FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
南京虐殺は嘘29 嘘吐きベイツ2....嘘吐きベイツのトンデモ証言・文書の数々

ベイツは、東京裁判で日本軍による強姦についても証言をしたが、これがまた驚くべきトンデモ証言だった。

――――――
「それより少し前私はずっと内輪に見積もりまして、又安全地帯の委員会の報告のみによりまして、強姦事件は八千と見積もったのであります。」
「東京裁判速記録第三六号」『南京大残虐事件資料集 第一巻』P50

A little earlier I estimated, very much more cautiously and on the basis of thesafety zone reports alone, some eight thousand cases.
「The Tokyo War Crimes Trial, 」pp.2633-2634
――――――


"on the basis of the safety zone reports alone"、つまり、「安全区国際委員会の報告のみを基にして」、強姦件数を8千件と見積もったと証言したのだ。

しかし、安全区国際委員会が記録した「被害届」に記された強姦事件は、未遂を含めても361件で、記録者名のある事例は僅かに61件で、さらに日本軍に通報された事例は7件のみだった。

「安全区国際委員会の報告のみを基にして」、強姦件数を8千件と見積もったというベイツの証言は、明らかな嘘であり、口からデマカセの数字だった。



また、上記の証言の少し前には以下のような証言もした。


――――――
「私は現に強姦している現場を見て、そして其の兵隊の五回に亙る強姦の現場を通り合わせました。
其の詳細は尤も御希望でありましたら申述べますが、私は其の強姦して居る兵隊を強姦されて居る女達から引き退けたのであります。」
「速記録第三六号」
――――――


なんと、ベイツは、「強姦されて居る女達から日本兵を引き退けた」と言うのだ。
こんな証言を誰が信じるだろうか?



同じように非常に不思議なベイツの安全区国際委員会「報告」がある。


――――――
第四六七件
 三月一九日午後三時半から四時の間、金陵大学語学学校の難民キャンプで、日本兵一名が一九歳の難民の少女を強姦した。ベイツ博士が四時五分ころ、現場に到着して兵士に近づくと、兵士は脅すように銃剣を振り回し、ふてぶてしい態度で「女が欲しいのだ」と言った。だが、ベイツ博士は兵士を説得してそこを立ち去らせた。兵士に酔っている様子はなかった。
――――――


なんと、ベイツは、『銃剣を振り回し、ふてぶてしい態度で「女が欲しいのだ」と言った』日本兵を説得して立ち去らせたと言うのだ。

ベイツが日本語で説得できる訳がないので英語で説得したのだろうが、実に不思議な話だ。



さらに、ペイツは、アメリカ大使館のアリソン宛に一月十四日付で次のような手紙を出している。


――――――
昨夜四人の日本人が金陵大学付属中学校の教室へ入ってきました。彼らの行動の詳細は十分には分かりません。というのはしかるべき目撃者が脅えきっているためです。とにかく彼らは一人の少女を連れ去りました。それらの日本人たちは憲兵で、少なくともその一部は、中学校の門に配備された衛兵たちでした。彼らは中国人の布靴を履き、一部に中国服を着ていました。
――――――


ペイツは「詳細はわからない」と言いながら、また自ら目撃したわけでもないのに、犯人は支那人に変装した日本兵、それも憲兵だと断定している。
目撃したと称する支那人の証言を何の疑いもなく受け入れているのだ。
しかし何のために日本兵が支那人に変装しなければならないのか、合理性を欠くと言わざるを得ない。


ベイツは長く南京に滞在したが、ベイツ自身が目撃した虐殺は0件だ。

ベイツが所属した安全区国際委員会の公文書にある殺人事件の報告によれば、出鱈目ばかりだが、それでもたったの約50件。

ところが、ベイツは、「ベイツ・メモ」で4万人大虐殺を主張した1938年に国民政府から勲章を受けた。
また、ベイツは、東京裁判で市民1万2千人大虐殺を主張した1946年にも国民政府から勲章を受けた。

他の安全区国際委員会のメンバーは、1938年や1946年に国民政府から勲章を受けていない。
ベイツが国民政府から貰った「勲章」と南京大虐殺の「大宣伝」の相関関係は、これで十分に説明がつく。

日本軍占領地で日本人と親しく付き合っていた者たちは、戦後、国民党から弾圧された。
日本軍占領地に居ながら、戦後、国民党から勲章を受けたというのは余程のことだ。
このことだけでも、ベイツが国民党側の人物だったことは確実なのだ。


さらに、2001年には、ベイツが「国民政府の顧問」と紹介されていた新聞記事の切り抜きまで発見された。







人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

「支那の対日ボイコットは違法」『リットン報告書』 第7章 日本の経済的利益及支那の「ボイコット」

第7章 日本の経済的利益及支那の「ボイコット」

 前世紀の60年代における明治維新の頃、日本は2世紀以上に亘る孤立より脱却し而して50年を俟たずして世界の第一等強国にまで発展せり。以前殆ど停滞し居りし人口は急速に増加し始め1872年に3300万なりしものが、1930年には6500万に達せり。而して此の驚くべき増加は1年に約90万の割合を以て尚継続す。

 可耕地1平方哩におけり日本の人口を他の国の夫れに比せんに日本の割合は例外的に高し。右は島帝国の特殊の地理的構成に起因す。

(中略)

移民は救済の見込みある方法として考慮せられたるも次章において述ぶるが如き理由を以て現在迄の処解決手段とならざりき。

 日本の最初都会の人口増加を支ふる為産業主義に転向せるが右は農産物の為国内市場を提供し且内地及外国において使用さる可き物資の生産に労働を向はしむべきものなり爾后幾多の変化を生ぜり。以前日本は食料品供給の見地より観て自足以上の状態にありしが近年は全輸入の8%乃至15%は食料品の輸入及此の輸入必要の恐らく増加すべきことは既に逆となれる貿易感情を工業品輸出の増加によりて補うことを要す。

 若し日本が増加しつつある人口に対する職業を是以上の工業化の行程において見出すの要ありとせば輸出貿易の発展並びに増加しつつある製造品及半製品を吸収し得る外国市場の開拓が益々緊要なり。而して如斯市場は同時に原料品及食料品の供給地たり得べし。

(中略)

尚日本の支那における利益は単に貿易に止まらず即ち日本は巨額の資本を工業的企業並びに鉄道、船舶及銀行に投じ此の方面の財政活動において発展の一般的傾向は最近30年間に顕著なるものありしなり。

(中略)

 右投資以外に支那は日本に対し諸種の国債省債及市債として債務を負い其の額は1925年に於いては3億445万円(其大部分に無担保)及利息1803万円なり。

(中略)

 ボイコット運動の実行に際し用いられたる方法は常に適法なりしや否やに在り。委員会の蒐集せる証拠に依れば不法行為は常に行われ而も此等不法行為は官憲及法廷により充分に禦壓せられざりしところなりと云う以外に何等かの結論を為すこと困難なり。此等の方法が往時支那に於いて用いられたるものと大体に於いて同一なりとの事実は一の説明となるべしと雖も弁明とはならず。昔時支那の同業公会がボイコットを宣言し被疑者たる之会員の家宅を捜索し、彼等を公開裁判所に引出し、反則の廉により罰し、科料を課し、押収品を売却したりしも公会は当時の慣習に従い行動したるなり。加之右は支那社会の内部問題たりしものにして外国人の関係なかりし所なり。現在の状態は右と異なる。支那は近代的法典を採用したるが此等の近代的法律は支那におけるボイコットの伝統的手段と両立せざる所なり。支那参与員がボイコットに関する支那側の意見を弁護せる覚書は以上の記述を駁せず、単に「ボイコットは一般的に言わば合法的手段により行わるる・・・」と論ずるのみ。委員会の有する証拠は右の主張を支持せず。
 
(中略)

本章中において、第1に、日本は其の人口問題に関連し其の産業能力を増加せんとし、此の目的の為に頼り得べき海外市場を求めつつあること、第2に、対米生絲輸出を除きては支那は日本の輸出の主たる市場にして同時に日本帝国に多くの原料品及食料品を供することを示せり。加之支那は日本の海外投資の殆ど全部を護し従って現時の如き混乱と未開の状態を以てすら支那は日本の諸種の経済的乃至財政的活動に対し有利なる天地を供す。最後に、1908年より今日に至る迄陸続として起これる種々のボイコットが支那における日本の権益に加えたる損害の検討は、此等の権益は毀損せられ易きものなることに付注意を喚起せり。

 日本が支那市場に依存することは日本人自身も充分之を認むる所なり。他方支那は経済生活の各方面に於ける発展を最も焦眉の急とする国なり。而して1931年に於いてボイコットにも不拘其の全貿易額に於いて首位を占めたる日本は、他の如何なる外国よりも支那の経済的に支那の友邦たるべきものと思科せらる。

 此等2箇の隣邦の貿易上の相互依存と両国の利益との為には其の経済的近接必要なり。然れども両者の政治的関係が然く険悪にして一方が兵力を、他方がボイコットなる経済的武器を用いる間は此の如き接近不可能なり。

「最も過激な反支」ペロシ新議長誕生に支那も懸念....頑張れ、ペロシ!

頑張れ、ペロシ!
ペロシが正しい。
安倍首相も胡錦濤と握手などしていないで、少しはペロシを見習ってほしい。




「最も過激な反中」ペロシ新議長誕生に中国も懸念

【ワシントン=古森義久】米国議会下院の次期議長のナンシー・ペロシ議員が長年、中国政府を激しく非難してきたことが新下院の運営をどう変えて、米中関係にどう影響するかが注視されるようになった。ペロシ議員は中国当局の人権抑圧や大量破壊兵器の拡散を糾弾して、「米国議会でも最も過激な反中議員」と目されてきたため、中国側でも懸念が表明されているという。

 1987年に初当選した民主党リベラル派のペロシ議員は89年の天安門事件のころから中国共産党政権の民主主義弾圧や国民の自由抑圧を激しく非難し、議員事務所に民主派が天安門広場に作った「自由の女神」像のレプリカや中国人の民主活動家たちの写真を飾っていることで知られる。

 91年9月に訪中したペロシ議員は天安門広場で中国の民主化を訴える横断幕を広げようとして警官に阻止され、中国政府から「反中の茶番」と断じられる一方、チベットの現状を「中国による占領」と呼んで、ダライ・ラマや台湾への支持さえ表明してきた。

 同議員は以来、中国政府首脳を「北京の殺戮(さつりく)者たち」とまで呼び、先代ブッシュ大統領が92年に当時の李鵬首相と会談した際は「米国大統領がなぜ殺戮者と握手するのか」と糾弾した。同議員は民主党のクリントン大統領に対しても97年10月の江沢民国家主席(当時)をホワイトハウスに招いての国賓ディナー開催に抗議して、「国無しディナー」を主催し、「ブッシュ大統領は独裁者を甘やかせたが、クリントン大統領はその宣伝に努めた」と批判した。

 この間、ペロシ議員は下院の審議では中国の世界貿易機関(WTO)加盟の前提となる最恵国待遇付与の法案への反対や北京五輪の開催への反対など、中国糾弾の立場を一貫して保ってきた。

 今年4月、胡錦濤主席の訪米の際も、同議員は下院院内総務の肩書で米国大手紙に寄稿し、中国政府の民主主義やチベット住民の弾圧に加え、大量破壊兵器のパキスタンや北朝鮮、イランへの拡散や、人民元のレート操作や不公正貿易までを非難し、ブッシュ政権の対中政策を融和的すぎると批判した。同議員は同政権の対中政策標語の「ステークホルダー(利害関係者)」は「単なる希望の考え」と一蹴(いっしゅう)した。

 同議員のこうした言動は議会内外でも「ペロシ女史より中国糾弾の声が大きい議員はいない」(サンフランシスコ・クロニクル紙)という評価を定着させてきた。同議員のこうした「反中」姿勢は人権への強い配慮に加え、選挙区サンフランシスコの中華街の中国系住民に共産党政権への反発が強いことも原因だという。

 AP通信などの報道によると、北京でも中国糾弾を長年、続けてきたペロシ議員が下院議長になることへの懸念が各方面で表明されている。

 同議員は下院議長になることが決まってから、中国について公式の場で目立った発言はしていないが、同議員の補佐官は米紙に「議員は議長になっても中国の人権や自由の弾圧に対する見解は変えないから、本会議での審議法案の選択では中国に対しタフな法案をこれまでの議長よりも優先させるかもしれない」と語った。来年1月からの新議会では外交面ではイラク関連の審議が多くなるため、中国にどれほどの時間がさかれるかは不明だが、「反中」議長の登場はアジア案件の審議に関して下院の空気を変えることは確実といえそうだ。

(2006/12/02 11:57)

http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/061202/usa061202003.htm

南京虐殺は嘘28 嘘吐きベイツ1....嘘吐きベイツの化けの皮

ベイツは宣教師で、南京で大学教授をしていた。

南京安全区国際委員会のメンバーであり、当時から日本軍の犯罪を米国領事館へ報告したり日本大使館へ抗議しまくっていた。
また、戦後の東京裁判でも様々な証言をして、「南京大虐殺」を作り上げた中心的人物の一人だ。

実は、1937年12月15日に南京を去ったNY・タイムズのダーディン記者やシカゴ・デイリー・ニューズのスティール記者に出鱈目メモを渡したのもベイツだった。
――――――――
南京事件調査研究会編訳『南京事件資料集 第1巻』一〇五頁。一九三八年一月五日、上海のアメリカ総領事ガウスからワシントンの国務長官宛の「祕密扱い」の報告書簡(出典:Record of US Embassy to Chinam Correspondence American Embassy Nanking)には次のように記されている。「南京大学のシール・ペイツ博士(社会学および歴史学の教授)が書いた日本軍占領後の南京の状況に関するメモを同封する。本メモの写しは、『シカゴ・デイリー・ニューズ』 のアーチボルト・スティール氏が当総領事館の館貞に手渡したものである」
――――――――


ベイツは長く南京に滞在したのだが、ベイツ自身が目撃した虐殺は0件だ。

ベイツが所属した安全区国際委員会の公文書にある殺人事件の報告を基に犠牲者を数えると、出鱈目ばかりだが、それでもたったの約50件。

ところが、ベイツは、「ベイツ・メモ」で4万人大虐殺を主張した1938年に国民政府から勲章を受けた。
また、ベイツは、東京裁判で市民1万2000人大虐殺を主張した1946年にも国民政府から勲章を受けた。

他の安全区国際委員会のメンバーは、1938年や1946年に国民政府から勲章を受けていない。
ベイツが国民政府から貰った「勲章」と南京大虐殺の「大宣伝」の相関関係は、これで十分に説明がつく。

日本軍占領地で日本人と親しく付き合っていた者たちは、戦後、国民党から弾圧された。
日本軍占領地に居ながら、戦後、国民党から勲章を受けたというのは余程のことだ。
このことだけでも、ベイツが国民党側の人物だったことは確実なのだ。



さらに、2001年には、ベイツが「国民政府の顧問」と紹介されていた新聞記事の切り抜きまで発見された。

――――――――
「南京虐殺問題」

 南京陥落(1937年12月13日)後に日本軍によって中国の一般市民や捕虜が虐殺されたとする"南京虐殺"問題について新事実が明らかになった。亜細亜大学教授の東中野 修道氏は『諸君!』2002年4月号の「南京大学教授ベイツの"化けの皮"」で、当時、南京大学の歴史学教授で敬虔な宣教師、従って中立的な証言者として知られたマイナー・サール・ベイツが実は国民党中央政府の顧問だった事実を昨年イエール大学で発見した。
 また同大学では、ベイツがその著書で初めて4万人虐殺を主張した1938年と東京裁判で市民1万2000人虐殺を主張した1946年に、当時の中国政府(国民党政府)から勲章を受けたと晩年に書かれた自筆の履歴書も見つかっている。



「南京大学教授ベイツの"化けの皮"」

そのティンパーリと反日的な点で同志関係にあったベイツも、中華民国政府顧問であったことも次の史料から明らかになった。
それを証明したのが、イエール大学で私が発見した小さな新聞記事の切り抜きであった。写真説明は次のようになっている。
「中国の首都南京の城門を攻める日本軍の砲撃がこだまするなか、それに怯むことなく、オハイオ州・ハイアラム出身の南京大学歴史学教授にして、中華民国政府顧問のマイナー・サール・ベイツ博士(写真)は、城壁で囲まれた南京城内の自らの持ち場を離れることを拒否した。アメリカ大使館は、ベイツ博士が最後の瞬間に逃げることを許可し、彼に、城壁をよじ登って降りるさいの縄ばしごを提供した」
『諸君!』2002年4月号

「露西亜人も日本人と新政権を歓迎」 『リットン報告書』...第6章 「満州国」....第3節 満州居住民の意見

第6章 「満州国」

第3節 満州居住民の意見

 満州に於ける一切の少数民族の団体の内哈爾賓及其の付近における少なくも其の数10万人を算する白系露人の小植民地は近年最も迫害を蒙りたり。彼等は庇護すべき国民政府なき少数民族団体なるの故を以て支那の官吏及警官により各種の屈辱を蒙りたり。彼等は故国の政権と不和の関係に在りて満州に在りてさえ此の故に絶えざる不安の裡に在るものなり。彼らの内裕福にして教育ある者は生計を立て得るも支那官憲が彼等を犠牲にし供して或種の利益をソ連邦より得らるると考えるときは之が為に苦しめらるるを常とす。より貧困なる者は生活を営むこと甚だ困難を見又絶えず警察の手及支那法廷において苦を嘗めつつあり。請負制度により租税が賦課徴収せらるる地方においては彼等は其の支那人たる隣人よりも餘き割合の課税を支払うを要したり。彼等は其の取引及行動に関し多くの制限を経験せり而して彼等の旅券が検査せられ、其の契約が認証せられ又は其の土地が譲渡せらるるには官吏に対し賄賂を贈ることを要したり。彼等の多くにとりては現在よりも劣れる条件を想像
し能わざるを以て日本人を歓迎したるは尤ものことにして今や彼等の運命は新政権の下に開け行くべしとの希望を抱懐することは怪しむべきに非ず。

『リットン報告書』

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.