正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
冨田メモの徹底検証2:事前に今上天皇のご了承を得たというのは、日経新聞or半藤の大嘘だった!

■冨田メモの徹底検証
http://homepage2.nifty.com/khosokawa/opinion08k.htm#_第2章_公開の経緯と報道の結果


第2章 冨田メモ公開の経緯と報道の結果

(3)公開の時期と政治利用

(一部抜粋)

「創価学会に関わっている」「現宮内庁高官」といえば、私の知る範囲では、風岡典之氏がいる。風岡氏は、国土交通省次官から宮内庁次長になった。平成16年9月から現職にある北側国土交通大臣とは、国交省時代から関係が深い。



(4)事前に今上天皇のご了承はない

 『文藝春秋』9月号の鼎談で、作家の半藤一利氏は、次のように語っている。
 「日経によると、記事を出す前日には、宮内庁を通じて今上天皇にも、富田元長官のメモを報じることと、靖国メモの内容をお伝えしたそうです。宮内庁からは、わかりましたという返事があったという」
 この発言を読んで、富田メモは昭和天皇のお言葉であるという印象を強くした人が多いに違いない。決定的と思った人もいるだろう。
 日経は、こういうことを自社の記事には書いていない。半藤氏を通じて、社会に流そうとしたのだろう。半藤氏は、日経のスポークスマンなのだろうか。日経の立場を代弁し、日経の報道姿勢や報道内容を正当化するのに、協力しているようなものである。私はそのことに引っ掛かりを覚えた。
 「宮内庁からは、わかりましたという返事」だったというが、日経の記者が、直接天皇陛下に申し上げたわけではない。仮に「わかりました」といったところで、宮内庁の内部で天皇陛下に報告がされたかどうかは、わからない。宮内庁の責任ある立場の人間が、語らない限り、半藤氏の言うことをそのまま鵜呑みにはできない。

 この半藤発言について、日本文化チャンネル桜が8月19日に放送した「報道ワイド」という番組で、キャスターの高森明勅氏(拓殖大学客員教授)が、重大な報告をした。
 番組は、最初に半藤発言の載った雑誌の一部を移した。それに続いて、半藤発言について、高森氏はこの番組のキャスターをしている高森だと名乗って、宮内庁に質問をしたという。これに対する宮内庁の答えは、「メモの公表に関して、事前の相談や事実関係の確認はなく、天皇陛下のご了承ということはありえません」という返事だったと言う。
 半藤氏は、日経の言っていることを「わかりましたという返事があったという」と伝聞形で述べているが、高森氏は「事実を捻じ曲げる誤った発言」であるとして、番組を通じて半藤氏に訂正を求めた。


 半藤氏は、速やかに意思を明らかにすべきである。また、責任は当然、日本経済新聞社にある。日経の杉田社長は、国民の前に立って、訂正・謝罪をすべきである。


富田メモで日経or半藤が嘘を付いた可能性!
http://www.youtube.com/watch?v=aIWA2GrTz0Y
(平成18年8月19日 OA)








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

南京虐殺は嘘38 嘘吐き婆夏淑琴と嘘吐き宣教師マギー?

マギー証言(解説書)と、後年の夏淑琴証言との間には、家族の人数などで食い違いがある。


―――――――
?『南京安全地帯の記録』における当該事件に関するマギー証言は家族13人中11人の殺害。

?『日支紛争』に収録されたマギーの説明文は2家族14人中12人の殺害。
但し、この中の「7,8歳になる妹も銃剣で突き殺した」が「銃剣で突き刺した」の間違いであると解釈すれば、2家族13人中11人の殺害。
また、扉を開けたのは家主の「マア」。
生き残りの少女が隠れた場所は古い敷布の下。

?笠原十九司著『南京難民区の百日』に収録された「8歳の少女(夏淑琴)」の証言によれば、1家族15人中13人の殺害。

?本多勝一著『南京への道』によれば、生き残りの少女が隠れた場所は防空壕代わりに中庭に4個並べて置かれた机の下。

?夏淑琴来日時の証言によれば扉を開けたのは夏淑琴の父親で、15人中13人殺害。

以上が、東中野修道教授が検証して『「南京虐殺」の徹底検証』で「摘示した事実」だ。

『南京への道』は最初から論外として、『南京難民区の百日』及び来日時の証言と、マギー証言では、夏淑琴の家族の人数が異なっている。
殺された家族の人数を間違えるなんて、普通に考えればあり得ない。
だから、普通に考えれば、マギー証言の少女と夏淑琴は別人物、というのが東中野教授の主張だ。
―――――――



前回紹介した「マギー牧師の解説書」フィルム四(九)によれば、【2家族13人中11人の殺害】と考えられ、証言内容も?と合致する。

下のサイトで述べられてある当時7歳だった「夏淑琴証言」では隠れた場所が「頑丈な机を四個ならべて上に戸板をのせた防空壕」ということから?のことらしい。

―――――――
夏淑琴証言
『南京大虐殺の現場へ』P191-196
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/kasyukukin.htm#01
九人家族のうち七人が殺され、
隣りの四人家族は夫婦と子供二人だったが、これも全部殺された
つまり、【2家族13人中11人の殺害】
―――――――



一方、?笠原十九司著『南京難民区の百日』と?夏淑琴来日時の証言では、【1家族15人中13人の殺害】となっている。



●結論

このように【マギー&本多勝一】と【夏淑琴&笠原十九司】の間には、状況説明においても食い違いがあるし、何と言っても家族数と家族人数と殺された家族の人数に明確な食い違いがある。
一方が真ならば一方が偽であるのは明白だ。
夏淑琴証言には傍証も物証もない。

あるのは、むしろ、前回投稿で指摘したような ■犯人が支那人だった証拠■ や ■有り得ない事象を列挙した証言■ ば か り。




同じように、李秀英の証言も、南京軍事法廷、記事のインタビュー、映画撮影、日本の裁判所と、証言のたびごとに内容がクルクル変わるのは、実体験でないからと考えられる。


「南京大虐殺」には、信用できる被害者証言も全くないのだ。







参考

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&board=1143582&tid=fn5febg5tbba6a1a6bdbe730v0bix6afc0a9oa29ta4n13&sid=1143582&action=m&mid=10203

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&board=1143582&tid=fn5febg5tbba6a1a6bdbe730v0bix6afc0a9oa29ta4n13&sid=1143582&action=m&mid=11167


「南京大虐殺」につい非常に詳しいnmwgipさんのHP
今尚進行するWar Guilt Information Program(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)に対抗する為の資料収集を目的とするサイト
http://1st.geocities.jp/nmwgip/









人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.