FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200610<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200612
南京虐殺は嘘23 ...嘘吐きダーディン4...虚報の情報源は宣伝工作員のベイツ

そのベイツ教授が上海から「諸友宛て」に送ったという、1938年4月12日付の手紙が残っている。
「その本には、12月15日に南京を離れようとしていたさまざまな特派員に利用してもらおうと、私が同日準備した声明が掲載されています」
その特派員とは、スティール、ダーディン、メンケン、マクダニエル、スミスの諸氏である。ベイツ教授の言う「その本」とは、今日では中央宣伝部が製作した宣伝本であると判明したティンパーリ編『戦争とは何か』である。その本の第1章の前半はベイツ教授が匿名で執筆していた。それが、ベイツ教授の言う「声明」(レポート)であった。ベイツ教授はそれを新聞記者に「利用」してもらおうと、12月15日に南京を離れる新聞記者たちに渡したと言うのである。

(略)

ベイツ教授が特派員たちに渡した「レポート」は、『戦争とは何か』の第1章前半に匿名で収録され、今日に残っている。早速、それを見てみよう。

2日もすると、たび重なる殺人、大規模で半ば計画的な略奪、婦女暴行をも含む家庭生活の勝手きわまる妨害などによって、事態の見通しはすっかり暗くなってしまいました。市内を見まわった外国人は、このとき、通りには市民の死体が多数ころがっていたと報告しています。……死亡した市民の大部分は、十三日午後と夜、つまり日本軍が侵入してきたときに射殺されたり、銃剣で突き殺されたりしたものでした。……元中国兵として日本軍によって引き出された数組の男たちは、数珠つなぎにしばりあげられて射殺されました。これらの兵士たちは武器をすてており、軍服さえぬぎすてていたものもいました。……南京で示されているこの身の毛もよだつような状態は……。

ベイツ教授がこれを特派員に渡したのは12月15日であった。したがって、この「レポート」が問題にしているのは(すでに見たアメリカの新聞記事と同じく)12月13日の陥落から3日間の出来事である。そこに書かれていることを挙げてみると、殺人、略奪、婦女暴行、死体、さらに中国兵の摘発、連行、射殺である。南京在住の外国人の記録を比較検討した前項からも分かるように、これは陥落3日間の状況から大きくかけ離れていた。しかも、ベイツ教授は国際委員会の有力なメンバーであった。彼が東京裁判で証言したように、「みずから」南京の日本大使館に渡していたという「市民重大被害報告」のなかには、ベイツ教授が12月15日の「レポート」に記したような「陥落後2日もすると頻発する殺人」という非難は一つも書かれていなかった。

P120~121

『南京事件――国民党極秘文書から読み解く』東中野修道著








↓応援クリックお願いします。↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上応援クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

海水ウランの捕集をコスト試算で裏づけ...コスト低下で実用化に近づく

Yahoo!掲示板
トップ > 政治 > 軍事 > 核戦略




海水ウランの捕集をコスト試算で裏づけ 2006/11/26 7:46 [ No.4770 / 4772 ]

投稿者 :
Ellis_Bell_00


以前より当トピで紹介しております海水ウランに関する最新情報です。

http://jolisfukyu.tokai-sc.jaea.go.jp/fukyu/mirai/4_5.html

4-5 海水ウランの捕集をコスト試算で裏づけ
-高性能金属捕集材による海水ウラン資源採取の検討-


我が国における原子力発電は、総発電電力の約34%を占めますが、発電に必要なウラン燃料はその全量を輸入に頼っています。ウラン資源として海水ウランの捕集が可能になれば、我が国のエネルギーセキュリティはより頑強なものになり、理想的な核燃料サイクル体系を完成するまでの時間的余裕を与えることができます。海水中のウラン濃度は非常に低く、海水1トン中のウラン溶存量は3.3mgと極微量ですが、世界の全海水中の総量を計算すると45億トンになり、陸域でのウラン埋蔵資源の1000倍に匹敵します。また、日本近海を流れる黒潮により運ばれるウラン量は、年間520万トンと試算されており、我が国の原子力発電に必要とされるウラン資源は、このうちの0.2%を捕集すれば賄うことができます。

私たちは、放射線グラフト重合法により作製した捕集材を用い、これを海面に浮かせた生簀から垂下する捕集方式で、青森県むつ関根浜沖合いで海域試験を行い、海水からウランを捕集する技術を開発しました。更に、ウランを捕集するコストを下げるためには、海底から立ち上げ係留できる捕集方式がより有効であることがわかりました。そのため、モール状捕集材(図4-12)を開発して、沖縄海域で捕集試験を行い、この結果に基づいて海水ウランの捕集コストを試算しました(図4-13)。年間のウラン捕集規模を金属ウラン換算で1200トン/年(原子力発電所約6基分に相当)と設定しました。ウラン捕集材の海水ウラン捕集性能が60日の海水への浸漬で2g-U/kg-捕集材、捕集材の繰り返し使用回数が6回でのコスト試算では、捕集材の製造、係留・回収、ウランの溶離・精製を合計すると、1,053億円/年となります。この経費をウランの年間捕集量1200トンで割ると、ウラン1kgあたりのコストは88千円となりました。捕集材の性能向上に関する研究開発を進め、6g-U/kg-捕集材、捕集材の繰り返し使用回数が20回以上の性能が達成された場合は、15千円程度まで下がります。この価格は採掘可能なウランの最高値と同じ程度です。沖縄海域で行ったウラン捕集試験では4g-U/kg-捕集材の性能が達成できる見込みが得られており、この繰り返し使用が18回目まで達成できるとしますと、現状で到達可能性の高いコストは25千円です。この場合、海水からウランを採取するために必要な初期投資額は1,077億円となります。これは100万キロワット級原子力発電所の建設費の約1/3程度です。

---------
●参考文献
玉田正男ほか, モール状捕集システムによる海水ウラン捕集コスト試算, 日本原子力学会和文論文誌, vol.5, no.4, 2006, 印刷中.





最新ウラン市場価格 2006/11/26 9:29 [ No.4771 / 4772 ]

投稿者 :
Ellis_Bell_00


さらに最新のウラン市場価格を紹介します。

http://www.uxc.com/review/uxc_Prices.aspx

実はウラン市場価格は2004年あたりから上昇に転じ、今年に入って急騰を続けており、現在62.5ドル/U3O8 lbです。
これを1kgウランに換算すると約$180/kg-Uであり、1ドル120円とすると21600円/kg-Uとなります。
前稿で紹介しました「現状で到達可能性の高いコストは25千円」に市場価格はかなり近づいてきているといえるでしょう。

「支那の抗日運動に日本人嘆く」 『リットン報告書』 第2章 満州...2、支那の他の部分との関係

第2章 満州

2、支那の他の部分との関係

(一部抜粋)

 張作霖元帥は其の晩年に於いては日本に対し日本が各種の条約及取極に依り取得せる特権の利益を漸次容認せざる意向を示すに至れり。日本との関係は特に稍緊張したり支那における党派的闘争に関係せず専ら力を満州の開発に用ふべしとの日本の忠告に対し張は憤怨を感じ之を無視したるが、其の子張学良亦彼に倣へり。馮将軍敗北後張作霖は大元帥の称号の下に北方軍閥同盟の盟主と成れり。

(中略)

国民党の宣伝は同党の教科書に依り学校に侵入し又遼寧人民外交協会の如き協会出現して国民主義的感情を鼓舞強調すると共に抗日煽動を実行し又支那人家主及地主に対しては日本人及朝鮮人たる借人への賃貸料の引上げ又は賃貸契約の更新拒絶を強要したり。日本人は当委員会に対し多数の此の種事件を訴え来れり。朝鮮人移民は組織的迫害を蒙れり。諸種の抗日的命令及訓令発せられ軋轢の機会は重なる緊張加れり。1931年3月各省首都に国民党省党部設立せられ続いて其の他の都市及地方に支部の設立を見たり。党の宣伝員にして支那より北上し来る者は次第に其の数を加え日本人は抗日運動の日に激化するのを嘆きたり。

『リットン報告書』

AOL副会長が「南京」映画を制作?!\(`o'")コラーッ...南京の虚構を訴える英語サイトと英語本の紹介

「レイプ・オブ・南京」下敷き 米で反日史観映画 年明け発表

 ■AOL副会長制作

 【ワシントン=山本秀也】米国の大手インターネット企業「アメリカ・オンライン」(AOL)のテッド・レオンシス副会長(50)が、南京事件(1937年)に取材した映画「南京」(仮題)を制作し、年明け以降、発表する。ドキュメンタリー作品の体裁だが、史実の認定は反日的な歴史観で知られる中国系米国人作家、故アイリス・チャン氏の「レイプ・オブ・南京」を踏まえているとされる。公開されれば来年70周年を迎える同事件や歴史問題をめぐり、日本の国際的立場に深刻な影響を与える可能性もある。

 AOLの米国広報では、レオンシス氏による「南京」の制作を確認する一方、同社は制作に関与していないとしている。レオンシス氏は「アガペ」という映像プロダクションを設立し、映画参入の第1作として制作に取り組んでいる。

 制作情報をまとめると、「南京」は事件に関連した記録や事件関係者への取材映像に俳優のナレーションを織り交ぜる構成で、「欧米人が語る南京事件」に重点が置かれる。音楽はグラミー賞を受賞したロック界の大御所ルー・リードが担当するという。

 作品は来年、米国内で開かれる映画祭で発表の予定だ。米紙ワシントン・ポストによれば、中国市場に向けてDVDの販売が計画されるほか、国営中国中央テレビ(CCTV)が作品放映権を獲得しているという。南京事件に関心を抱いた理由について、レオンシス氏は、保養中に読んだアイリス・チャン氏の自殺(2004年)をめぐる古新聞の記事がきっかけだったと同紙に説明。これまでの報道では、作品がチャン氏の「レイプ・オブ・南京」をベースにした内容となることが強く示唆されていた。

 華僑消息筋によると、レオンシス氏は10月末、東部メリーランド州で開催されたアイリス・チャン氏を記念する論文コンテストに来賓として出席し、「南京」の制作状況を報告した。論文コンテストは、米国を舞台に反日宣伝を繰り返してきた中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」が主催し、論文約430点が寄せられた。

 南京事件を扱った映画は、中国、香港でこれまで多数制作された。今年初めに上海紙「文匯報」が、米国のクリント・イーストウッド監督が「南京・クリスマス・1937」を制作すると伝えた話は事実無根だったが、事件70周年を控え、中国内外で新たな作品の制作が伝えられている。

 レオンシス氏は、AOLの事業モデルを有料インターネット接続事業から広告収入主体に転換した米国の有力企業人。北米プロアイスホッケー(NHL)の人気チーム「ワシントン・キャピトルズ」のオーナーを務めるなど、娯楽スポーツ分野でも知られる。


【用語解説】レイプ・オブ・南京

 中国系米国人の女性著述家、アイリス・チャン(中国名・張純如)氏が1997年に発表した南京事件に関する著作。同事件で旧日本軍が市民約30万人を虐殺、女性2万人から8万人を乱暴したなどと論じたが事実誤認や写真の誤りなどが多数指摘された。日本語版の出版は見送られたものの、米国内では現在もロングセラーとなっている。

産経新聞
(11/26 10:30)





C= (-。- ) フゥー

今頃、アイリス・チャンの『レイプ・オブ・南京』を基にして、ドキュメンタリー?を制作・・・
\(`o'")コラーッ
アホか?!





南京虐殺の虚構を英語で訴える著書やサイトを紹介しておきます。


『再審「南京大虐殺」――世界に訴える日本の冤罪』竹本忠雄・大原康男著
The Alleged ’Nanking Massacre’――Japan’s rebuttal to China’s forged claims

この本は下のサイトで全て読めます。

日英バイリンガル
再審「南京大虐殺」
世界に訴える日本の冤罪
The Alleged ’Nanking Massacre’
Japan’s rebuttal to China’s forged claims
http://www.ne.jp/asahi/unko/tamezou/nankin/alleged/



東中野修道教授の有名な本の英語版です。

The Nanking Massacre: Fact versus Fiction: A Historian’s Quest for the Truth (Paperback)
by Higashinakano Shudo

http://www.amazon.com/gp/product/4916079124/qid=1149850902/sr=2-2/ref=pd_bbs_b_2_2/104-4140686-7771949?s=books&v=glance&n=283155



教科書が教えない歴史
日本近代史の真実
http://www.jiyuu-shikan.org/

上のサイトの「英語サイト ABC of Modern Japanese History」をクリックした後、「ARCHIVES」をクリックすると、Iris Chang's "The Rape of Nanking"(アイリス・チャンの『レイプ・オブ・南京』)のウソ・間違いを指摘している英語の説明文などがあります。

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.