FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
南京虐殺は嘘57・中帰連とホラ話「三光」

中国帰還者連絡会(中帰連)

中帰連は昭和32年に結成され、撫順・太原からの帰国戦犯の約半数が加入した。日中友好協会にも団体加入、親中国運動を展開した。それはつまり反日・反米・反韓・反台であった。

(略)

三光
昭和32年、「三光」という本が、衝撃をもって日本人の前に現れた。
内容の過激さゆえ、当初は驚きと同時に疑いをもって見られていたのだが本多勝一氏の朝日新聞連載「中国の旅」で「三光」という語はかなり定着してしまった。
「三光」という言葉は日本語ではない。国民党と中共党がお互いに相手の残虐さを罵るために使ったプロパガンダ用語である。
にもかかわらず「三光」は日本の歴史教科書にまで載るようになった。
(略)
捕虜が敵国で書かされた文章など、一笑に付すのが常識的な対応であろう。
しかし、出版されると内容に疑いをもたれながらも、「三光」はそのえげつなさにベストセラーになり知名度をあげた。
(略)
時期、場所がウソ
(略)
つまり、小田少佐は手記を強要されながらも、3人に累が及ばないよう、日本に帰った人だけを登場させ、時期も3人と関係のない35師団時代にしたのである。

関係者が読めば全く架空のホラ話であることが判るよう、周到な計算のもとに書かれたものと言える。


しかし、時期、場所、部隊構成がデタラメでも行為は事実なのではないか、という見方もある。これを田辺敏雄氏が元78大隊の人に聞き取り調査をした。
(略)

『…したがって「三光」は大嘘』だということ。


もっとも、中帰連側ではこの人たちが口裏を合わせ、嘘を言っているというのだが。


ここに初登場した「三光」という言葉は、この後日本において「三光作戦」「三光政策」という言葉になり、日本軍が支那全土で長期的に行なった計画的大量殺戮であった意味合いを持たされていった。

教科書や百科事典にも載っており、すでに史実のようになっている。


小田少佐は自分の書いたものが、こんなに出世するとは夢にも思わなかっただろう。

そもそも「三光」は中国語である。
台湾の辞書には三光を『放浪中の中共党軍のスローガンで、民衆から略奪したものを「全部分けよ」「食い尽くせ」「使い尽くせ」と称し』(略)
中共の辞典には『三光とは抗戦時期、敵の傀儡軍隊(汪政権)が抗日民主根拠地で行なった残酷な人民殺害手段』で『国民党反動派軍隊(蒋介石軍)も解放区に向かってこのような非人道的政策を行なった』とある。




今日の、日本は悪逆非道なことばかりしてきた、という日本罪悪史観を作り上げたのは、日本軍がやったと云われる具体的な残虐行為や残虐事件である。
そして、それらの根拠として、撫順戦犯の手記・供述書・証言が最大のネタ元となっている。


中帰連とホラ話「三光」
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo8.html

南京虐殺は嘘56・捕虜への洗脳、認罪学習(坦白大会)、こんな連中が中帰連になった。

中共建国の翌年の昭和25年、中ソ友好条約の締結時、一部の捕虜はスターリンから中共にプレゼントされ、撫順に収容された。



いよいよ、後日、彼ら自身に「鬼から人間に戻った」と言わしめる洗脳が始まったわけである。

戦犯の処置は新中国の重要な国家政策として周恩来が直接指揮をとり、管理は司法部ではなく公安部が担当した。公安部長の羅瑞卿は、延安で多数の日本兵捕虜を洗脳して、日本軍の正面に送り出してきた捕虜政策のエキスパートであった。




一方ハルピンの尉官級以上の人たちも「学習」が続けられ「総括書」を書かされた。これは、学習して得た共産主義の認識に基づき、過去の自分を自己批判しろということである。
罪は重くても完全に共産主義思想になったものは許す。逆に軽微な罪行でも思想を改造できないものは重く処罰する、としつこく繰り返された。

中共側は共産主義思想に転向してこそ初めて過去の旧思想時代の犯罪を自供できる、と主張していた。
つまり「思想改造」と「認罪」の同時工作であり、中共国内の反革命分子に行使した方法と同じであった。

尉官以上の人が取り調べを受けたのに対し、下士官・兵は坦白大会の方法がとられ、自分たちで自らを洗脳していった。
ソ連のラーゲリに居た頃も下級兵士ほどアクチブになり易かったのだ。


「認罪運動」
そして本格的な取り調べが開始された。「坦白するものには軽く、逆らい拒むものには重く」という取り調べの方針が告知され、そのスローガンは所内の至る所に掲示された。これをきっかけに「認罪運動」というものも始まった。



「私はこんな酷いことをした」と戦犯全員の前で自白する発表会がもたれた。
この「坦白大会」には、中共党幹部も同席し、管理所の洗脳工作経過を視察するものであったが、戦犯達も自分が何を要求されているのかが判り、いよいよ追いつめられていった。

認罪学習は、徹底して行われた。みんなでしつこく何回も何回も犯罪行為を確認し、自己批判・相互批判が繰り返された。
「学習」とは言うものの、罪の自白とつるしあげ合戦である。「なんだ、それぐらい、俺なんかもっと凄いもんね」「お前、それぐらいじゃ足りんだろう」などとエスカレートしていったのだった。




工作員(取調官だが、なんともストレートな名前である)は、一人ひとりについて何年もかけて集めた証言、告発書をもとに尋問した。つまり、罪状は最初から決まっており「自白すれば軽く、拒めば重く」と言われれば、工作員の言うままに合わせるしかない。
毎日呼びだされ、尋問を受ける。尋問というより説得であった。総括書は出す度に点検され、ここが違うとか、こう書けとか注文された。
相手の予定調書と違ったことを自白すればそれは自分がウソや間違いを言っていることになるのだ。

こういう経過で、日本語にはない罪行や、中共側のでっち上げや過剰な言い分まで認めざるを得なかった。
とにかく、一日でも早く日本に帰りたい、そのことしか頭になかった。

また、中共側は余計な自白を歓迎した。
本人の罪状だけでなく、伝聞した日本軍の罪状まで採集していった。

戦犯たちは総括書という形で、文章にして提出した。当然、文章の巧拙や想像力の大小によって、罪業に迫力の差がでてくる。
文章の上手い戦犯はほめられ、他の戦犯の文章指導や代筆までやり、悪鬼そのものの日本軍が作成されていった。


監禁されるとその苦痛や憤り、自己崩壊から逃れるため、加害者の立場に自分を置こうとする場合がある。
相手側の一員になった気持ちになるのだ。

撫順に収監された戦犯の中で、下士官・兵などは特に戦争犯罪など起こしていない人ばかりである。

理由もなく6年も監禁されたのに、自ら戦争犯罪人を認める自白をし、そのうえ不起訴になったら中共の温情に感謝する、看守達と抱きあって泣いたりしたのだ。


http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo7.html
撫順2(戦犯管理所と戦犯裁判)より抜粋







↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

東条英機の遺言(抜粋)・昭和23年12月22日夜、死刑執行(12月23日零時)数時間前

 東条英機の遺言



 開戦の時のことを思い起こすと実に断腸の思いがある。今回の処刑は個人的には慰められるところがあるけれども、国内的の自分の責任は、死をもって償えるものではない。しかし国際的な犯罪としては、どこまでも無罪を主張する。力の前に屈した。自分としては、国内的な責任を負うて、満足して刑場に行く。ただ同僚に責任を及ぼしたこと、下級者にまで刑の及びたることは、実に残念である。
 天皇陛下および国民に対しては、深くおわびする。

 天皇陛下の御地位および陛下の御存在は、動かすべからざるものである。天皇陛下の形式については、あえて言わぬ。存在そのものが必要なのである。それにつきかれこれ言葉をさしはさむ者があるが、これらは空気や地面のありがたさを知らねと同様のものである。

 東亜の諸民族は、今回のことを忘れて将来相協力すべきものである。東亜民族もまた他の民族と同様の権利をもつべきであって、その有色人種たることをむしろ誇りとすべきである。インドの判事には、尊敬の念を禁じ得ない。これをもって東亜民族の誇りと感じた。

 現在の日本を事実上統治する米国人に一言するが、どうか日本の米国に対する心持ちを離れしめざるように願いたい。
 また、日本人が赤化しないように頼む。

 米国の指導者は、大きな失敗を犯した。日本という赤化の防壁を破壊し去ったことである。いまや満州は赤化の根拠地である。朝鮮を二分したことは東亜の禍根である。米英はこれを救済する責任を負っている。

 日本は米国の指導にもとづき武力を全面的に放棄した。それは一応は賢明であるというべきである。しかし、世界が全面的に武装を排除していないのに、一方的に武装をやめることは、泥棒がまだいるのに警察をやめるようなものである。

 戦死傷者、抑留者、戦災者の霊は、遺族の申し出があらば、これを靖国神社に合祀せられたし。出征地にある戦死者の墓には、保護を与えられたし。従って遺族の申し出あらば、これを内地に返還せられたし。


 以上が昭和23年12月22日夜、死刑執行(12月23日零時)数時間前に、東京巣鴨において、教誨師の花山信勝師の前で東条英機が朗読した遺言の摘要である。


『秘録 東京裁判』清瀬一郎著(中央公論新社)より抜粋








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

プルトニウム型核弾頭(弾道ミサイル搭載可能な爆縮レンズなど)の開発には2年程度・兵器用プルトニウム生産に黒鉛減速炉は不要・政府内部調査は官邸の補佐官あたりの指示による旧文部省系の役人の調査か・・・

Yahoo!掲示板
トップ > 政治 > 法 > 憲法 > ☆自衛隊を廃止しよう!






Re: 平和主義者が戦争を起こす 2006/12/26 1:53 [ No.1073 / 1081 ]

投稿者 :
deliciousicecoffee


zwerg1211さん。
お久し振りです。

もう私の事は覚えていないかもしれませんが、よろしければ教えて下さい。

どなたか詳しい方のコメントをお聞きしたいと思いました。
zwerg1211さんは原発について詳しかったので、もしかして何かお気付きの点があるかもしれないと思って探させて頂きました。


●核弾頭試作に3年以上 費用2000~3000億円 政府内部文書
●政府内部調査資料「核兵器の国産可能性について」(2006年9月20日)の要約

http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9934810.html


やはり、こんなもんなんでしょうか?

だとしたら、日本は急いで黒鉛減速炉の建設と減速炉から生じる使用済み核燃料を再処理するラインを設置するべきだと、私などは思ってしまうのですが・・・

どうやら塩崎官房長官がこの記事について「知らない」と言ったらしいのですが、内容に関する科学的側面からのアドバイスを頂戴できたら幸いです。


これは メッセージ 1062 zwerg1211 さんに対する返信です








Re: 平和主義者が戦争を起こす 2006/12/26 19:45 [ No.1075 / 1081 ]

投稿者 :
zwerg1211


お久しぶりです。
deliciousicecoffee様
実はあれ以降原子力ではないのですがちょっとNBCにかかわるような仕事もしており、妙に詳しくなってしまっています。

概要的にはこの情報は正しいのですが日本ならプルトニウムを生み出すための黒鉛減速炉は必要ないはずですよ。
運転期間さえ短時間で調整すれば発電用の軽水炉でも目標とするような原子量比をもったプルトニウムは生産できるはずで、そこからのプルトニウム回収には現状の再処理設備が使えるはずです。と考えれば5年はかからないような気がします。(また、最近、電力会社の事故などの関係で発電用原子炉が短期間の運転で停止したケースがかなりあるはずです。この燃料棒を取り出していたならこれは兵器用プルトニウム生産に向いた状態にあるはずです。)

爆縮レンズが完全にコンピューターシミュレーションでできるかどうかという問題はありますが、これは核実験を行えばすむはずですのでプルトニウム型核弾頭の開発には2年程度かかるのではないかと思います。

 ウラン型は研究用に使っていたウラン濃縮システムがどの程度の信頼性をもっているかです。十分な信頼性があれば一年以内に核弾頭の開発は可能でそのシステムの信頼性が不十分なら専用のプラントを新たに作る必要があるため、試運転なども考えると5年近くかかるかもしれません。

ただ、あまり詳しいことは書けませんが中性子ブースト等核弾頭の小型化に使えそうな技術は高速増殖炉開発や核融合研究等で日本が最先端を進んでいるはずですのでなにか裏技がありそうな気がします。(ただ、前にも述べたとおもいますが研究者にその気が全くないというのがもっとも大きな障壁のような気がします。)



これは メッセージ 1073 deliciousicecoffee さんに対する返信です








Re: 平和主義者が戦争を起こす 2006/12/27 22:17 [ No.1076 / 1081 ]

投稿者 :
deliciousicecoffee


>要的にはこの情報は正しいのですが日本ならプルトニウムを生み出すための黒鉛減速炉は必要ないはずですよ

この産経新聞の「政府の内部調査」に関しては、塩崎官房長官が「知らない」と言っていますし、そもそも一体誰が指示して誰(どの省庁)が調査したのか未だに明らかにさえていません。
どうも釈然としません。


>運転期間さえ短時間で調整すれば発電用の軽水炉でも目標とするような原子量比をもったプルトニウムは生産できるはずで、そこからのプルトニウム回収には現状の再処理設備が使えるはずです。と考えれば5年はかからないような気がします。(また、最近、電力会社の事故などの関係で発電用原子炉が短期間の運転で停止したケースがかなりあるはずです。この燃料棒を取り出していたならこれは兵器用プルトニウム生産に向いた状態にあるはずです。)

記事(政府内部調査資料)では、3年~5年と述べられていたので、5年かからないのはその通りとして、やはり3年くらいはかかってしまうのでしょうか?


>爆縮レンズが完全にコンピューターシミュレーションでできるかどうかという問題はありますが、これは核実験を行えばすむはずですのでプルトニウム型核弾頭の開発には2年程度かかるのではないかと思います。

私のブログのコメントの中に、「マンハッタン計画ですら2年9ヶ月、爆縮レンズは1年ほどで作り出しているわけで、1944年当時のアメちゃんよりも今の日本政府は無能なのでしょうか?だとしたら国民は怒らなければいけません。」と意見が有りましたが、やはり2年程度必要なのでしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9934810.html


>ただ、あまり詳しいことは書けませんが中性子ブースト等核弾頭の小型化に使えそうな技術は高速増殖炉開発や核融合研究等で日本が最先端を進んでいるはずですのでなにか裏技がありそうな気がします。

また何かの時に教えて下さい。
私としては、仮に日本が核武装を決断した場合の、完成までの期間を確認しておきたいのです。


これは メッセージ 1075 zwerg1211 さんに対する返信です









Re: 平和主義者が戦争を起こす 2006/12/28 20:58 [ No.1078 / 1081 ]

投稿者 :
zwerg1211


>>爆縮レンズが完全にコンピューターシミュレーションでできるかどうかという問題はありますが、これは核実験を行えばすむはずですのでプルトニウム型核弾頭の開発には2年程度かかるのではないかと思います。

>私のブログのコメントの中に、「マンハッタン計画ですら2年9ヶ月、爆縮レンズは1年ほどで作り出しているわけで、1944年当時のアメちゃんよりも今の日本政府は無能なのでしょうか?だとしたら国民は怒らなければいけません。」と意見が有りましたが、やはり2年程度必要なのでしょうか?

このあたりの前提は弾道ミサイルに搭載可能な核弾頭を目標としています。それなら2年程度は最低でも必要だと思います。
広島型のウラン型で適当な研究設備がそのまま運転可能なら半年程度で可能でしょう。長崎型なら核実験は必要ですが、もう少しかかり1年程度でしょう。(短縮できる要素もありますが、プルトニウムの生産の様に時間的に短く出来ないものもありますので)
ただ広島、長崎型の大型爆弾の場合何搭載するのかということが問題となります。搭載量や速度から考えるとF2もしくはF4のの改装ということになりそうで、これにも1年以上かかりそうです。

>この産経新聞の「政府の内部調査」に関しては、塩崎官房長官が「知らない」と言っていますし、そもそも一体誰が指示して誰(どの省庁)が調査したのか未だに明らかにさえていません。
どうも釈然としません。

これについては内容から見ると資料を作ったのは文部科学省の旧文部省系のお役人のような気がします。(科技庁系ならもう少し短い期間と多い人員と予算を示すでしょうし、研究者なら必要な人員のところで問題提起するでしょう。)と考えると指示を出したのはおそらく官邸の補佐官あたりではないかと思います。(官房長官あたりが役職で出したならもっと形式が伴っているように思います。)



これは メッセージ 1076 deliciousicecoffee さんに対する返信です








Re: 平和主義者が戦争を起こす 2006/12/28 21:53 [ No.1079 / 1081 ]

投稿者 :
deliciousicecoffee


いろいろと教えて頂き、ありがとうございました。
大変参考になり、多くの疑問が解消されました。
また、何かあったら教えて下さい。

zwerg1211さんの見解を私のブログに収録させてほしいのですが、よろしいでしょうか?

zwerg1211さんの方でも、もし今後何かお気付きの点がありましたら、是非、教えて下さい。


【政府内部調査資料「核兵器の国産可能性について」(2006年9月20日)の要約】・【核弾頭試作に3年以上 費用2000~3000億円 政府内部文書】産経新聞
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9934810.html


【核の空白】(上)・ウラン濃縮に10年・製造業の誇り今こそ・日本の遠心分離機開発の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10032255.html

【核の空白】(中)・平和利用技術・国際的役割高める機会・日本の核技術を世界に広めよ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10099864.html

【核の空白】(下)・抑止力への道・二面性、有効利用の時・いつでも踏み切れる潜在力を「抑止力」とせよ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10189785.html


これは メッセージ 1078 zwerg1211 さんに対する返信です








Re: 平和主義者が戦争を起こす 2006/12/28 22:23 [ No.1080 / 1081 ]

投稿者 :
zwerg1211


私は原子力機関に所属していたことはありますが核物等について専門家とは決していえないので多少の誤解があるかもしれません。その点を認識した上で載せて頂けるのなら結構です。(ただ、日本の原子力専門家はほとんど核兵器への技術転用を考えていませんので専門家に聞いてもこういった答えが帰ってくるかどうかは疑問です。)
確か、以前に相談いただいた化学兵器などは本当に専門家になってしまいましたので、その方面ならかなり信頼性のある回答を述べられると思います。



これは メッセージ 1079 deliciousicecoffee さんに対する返信です

米国における支那関連報道の箝口令・『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)?

しかし最近の中国関連本の中には、明らかな事実誤認というか事実を歪曲したものも見受けられる。また、これらの本に共通した誤りと言うべきことがある。これらの本の中には、なぜか大きな意味を持つことがほとんど書かれていないのである。

 中国の真実がなかなか伝わらない理由は単純明快である。説明するとこうである。中国に外国人が住んでいる。その中で中国の国情を把握している人を区分けすると3つに分けられる。ところが、いずれの人もいざ真実を述べるとなるとかなりの制約がある。3つの区分はこうである。

 (1)宣教師
 (2)民間事業家
 (3)領事館員や外交官等の政府役人

 最初に挙げた「宣教師」たちは真実を話したがらない。なぜか。もし事実が知られると、今まで続いてきた援助が打ち切られる危険があるからである。次に挙げた「民間事業家」たちも事実を話したがらない。なぜか。心証を害された中国人から不買運動が起こる恐れがあるからである。また、会社に罰則が課される恐れがあるからである。最後に挙げた「政府役人」は在任中は外交辞令的なことしか言えない。厳重に口止めされているからである。したがって、現場にいて状況を最も的確に把握しているはずの人間が、事実上「猿轡」をはめられ真実を述べられないのである。



 こういう箝口令とでも言うべきものが布かれた結果、アメリカの国内では、中国の真実とはかけ離れた思い違いやら誤解が生まれてきたのである。また、もし現役の役人がアメリカに帰国し、中国の話をしてくれと頼まれたような場合は、話の概要を政府に提出しなければならないことになっている。もし自分が関わった問題の全容を話そうものならクビが待っている。したがって、きちんと説明することなどできないから、明るく振舞い、中国の明るく見えそうな面をことさら取り上げるしかないのである。こういう欺瞞に満ちた、真相を一部しか明かさない話は百害あって一利なしであるが、こうした話が全国的に広まっているのである。
聞く方にすれば、現場を知っている話し手を信用しているから、まさか嘘とは思わない。民間事業家も然り。真実を話そうにも話せないのである。同様な理由で、新聞に「反中国的人物」と叩かれるのを恐れているのである。
(P6~7)

『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.