だたる論客は、日本の核保有に否定的だ。
―――――――




>「ただ日本は、可能な制裁の全てを既に実行していますから、…」




果たしてそうだろうか?
例えばパチンコ屋は野放しにしたままだろう。
韓光煕著『わが朝鮮総連の罪と罰』によれば、朝鮮総連直営のパチンコ屋が全国に幾つもある。
彼らはパチンコ屋の利益を支那や韓国経由で北朝鮮に送金する方法はいくらでもある。
もともと、パチンコ屋が、日本から北朝鮮への送金の最大の資金源だったのだ。






>一つは、軍事独裁国家である北朝鮮は、あらゆる犠牲を恐れない国だということ。莫大な税金をつぎ込み膨大な核兵器を持った場合を除き、多少の核兵器では「抑止力」が機能する可能性は低い。



多少の核兵器とは、いったいどれくらいの核兵器のことを言っているのだろうか?
日本よりも貧乏なイギリスは64基のミサイルに合計200発の核弾頭を保有している。
日本も同じように200発の核弾頭を持って、北朝鮮に「もしも日本に核を1発使用したら、日本は平壌に10発の核を撃ち込むぞ!」と伝えることが抑止力として機能しないのだろうか?

日本が報復の核攻撃力を保有することは間違いなく北朝鮮にも抑止力として効果を持つ。
金正日は、深い地下の核シェルターの中でその時は生き残るだろうが、平壌を報復の核攻撃された金正日は権力を保持し続けるのは不可能だ。
北朝鮮にとっての平壌というのは、日本の東京を遥かに超える「超一極集中首都」だ。
平壌の人民と財産が壊滅すれば、北朝鮮にはもう何も残らない。
金正日が全てを失うのと同じ事だ。

したがって、日本が報復の核攻撃能力を持たないよりは、報復核攻撃能力を持つ方が遥かに絶大な抑止効果があるに決まっているのだ。






>ひとたび攻撃を受ければ、人口密度の低い北朝鮮より、日本の被害のほうが大きくなる。



だから、日本もイギリスのように200発の核弾頭を持って、北朝鮮に「もしも日本に核を1発使用したら、日本は平壌に10発の核を撃ち込むぞ!」と伝え、北朝鮮の核攻撃を抑止すれば良い。
ひとたび攻撃を受ければ、10倍返しで報復するのだ。
北朝鮮相手なら、それが十分可能だ。

それと、そこまで言うなら、どうして、「核シェルターを作れ」と言えないのだろう。
核シェルターは生存率を格段に高める。


核シェルターの有効性、地下に居るだけで生き延びる。スイスやスウェーデンやフィンランドでは全国民のための核シェルター有り。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4552978.html

核シェルターとMD。MDは役に立たないが、核シェルターは大いに有効。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4542490.html







>しかも、日本が北朝鮮に対して核の先制攻撃をすることはあり得ない。



当たり前だろ。
日本の核武装というのは、「抑止力」、すなわち、「日本に対する核攻撃を抑止するため」、「相手に撃たせないため」にするものだ。
「もしも、日本に核を使用すれば、自分も酷い目に遭う」という相手の恐怖が、日本への核攻撃を思い止まらせるのだ。






>そして、日本が核武装すれば、現在のNPT(核不拡散条約)体制は確実に崩壊する。



もう崩壊している。

米、核廃絶の約束死文化 NPT、重大岐路に(2004年)
伊藤憲一「NPT体制の非現実性直視せよ」」、「核拡散避けられぬ現実を見据えよ」(2006年)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4582016.html


●NPT脱退や核開発で制裁されることはない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6945441.html

●「日本など主要国の核保有=世界の安定」

ケネス・ウォルツ・核兵器国が徐々に増え18ヶ国ぐらいの核兵器国があった方が世界は安定するだろう。
ジョン・ミアシャイマーも「主要国の核保有=世界の安定」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3639579.html






>第3次世界大戦が起こらなかったのは、もはや戦争をしても領土が増える可能性が低く、国家事業としてコストパフォーマンスの悪い方法だからにほかならない。すでに核保有国となっていたイスラエルは1973年、エジプト軍に奇襲されたし、イギリスだって、フォークランド紛争でアルゼンチンの攻撃を受けている。
>逆にイラクは、核を持っていなかったのに、「持っているんじゃないか」「開発する能力があるんじゃないか」と疑われ、アメリカに攻撃された。
>核を持っていようといまいと、攻撃されるときはされる。日本の核保有議論は、情緒ではなく論理で退けられるのだ、と林さん。




1973年の第4次中東戦争当時、イスラエルはソ連にだけ核保有を通知していたはずだが、それはどうでも良い。
「核を持っていようといまいと、攻撃されるときはされる。」と言うが、「核抑止力」というのは「核攻撃」を抑止するために保有するものであって、普通の軍事攻撃を抑止するためにあるのではない。
勿論、核保有していれば、核攻撃のみならず普通の軍事攻撃の抑止にもある程度の抑止力を持つが、「核抑止力」は、飽くまで相手の核攻撃を抑止するものなのだ。
核保有国は他国に代理戦争をさせたことはあっても、核保有国同士が直接戦争をしたことはないのが現実だ。
いずれにせよ、強力な武器を持っていないよりは、強力な武器を持っている方が、敵から攻撃を受け難くなることは紛れもない事実だと認めるべきだ。






>・・・吉田康彦さん(国際関係論)など、名だたる論客は、日本の核保有に否定的だ。



( ゜д゜)
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゜д゜)
 
(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゜ Д゜) …?! いつ吉田康彦が「名だたる論客」になったのか?

幣原宥和外交の恩を仇で返す支那人・『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)18

幣原宥和外交の恩を仇で返す中国人


 1928年から31年、4度も妨害・嫌がらせを受けては、さすがの日本人も怒りを抑えることができない。汗と涙の結晶である満州の鉄道は、満州が無法地帯であるがゆえに減益となるばかりか、鉄道付属施設が破壊等の反日政策の脅威に晒されていた。日本側の報告によれば1929年と30年の損失は以下のとおりである。


 鉄道運行妨害・・・・・171件
 鉄道運行中の強盗・・・・・189件
 鉄道施設の略奪・・・・・92件
 電線の略奪・・・・・26件


 これに対し中国側は、「日本人の護衛を撤退させ、中国人に護衛させよ」と言ってきた。滑稽極まりない回答である。自国の鉄道の警備さえできない国が他国の鉄道を守れるはずがない。

 そこで登場するのが張学良である。日本との条約を勝手に破棄し出した。
日本は、いわゆる幣原外交と非難された男爵幣原が外務大臣であった。幣原は「中国政府との交渉には寛容と忍耐が求められている」と発言している。

 この間、中国人は何をしてか。例によって反日運動を盛り上げるネタにしたのである。
そこで「軟弱幣原外交は全く通じない。中国人の暴虐ぶりは減るどころか激増しているではないか」と大日本帝国陸海軍は噛み付いた。何も今に始まったことではない。いずこの国も中国人には恩を仇で返されてきたのである。

 話を続けよう。1929年のアメリカの株価暴落で日本の絹産業が打撃を受けた。貿易が停滞し、日本の労働者、その家族数百万に不況風が吹き荒れた。中国では、国民党の反日運動が吹き荒れていた。そして満州では、それ以上に張学良の反日運動の嵐が吹き荒れていた。日本人の怒りは、いや増しに増すばかりである。中国はとっくに期限の切れている借金の返済を渋るどころか、返済を拒否すると宣言する始末である。こういう中国側の動きを見せ付けられて、「毅然とした態度を」という意見が確実に強くなっていった。

(P259~260)

『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)

南京虐殺は嘘72・支那軍による虐殺12・支那事変の前後編

「61~71支那軍による虐殺1~11」は、支那事変期間中の虐殺だが、支那が一般民衆や外国人を虐殺した事件はその前後にも多数ある。





●支那事変前の外国人虐殺


1899年、義和団の乱
義和団(拳匪)が、在留外国人を大虐殺。清朝政府は暗黙の奨励


1927年3月24日、南京事件
蒋介石の北伐軍が日本領事館を襲撃。英・米領事館なども同様で、英と米は自国民の保護のために軍事行動に出たが、日本は幣原喜重郎の対支宥和政策によって現地の日本人を見捨てた。


1928年5月3日、済南事件
北伐軍が済南の日本人居留民十数名を虐殺

――――――
略奪被害戸数136、被害人員約400とある。中国側も立ち会った、済南医院での日本人被害者の検死結果。

藤井小次郎
 頭および顔の皮をはがれ、眼球摘出。内臓露出。陰茎切除。
斎藤辰雄
 顔面に刺創。地上を引きずられたらしく全身に擦創。
東条弥太郎
 両手を縛られて地上を引きずられた形跡。頭骨破砕。小脳露出。眼球突出。
東条キン(女性24歳)
 全顔面及び腹部にかけ、皮膚及び軟部の全剥離。
 陰部に約2糎平方の木片深さ27糎突刺あり。
 両腕を帯で後手に縛られて顔面、胸部、乳房に刺創。助骨折損。
鍋田銀次郎
 左脇腹から右脇に貫通銃創。
井上国太郎
 顔面破砕。両眼を摘出して石をつめる。
宮本直八
 胸部貫通銃創、肩に刺創数カ所。頭部に鈍刀による 切創。陰茎切除。
多比良貞一
 頭部にトビ口様のものを打ち込まれたらしい突創。
 腹部を切り裂かれて小腸露出。
中里重太郎
 顔面壊滅。頭骨粉砕。身体に無数の刺創。右肺貫通銃創。
高熊うめ
 助骨折損、右眼球突出。全身火傷。左脚の膝から下が脱落。
 右脚の白足袋で婦人と判明した。

他の二体は顔面を切り刻まれたうえに肢体を寸断され、人定は不可能であった。


http://www2.odn.ne.jp/~cjj28150/seinan-shiryou.htm






1936年
6月19日、山東省防東で支那人が日本人を射殺
7月10日、上海国際租界で三井物産の日本人社員が射殺される
8月24日、四川省成都で大阪毎日新聞上海特派員渡辺洸三郎と上海毎日新聞記者深川経二の2名が、支那人少年少女らに極めて残虐に殺される
9月3日、広東省北海で19路軍の支那兵が、薬局経営者の中野順三を街路で殴る蹴るの上虐殺
11月11日、汽船会社の日本人船乗りが上海で射殺される





幣原喜重郎の対支宥和政策で図に乗った国民党は反日教育を激化(1927年頃)、1936年頃の殆どの外国排斥テロは日本向け。






●支那の民衆大虐殺は戦後も


1947年、2.28事件
国共内戦に敗れた蒋介石の国民党は、台湾に逃れ、台湾民衆を大虐殺


1949年に国共内戦が沈静化した後も共産党は国民党員とその家族を処刑
毛沢東は、1957年2月27日、「1949年から1954年までの間に80万人を処刑した」と自ら述べた(ザ・ワールド・アルマナック1975年版)
周恩来は、同年6月、全国人民代表大会報告で、1949年以来「反革命」の罪で逮捕された者のうち、16%にあたる83万人を処刑したと報告
ただ、強制収容所で衰弱死させた知識人の数は、処刑した人数の何倍もいる。


大躍進政策で数千万人餓死


文化大革命の10年間で2,000万人殺害(葉剣英・全人代常務委員会委員長の証言)


1989年6月4日、天安門事件
民主化を求めて集まった学生や市民に対して人民解放軍が戦車などで約3万人(国際アムネスティなどの推定)を大虐殺

天安門事件
http://www.boxun.com/hero/64/52_1.shtml



●共産支那に編入されている他民族虐殺
チベット大虐殺  130万人
東トルキスタン大虐殺 40万人
モンゴル大虐殺 20万人







●支那の民衆虐殺は現在も続行中

2004年
10月、四川省で土地の補償をめぐり農民ら10万人の暴動(死者1万人か)

2005年
4月中旬、浙江省で5万3千人の革命暴動が発生し市民137人死亡
6月11日、河北省で立ち退きを拒否した数百人の農民を武装集団が襲撃、6人が死亡
12月6日、広東省で武装警察が、発電所建設に抗議していた住民70人以上を射殺

2006年
1月14日、広東省で土地収用に抗議する約2万人を警察が電気警棒や催涙ガスで制圧、13歳の少女1人死亡
4月12日、広東省で水門取り壊しを阻止する約5千人を武装警察約3千人が催涙弾等で攻撃、女性1人死亡
8月2日、湖南省で補償金が不正流用されて集団直訴した住民100人以上を射殺か?

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.