FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200611


日露戦争に至るまでの背景と経緯を年表とともに。地中海の不凍港を求めて失敗したロシアは、次に極東の不凍港を求めて満州と朝鮮に南下して来た!

ロシアには不凍港がなく、ロシアは不凍港がほしかった。

1832年のエジプト事件、1853年のクリミア戦争、1877年の露土戦争で、地中海方面での南下政策に失敗したロシアは、極東を南下することにした。

1858年、ロシアは第二次阿片戦争を利用し、アイグン条約で黒龍江以北の地を、1860年、北京条約でウスリー川以東の沿海州を、清から讓受けて初の不凍港ウラジオストックを建設した。

そして、1861年にはロシアが対馬の占領を企て軍艦を停泊させた「対馬事件」(露艦対馬滞泊事件)が起こった。
対馬藩と幕府の撤退要求にもロシアの軍艦は動かず、島民の激烈な抵抗とイギリス軍艦2隻の威嚇でようやく退去した。

1895年、日清戦争で日本が遼東半島を讓受けると、ロシアは「三国干渉」を行なった。
三国干渉によって日本は清国に遼東半島を返還することになったが、結局、ドイツが膠州湾や青島を、イギリスは威海衛と九龍を、フランスは広州湾を勢力圏にし、ロシアに至っては何と日本に返還させた遼東半島の旅順・大連を自分のものにしてしまった。
ロシアは、日本が清国に遼東半島を返還すると、1897年9月清と秘密条約を結び、満州横断鉄道の敷設権を獲得、さらに翌1898年、遼東半島を25年間租借し、大連とハルビンを結ぶ東清鉄道の敷設権を獲得し、旅順・大連がロシアのものとなった。

清国はヤクザにモノを頼んだのと同じで、列強から「落とし前」を付けさせられたのだ。
このことは、当然日本にとっても痛かった。
日本は遼東半島をロシアなど3国によって返還させられたのだが、結局、ロシアはそれを奪い、更に朝鮮にまで勢力を伸ばして日本に迫って来た。
朝鮮半島は「日本の柔らかい下腹部に突き付けられた短刀」だったが、ロシアはその短刀(朝鮮半島)を狙っていた。
――――――
 日本においては、外交政策の主要問題に関する意見が2分されていた。一方の有力者たちは、露国勢力と対抗するために欧州に同盟国を求むべきこと、そして斯かる同盟は英国を措いてないことを強硬に主張した。だが、日本の最も卓越した政治家伊藤公の率いる他の1団は、日本は露国に挑戦し得るほど強大ではなく、英国との同盟は安全よりはむしろ危険を多く包蔵し、日本の執るべき道は、満州における露国の覇権並びに朝鮮における日本の覇権という原則の上に立って露国と妥協することにあると主張した。
これに基づいて露国と協定を結ばんとする努力が繰返されていたが、一向に成功しなかったのである。即ち日本は1898年に露国に提案し、『もし露国政府が朝鮮に関して同様の宣言をなす用意があるならば、日本政府は満州並びにその沿岸は全く日本の利害関係の範囲外と見做す用意がある』と言明した。しかし露国政府は、満州に関する日本の態度に『大なる満足』の意を表しはしたが、朝鮮に関してそのような保証を与えることは拒絶した。事の真相は、ロシアが、陸軍国としての日本を蔑視し、日本の歓心を買わんがために何らかの譲歩をなす必要は毫も認めなかったものである。
『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著
――――――
日露開戦が避けられない事態に進展したのは、北清事変後のロシア軍満州撤兵をめぐる対立だった。日英両国の抗議により、ロシアは清国と満州返還の条約を結んで第一期撤兵を行ったが、翌年には撤兵するどころか兵力を増強して満州地域の要塞を強化、さらには朝鮮半島への進出を意図して・・・
『日本海海戦の真実』 野村実著
――――――

このように、ロシアは、満州の次に更に南下して朝鮮を手に入れようとしていた。

釜山などにロシア艦隊が居座れば、対馬や福岡や下関などは何かの時には直ぐにロシア艦隊から攻撃を受けてしまう。
そのような状態で1861年の対馬事件のようなことをして来れば、たちまち戦争になって日本が多大な犠牲と損害を出して負けることは火を見るよりも明らかだった。

だから、日清戦争によって朝鮮が独立した後も、日本は朝鮮を放ってはおけなかった。

日清戦争に至るまでの背景と経緯を年表とともに。1875年江華島事件~1895年下関条約

1875年、江華島事件
明治新政府が李氏朝鮮に国交と通商を求めたが、朝鮮は清国の属藩であるため条約を結べないという理由で、開国を拒否していたため業を煮やした日本は、軍艦を使って江華島で大砲をぶっ放し、国交を開かせる

1876年2月、日朝修好条規(江華条約)締結
第1条、朝鮮は自主の国で日本と対等の権利を保有すること

1882年
7月、壬午の変
6人の日本人が殺害され、日本公使館も襲撃され放火される
8月30日、済物捕条約
日本は朝鮮から謝罪・賠償のほか、 公使館護衛のため駐兵権を得る

1884年12月4日、甲申の変
開化派の独立党の金玉均たちがクーデターを起こし、国王を立て大政一新を布告
事大党は清国に援軍を求め、袁世凱が2,000人の清軍を率いて武力介入したため、結局失敗に終わり、金玉均たちは日本に亡命
しかも、このとき清国の軍隊は宮廷内にいた日本人を殺害し、金玉均たちが日本公使館に逃げ込むとそれを攻撃している。
公使館も防戦したが、結局、婦人を含む多数の日本人が惨殺され、外交官たちは公使館を脱出し、日本公使館は焼かれた。

1885年1月9日、京城条約締結。朝鮮が日本に謝罪賠償
4月18日、日本と清国が天津条約を締結
――――――
天津条約
1.清国朝鮮に駐紮【軍隊がとどまること】するの兵を徹し、日本国朝鮮にありて使館を護衛するの兵弁を徹す。期限は4ヶ月後とする
2. 両国均しく允す【許可すること】。朝鮮国王に勧め兵士を教練し、もって自ら治安を護するに足らしむ。また、朝鮮国王により他の外国の武弁一人あるいは数人を選雇し、委するに教演のことを以てす
3. 将来朝鮮もし変乱重大の事件有りて日清両国あるいは一国兵を派するを要するときは、互いに行文知照すべし
――――――
要するに、日清ともに朝鮮から撤兵すること、将来朝鮮に異変が起こり両国または一国が派兵を要するときは、相互事前通知の必要を決めた。
日本の朝鮮における影響力は後退した。

1894年
3月、朝鮮政府が送った刺客の洪鐘宇が金玉均を惨たらしく虐殺
4月、甲午農民戦争(東学党の乱)が勃発
6月、鎮圧できない朝鮮政府は袁世凱に清軍派遣を要請し、清軍が出兵
このとき、清国が日本に送った通知には「属邦保護のための出兵」とあり、明らかに日朝修好条規(江華条約)と天津条約に違反していた。  
日本は、この条約違反に対し、「朝鮮を貴国の属邦と認めることはできない」旨を回答し、続いて「居留民保護のため朝鮮に派兵する」と通知し派兵

日清戦争
豊島沖の海戦で先に突如撃ったのは清国の「済遠」であり、7月31日の清国政府から公使館一等書記官小村寿太郎への国交断絶の通告を受けて、8月1日に国交断絶・宣戦布告。

1994年9月17日、 黄海海戦。清の北洋艦隊、大敗

1895年4月17日、下関条約締結。朝鮮の独立は認められ、遼東半島、台湾、澎湖諸島の割譲、賠償金三億円の支払いが決定
第1条
清国ハ朝鮮国ノ完全無欠ナル独立自主ノ国タルコトヲ確認ス 因テ右独立自主ヲ損害スヘキ朝鮮国ヨリ清国ニ対スル貢献典礼等ハ将来全ク之ヲ廃止スヘシ








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.