正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200610<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200612
「支那は世界平和の脅威」 『リットン報告書』 第1章 支那に於ける近時の発展の概要

第1章 支那に於ける近時の発展の概要

1、近代支那の発展

(一部抜粋)

 支那に於ける主導的要素は徐々に行われつつある国民自体の近代化なり。現代支那は其国民生活のあらゆる方面に於いて過渡的証跡を示しつつ進展しつつある国家なり。政治的擾乱内乱、社会的及経済的不安は中央政府の衰微をもたらすとともに1911年の革命以来支那の特徴となりたり。之等の状態は支那の接触し来れるあらゆる国家に不利なる影響を及ぼし来れるものにして、匡救せらるるに至る迄は常に世界平和に対する脅威たるべく又世界経済不況の一原因たるべし。

『リットン報告書』

南京虐殺は嘘21 嘘吐きダーディン2....後年、ダーディンが自分の嘘を認める

ダーディンは、1937年12月18日付ニューヨーク・タイムズで、
――――――――
日本軍の下関門の占領は、防衛軍兵士の集団殺戮を伴った。彼らの死骸は砂嚢に混じって積み上げられ、高さ六フィートの小山を築いていた。水曜日(十五日)遅くなっても日本軍は死骸を片付けず、さらには、その後の二日間、軍の輸送車が、人間や犬や馬の死骸も踏み潰しながら、その上を頻繁に行き来した。
(12月18日付NY・タイムズより一部抜粋)
――――――――

という記事を書いておきながら、
後(1987年8月)に、

――――――――
この下関地区では、それこそ大勢の兵隊が邑江門から脱出しようとして、お互いに衝突したり、踏みつけあったりしたのです。前にもお話したような気がしますが、私たちが南京を出るときに、この門を通りましたが、車は死体の山の上を走らねばなりませんでした。この門から脱出しようとした中国軍の死骸です。中国軍はあちこちで城壁に攀じ登り脱出を試みました、これらの死体の山は日本軍がここを占領する前にできたように思うのです。この地域で戦闘はありませんでした。
(『南京事件資料集』アメリカ関係資料編)
――――――――

と、あっさり嘘を告白した。




また、
――――――――
南京事件を世界に知らせた男
自分の目で大量虐殺を見た米人記者の回顧談
元ニューヨーク・タイムズ記者、ティルマン・ダーティン氏
古森義久(ジャーナリスト)(文藝春秋89.10から)
―――――――
の回顧談と、ダーディンの1938年1月9日付ニューヨーク・タイムズの記事には以下の矛盾もある。


●新聞記事:
―――――――
「中国軍司令部の逃走した南京で日本軍虐殺行為」 ニューヨーク・タイムズ
1938年1月9日 F・ティルマン・ダーディン
(中略)
南京を掌握するにあたり、日本軍は、'これまで続いた日中戦争の過程で犯されたいかなる虐殺より'野蛮な虐殺、略奪、強姦に熱中した。
―――――――


●回顧談:
―――――――
――'上海から南京近郊に到達するまでの過程で'日本軍が中国側の捕虜や民間人を多数殺したという話しは当時あったのですか?
『いや、それはありませんでした。(中略)虐殺に類することはなにも目撃しなかったし、聞いたこともありません。』
(文藝春秋89.10から)
―――――――









↓応援クリックお願いします。↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上応援クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

言わせず、含めた「非核4原則」認めない…中川会長・・・早く実現に向けた議論をしましょう!

言わせず、含めた「非核4原則」認めない…中川会長

 自民党の中川政調会長は23日、岐阜市で講演し、自らが提起した日本の核保有論議に党内外から批判が出ていることについて、「最近は、(核兵器を)作らず、持たず、持ち込ませず、言わせずの『非核四原則』と言うそうだ。私は非核三原則は認めるが、四原則は認めない」と反発した。

 さらに、「議論もしては駄目だという人がいるのであれば、今度は五原則で『考えさせず』となることを恐れる」と指摘し、「日本を侵略させないために何ができるか考え、最大限努力する必要がある」と論議の必要性を重ねて強調した。

 中川氏は8日の講演では、米中間選挙の結果や北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の行方を見守る必要があるとして、核保有に関する発言は当面、控える意向を示していた。

(読売新聞) - 11月23日21時5分更新





さすがに、今どき「言わせず」を含めた「非核4原則」までは、優勢にならないだろう。

ただ、議論は良しとする人たちの中にも、最初から核武装は反対とか実現は無理だと言って真剣に議論しない人が多いと思う。

NPTは、第10条[脱退・有効期間]に則って脱退できる。
脱退に伴う罰則規定も何もない。
実際に北朝鮮もNPTの脱退では何の制裁も受けなかった。

ウランの輸入先であるアメリカやカナダやオーストラリアに対しては、日本が北朝鮮や支那から核兵器で狙われている事情を説明して協定を改正してもらうように説得する。
また、ウランは海水からも採れる。

日本が核武装しても日米同盟は継続される。

MDは役に立たないから頼ってはいけない。

核実験だって工夫と努力次第で活路が開ける。

せめて、これくらいの基礎知識を持った上で日本の核武装について議論してほしい。

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.